« 何苦礎魂 | トップページ | 金の卵 »

2014年5月19日 (月)

何苦礎魂(2)

 前回より、今回がこの話題の本題の部分ですcoldsweats01 

 

 「何苦礎魂」

 

 そんな気持ちの大切さを知ってもらいたい選手たちのお話です。

 

 今回は先週土曜日の敦賀高校練習で見たある中学生選手3人のお話し。

 

 まずは1人目。敦賀市内某中学柔道部の男子選手で、僕は今回初めて見た選手、O道君。この日集まってくれていた中学生の中では体格もやや大き目で、新1年生としては柔道的にも実力は持っている選手に見えました。負けず嫌い感も出ていましたし、心の部分で伸びる要素を感じました。そんなO道君と泉弥との1回きりの乱取り。泉弥は小学生になるまえから柔道をしてましたので、いくら中1男子とはいえまだ現時点では泉弥が投げ勝ってました。

 

 4分後、その選手はカニーマン先生のところにきて悔し泣きcrying そりゃ悔しかったでしょうねthink おそらく中学校の部活では、仲間達にはそれなりに勝てる力を持ってるだろうし、乱取り中、あれだけ投げられたのもそうは経験なかったかもしれませんthink いきなり初めて見る女子選手に投げられる訳ですからcoldsweats01 彼にしたら良い勉強になった…というよりは悔しさだけが残ったことでしょう。

 

 でも僕は久しぶりに見ました、負けて泣いてくる子を。まずはそこに魅力を感じます。泣くことがいいことだとは思いません。泣く暇あったら練習しろsign01 息子や娘にはいつもそう言いました。しかし内心、泣くくらい悔しい気持ちを持つ事には手応えを感じてましたし、泣いただけで終わらせないよういろいろしました。

 

 そんなO道君にカニーマン先生は

 

 「何度投げられてもイイから、泉弥に何回でも乱取り掛かっていきなさい。次やろうとしても次はもういないよ。」

 

 とアドバイスを送っていて、僕と同じ事伝えてるなぁと嬉しく思いましたhappy01 その後、やはり初めての経験で気持ちが折れたのかcoldsweats01 かかってきてくれなかったのは少し残念でしたがcoldsweats01 あの、初めて見る髪くるくるの女子に歯が立たなかった時の悔しさは絶対に忘れないでもらいたいです。そして、次も絶対練習させてもらいに来ますので、次こそは絶対ボコボコにリベンジしてやって下さいwink 僕は楽しみにしてますからsign01

 

 何苦礎魂(なにくそ魂)

 

 何事も、苦しい時こそ、その人の基礎を作る。

 

 何苦礎魂でなにくそ!という気持ちを持って絶対強くなって下さいhappy02

 

 

 残り2人は一緒に。こちらも同じく敦賀市内某中学校女子柔道部の双子姉妹、K堀姉妹。最近では中学生の春の大会団体戦でじっくり見させていただいた選手です。娘と同じ中1の女子選手ということもありますし、また、カニーマン先生イチオシのダイアモンドの原石というお話しもお聞きしていたので、今回はじっくり見させて頂きましたhappy01

 

 もう長いこと子供達の柔道を見てきたせいか、最初の準備体操を見るとだいたい柔道の実力、センスが見当がつくようになってきて、その見当も意外に良い確率で当たったりしますcatface 丸岡では、美希弥の同級生の女子、高校では柔道を続けなかったのですが、M紀が最初に丸岡に練習に来た時の衝撃は今でも覚えています。あんな運動神経良く、バランスが良い子は初めて見ました。

 

 K堀姉妹の体操や補強運動を見て、双子だということですが二人ともしなやかな体幹の力を感じ、特に体のバランスがイイと思いました。僕の体操を見た時の「強くなるだろう予想」は意外と当たりますconfident これは丸岡南のライバルとしてマークする必要ありです。

 

 このK堀姉妹、実はこの日、1日練習にフル参加してました。まずはそれが素晴らしいshine 普通の中学生は、 

 

 みんな帰るなら…私も

 

 ってなりますよねcoldsweats01 しかも午前中、最後の乱取りでは結構ボコボコにされてたと思いましたがcoldsweats01 彼女らは気持ちまで折られてなかったですshine こういう選手は怖いsign01 今までたくさん合同練習とかをしてきて思いますが、ライバルになりそうな選手にはとことん練習してきて、相手に苦手意識を植えつけるまでボコボコやらせますが、そこでもう掛かって来なくなったら大丈夫smile その選手には当分負けません。でも、どんだけやっても気持ちが折れずにかかってくる選手は、その時どんなに弱くても必ず追いついて逆転されるので怖いですshock ちょうど元實心館さんの選手で、中学は県外に行ったK上選手がそんな感じでした。

 

 K堀姉妹、みんながもう分かってるとおり、そして本人達自身もちゃんと気付いていると思いますが、この1日練習、午前と午後では別人の選手になってましたsign03 姉妹で柔道のタイプはかなり違ったのでそれぞれ書きますが、

 

 ショートの子は左組みで、特に大外刈りに魅力を感じました。でも実は午前中は何が得意技なんだろう?って分からないぐらい技が出ませんでした。

それが午後の練習では見違えるほど技を出してました。

 

 次に向かって行く気持ちの良さとがっちり組んで姿勢よく勝負してくる柔道も良かった!午後は別人。しっかり向かってくる分、たくさん投げられてました。でもそれでいいんです!先生方もそれぞれ声を掛けていらっしゃいました。

 

 100回投げられてもいいから1発決めて来い!

 

 そういう柔道が出来るようになってしまいました。たった1日の練習で!!

 

 次に後ろで髪を結んでいた子は右組み。多分。いかにもセンスありそうな柔道スタイル。負けず嫌いは相当な感じだという印象を持ちました。センス良いので足技などはやらせると相当いい感じになると思いましたが、まずは後ろに下がらないことかな・・・。ショートの子と違ったのはそこだと思いました。

 

 でも!こちらもまた最後は全く別人の柔道が出来るようになってました。すぐ立ち上がって向かって行き、足技から体落としなどの技で泉弥も結構崩されてました。

 

 練習終了後、K堀姉妹にお節介ながら丸岡柔道の神髄、前に出る柔道が出来るようになったら泉弥に勝てるよ・・・と伝えておきました。付け加えるなら、やはり泉弥攻略は足技か奥襟持って頭を下げさすことですね!

今、ちょっとだけ後悔してます^^; ヤバイですから。

 

 

  何苦礎魂

 

 今回、たくさん乱取りしてくれてありがとう!!泉弥も2人との乱取りで大きく成長しました。久しぶりに追い込まれてましたよ。

 

 何苦礎魂で、これから大きく成長してください!きっと勝てます!!!

 

 

|
|

« 何苦礎魂 | トップページ | 金の卵 »

3兄妹の柔道成長日記」カテゴリの記事

コメント

これもまた素晴らしい!(^^)/\(^^)

嬉しくて涙が出そうです!

これにあのラインの内容が書ければ本になりますね♪

マニア向けですが(笑)

投稿: カニーマン | 2014年5月19日 (月) 11時09分

午前と午後でそこまで違いましたか!

自分が練習に来たから嬉しかったのでしょうね大笑

投稿: カニーマン | 2014年5月19日 (月) 11時27分

でもあの時の二人の乱取りは鳥肌がたちました。

二人とも間違いなく今後の女子柔道を牽引していくことでしょう。

あの様な気付きを与えて頂き、アドバイスまで頂き、そしてこんなに素晴らしい文章にまでして頂き感謝します!

投稿: カニーマン | 2014年5月19日 (月) 11時30分

よそから見ると、丸岡柔道はマニア向けだと思います^^;

もしO道君、そしてK堀姉妹が、カニーマン先生の予想を超える、今までになかった何かを引き出して乱取り出来ていたなら、今回の練習に泉弥を連れていった価値がありますね。そういう段取りをして受け入れて下さった先生方に感謝します!

少なくとも、泉弥にとってみたら本当に新鮮で、また新しい発見が出来た練習でしたし、大きく成長できた練習となったはずです(*^^*)

投稿: 柔道3兄妹の父、裕 | 2014年5月19日 (月) 16時45分

おお!なんかメッチャ盛り上がっているじゃないですか。僕も是非仲間に入れて下さい。(でも文才が無いので上手く書けないです)カニーマン先生、ひろしさん、是非美味しいお酒を飲みながら、心ゆくまで柔道談義を咲かせましょう。

投稿: HA◯E監督 | 2014年5月19日 (月) 19時09分

監督、盛り上がりたくなりますよ!

ワクワクする子供達のワクワクする稽古をしてる姿が見れましたから(*^^*)

是非是非、マニアックな玄人向けの柔道談義、ゆっくり語りましょう!!

投稿: 柔道3兄妹の父、裕 | 2014年5月19日 (月) 22時30分

HA◯E監督 様

是非その楽しそうな宴をセッティングしてください(*^_^*)

投稿: カニーマン | 2014年5月20日 (火) 16時08分

合点承知

投稿: HA◯E監督 | 2014年5月21日 (水) 22時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/56234710

この記事へのトラックバック一覧です: 何苦礎魂(2):

« 何苦礎魂 | トップページ | 金の卵 »