« いよいよ! | トップページ | 全日程終了! »

2014年6月 7日 (土)

福井県高校総体柔道競技大会初日

 いよいよ始まりましたsign01 高校生達の夏の祭典、高校総体happy02

 

 6月6日(金)、初日、まずは団体戦が行われました。

 

 結果は速報でfbに投稿したとおり、男子女子ともに福井工大福井が見事に優勝を飾りましたhappy01 選手、関係者のみなさんおめでとうございますsign03 8月の千葉、福井県代表として是非とも好成績を収めてきて下さいsign01

 

 今回は、この団体戦の長男・次男の学校の試合を振り返りたいと思いますgood

 

 まずは長男。第2シードの北陸高校は2回戦からの登場でした。優弥は、この2回戦と3回戦に中堅として出場しました。

 

 初戦となった2回戦は敦賀気比高校戦。並びは

 

 先鋒   T嶋

 次鋒   S津

 中堅   優弥

 副将   K内

 大将   M田

 

 という並びでした。・・・・・で、5ー0と快勝good 実はこの試合、敦賀高校の2回戦とちょうど被っていて、しかも早く終わり過ぎてあまり見れなかったのですcoldsweats01 とりあえず優弥は内股で3秒殺してましたcoldsweats01

 

 続く3回戦が春江工業高校戦。春江工業は、小学生時代からよく知る選手が多数在籍しており、今大会も先鋒に丸岡スポ少出身のM寺君、副将に三国→丸岡南出身のS口君、大将に川口道場さん出身のY崎君(この北陸戦は不出場)が揃っていましたhappy02みんな、高校に入っても柔道頑張ってくれてるのは嬉しいですねgood

 

 ・・・・・で、結果は5-0でこちらも北陸高校が快勝sign01 優弥は今度も内股で7秒殺でしたcoldsweats01 調子良いのか悪いのかもわかりませんでしたwobbly

 

 ただこの試合、唯一の見所だったのが副将戦、北陸・K内君VS春工・S口君の試合は面白く感じましたhappy01 北陸のK内君は体が大きく、何より受けが相当強くて1年ながら団体戦レギュラーに入る強い選手sign01 そのK内君から、中盤にS口君が大腰を決めて技ありcoldsweats02 あわや1本かという技ありでした。その後、技ありを守りに行ったのがまずくcoldsweats01 徐々にK内君の圧力に負けて防戦一方になってしまい指導4の反則負け。北陸からすると、結局1本勝ちという結果でしたcoldsweats01

 

 準決勝、第3シードの三国高校戦。ここで優弥はお役御免となり、北陸エースのY澤君が中堅に入りました。先鋒戦はT嶋君がI十嵐君から抑え込んで1本勝ち。次鋒戦はS津君がT田君から優勢勝ち。払巻込み有効でした。中堅戦はY澤君がT内君から払腰1本勝ち。副将戦は、今度はK内君が相手エースのY竹君相手に受けの強さを発揮して引き分け。最後、大将戦はM田君がS戸君から鮮やかな払腰で1本勝ち。4-0で無事に決勝へとコマを進めましたhappy01

 

 優弥は体が小さく、66kg級といって63kgしかないのですがcoldsweats01 まあ何とか団体戦の序盤では使ってもらえて、第2シードの北陸高校柔道部でよく今の位置まで成長してくれたと思いますhappy02

 

 北陸高校最後の決勝戦sign01 もちろん対戦相手は県チャンピオンの福井工大福井でしたcoldsweats01 福井高校はこの決勝戦で初めてY章を中堅に投入し、両校ガチモードの決勝戦。

 

 結果は次の通りでした。

 

 先鋒戦  T嶋(引き分け)北川

 次鋒戦  S津(▲大外刈り⚪️)イシドルジ

 中堅戦  Y澤(▲大外刈り⚪️)Y章

 副将戦  K内(▲抑え込み⚪️)M野

 大将戦  M田(▲技有負け⚪️)M浦

 

 ということで0ー4shock 今年も福井高校の壁は厚かったですねcoldsweats01

 

 北陸としてはおそらく、中堅戦にエース対決をぶつけ一か八かの勝負に出たのだろうと思いましたwink 僕は勝つためにはこの作戦は良かったと思いました。エースY澤君を別のところで使えば1勝は取れるかも知れない。でもY章で1敗、しかも1本負けは覚悟しないといけないので、Y澤君が取ってきても1勝1敗でイーブン。残り試合での勝ち越しは厳し過ぎますcoldsweats02 しかし、エース同士の直接対決で勝てば1勝分丸々リードできます。他の選手の試合次第で勝ちの目も出てきます。北陸高校が福井高校を倒せるとしたら、Y澤君がY章から取ってくる展開しかなかったと僕も思いました。

 

 しかしさすがは選手権チャンピオンでしたねsign03 北陸高校エースの挑戦をがっちり受け止め、得意技の大外刈りで豪快な1本勝ちsign03 素晴らしいの一言でしたshine この調子で土日の個人戦も勝ち、インターハイチャンピオンまで駆け上ってもらいたいですhappy02 

 

 

 

 次は美希弥の通う敦賀高校の試合です。実は今回の敦賀高校、団体戦メンバーは顧問の先生も非常に悩まれ、選手達とも十分な話し合いをされ、苦渋の決断であったとお聞きしていましたthink 僕は敦賀高校での練習の様子も分かりませんし、また、選手同士の力関係もはっきり分からないのでよくは分かりませんが、ただ、もしかしたら美希弥のポジションが一つの大きな悩みどころだったのではないのか…とは推測していましたthink なぜなら、実力的にはおそらく今回のレギュラーメンバーから外れた2・3年と比べ、美希弥はレギュラーとしてどうかな…という思いが正直、あったからです。しかし、これは顧問の先生が普段の練習を見、そして様々なことを考え、敦賀高校が一番力が出せる勝負にこだわったメンバーを組んだのだと思っていますsign03 

 

 先鋒  O角(2年)

 次鋒  美希弥(1年)

 中堅  M井(1年)

 副将  H田(1年)

 大将  Ⅰずみ(3年)

 

 大将以外、来年・再来年を見据えた若いチームsign03 このメンバー表を見ているだけでワクワクしてきますよねhappy02

 

 先鋒から副将まで、そしてもちろん大将も、

 

 主将のH野君をはじめ3年を北信越大会に連れて行きたいsign01

 

 そんな思いのこめられた、熱い戦いがそこにはありましたcrying

 

 1回戦は高志高校戦。

 

 先鋒戦は大内刈り技ありから抑えて1本勝ち。

 

 次鋒・美希弥はキレイな足払いで相手をふっ飛ばして1本勝ち。滅多に美希弥の事は褒めませんがcoldsweats01 今回の足払いは良かったですwink なんか・・・試合前から仲間に宣言してたらしいですね・・・足払いでふっ飛ばしてくるとcoldsweats01

 

 中堅戦はポイントゲッターが抑え込んで1本勝ちscissors

 

 副将戦、豪快な大内刈り1本sign01

 

 大将戦も3年が意地の払腰で1本勝ちsign03

 

 なんと5-0という快勝で2回戦に進みましたhappy02素晴らしいshine

 

 しかし次の2回戦が強敵shock 今大会第4シードの武生高校との試合でしたthink この学校とは、4月の春の錬成大会で対戦し1-4と大敗を喫していましたbearing 武生高校は、僕の見た感じでは先鋒・中堅・大将が力を持っており、特に大将はエース級といった感じでしたので、先鋒・中堅のどちらかを倒した上で次鋒・副将は必ず取って勝つsign01 といったゲームプランになるだろうと見ていました。

 

 早速先鋒戦。勝負所の一つ、大事な戦いになりますthink 失礼な言い方ですが、おそらく春までのO角君なら1本負けしててもおかしくない試合だったでしょうthink しかし今日は一味違いましたねcatface もちろん大事な先鋒戦でしたし、これからチームを引っ張っていく選手ですから、そういう力関係の中でも何とかして取ってくる勝負強さといいますか、勝負勘みたいなのは欲しいところですが、3兄妹の父としては春のイメージからすると1本負けも覚悟しなければならないと思っていただけに、この先鋒戦の大接戦は驚きましたし、チームに勇気と闘志を与える戦いになってくれたと思いましたwink 内容的には強敵相手に粘りを見せ、中盤に有効を奪われ優勢負けしてしまいましたが、後ろに繋ぐ気持ちがしっかり感じられた試合でした。

 

 本当は、本音は、やはりどうしてもチームの勝ちのためには先鋒戦は勝ちたかったsign01 ましてやO角君でしたからどうしても取っておきたかったcoldsweats01 というのが本音でした。

 

 続く次鋒戦。美希弥の対戦相手は3年生のS藤君。かつて小学生時代は、武生スポ少所属で優弥とも熱戦を繰り広げていた強敵sign01 しかし必ず取ってこないといけない次鋒戦think 美希弥は序盤から前に出て良い感じcatface そして払腰か体落としか微妙な技での投げが決まりましたsign01 しかもここで相手選手が思い切りブリッジcoldsweats02 あちゃちゃcoldsweats01 これで1本勝ちnote と思いましたが判定は技ありcoldsweats02 

 

 ありゃりゃsign02sweat01 確か新ルールではブリッジして堪えたらいかなる場合も1本でしたよねcoldsweats01 ま、しかしそんなこんなで試合は続行ですが、次は大外刈りを決めて文句なし1本勝ちshine 美希弥が仕事を果たしてきましたshine

 

 それにしても美希弥、今まで柔道の試合や練習を見てきてもイマイチ自信なさげで、ガッツリ入って最後まで投げ切ることがなかなかできなかったのですが、今回の大外刈りは本当に気合いの入った素晴らしい技でしたsign03 普段、美希弥のことはあまり褒めたことがなかったのですが、今回はとても良い試合だと思いました。敦賀でN村先生に指導を受けたった2ヶ月でこうも変わるのかと本当に驚きましたし、先生には本当に感謝したいですhappy02 そしてあの技にはもう一つ、チームの団結力や3年生の思いの後押しがあって、最後まで投げ切れた技だったような気がしていますgood 良いチームになり、良い仲間に恵まれたなぁと心から嬉しく思いますwink

 

 さて、試合は1-1のふりだしに戻り中堅戦。敦賀はポイントゲッター。相手も力があり、特に返しが強い選手。しかしここを取れば勝利がぐんと近づきますsign01 序盤から、両者組みあったまま動きがとまり消極的指導。相手は返し狙いでM井君の仕掛け待ち。M井君もその雰囲気を察知してなかなか仕掛けられない…think そんな攻防だったと思います。試合が動き出したのは、両者に2つ目の指導が来た後から。払腰を狙われていると見切ったM井君が、フェイント付きの大内で大きく崩しチャンス到来sign01 次も逆技の支釣込足で有効を奪い抑え込み。返し狙いの相手の柔道を上手く利用した見事な1本勝ちでしたshine

 

 これで2-1。僕はここで勝利を確信してしまいましたwobbly しかし勝負は何が起きるかわからないthink 敦賀高校の試合はもう一つ大切な教訓に満ちた試合でもありましたthink

 

 副将戦、序盤はH田君が大内刈りで相手を場外まで追い込み腹ばいで倒すなど優勢な試合展開。力関係的にも、10中8・9は勝てる相手だったと思いました。しかし中盤、不用意に出した大内刈りを思い切り返されまさかの1本負けshock 相手は完璧に狙ってましたねthink さすがは武生高校は返しが強いチームです。何が起きたか信じられない試合でしたsad 

 

 これで2-2。しかも大将戦は相手はエース。一気に形勢は逆転してしまい、僕も放心状態wobbly でも選手達はここからの精神力が強かったsign03 決して諦めてはいなかったですsign03 N村先生は本当に強いチームを作られたと思いましたsign01

 

 おそらく実力的にはかなりの差がある相手だったと思いましたが、序盤からいきなり互角の展開、しかも中盤には渾身の抑え込みに入り夢を見ましたhappy02 しかし、決まり切っておらず10秒で有効止まり。その後、終盤まで行きましたが再び勝負に行った寝技を今度は返され万事休すshock 逆転の1本負けで試合は終わりました・・・・・。

 

 

 2-3・・・・・

 

 接戦、熱戦、激闘。わずか2ヶ月ほど前の春の錬成大会で1-4と大敗したシード校にあと一歩まで迫りました。凄まじいスピードでの成長。なによりチーム力が素晴らしい。今大会ではまだまだ弱いチーム。なのに間違いなく一番チーム力があったチームだと思いました。3年生の悔しい思い、1・2年生の熱い思い、そういうものがぎっしり詰まった近年稀に見る好勝負sign03 しかし負けて良い結末な訳はありません。勝たなければ熱戦も0-5も同じ負け。決定的に違ったのは次に繋がるかどうかsign02 選手達はこの試合で多くのことを学んだと思います。

 

 この熱い、そして悔しい敗戦を経験し、敦賀高校の新たな第1歩が始まりました。この若いチームが、これから1年、2年と練習しどんなチームに育っていくか、僕は楽しみに見守りたいと思いますsign03

 

 長くなってすみません。最後まで読んで頂きありがとうございますhappy01

|
|

« いよいよ! | トップページ | 全日程終了! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

泣けました!

これからも微力ですが携わっていきます!

明日も応援頑張って下さい!

投稿: カニーマン | 2014年6月 7日 (土) 16時11分

カニーマン先生、ありがとうございますsign01

敦賀高校、本当に熱い試合をしてました。実は会場で、少し泣いてました。少しだけ。。。

なにしろ、チームメイトの応援の声が凄かったsign01 チーム力という面では、間違いなく優勝でしたhappy02

投稿: 柔道3兄妹の父、裕 | 2014年6月 7日 (土) 21時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/56423251

この記事へのトラックバック一覧です: 福井県高校総体柔道競技大会初日:

« いよいよ! | トップページ | 全日程終了! »