« 2014年10月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月25日 (木)

坂井市柔道大会を振り返って

先週日曜日に坂井町武道館で行われた坂井市柔道大会を振り返ってみたいと思いますhappy01

まずは結果は、

《団体戦》
優勝 アダルト丸岡
2位 春江町①
3位 ヤング丸岡
4位 春江町②


《個人戦》
80kg以下
優勝 白川 靖房
2位 高島 衣生

80kg超
優勝 玉山選手
2位 牧田選手

という結果でした。


さて、3兄妹の父が会場に到着した時は、ちょうどヤング丸岡の第1試合、春江町①さんとの試合が終わった時で、次に試合を見たのがヤング丸岡対春江町②さんとの試合でした。


先鋒戦、Jゅんの対戦相手はO選手。初めて見た選手かな?印象は、センスありそうで軽量級選手らしい柔道をする選手、そして寝技が上手い選手だと思いましたcoldsweats02 同じく寝技に自信を持っているJゅんとの寝技の攻防は見応えがありました。Jゅんは2度ほど押さえ込みに入られましたが、意地で逃げて殊勲の引き分け。粘りが良かったですhappy01ただ、あの試合は厳密に見れば、Jゅんの反則勝ち。相手は背負いを下半身を掴んで受けていました。まあ、市民大会ということでcoldsweats01


中堅戦は優弥が締めで1本勝ち。

大将戦、S大の大外とそれを耐えて返しに行く相手ベテラン選手の息詰まる攻防で引き分け。1ー0で勝利という試合でした。


面白い試合だったのは何と言っても丸岡対決。先鋒戦引き分け、中堅戦引き分けの大将勝負という団体戦一番の醍醐味note 結果はI生の大内刈り1本勝ちでアダルト丸岡が先輩の貫禄を見せて勝利という結果でしたhappy01 いやいや、楽しく見せてもらいました。


続いて個人戦。団体戦から試合の連続で、みんなバテバテになりながら頑張ってました。優弥の1回戦では、久々に背負い投げでの1本勝ちも見れましたし、スポ少出身選手はそれぞれ持ち味を出して戦っていて、懐かしかったしいい試合してたと思いましたhappy02


こういう、ある意味勝負のかかっていない純粋な柔道の試合も、面白くていいなぁと思います。また来年も、その次も、こうして丸岡で柔道をしてた子達が、ずっと柔道を続けてこういう大会に参加してくれることを楽しみにしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年6月22日 (月)

坂井市柔道大会

平成27年6月21日、坂井町武道館で坂井市柔道大会が開催されましたhappy01

今大会は、坂井市内の一般柔道家が集い開催される大会で、3人制の団体戦と個人戦が行われました。団体戦に参加されたのは4チーム。丸岡町柔道協会からヤング丸岡チームとアダルト丸岡チーム。そしてお隣の春江町柔道協会からA・B2チーム。

我が丸岡チームのメンバー構成は以下の通りでした。

《ヤング丸岡》
先鋒 Jゅん
中堅 優弥
大将 S大

《アダルト丸岡》
先鋒 S中さん
中堅 Y房
大将 I生


このメンバーが団体戦で並んでいるのを見た時は、昔を思い出し本当に感慨深いものを感じました。ヤング丸岡のJゅんと優弥は、同じ高校になり3年間共に戦った仲間。S大は学年はその一つ先輩で、高校では一旦柔道から離れましたが、社会人になった今はヒマを見つけては楽しく柔道を続けてます。


アダルト丸岡先鋒のS中さん、数年前に丸岡の道場にフラッと来られて、柔道経験もありまた体を動かしたいということでちょくちょく練習に来て下さるようになり、うちの3兄妹もたくさん練習させていただいてます。そして試合に出場してもらえるようになりました。Y房とI生は、高校・大学とまだバリバリの現役で頑張ってますが、Y房のスポ少時代は、同学年に強い選手がたくさん集まってた年代で、なかなか試合出場の機会が少なかったという記憶がありますが、そのかわり誰よりも真面目で練習熱心な選手で、気が付けばこの年代で一番長く柔道を続けてますし、高校・大学でも一番の実績を残す強い選手になりました。


そんな丸岡の道場を巣立った選手、新たに道場に来てくださった選手達のドリームチーム、ドリームマッチ、その時代にスポ少に関わっていた私としては本当に楽しい試合を見させてもらいましたhappy02改めて、柔道って素晴らしいなぁと思いました。


試合は、皆さん真剣に、また、50代の大先輩選手も出場されており、とても見応えのある熱戦が繰り広げられていました。次回、ちょっとだけ振り返ってみたいと思います。

まずは、選手の皆さん、お疲れ様でしたsign01そして入賞された皆さんおめでとうございましたsign037月に行われる予定の県民スポーツ祭の坂井市代表に選ばれた皆さん、坂井市代表として頑張ってきて下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2015年6月18日 (木)

再び総斗會さんの練習に

6月16日、泉弥は再び総斗會さんの練習にお邪魔させていただきましたhappy01

この日は福井市の明道中学校体育館での練習でした。いつもどんな時も、快く受け入れて下さることに感謝ですnote

まずはランニング、ダッシュ。40分くらいみっちりと。そういえば最近、柔道に限らずこんな風に練習として走ったりダッシュしたり、サーキット的なトレーニングしたりしてる子供らって見ないなぁcoldsweats01

ある意味、新鮮に感じました。


その後、更に体力や体幹、バランス、瞬発力の強化を目的としてると思われる様々な運動。子供らは飽きずに出来るし、子供らにとって楽しい要素が入ってる運動なので、ツライことを楽しくできるんだろうと思われましたwink

斬新だったのが、道着の上衣を脱いでの寝技乱取りcoldsweats02

M先生に目的とか意図、どのような効果があるのかを聞いて納得catface

なるほどsign03と思いました。


最後に各種打ち込み、投げ込み、連続技の練習で練習終了happy01

前回同様、打ち込みや投げ込みも工夫されており、真新しく感じるのに、理にかなってるし考えているなぁという練習ばかりでした。

乱取りをしない練習も、近頃では珍しいと思いましたが、実はそういう練習だとお聞きしていたので、泉弥を最近練習にお邪魔させて頂いてますhappy01


本当に基本を大切にしつつ、更に理にかなった方法で、しかも子供たちが飽きたりイヤイヤになったりしないよう工夫されている練習だと思いました。

総斗會の皆さん、これからもまたよろしくお願いしますhappy02

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2015年6月13日 (土)

総斗會さん道場破りへ

 6月11日、この日は優弥と泉弥を連れて総斗會さんの道場へ道場破りに行ってきましたhappy01

 

 二人は丸岡スポ少OB・OGとして、是が非でも看板を頂いて帰らねばなりませんでしたthink

 

 

 ………で、見事に返り討ちに遭いましたcoldsweats01

 

 

 総斗會さんの練習は一見すると斬新ですが、それでいて体幹の力や体力、そして技の威力を増すのに必要な実に合理的な練習法を取り入れておられ、とても貴重な練習を体験させて頂きましたhappy01 見た目以上に相当キツい練習になっていたと思いました。しかしそれを、総斗會の選手たちはみんなきちっと熟されていて、選手一人ひとりしっかりした身体の土台が作られているように感じましたshine

 

 

 総斗會が短期間にあそこまで強くなる理由が分かるわ〜confident

 

 とは優弥談。

 

 後半ちょこっと練習見ただけやけど、あれは相当キツい練習してるわ〜confident

 

 とは美希弥談。

 

 疲れた〜shock

 

 とだけ連発は泉弥談。

 

 

 泉弥は練習中、本当にヒィヒィになってましたcoldsweats01 普段の部活で一体どんな練習をしてるんだかthink ただ、先生も見てお分りの通り、本当にセンスがなくて不器用で運動神経の鈍い子なのでcoldsweats01 今回の練習は本当に新しい体験をさせてもらった事と思います。普段の部活などの練習は、どうしても乱取りがメインの練習になりがちで、打ち込みや投げ込みといった技を作る練習や、体力や体幹を鍛える練習はほとんどできていない現状ですので、3兄妹の父としてはどうしてもこのようなしっかりとした技を作る練習をさせたかったところでした。

 

 M先生、いつも本当にありがとうございますhappy01 今回も快く受け入れて頂き、とても貴重な練習を体験させて頂きました。総斗會の選手の皆さん、貴重な練習にお邪魔させて頂き本当にありがとうございました。またちょくちょくお願いしたいと思いますので、これからもどうかよろしくお願いしますhappy01

 

 今後ますます、総斗會さんの子供たちの活躍を期待していますので、また3兄妹でもお役に立てる事があれば、どんどん使ってやって下さいwink

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2015年6月10日 (水)

心豊かに

 人生は一度きり。だったら心豊かに楽しく、絶対に戻る事が出来ない毎日を精一杯生きなきゃ損。自分も日本の平均寿命からするとおよそ半分以上を過ぎました。マラソンなら折り返しを過ぎたことになります。

 

 まあこの先は途中棄権ももちろん考えられるわけでcoldsweats01、そういう意味ではいつ終わりを迎えるか分からない人生、楽しく生きなきゃもったいない。

 

 家族を持つと今度は自分の人生だけでなく、子供達に対しても心豊かに生きて欲しいと願うようになります。子供に対し叱ったり躾けたり愛情を注いだり。全ては、その子が大きくなってから心豊かに楽しく生きることができるようにと願う親だからこそでしょう。もちろん人それぞれ、豊かさとか楽しさとかの価値観は違うから、当然、子供にこうなってもらいたいと願うことも違ってくる。叱る中身や叱り方も違って当然。

 

 私の考える人生の豊かさ

 

 我が家にとって、そして我が子に対するそのための教育の手段の一つだった柔道。その我が子らのうち、教育とか躾けるとかいう年齢を過ぎて、もはや一人前の社会人として扱われる年齢となってきた長男。今振り返り何より嬉しいのは、その教育の手段だったはずの柔道が、彼にとって自身の人生を豊かにするアイテムの一つになっていること。生涯スポーツといいますが、スポーツや趣味は人生を豊かにする大きな役割を担います。

 

 優弥はまだ高校を卒業して1年目。この先、柔道と縁が続くかどうかはわかりません。ただ、長いようで短い人生の、少なくとも今の瞬間は彼の人生を豊かにするなくてはならないものになっているのも事実。そしてもちろん、柔道による人間教育もその役割を十分に果たしてくれたと嬉しく思うhappy01

 

 もう一つ、柔道が人生を豊かにするために果たしてくれた役割が人脈。人と人との出会い。これは子供達だけではなく自分もそうですが、丸岡スポ少から始まった柔道との時間の中で、私も子供達も実にたくさんの人に出会い、そして友人を持ちました。どれもかけがえのない宝物のような人との出会い。スポ少の仲間。先輩後輩。中学高校での部活仲間。遠征先で仲良くなった遠くの友人。そして先生方。優弥は特にたくさんの方々に可愛がってもらえた幸せ者の一人だと思います。

 

 友人は、私の考える人生の豊かさにもっとも必要なもの。

 

 いつまでも大切にしてほしい。そして優弥自身が、自分はそういう幸せな人間なんだと気づくなら、柔道を習わせたあの14年前の私や家族の決断は間違えでなかったということになる。

 

 今、スポ少で柔道頑張っている子供達にとっても、柔道がそんな風に自身が豊かな人生を送るための大切なものになっていくことを願ってやまない。もちろん、それが柔道ではない他のなにかでも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年6月 8日 (月)

福井県インターハイ予選(2)

 今年の高校のインターハイ予選福井県大会が終わりましたhappy01

 

 団体戦は男女とも福井高校が優勝。個人戦も男子は1階級を除き、他のすべての階級で福井高校の選手が優勝され、やはり福井県は福井高校の1強状態ですhappy01

 

 まずは優勝された選手の皆さん、本当におめでとうございますsign01 全国、北信越でも福井県の代表として頑張ってきてください。

 

 次男の通う敦賀高校。個人戦は男女ともインターハイ出場選手を出すことはできなかったようですが、北信越大会への出場を決めた選手が何人かいたようで、まずはその大会に向けて頑張ってもらいたいと思いますhappy01

 

 さて、今大会、私は仕事で全く見に行くことが出来なかったのですが、来年は何を置いても次男の集大成を見に行きたいと今からもう楽しみにしていますhappy02 というのも、今大会は私が見に行けなかった分、長男と家内が見に行ってくれていたのですが、優弥も家内も口を揃えて

 

 「美希弥、強くなったな」

 

 と言っていたので、周りから見ても成長の跡がしっかり見れているようで嬉しく思っています。また、私自身もビデオで今回の団体・個人の試合を見たわけですが、以前の弱々しさとかなよなよした感じがなくなっていて、普通なら相手にならない選手との試合でもしっかり勝負する試合が見れて、強くなったなと思いましたhappy01

 

 なによりうれしく思うのが、顧問の先生から、

 

 「美希弥は人間的にも成長している」

 

 とおっしゃっていただいたことhappy02 これからも人間的にも精神的にも成長し、チームの一員としてなくてはならない選手に育っていってもらいたいと心から思います。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年6月 6日 (土)

インターハイ福井県予選

今、まさにインターハイの福井県予選が行われていますhappy01


昨日は団体戦。次男の美希弥が敦賀高校の先鋒として出場しましたhappy01

高校で、団体戦の先発メンバーとして試合に出場できるのは本当に幸せな事だと思いますhappy01

父は仕事で観戦出来ませんでしたが、帰ってからビデオで試合を見ましたwink


初戦は羽水高校戦。美希弥が戦う先鋒に力のある選手を置いていますが、逆にここを勝てば流れが一気にこちらに来ますhappy01

その大事な先鋒戦、美希弥が中盤過ぎに、内股を仕掛けもつれた態勢からの足払いで技ありを奪い優勢勝ちshine___勝ったのは父としてはちょっとびっくり!(◎_◎;)まあでも、いい練習を積めて充実した状態だと感じてたので、そんなに驚くほどの大番狂わせでもないのかも知れませんwink_力が付いてきた証拠ですね。


そのまま勢いに乗った敦賀高校が、残り4人も連続1本勝ちで5-0と大勝しましたhappy01


敦賀高校は今年シード落ちしていたため、続く2回戦が県第2シードの北陸高校との試合でした。実力的には厳しい試合だろうとは予想できますが、果たして敦賀高校の選手達がどれくらい力を付けていて、どれくらいやれるのかを楽しみにはしてましたhappy01


先鋒戦、美希弥がK上選手と対戦。K上選手は中学時代から私も目を付けていた選手、実力的にも階級的にもちょっと厳しい対戦かなあとcoldsweats01
結果は技あり2つの1本負けshock思ったよりはやれていたように思いますし、どうにもならない差ではなかったかな。ただ、美希弥は組むのを怖がってましたannoyだから技を片手離して受けるから見てて怖いし、食らうんだと思います。どんな相手にも両方しっかり持って柔道する練習をして下さい。

次鋒戦、北陸高校は最強のポイントゲッターで1本負けshock

取り返したい中堅戦引き分け。

副将戦引き分けで勝負あり。

大将戦負けて0-3でしたね。結果は完敗だったと思いますが、中身は全然行ける内容だったしマッチングだったように思いました。


まだまだこの先、逆転は十分できると思いますsign01


この先も楽しみにするとして、まずは今日明日と行われる個人戦も頑張ってもらいたいですhappy01

チームの中から県チャンピオンが誕生しますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年6月 5日 (金)

再開のきっかけ

 今回は前回の続きで、またこうしてブログを再開することになった理由を少し書いてみますhappy01

 

 5月30日、翌日のマルちゃん杯中部大会の応援のため長野県に行きました。本当は行くかどうかも直前まで迷っていましたが、組み合わせのトーナメント表を見たら、泉弥が出場する丸岡南中の組み合わせが実に面白そうだったのです。初戦が地元・長野県の強豪チーム、克己塾さんsign01 万が一勝てたら2回戦は全国級の大成中学校さんsign03 この組み合わせを見たらいてもたってもいられなくなり、その時点で迷わず参加を決めました。なにしろ夢のカードですからsmile 

 

 前日土曜日の夜、松本のあるしゃぶしゃぶ食べ放題のお店で、盟友の総斗會さんチームの面々と丸岡との合同決起会が開かれました。そして食事会終了後、M先生と総斗會さんの保護者さんのOさんと二次会に直行し、熱い柔道談義が始まりましたup 

 

 他団体の保護者さんの思いとかもいろいろ聞けて、とても楽しい時間を過ごしましたが、その席上でこのブログの話が出ました。

 

 いつも楽しみにチェックしてくれていたこと。

 もっと続けていって欲しいということ。

 自分の内容に賛同や反対意見が多数あること。

 

 いろいろ言って頂きましたhappy01 その中で、自分がまた続けてみようという気持ちにさせてくれたきっかけがありました。

 

 Oさんのある何気ない一言を聞いたことで、今までこのブログを続けていた結果として、読んで頂いてる方の考え方とか柔道の見方に少しですが影響を与えていたという事を知りました。同じように、我が子やチームの子供達の柔道に歯痒さやヤキモキした苛立ちみたいな思いを抱えつつも、親は子供達の一番の味方でなければならないという、一見相反しかねない両者の思いのハザマで葛藤されてる方がいるということを知り、だとしたら、このブログを通してそんな方々に自分の経験とか心境とかを晒すことで、このブログはこれからも存在価値としては十分あるのではないかと考えましたthink

 

 酔ってる酒の席で、軽はずみな返事をしてしまったことに若干の後悔を持ちつつcoldsweats01 今こうしてキーボードを叩いている訳ですが、保護者のOさんだけではなく、他にもそういう気持ちの葛藤みたいなものを感じながら、それぞれのお子さんの成績や柔道スタイル、心身の成長に一喜一憂されている保護者さんがいらっしゃることをあの二次会の席で教えて頂きましたし、丸岡スポ少の保護者さんも随分と入れ替わって新しい世代になりましたhappy01 そんな、このブログの存在を知らない新しい保護者さんのためにも、まだ自分には丸岡に恩返しできる何かがあるのではないかとwink

 

 今180度、少年柔道に対する自分の考えが変わったその気持ちでブログを書くことで、そういう方々と意見交換したりご批判を頂いたりもできるかも知れない。だったら書いていってみよう。そう決意しました。

 

 どんな内容を書いていくかまだわかりません。依然として悪態ばかり書いてるかも知れませんcoldsweats01 とにかくそんな出来事から、またこうして再開という運びになりました。

 

 改めまして、きっかけを頂いたあの席、きっかけをくれたOさん、後押しして頂いたM先生、これまでいつも応援して頂いた皆さんに感謝したいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2015年6月 4日 (木)

柔道への思いの変化

 ブログ再開の第一話目として、まずはブログの更新が止まった理由。たくさんある中で、ここでは心境や少年柔道への思いの変化に絞って書いて行きたいと思いますhappy01

 

 実はこのブログ、泉弥がスポ少を卒団する時期に、続けるかやめるかの最初の岐路がありました。我が子の卒団は、長いこと続けたブログの幕引きとしてはいいタイミングというか、きっかけにはなりますからcoldsweats01 そんな話を家内とはしていたのですが、自分には何か後ろ髪を引かれるというか、すっきりしないものを感じていました。我が子が終わればそれで終わりか・・・みたいな。。。despair

 

 そんな感じの時に、スポ少の先生方からも「ずっと続けて欲しい」という嬉しい話を頂き、娘の卒団後にどこまでスポ少に関われるかも不透明ながら、まあ我が子の話題が中心ながらもできる範囲で続けてみようという結論になりました。

 

 しかしその後、長男・次男の高校での柔道、中学生になった娘の柔道を見たりするうち、そしてたまに見る少年柔道での出来事などを通じて、自分の中で今まで十数年も関わってきた少年柔道に対する考え方が大きく変化していきました。まあ、書かなくなった一番大きな理由は多忙になったというのが一番ですが、今までも多忙な時はいくらでもありましたし、それでも書きたいことがたくさん溢れてたから、苦もなく書けていたのですが、今回の場合、誤解を招く言い方になりますが、書きたいことがなくなったというのも大きな理由でしたthink

 

 書きたいことがなくなったというのは、熱が冷めたとかいうのではありません。少年柔道への思いが大きく変化した結果、書くことがなくなったのです。

 

 では思いがどのように変化したのかsign02

 

 一つには、

 

 今までの自分は、自分の中学時代の苦い経験を元にしながら、こういう風にはなって欲しくないと自分なりにこれが柔道本来の姿と思うものを見つけ学び、また丸岡の先生方に教えて頂いて、それをなんとか子供に伝えようとしてました。また、押し付けていましたcoldsweats01 だから、そういう思いと違うことに対しいろいろこのブログに書いていましたし、不甲斐ない試合内容には容赦ないことも書いていました。時には他団体の批判と取れる内容のことも書いてましたし、丸岡の子供らの試合内容なんかは日常茶飯事で苦言を書いていました。

 

 ところが息子らが高校生になり、それぞれ素晴らしい先生方に教えて頂けるようになり、そして見違えるほど成長していく姿を見て、それは柔道自体のこともそうだし人間としての成長もそうですが、もはや私が今まで書いてきたことは全く書く必要がなくなってしまった。とっくに親を超えてしまった我が子らに、もはや柔道のことでブログに書くことがなくなってしまった。今、丸岡スポ少で頑張っている子供達も、今は分からなくてもこの先必ず人間的に素晴らしくなる、この先生方や親御さんと共に道場で汗を流していれば。そう真面目に思いました。もうこのブログの必要性とか価値とか、存在意義がなくなったと感じた。それがまずは大きな理由でした。

 

 二つには、

 

 柔道に求める価値観が180度変わってしまったということ。一つ目の理由と似ていますが、柔道を成績だけで判断するのならうちらは完全な負け組cryingcrying 今までこのブログで散々生意気書き続けてきましたが、当の自分の子供らは誰一人勝てなかったし全国大会にも出れなかった。まだ美希弥も泉弥もこの先は分かりませんが、今のところはそうです。これまで同様、そういう結果や成績を見て判断し評価するならまだまだ書くこともたくさんあるし、弱いから勝てない、練習が足りないから勝てない、言うこと聞けないから勝てない、言いたい放題書けてたかも知れませんcoldsweats01

 

 でも、単純に子供達の柔道を見てそれで十分じゃないか?これ以上、指導的立場にもない自分が何を求める事がある?って今は思うのです。純粋に微笑ましく、楽しく、幸せに思ってるんです、丸岡スポ少の子供達や中学高校の柔道を見てるとhappy01 こうなってほしい、こういう人間になってほしい、

 

 もちろん今も、キライな柔道はあります。変わってないと思いますがcoldsweats01

 

 でも何より、理由はどうであれ、例えやらされてる感ありありの子だとしても、柔道を続けてくれているだけでもう十分だと思うようになりました。多分以前とは180度違う目で子供達の柔道を見てるし応援してると思います。そう意味ではうちらは勝ち組(v^ー゜)ヤッタネ!!

 

 でもそうなってくると、本当にもうこのブログに書くことがなくなってしまいますよねcoldsweats01 今の我が子らの柔道に取り組む姿勢や成長した姿に満足してしまった。少年柔道を見て、ただただ楽しく微笑ましく思い、これ以上何も求める必要性を感じなくなってしまった。これでは書くことはもう何もありません。

 

 それがまたこうして書き始めるきっかけと決意をくれた、マルちゃん杯でのある保護者さんと先生とのお話はまた次回にhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年6月 2日 (火)

感謝〜そしてブログ再開のご報告

 ブログの更新が止まってから、もうかなりの月日が経ちましたね。この間、様々な環境の変化や心境の変化があり、どうしてもパソコンに手が乗らなかったのですが、その間の言い訳を今さらダラダラ書き出してもどうしようもありません。

 

 まずはこの間、それでもずっと更新を待っていてくれた皆さん、そういう温かいお言葉をいつもくれた皆さん、本当にありがとうございました。こんな言いたいことをただのきまぐれでダラダラ書いてただけのブログをずっと応援していただき、更新が止まってからもカウンターが進んでいることに本当の感謝の言葉しかありません。

 

 このままブログの更新が終わってしまっても、それはそれで良かったのかも知れないのですが、何の挨拶もなく、応援して読んで下さっていた全ての方々を裏切る形でフェードアウトしてしまうのはやはり失礼で申し訳ないことだし、どこかでけじめはつけようと思っていました。

 

 そんな時・・・

 

 実は先日、長野県の遠征に出かけた時の、ある方々とのある語り合いがきっかけとなり、また少しこのブログの更新をやってみる決意をすることになりました。もう一度書くきっかけを下さったO先生とMなぶ、先日は本当にありがとうございました。そのきっかけはまた今後ご紹介するとして。

 

 先ずは・・・

 

 その遠征の酒宴の席上でも話をしたのですが、自分自身、このブログの更新が止まっていた間に、少年柔道とか我が子らの柔道に対する思いとか考え方が180度変わったと思います。

 

 ブログ再開の最初の話題として、先ずはその思いとかを次回から書いてみたいと思います。

 

 皆さんの期待に添えるようなブログは書けないと思いますが、またこうして書くことに前向きに気持ちを向けてくれた皆さんへの感謝を忘れずに、自身でしっかり区切りがつけれる時がくるまで、またしばらく書いて行きたいと思っています。

 

 よろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2014年10月 | トップページ | 2015年7月 »