本日のおすすめは?

2008年3月 1日 (土)

本日のおすすめは??⑤

 金曜日の練習は、僕自身が久しぶりにゆっくりと子供達の練習の様子を見ることが出来ました!改めて練習の様子を見てみると、やっぱり丸岡スポ少の子供達は最高!本当に良い練習・柔道をしています。また、その表情も様々で、子供らしく喜怒哀楽が素直に顔に出ますよねflair その子の性格も一緒に表れて、見ている側の面白さは倍増しますsign01

 今日の練習のおすすめ選手を決めるのは、みんなが良くて本当に難しいのですが、あえて2回目の登場となるY成を、まずは選びたいと思います。前回、おすすめの第3回目にも登場したY成ですが、今日も泣かずに一生懸命な練習が出来ていましたsign01これだけでも、丸岡スポ少にとってはかなり大きめな事件です(笑)

 しかしこの日は、更に大きな事件を目の当たりにすることになりましたsign03 Y成が打込みの練習をしていた時なのですが、これが意外と上手いんですよねup びっくりしましたsign01 今までは泣いてばかりで、ほとんどまともな練習など出来ていないと思っていましたし、また、打込みで投げるところも見たことがなかったものですから、初めて見たY成の背負投げは衝撃でした。しっかり腰に担ぎ投げることができていたのです。また、自分もバランスを崩すことなくしっかり投げていましたので、形がとても綺麗に見えました。きっと、お父さんである先生の「仕込み」の成果でしょうか??

 まだまだチーム最年少の彼ですが、今後にかなり期待が持てる一瞬でしたnote 4月からは年長さん。きっとどんどん強くなっていって、試合でも良い成績を残していってくれるのではないでしょうかhappy01

 

 本日2人目は・・・・、すいませんsweat02 実は泉弥です。金曜日は結構、良かったんですよ!技のムチャクチャさには目をつぶっていただくことにして、最近の泉弥は練習などでよく泣く姿が目立ったのですが、23日・24日の県武合同練習で、厳しい練習を経験したお陰で、かなりの精神的成長が見られるようになりました。まずは泣かなくなりました。そして、乱取りでは自分から積極的に前に出て、技を出すことが出来るようになってきましたsign03技自体はムチャクチャですが・・・sweat01 でも、小さい子の柔道では90%以上がその子供の気持ち次第で、結果が決まってしまうものだと思っているので、今後の大会や成長のためにも気持ちの面で成長が見れたのは大きなことだと思いました。やはり、前に出て攻めている時の泉弥は、強いな!と感じましたし、普通なら力負けしてしまうはずの学年が上の子供達にも、決して負けていないなと感じました。

 ただsign01家内に聞いたところでは、パパが居る時と居ない時とでは、ジキルとハイトになるらしいので、「自分のために練習をするんだよ。」という事を、これからしっかり意識付けしていかなければいけないな・・・と感じました。

 この日の帰り道、泉弥が車の中でしみじみとこんなことを言いました。

 「はぁ~ぁdash 日曜日泉弥ちゃん、N海ちゃんに勝てるかなぁ~sign04??」

 その言い方が本当に面白かったんですよ!(笑)上手く言葉ではお伝えできませんが、高い声で本当に不安と期待が入り混じったような、実感のこもった言い方でしたので、僕自身本当に面白かったのと嬉しかったのとhappy01 まだ対戦表も見ていませんし、実際に対戦できるかどうかも分からないのに、泉弥の中ではすでにN海ちゃんとの対戦モードに入っているようでした。僕は、言葉では、「もし試合をすることになったら、誰が相手でも一生懸命前に出る柔道で頑張りなさい。そしたら大丈夫だから!」と伝えましたが、内心、やはり泉弥はまだまだN海ちゃんには届かないだろうと思いました。でもなぜか泉弥には、やってくれそうな気配があるんですよね!日曜日はどうなるかは分かりませんが、とにかくAゆむと二人が、個人戦に間に合うようにしてあげたいな!と思いました!

 

 そして今回最後、3人目のおすすめ選手はY章です。居残り練習での練習が、おすすめに選ぶ一番の理由になりました!

 この日の丸岡スポ少は、多くのOBやOGが顔を出してくれて、本当に懐かしく感じました。きっと、学校の期末テストが終わって体を動かしたくなったのでしょう!居残り練習では、中学生や高校生のOB・OGが小学生の子供達に稽古をつけてくれました。その中には、H高校で現役のレギュラー選手として活躍しているH君も来てくれて、スポ少の子供達は本当に良い練習になったことと思います!

 Y章には、6年生になる今年、丸岡スポ少の大将格として、そしてポイントゲッターとしてチームの中心にいてもらわなくてはならない選手です。当然周囲の期待は大きいものがあります!

 この日の居残り練習ではY章のほか、6年生のS大・Mやん、5年生の優弥も先輩方に絞られており、それぞれが中味の濃い練習をしていました。中でもY章の乱取り稽古は熱のこもった練習になっていたようです。先生方も熱い視線を送っていました。相手になってくれたのは、主にI生先輩でした。Y章は百回以上は投げられていたかもしれませんが(笑)、自分の気持ちが大きく試合内容に表れるY章にとっては、こういう追い込んだ練習が、一番効果的なのかもしれません!また、同じチーム内に、これだけ追い込んでくれる相手がなかなか居ないので、尚更こういった練習が重みを増すような気がしました!

 今年は丸岡スポ少も、新6年生の人数が多く、勝負が出来る年になります!中でもY章の更なるステップアップは、丸岡スポ少の活躍に欠かせない要素です。彼を中心に、それぞれの選手が自分の持ち味を生かした柔道をパワーアップさせていき、強いチームが出来上がっていってくれたら最高ですsign03

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

2008年2月 8日 (金)

本日のおすすめは??④

 今回は「本日のおすすめは?」の第4弾!5人目の団員紹介になります。このコーナーは、紹介される子供達がその後の大会等で必ず活躍してくれる!という縁起の良いコーナーになりました(笑)

 ・・・・というより、やはり見ていて素晴らしい練習や動きをしている子供達というのは、きちんと成果や結果が現れてますよね!

 今回は、先日2月6日(水)の練習でのおすすめ選手です!これはもう、文句なしで3年生のR佳でしたよね!!彼女が丸岡スポ少に入団してきたのは06年6月。丸岡スポ少が誇る3年生女子軍団の中でも、一番最後の入団となりました。僕が初めて彼女を見た時の印象は・・・・、一言で言えば「気の強そうな子!!(もちろん良い意味でですよ。)」

 それ以前に入団していた3人の女子軍団も、一人ひとり個性があり性格やタイプの全く違う子達ばかりでしたが、R佳もこの3人のどのタイプにも当てはまらない感じの子のように感じました。

(以下、僕の勝手な思い込みと感じた雰囲気を書いています。お許し下さい!)

 3年女子軍団最初の入団となったR菜ちゃんは、明るく社交的で、もの凄くしっかりさんな感じでしたし、柔道のタイプとしては「キレ・センス」で勝負するタイプでしょうか。

 次に入団してきたM徳ちゃんは、大人しく恥ずかしがり屋さん。でも、お兄ちゃん思いの優しい女の子ですよね。柔道のタイプも「優」と言った感じでしょうか。

 M紀ちゃんは、しっかりさんのリーダータイプ。いつも元気一杯です!女子で3番目の入団でしたが、今ではすっかり女番長といった感じですよね(笑)しっかり3年生女子を仕切っている感じです。柔道のタイプも「剛」が一番良く似合います。

 そして本日おすすめのR佳ちゃんは女子一番の負けず嫌いさん。他の3人の女の子も、試合になると負けず嫌いを発揮するのですが、中でもR佳ちゃんは一番の負けず嫌いさんだと思います。そして、柔道をされているお父さんの影響も有るのか、3年生の中でも柔道を一番良く知っている感じがします。柔道のタイプで言うと「気と柔」ですか。気迫の中に柔らかさが見て取れます。

 水曜日の練習では、その負けず嫌いな性格が、良い意味でモロに出た稽古をしていましたね。もちろん、「3年女子軍団に喝を入れる!」というMなぶ先生の意気込みの、第1番目の犠牲者になったのがR佳なのですが(笑)とにかく、ラストの乱取り稽古は凄かったですね!

 これまた以前おすすめでご紹介したR一との乱取り稽古だったのですが、4~5本連続でやりあっていました。1本3分ですから、15分前後休憩なしの真剣勝負です。お互いおすすめ選手同士ですから1歩も譲りません。どちらかが気迫で勝れば、どちらかが下がる。またすぐ逆転。R佳が攻めれば、R一の技が出なくなる。R一が体格で押し込めば、R佳の気持ちが折れ始める。そうすれば、そこにMなぶ先生の檄が飛びます!!

 まさに一進一退!確かにR一に比べ、体力で劣るR佳の「背負投」は、なかなか決まるものではありません。でも、潰されても返されても、何度も何度も「背負投」で立ち向かっていきます。ラスト1本は、R佳のその気迫に、R一が押され始める場面もありました。そこが軽量級選手にとって一番のチャンス到来です!「背負投」を決めるにはここしかありませんでしたが、R佳も体力切れ。そして、担ぎ上げる「背負投」を、まだ意識できていなかったのが一番悔やまれます。タイムアップとなってしまいました。

 体の大きな相手に、ぶら下がる背負いになってしまっては、後ろに返されるしか道はありません。そこが残念なところでした。しかし、泣きながらでも向かっていった気持ちは、天性の物なのでしょうね。

 Mなぶ先生曰く、

 「最近、3年女子の練習はたるんどる!

 の言葉通り、R佳には水曜のような素晴らしい練習を、ずっと続けていってほしいと思いました。打ち込みでしっかり「背負い」は「担いで投げる」の意識付けをしていき、投げ込みで感覚を身に付ける。そして乱取りで応用してみる。やはり、無駄な練習というのは一つもないんですね。いくら乱取りを一生懸命やれていても、そういう打ち込みなどに裏付けされた「技の正確さ」がなければ、なかなか上達はしませんよね。一番最初の準備体操から、練習はすでに始まっているんだということがよく分かります!

 あの体の大きなR一を、気迫で押し込む事ができるR佳の気持ちの強さは、軽量級選手にとっては一番の武器になるのではないでしょうか?その武器を、天性の物として身に付けているR佳は、今後もの凄く強くなっていく気がします。Kつお先生やMなぶ先生も、3年女子にはかなり期待をしているのが、お話しを聞いていて良く分かります。これは、それだけ素晴らしいものをみんなが持っているということの裏返しでもあります。

 以前にも同じ事を書いたような気がしますが、丸岡スポ少でも最も人数の多い3年生団員の実力は、今はまだ全員が横一線です!そこから抜け出すのは、体格でも性別でもないと思います。「意識を持った練習」と「心(気持ち・気迫)」、そして「向上心」に尽きると思います。

 R(凌)一、R(龍)一、R馬、R菜、美希弥、S(将)、M徳、R佳、M紀、Y輝、みんな頑張れ!この10人の成長がなければ、強い丸岡スポ少の時代は到来しません!!

 4月からは全員4年生!いよいよ高学年として、多くの大会でレギュラー争いや強化指定選手争いが始まります!!死ぬ気で頑張れ!!きっとこれだけの人数で切磋琢磨していけば、良い結果が出るはず!!

| | コメント (7) | トラックバック (0)
|

2008年1月19日 (土)

本日のおすすめは??③

 金曜日は、日曜に大会を控えた大事な練習日となりました。子供たちはいつものように準備体操から練習に入ります。この日の練習は、前回水曜の練習に比べ大分内容が良くなってきているように感じました。柔道に集中して練習が出来ている、というような感じでしょうか。子供たちも、日曜日に試合があることを意識していたのかもしれません。

 そんな中でも金曜日に一番目立っていた選手は、幼年のY成君!まだ保育園の年中さんです。この子は、まだ入団して半年ぐらいなのですが、とにかくよく泣く子です。練習中も、本当によく泣いています(笑)でも、まだまだ保育園の年中さん。5歳になるかならないかぐらいの子ですから、それが普通だと思います。泣きながらでも頑張って練習している姿は、本当に素晴らしいと思います。きっと、根性も付くし体も強くなるし、将来のY成君にとって大きなプラスになるはずです。

 そんなY成君、金曜の練習でも、前半の寝技や打ち込みの練習中は、道場中に泣き声が響いていました。M先生も、「泣くな!男やろ!!」と励ましますが、効き目はほとんどありません。それはそうですよね。小さい子供が泣き出したら、何を言ってもムダ!というものです。しかし練習の終盤、このY成君に感動の変化が現れたのです。

 練習も進み、最後の乱取り稽古になった時です。私はそこで、ちょっとした異変に気がつくのです。ふと気がつくと、あれほど道場中に響き渡っていたY成君の泣き声が、いつのまにか聞こえなくなっていたのです。気になり、幼年の乱取りの様子に目をやると、我が娘の泉弥との乱取り稽古中でした。いつもなら、泉弥がY成君を投げて泣かしてしまうのですが、この日は少し違いました。投げられてもすぐ立ち上がり、立ち向かっていきます!柔道には程遠い感じですが、この光景はある意味驚きでした!その後も、幼年と1年生の子供たちの乱取りは続きますが、最後まで泣かずに乱取りをやりきっていました!

 なんの気まぐれか・・・・、なにかきっかけがあったのか・・・・、とにかく前半、あれほど泣いていたY成君が、乱取りで泣くことなく頑張りきったことは、間違いなく金曜日のMVPです!!この調子で少しずつ柔道に慣れ、そして今度は好きになっていってほしいと感じました。幼年・1年の練習態度には、ムラガあります。まだ小さい子ですから仕方の無い事かもしれませんが、「三つ子の魂百まで」の言葉があるように、小さいからこそ教えておかなければならないことも多いと思います。先生方には本当に頭の下がる思いがします!

 いよいよ日曜は大会です!子供達全員が、力を出し切る試合をしてくれたら再最高です!見ていてドキドキするような、好試合を期待したいと思います!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2008年1月15日 (火)

本日のおすすめは??②

 今回は「本日のおすすめは??」の第2弾。先週の金曜日に練習を見学して、目を惹かれた選手の紹介です。登場するのは3年生のR君と、同じく3年生のRちゃん。3年生にはR君やRちゃんはたくさんいますが、体の大きなR(龍)君と小柄なR(玲)ちゃんです!

 

 R君が丸岡柔道スポ少に入団してきたのは’07年の3月頃、まもなく小学3年生になる時でした。我が丸岡柔道スポ少待望の重量級の子でしたので、将来の大将候補として期待して見ていました。しかし、最初に会って話をしてみると、その大きな体からは想像できないくらい「優しくて大人しい子だな」、という印象を受けました。

 彼が柔道の練習を始めて約1年になろうとしていますが、昨年11月ごろから、ようやく重量級選手としての強さと自信が出てくるようになってきました!練習で培った自信もあるでしょうし、先生方やご両親から褒められ育った自信もあるでしょう。しかし、1番大きく変わるきっかけとなったのは、11月中旬の「坂井町団体大会」ではなかったでしょうか?確か彼にとって、対外試合のデビュー戦になった大会だと思いますが、そこで、見事な1本勝ちを収めたのです!その試合では、先生も応援の父兄さんも手放しで喜んでいましたので、彼にとっても忘れられないくらい嬉しい思いがあったのだと思います。その頃から、普段の練習の内容にも「負けたくない!」という気持ちが表れるようになり、そして、その気持ちが実力にも伴うようになってきました。

 今では、その体格を活かし3年生の中でも実力的に目立つ存在になってきました。今までは、簡単に投げることができていた他の年生もなかなか投げることができなくなり、そればかりか、逆に投げられる回数のほうが増えてくるようになりました。R君も自信を持って技に入れるようになってきていました!金曜日の練習では、そんなR君に危機感を覚えた他の3年生が、乱取りの時にR君の取り合いをしているほどです。今後、彼の更なる成長が他の3年生にも必ず良い影響を与えてくれるはずです。

 

 次はRちゃん。彼女が丸岡柔道スポ少に入団したのは、05年月。小学1年生の時でした。その年の12月高浜町少年少女柔道大会では、1年生女子の部でいきなり優勝!かなり周囲を驚かせてくれました。彼女は小柄ながら運動神経がよく、また柔道センスも抜群で、丸岡期待の女の子です!!何より、その明るいキャラクターが最も魅力的で、いつも周囲を明るくさせてくれるそんな女の子です。昨年は丸岡スポ少3年生レギュラーとして多くの大会に参加し、見所のある素晴らしい試合をいくつも見せてくれました。明るいキャラも、一旦試合が始まれば女の子特有の負けん気の強さを前面に出し、ものすごい試合を見せてくれます!負けて帰って来ようものなら、本当に悔しそうな表情や涙を見せます。試合を見ていて、ハラハラドキドキの本当に楽しい試合を見せてくれる子供の一人です!昨年1年間、3年生の中で最も公式戦の成績と内容が良かった選手だと思います。

しかし丸岡スポ少は今、3年生の人数が多く実力も伯仲している子供達ばかりです。今年はレギュラー争いもますます厳しくなってくることが予想されます!しかし、全体的にもう何歩もレベルアップしてほしい学年でもあります。見ている側としては本当に面白い学年ですし、お互い切磋琢磨しながら強くなっていってもらいたい気持ちで一杯なのですが、親御さんにしてみれば胃の痛い1年になることと思います。

 そのなかでも小柄なRちゃんは、そのセンスを生かして精一杯練習してほしいと思いました。そうすればきっと、3年生の中でも頭一つ抜けられる存在になるような気がします。金曜の練習では、昨年末の練習よりも実の入った練習をしていたように感じましたし、この練習ならばきっと強くなっていくはずです。持ち前の明るさを、練習の中で良い意味で発揮してほしいと願っています!!

 現在、丸岡スポ少の3年生は10名。その全員が高学年に向けて、期待の持てる選手ばかりです!しかし、今は全員横一線!!ここから抜け出るには、納得のいく練習しかありません。今年の最後には、一体誰が抜け出す存在になっているのでしょう?今日ご紹介した2人は、もちろん抜け出せる有力候補に間違いはありません!

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2008年1月12日 (土)

本日のおすすめは??①

 我が丸岡柔道スポ少も、いよいよ今週から通常稽古が開始され、2008年の活躍に向けた第1歩を踏み出し始めました。私も、昨日金曜日に稽古の見学をさせてもらいました。先生の指示で、どうやらこの日から新キャプテン候補の号令の下に、練習が進められる事になっていたようでした。我が子にも聞かされておらず、練習を見て初めて知ることになりました。。。。

 準備体操から見ていましたが、最初は慣れない新体制での練習という事もあったのか・・・・、まるでお通夜のような準備体操でした。。。。声が出ない。みな、もくもくと準備体操に打ち込んでいました(怒)ケガをしないか心配になるくらいでしたよ。

 寝技に入り、M先生が到着。道場の空気が締まります。ここでようやく子供達も練習モードに突入です。やはり、先生の存在は大きいものです!先生がいないと、自分達で意識して練習が出来ないのは淋しいですが、今後の団全体としての目標なのかもしれません。

 練習の全体を通して、それぞれの団員の練習の様子を見ていると、何人かの子供に目が惹かれました!!

「今年の活躍が期待できるな!」と、思う子や

「昨年末に見た時と、別人のように感じるな!」という子が何人もいたのです!!

 そこで今回から数回に分けて、田中的おすすめ選手を紹介していきたいと思います!

 題して、「本日のおすすめは??

・・・、何やら居酒屋のメニューのような感じですが、れっきとした柔道応援日記です!!

 まずは、6年生K君。卒団を間近に控え、いよいよスポ少での練習期間も残り少なくなってきましたが、僕は、彼が公式戦で勝ったのをまだ見たことがありません。(勝っていたら、本当にごめんなさい!!あくまでも、僕が見たことがないだけですので!)5年生で柔道を始めたということもありますし、また、体格的に小さいということもあり、なかなか勝利に恵まれませんでした。しかし、彼は本当に柔道が好きなようで、練習態度や会話の中に、そういう気持ちが良く出ている子です。何より彼は、昨年1年で精神力がかなり成長したように感じます。

 昨年の最初の頃は、負けが続いていることをマイナスに受け止め、積極的になれない面が目立つように感じていましたが、きっかけは分かりませんが、ある時期から少しずつ前向きな考えや言葉が聞けるようになってきたのです。そしてそのあたりから、立技にも少しずつ変化が見れるようになってきました!新たに背負投げを練習し始めたのも、この時期だったように思います。

 この背負投げも、昨日久しぶりに見ると、昨年末に見た投げ込みとは、まるで別人のように変わっていました。足腰がしっかりしてきたのか、それとも足の使い方が分かってきたのか、とにかくしっかり立って投げ切れるようになっていました!下半身が柔らかく使えているようなので、見ていて安定感もありました。この背負いを、試合で自信を持って使えれば、きっと1本勝ちが取れるように感じました!!(もちろん、タイミングも必要ですが・・・

 しかし、この「自信を持つ!」というのは、口で言うのは簡単ですが、それを子供に求めるのは非常に難しいものだと思います。ましてや、勝利の味を知らない子供には尚更のことです。私も、次男にいつも「自信を持っていけ!お前は最強や!!」と励ましてはいるものの、なかなか伝わらないものです。

 でも、それはそうですよね。揺るがない本物の自信なんて、人から貰う物ではなく、自分で掴むものですからね!!だからK君には、自分自身で自信を掴むためにも、練習でやってきたことを信じて、思いっきり試合で出し切ってほしいと思います。勝つことで自信を持つのも大切ですが、「自分自身が努力してきた練習や柔道に対する思い、自分の力を出し切れたことに自信が持てる男になってほしい」と心から願っています!残り少ないスポ少での活動に、悔いを残さないためにも!!

 丸岡スポ少での思い出が、悔いのないものになれば、その思い出がきっと最高の自信に繋がると信じています!

 残り3ヶ月!頑張れ!!K輔!!!

 さてさて、次回は誰のお話でしょうか??学年順は関係なく、ランダムでご紹介していきたいと思っています!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|