« 2015年7月 | トップページ

2015年8月

2015年8月 6日 (木)

どうしても伝えたい一戦

今回は前回からの予告どおり、先日の北信越大会での試合の中で、3兄妹の父がどうしてもご紹介したい試合について書きたいと思いますhappy01


その試合は男子90Kg級の決勝戦sign01 他県選手同士の決勝戦ではありましたが、とても考えさせられる、そして柔道ファン的に感動を覚えた試合でした。


結果から言うと、有効1対指導3で有効を奪った新潟のI選手の勝利で優勝という結果の試合でした。しかもその有効も、相手のM選手の大内刈りを畳際ギリギリで返して奪った有効でした。


両者の実力的にはどうだったでしょう?互角のようであり、また、指導3を奪いながら負けたM選手の方が頭抜けた感じだったようにも見えました。


試合開始から、M選手が前に圧力をかけながらじわりじわりと技を出し追い込んで行き、一方のI選手は集中力を切らさず組み手で妥協せず、相手に完璧な状態で技を出させないよう耐える展開。或いは返し技が得意な選手で狙っていたのか?何はともあれまずはI選手に消極的指導が来ました。


序盤から中盤に差し掛かったところで、M選手が渾身の大内刈りで相手を投げに行きました。場外際まで追い込み、相手も死に体で倒れる感じ。ところが畳に倒れる寸前、或いは畳に着いた直後sign02 もう本当にそれくらい微妙で際どいタイミング、それでも最後まで返しを諦めていなかったI選手が、最後の最後でM選手の背中を畳につけましたsign01 判定は返し技を有効と見た主審が、I選手の有効を宣告しましたcoldsweats02 本当にギリギリの判定だったように見えました。


しかしまだまだ時間は残されていました。確か1分半の辺りだったと思います。その後は、M選手が更に攻勢をかけながら攻め込みますが、相手もさすがは決勝戦まで上がってくる選手。ギリギリのところで凌ぎポイントを与えない展開。更に消極的指導が2つ重なりました。


しかしここで試合終了。試合時間フルに攻め込まれ、指導3を受けながらも耐え、たった一度の返し技で勝利を決めたI選手の優勝。逆に、試合時間の全てを制し攻め抜いたM選手は、自身の渾身の大内刈りを畳際ギリギリで返され優勝を逃しました。


この試合を見て、普通なら一方的に攻めながらも勝利を逃したM選手が不憫になります。しかも有効を奪われたのは、9割9分決まっていた自身の技を返されての有効。。。戦って負けた本人が、一番何とも言えない悔しさを感じていたことでしょう。3兄妹の父もそう思います。


勝負は無情なもの。試合に勝つのは本当に難しい。


しかし、3兄妹の父はこうも思いました。


勝つも勝ったり、負けるも負けたり。


勝ったI選手、最後まで集中力を切らさず、指導がどんどん重なっても決して組み手に妥協することなく、最後まで相手にしっかり技を出させなかった。自分のスタイルを崩さずひたすら強敵相手に勝つチャンスをうかがってました。そしてたった一度の勝つチャンス、相手の強烈な大内刈りを受けても、畳に背中がつく寸前の最後の最後まで返しを諦めずに決めに行く執念。見事でした。会場で試合をしたどの選手が、あのギリギリまで諦めずに技を返しに行けるでしょう?


一方、終始攻め続けながら、一つの返し技に敗れたM選手も見事でした。しかもあの大内刈りは渾身の一撃。対戦相手のI選手じゃなかったら絶対に1本取れてた技でした。返されるべくして返された大内刈りでは決してなかったと思います。


今までもこれからも、3兄妹の父は柔道の醍醐味はお互いが意地と意地でぶつかり合うガチンコ勝負だと言ってきたし言い続けると思います。しかし、この試合のような柔道を見せられ、また、このような無情な結果を見て、M選手の柔道は素晴らしく、I選手はほとんど負けてた。そんな感想にはどうしてもなれません。どちらの選手も素晴らしく、さすがは90Kg級の北信越チャンピオンを決めるに相応しい試合、結果だったと思いました。


まさしく


勝つも勝ったり、負けるも負けたり


名勝負を見せてもらったと思いました。うちの3兄妹にも、これぐらい勝負に対する圧倒的な執念を見せる試合をしてもらいたいと思いました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2015年8月 5日 (水)

北信越中体連柔道競技大会

平成27年8月4日、福井県立武道館で北信越中体連柔道競技大会が開催されましたhappy01 北信越5県の代表チームと選手が集い、熱い戦いが繰り広げられましたnote

うちの娘も個人・団体戦に出場させていただきましたが、残念ながらブログに載せることが何一つない無様な試合内容でしたのでannoy
今回は見事に福井県選手が優勝した2選手の試合、そして大会を通してどうしてもお伝えしたい試合がありましたので、そちらの方をご紹介したいと思いますwink



まずは男子60kg級の本県代表選手、この北信越大会でも見事に優勝を果たした越前中学校のB司選手の試合ですhappy01 この選手は、3兄妹の父は小学生の頃から知ってますが、小学生時代は同年同チームに全国大会優勝を飾る凄い選手がチームメイトにいました。B司選手は小学生時代からとても強い選手でしたが、あまりに強過ぎるチームメイトに目が行きがちで、実はあまりよく見ていなかったんですよねshock


ところが、地元の中学校に入ってから県大会などでよく試合を見るようになり、改めて強い選手だなと気付かされた選手でした。軽量級の選手ですが、バタバタ動いたり潰れたりする柔道ではなく、姿勢良くしっかり立ち、自分の組み手から斬れ味鋭い1本取れる技を出す横綱柔道といったイメージwink 試合勘とか展開を読む力もあり冷静な選手でもあります。3兄妹の父は大好きなスタイルの選手です。


今大会、準決勝が大きな山場の試合だったように思います。実力的には互角に近い相手。試合内容もシビレる展開でした。勝敗を分けたのはもちろんB司選手の頑張りですが、それを支えたのは観覧席からの先生やご父兄?の温かい声援だったように思いますhappy01 B司選手の通う中学校、柔道部ありましたっけ?あまり印象がなく、おそらく自分の勝手な想像ですが、自ら練習場所を求めて努力してきた結果なんだろうと思いますsign01 そんな姿を想像し、そしてそれを支えてきた恩師のアドバイス、ご父兄の「前に出ろ!気持ちで負けるな!攻めろ!」の熱い声援に胸を打たれましたし、しっかり選手に届いていたと思いました。


決勝戦もそうでした。中盤に思わぬ形で有効を奪われ、残り時間的にもピンチでしたが、技ありを奪い返す熱い展開sign01 残り時間守りに行ったらおそらくやられてる場面。何度もピンチがありましたが、声援に後押しされて最後まで攻め抜いた優勝だったと思いましたhappy01 本当に良く頑張った素晴らしい優勝だったと思いますsign01 B司選手、N先生、ご父兄様、本当におめでとうございましたhappy02 全国大会での活躍も期待してます。



続いて女子63kg級で優勝されたK出選手の試合です。決勝戦を見ました。いきなり、得意技の内股で有効を奪う展開で、さすがだなぁと思いました。もしかしたら楽勝?いずれ1本取れるな、と見てましたが、中盤以降は思わぬ接戦となりました。


実は彼女は、県大会前の練習会で肘の脱臼という大怪我をしており、日数的に完治してるのか心配をしてました。3兄妹の父のイメージでは、強烈な組み手からの内股で無敵状態の選手というイメージでしたので、本調子からみるとまだまだなのかも知れませんthink 例え完治していたとしても、今度は怖さからなかなか思い切りは柔道できないですもんねshock


結局、序盤の有効を守りきり磐石の優勝に見えますが、おそらくK出選手としては苦しい優勝だったのではないかと思います。怪我を乗り越え本当によく頑張った優勝だったとsign01 次は中学校最後の全国大会ですが、K出選手らしい、あの女子選手らしからぬ豪快な柔道を全国で見せてきてもらいたいと思いますwink

柔道選手としてもとても魅力的で泉弥の目標であり、人間的にも可愛らしくて尊敬できる選手ですから、これからますます応援したい選手ですhappy02


さて、長くなってきたので、どうしてもご紹介したい1試合は次に回したいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

« 2015年7月 | トップページ