« やっぱり振り返っておこう! | トップページ | 敦賀高校合宿 »

2014年7月30日 (水)

県大会女子の部

 県大会女子の部。丸岡南から5人の選手が出場しましたhappy01

 

 まずは40kg級。南中学校5人の中で最も全国に近いと見ていた階級であり、H乃ちゃんの実力と気合いの入り方からして必ず掴み取ってくれるものと期待していた階級でした。1回戦、明倫中のU選手に大内刈りで1本勝ちsign01 動きに硬さもなくて好調な滑り出しだったと思いますhappy01

 

 2回戦が準決勝。粟野中のK選手との対戦。ここが一つの山場だろうと見ていました。直前に敦賀へ練習に伺った時に試合練習をした時は、有効一つを奪い優勢勝ちでしたが実力的にはほぼ互角sign01 本戦もお互いに意識しあいなかなか攻め手を欠く息の詰まる接戦となりましたsweat01 中盤、場外指導を奪いそのまま試合終了。僅か指導1つ差の接戦を制しましたwink 勝ったのは結果として良かったのですが、たった指導1つ、しかも場外指導のみで勝者と敗者がはっきり別れる厳しい結果sign01 あの試合で勝者と敗者を分けてしまうほどの差があっただろうか…。例えば同じ指導でも、消極的の指導などは攻守がはっきり分かれていて見ている側も分かりやすいとは思うのですが、場外指導1とか片襟指導1の差だけでは、果たしてそれだけで優劣が付くものなのだろうか・・・sweat02 改めて新ルールの怖さ、勝負の厳しさ、そして審判の先生方の責任の重さを感じた試合でしたthink 

 

 兎にも角にもいよいよ決勝戦sign01 相手は明倫中のSさん。H乃ちゃんと同じ1年生ですが、この階級のディフェンディングチャンピオンを倒して決勝に勝ち上がってきた選手でしたsign01 小学生時代は柔整会さんに所属しており、3兄妹も何度か試合や練習の様子を見せてもらったことがある選手でしたが、予想ではH乃ちゃんとは互角の戦いになると見ていましたsign01 試合開始から息を飲んで見ていましたが、体重とパワーで若干相手が上回っていて、組み負けしてるかな…という印象は持ちましたwobbly その後、パワーと組み勝ちの有利を活かして相手がどんどん仕掛けてくる展開になってしまい、なかなかH乃ちゃんの反撃のチャンスが生まれなかったですねbearing 立て続けに有効・技ありと奪われ優勢負けshock 今回、惜しくも優勝を逃してしまいました。今回の決勝は確かに完敗の内容ではありましたが、おそらくH乃ちゃんは力を全くだし切れてない結果だったと思いますthink 40kg級という最軽量級ではありますが、まだまだ体重に余裕があるようですので、ウエイトが付いてくるとパワーも増しますし、今回全国の掛かった決勝を戦えた経験も上積みされますsign01 この敗戦を糧に、きっと次回は更に強くなった姿で全国をもぎ取ってきてくれると思いますsign03

 

 次は44kg級。3年生のNどかちゃんが出場しました。決勝の相手は、泉弥も小学生時代からよくやられたcoldsweats01 N海ちゃん。1年生ですが強いですsign01 しかし、Nどかちゃんも抜群のセンスと運動神経があり柔道もかなり強いので、きっと勝ってくれるだろうと願っていました。中盤までは互角の展開。センスある選手同士の攻め合い凌ぎ合いで見応えある試合でしたが、終盤、N海ちゃんが一瞬の隙を逃さず背負投げで技あり奪いそのまま抑えて1本勝ち。Nどかちゃんも惜しくも1本負けで全国には届きませんでしたcrying おそらくキツい減量で体力や筋力も落ちてただろうし、その影響が終盤に出たのかも知れませんthink 3年生で最後の夏の大会でもありましたので、できることならベストな体重、力を出し切れる階級で悔いの残らない試合をしてもらいたかったという思いはありますthink また北信越大会があり、そこまで体重を維持するのは大変だと思いますが、最後の大会に悔いを残さないようになってくれたら…と願っていますsign01

 

 48kg級はM穂ちゃん。こちらの階級は絶対的なチャンピオンがいて、M穂ちゃんは挑戦する立場think その、この階級の絶対王者とは準決勝で対戦することになりました。序盤からさすがに強い相手の猛攻を受けますが、M穂ちゃんも持ち前の粘りと身体の柔らかさやバネを活かし必死に凌ぐ展開sign01 よく我慢して受け切っていたと思いました。そして中盤sign01 M穂ちゃんの粘りが功を奏して、決めに行こうと勝負を焦ったのか、相手選手が内股を仕掛けた時、ダイビングするような形で頭から1回転coldsweats02 主審が副審2人を集め協議に入りました。見た瞬間は思わず「やっちまったwobbly」と思い協議の行方を見守りましたが、副審が戻り何事もなく試合再開coldsweats02 その直後、M穂ちゃんの1本負けshock あのシーンの印象が強すぎて、何で投げられ負けたのかを思い出せませんcoldsweats01 試合終了後、ビデオを撮っていたM穂ちゃんのお母さんにお願いして、ビデオであのシーンを確認しましたが、やはり反則のように思いました。

 

 しかし、近くで見ていた審判の判断ですし、一発反則は審判3名の一致した答えがなければ反則負けにはなりませんので、判定にとやかく言うのは間違ってます。また、確かに全国の掛かった試合で、一発反則負けを取るのはなかなか出来ない心理も理解できますthink 審判の先生も大変な役割だと認識しています。ましてやダントツに優勝候補の選手。しかし選手のことを思えばしっかり取ってあげるのもまた、この先必ず選手のためになるのではないかと思います。ただ、Facebookにも思わず投稿しましたが、こういう一発反則負けになるような重大な反則についての協議は、反則を取る・取らないに関わらずせめて両者の顧問の先生にくらいは、試合終了後にでも説明があっていいのかな…とは思いました。中体連の大会は平日に行われ、審判される先生も少ないことから、顧問の先生が所属する選手の試合を審判のためコーチングできないことがほとんどでした。所属する選手が何故反則負けになったのか、ならなかったのかをしっかり顧問の先生が把握することで、この先選手にしっかり伝えることができますし、選手の今後のためになるように思いますsign01

 

 さて、話を戻して次は52kg級。こちらも熱戦の決勝戦sign01 M里ちゃんと明道中のI見選手の決勝戦でした。お互いに決め手を欠き、引き手を絞り合う組手争いの厳しい戦いになりました。中盤に片襟の指導がお互いに入りそのまま終盤に…。このままGS突入か?と思われた時に、M里ちゃんにピストルグリップの指導が入り試合終了shock 実力的には互角、もしかしたらM里ちゃんの方が上かという戦いだったように思いますが、ここでも指導1が重くのしかかった試合となりましたthink ああいう組手争いの厳しい戦いは、神経が削られるようで見ていてもしんどいですねcoldsweats01 まあ、これも柔道なので仕方が無いのですが、できることならしっかり組んでガッツリ投げに行く試合の方が楽しく見れて気持ちがイイですねhappy01 指導を取り合いその数を競う試合は、疲れるし審判の先生の取る・取らないで結果が大きく変わって来てしまいますので、やはりガンガン攻めて1本取りに行く柔道をしてた方が勝っても負けても気持ちがイイですhappy01

 

 57kg級は泉弥。今回は、地区大会の勝ち方も良かったし、その後の体調も順調に来ていましたので、大会前は自信しかなかったですwink 勝敗のことは相手がいることですしどうなるかはわかりませんでしたが、泉弥の今の力は出し切れる状態で大会は迎えられたと思いますhappy01 また、そういう柔道が出来れば、きっと優勝を争う戦いにはなるだろうという期待もありました。

 

 初戦、寝技で抑えて1本勝ち。次の準決勝が山場、この階級のディフェンディングチャンピオン、東陽中のM陰選手との対戦でしたsign01 強い選手との試合でしたが、序盤からガンガン攻め合ういつも通りの試合展開で手応えは持てた試合の入り方だったと思いましたgood そして中盤、最近手応えを掴んでいた喧嘩四つ相手への背負いsign01 入りもタイミングも良く、相手を背中でバタバタさせる絶好の展開sign03 これは決まったsign01 と思いましたが、やはり課題だったそこからのキメが甘く逃がしてしまいましたshock なぜsign02 あとは身体を回して引き手を引くだけcoldsweats01 実力が似た接戦の戦いでこういうとこを逃がすと痛いですね。直後、何故か強引に短い足だけ伸ばした大外刈りを後ろに返され技ありを奪われ、そのまま抑え込まれて1本負けという結果になってしまいましたshock 何故あの場面であんな強引な大外刈りに行ったのかも分かりませんでしたが、普段しないようなことをしてしまうのもまた試合。何が起こるのか分からないのも大一番の怖いところですねthink 正直言いまして負けたのは悔しいですし、勝てる試合を落としたのも残念な思いがしました。が、これも実力。まだまだ泉弥にはM陰選手に勝てる力がなかったということですし、決勝戦まで行けるレベルになかったということです。そこはしっかり認めなければなりません。しかし、3兄妹の父としては試合内容にはある程度満足していますし、確かな成長も感じられた試合だったと思っていますhappy01 最後まで1本取りに行く柔道は出来ましたし、その、何かやってくれそうな魅力あるドキドキできる試合はしてくれたと思いますsign01 これからが楽しみな試合にはなったと思いますhappy01 これからもブレずに、1本取りに行く魅力ある柔道を貫き、次はあの背負いで豪快に投げ切る試合で勝ってもらいたいと思いますhappy02

 

 結局この階級は、ディフェンディングチャンピオンのM陰選手を決勝で圧倒した、福井中のA里ちゃんが優勝という結果でした。

 

 63kgは絶対王者の福井中・K出選手、70kg級は三国中のI藤選手、70kg超級は福井中・I藤選手がそれぞれ優勝を飾りましたshine

 

 今回、丸岡南中女子は、5階級で選手を出しましたがいずれも優勝には届きませんでしたが、この悔しさをバネにまた一層精進して、大きく成長してもらいたいと思いますsign03

|
|

« やっぱり振り返っておこう! | トップページ | 敦賀高校合宿 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/56938824

この記事へのトラックバック一覧です: 県大会女子の部:

« やっぱり振り返っておこう! | トップページ | 敦賀高校合宿 »