« 北信越地区中体連夏季柔道大会結果 | トップページ | 北信越大会番外編アラカルト »

2014年8月 8日 (金)

北信越大会を振り返り

 先日行われた中学校の柔道北信越大会を少し振り返ります。

 

 まずは団体戦。男子は県で無敵の福井中学校が、準決勝で長野県代表の丘中学校に1-2と接戦の末敗退。3位という結果でした。

 

 初戦は富山県1位の小杉中学校に5-0と完勝good

 

 続く準決勝が丘中学校戦。先鋒戦が引き分け。

 

 次鋒戦、キレイに袖釣りで投げられ1本負け。この丘中学校の次鋒、半戸選手といいますが、66kg級でも優勝しましたが素晴らしいsign03 これぞ軽量級の柔道、という動きと技のキレにパワフルさも感じlovely 何より担ぎ系の技をしっかり担ぎに行っているのが素晴らしかったですhappy02 初めて聞いた名前でしたが、高校でも間違いなく活躍できる選手だと思いましたhappy01

 

 中堅戦、福井中のポイントゲッター・利根選手が、おそらく丘中学校も1勝を計算している選手から1本勝ちを奪い同点に戻してきました。

 

 しかし副将戦、袖釣りに宙を舞い1本負け。再び1-2とされました。

 

 勝つためには1本勝ちで代表戦に持ち込むしかなくなった大将戦。一進一退の攻防から、お互いがポイントを奪うチャンスを作りましたが結局引き分け。このまま1-2で敗戦となってしまいました。惜しい試合でしたが、総合的に見て丘中学校の方が一枚上という印象でした。

 

 しかし決勝戦では、その丘中学校を4-1と完勝の形で破り優勝したのが内灘中学校でしたcoldsweats02 強かったですねぇshine いや、むしろ強さを感じない強さ・・・でした。派手な技やセンス光る柔道をする選手はほとんどいませんでしたが、一人ひとりが基本に忠実で理に叶う柔道を目指し練習をされているのが分かる柔道で、安定感は抜群sign01 試合展開の状況判断がしっかりできる冷静さ。チーム力が高く、これが団体戦で本当に強いということなのかも知れないですね。柔道のセンスや派手さ、わかりやすいパフォーマンス的なことから言えば、丘中学校や福井中学校の方が一見強そうに見えます。でも、試合をしたら完敗してしまう、そんなチームでした。

 

 次は女子。こちらも県で無敵の福井中学校は、決勝戦で富山県の小杉中学校に0ー1で敗れ2位でした。どうしたら福井中学校を倒せるかのお手本を見た試合でしたねcoldsweats01

 

 先鋒戦、よく似たタイプの軽量級同士の対戦で一進一退sign01 しかし中盤、寝技の攻防から相手選手の締めが入りまさかの1本負けcoldsweats02 福井中・前川選手も寝技は相当鍛えられていると思っていただけに意外な決着でした。

 

 中盤戦、両チームポイントゲッター。小杉中学校の中堅選手、相当強かったですねsign01 福井中・北出選手が本気で戦っているのを久しぶりに見ましたcoldsweats01 試合自体は、僅差ながら若干北出選手の方が優勢かな…という展開でしたが引き分け。団体戦の勝ち方を知っているチームは、こういう勝負所で絶対に失点しない強さがありますねsign01 

 

 最後の大将戦も重量級同士の対戦になりましたが、中堅戦同様に接戦で引き分け。0-1で敗戦という結果でしたthink もちろん小杉中学校女子チームは強かったですsign01 3人ともにかなりの実力です。しかし、何よりも団体戦の勝ち方を知っているチームだという印象が強かったですね。

 

 

 一方、県2位で出場した丸岡南中学校ですが、こちらは初戦で0-3の完敗で敗退coldsweats01 お話にならない試合でした。相手は新潟県2位の中条中学校さん。同じ県2位でも実力が全く違いましたthink

 

 福井県はこんな感じで、団体戦・個人戦ともに1位と2位の差が他県に比べ大きすぎるのが今後の課題だと感じますsign01 県全体のレベルの底上げが、県のレベルアップには必須だと感じました。丸岡南中学校もこれからまだまだがんばって、県で1位の福井中学校とまともに戦えるチームになっていかなければなりませんthink そのためにも目標は高く持ち、全国で戦えるチームを目指していかなければ福井中学校とは戦えないと思います。

 

 そして福井県もう一つの課題。今回、男女とも団体戦は公立の中学校が優勝されましたthink 内灘中学校さんも小杉中学校さんも普通の公立学校ですsign01 公立学校らしく部活動も教育の一環という姿勢が外から伺い知れるほど、選手一人ひとりの態度や礼儀、試合の礼法がしっかりされていますshine 福井県はまだまだ中高ともに私立校の一強体制の状態です。今回、石川県や富山県が公立校でも勝てるということを証明していますsign01 うちもまだまだsign01 丸岡南中学校が、公立中学校として県で大活躍できるようなチームに成長してくれるよう、一生懸命応援して行きたいと思いますsign03

 

 

 続いて個人戦。ハイレベルな戦いが繰り広げられる中、男子女子ともに2階級を制するなど県勢は大健闘と言ってイイでしょうhappy02 中でも81kg級のT根選手が圧勝の優勝で素晴らしい柔道でしたwink また、90kg級のK上選手は決勝戦、有効を奪い優勢でしたが、技有りを奪い返される厳しい展開wobbly しかし直後に豪快な内股で1本を取り再逆転での優勝sign01 精神力と集中力が素晴らしかったですwink

 

 女子2選手は、いずれも指導1差で優勝を果たすという際どい接戦でした。最後まで集中力を切らさないタフさを感じました。

 

Img_2668Img_2670 泉弥は初戦が運良く1年生同士の対戦でした。とはいえ相手は長野県2位で、過去にも山岸絵美選手や田知本選手、出口クリスタ選手、津金選手など素晴らしい選手を多数輩出している丘中学校の選手coldsweats02 熱戦となりましたsign01 中盤、相手選手の内股を透かして体落としで切り返し技有りを奪い、そのまま優勢勝ちhappy02 ドキドキの熱戦を勝ち上がりました。

 

 2回戦、新潟県1位、今大会この階級を制した選手と対戦coldsweats02 前に出ていつも通り無防備に組んだところを、奥を叩かれ払い腰で秒殺されましたcoldsweats01 やっぱり格が違いましたsweat02 

 

 泉弥の今回の試合を見て改めて力不足を感じましたし、周りのレベルの高さを痛感しました。また、泉弥は、57kg級というこの階級にしてはあまりにも小さいcoldsweats01 まだリミットに3〜4kgある体重のことももちろんですが、何よりも身長が違いすぎますcoldsweats01 周りは全て高身長で、しかも体が大人のカチッとした体格の選手ばかりですので、今回のような体格差があまりに大きい対戦ではどうしようもない感じがしました。みんな、本当に57kg級?って思うくらい締まった体つきの選手ばかりでした。泉弥はまだ小学生から中学生に上がって半年弱。体が全然小学生のままですから、これから体が出来上がってきて勝負sign01 だと思います。

 

 今回、初めて中学生の北信越大会に出場させていただき、まだまだ上がゴロゴロいることを知りたくさんの良い経験が出来たことと思いますsign01 この経験を糧に、また一から頑張ってもらいたいと思いますwink 

 

 最後になりましたが、今回の遠征に多大なバックアップを頂きました坂井市中体連の皆様を始め、各関係者の皆様、先生方、本当にありがとうございましたsign03

 

IzumiSecuredownload




 

 

|
|

« 北信越地区中体連夏季柔道大会結果 | トップページ | 北信越大会番外編アラカルト »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

2年連続の長岡遠征、お疲れ様でした。coldsweats01
裕さんのおっしゃるとおり、全体のレベルアップが不可欠です。
私たちの役目は、福井県の底辺にある少年少女の裾野を広げ、底辺の標高を上げること。fuji
我々が頑張らねばsign03

投稿: クリリン会長 | 2014年8月 8日 (金) 12時27分

クリリン会長、ありがとうございます。

昨年、北信越の交流大会と同じ会場でした。昨年、最初にレクをした体育館に畳を敷いて試合が行われましたhappy01

泉弥達福井県選手団が今回宿泊した場所も、昨年宿泊した旅館街の辺りだと聞いています。

これからも、丸岡からたくさんの選手がこういう上の大会に進み、北信越他県に負けない活躍をしてくれるのを楽しみにしてますsign01

投稿: 柔道3兄妹の父、裕 | 2014年8月 9日 (土) 16時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/57014285

この記事へのトラックバック一覧です: 北信越大会を振り返り:

« 北信越地区中体連夏季柔道大会結果 | トップページ | 北信越大会番外編アラカルト »