« 「待つ」という優しさ | トップページ | 全国大会予選の結果を聞いて »

2014年3月12日 (水)

初体験

 平成26年3月11日(火)。東日本大震災からちょうど3年。震災によりお亡くなりになられた方々のご冥福を心よりお祈りいたします。また、いまだ行方が分からなくなっている方々が、一刻も早くご家族の元に戻られますことを、併せて心より願っております。この未曾有の大震災で被災された方々が、一日でも早く心穏やかな日常を取り戻されますように、この日を忘れてはならないと改めて思いました。

 

 

 

 さて、この日は総斗會のM監督→丸岡のクリリン会長→3兄妹の父という形でお誘いをいただき、福井農林高校の武道場で行われている足羽レスリングクラブさんのレスリングの練習に参加させていただくことになりましたhappy02 丸岡からは、美希弥と泉弥、M衣の3人が参加させて頂きました。うちの美希弥と泉弥、おそらくM衣もそうでしょうが、レスリングは初体験のこと。僕も楽しみに見に行きましたhappy02 お誘いをいただいたM監督、受け入れて頂きました足羽レスリングクラブの皆様、本当にありがとうございましたsign03

 

 

  最初から練習を見させてもらいましたが、自分もレスリングの練習を見ることなんて初めての経験で、とても面白い練習をされていると感じましたhappy02 しかし、中には柔道に通じる練習もたくさん含まれており、丸岡の3人も戸惑いながらも何とかメニューについていっていましたwink この日のレスリングクラブさんの練習メニューは、自分の勝手なイメージとは少し違い、打ち込みやスパーリングといった実戦練習が少なく、その分、子供達の基礎体力向上、怪我をしないための体作り、強靭な体幹作り、柔軟性強化、柔軟な筋力の向上といった要素を多く含む練習メニューとなっており、とても工夫されている良い練習をされているなぁと感じました。柔道としても参考にしたい運動がいくつもあって、あのレスリングの子達の柔らかくて瞬発力のある動きは、こういう練習から培われているのかと思いました。

 

 レスリングクラブの子供たちは、いつも行っている練習で難しい運動もさらっとこなしていました。回転受け身も柔らかくて上手いsign03 レスリング選手らしく体がすらっと絞られており、運動神経も抜群の子達ばかりで本当に驚きましたlovely 逆に柔道出身の子供たちは特殊な動きをする運動になかなか上手くいかない様子でしたcoldsweats01 でも、総斗會さんの子供たちは、何度か行かれているとのことで丸岡よりは全然動けていましたが。とにかく泉弥のどん臭さに笑いましたcoldsweats01 M衣はさすがに運動神経が抜群で、初めての練習にもすぐさま対応できていて、やっぱりこの子は凄いなぁと思いました。

 

 中盤、瞬発力と軽快な足のステップを鍛える練習がありましたが、レスリングの子達の動きはまさに蝶のようにしなやかで軽快な足さばきshine それに比べて泉弥の動きはまさにカバsweat01  ドスッ・ドスッという動きで笑えましたcoldsweats01

 

 タックルの打ち込みも見応えありました。柔道ではタックルは反則技で使うことはありませんが、相手のバランスの崩し方、懐への入り方など参考となることは一杯。相手の速いタックルに体を反応させて捌く練習にも最適だと思いました。柔道の子のタックルは腰が高くて全く効きませんでしたね。

 

 また、一本背負いの打ち込みもこれから覚えていってほしい技でもありますし、レスリングでも柔道と同じように相手を崩して投げに行く意識を教えられており、ここでもすごく参考になりましたし、とにかくレスリングは道着がない分、技術が要りますね。こういう投げは柔道の子も得意だと思ったのですが、なかなか上手くいかなかったようです。特に丸岡の3人は立って投げる技しか出来ないので、道着が持てないとまず投げれません。レスリングのように体を巻きつけて投げる背負いは1回目では全くでした。でも良い経験にはなっただろうと思いました。

 

 スパーリング。何故か柔道の子達の動きが良くなっていて、レスリング場なのに大外刈りや内股、足払いがさく裂してました。面白い。レスリングでは、相手を捕まえてお願いする時は、握手をするのですが、柔道の子はそれを知らずに礼をしてお願いします。そのギャップも面白かったですね。

 

 そして最後は筋力トレーニングで締めくくり。子供たちは本当に良い体験をさせてもらいました。全体を通して何と言っても印象的だったのが子供たちの素晴らしい表情でした。レスリングの子供たちは本当に良い表情で練習していました。楽しそうでしたし目が輝いていました。丸岡の3人、そして総斗會の子供たちも本当に良い表情で練習していたと感じました。おそらくレスリングの子達のそういう楽しそうに一生懸命練習している姿に引っ張られたのでしょう。残念ながら柔道場では見たことがない表情でした。こういう練習の雰囲気を感じられただけでもこれからの柔道の練習に大きな財産になったことと思いますgood

 

 またこういう機会があれば是非ともお誘いいただいて参加させていただきたいと感じました。練習後、美希弥と泉弥も「楽しかった」と大満足の感想でした。

 

 

 

 

 

|
|

« 「待つ」という優しさ | トップページ | 全国大会予選の結果を聞いて »

丸岡スポ少柔道日記」カテゴリの記事

コメント

参加していただきありがとうございました。
僕はあそこにいくと楽です。
なぜなら指導しなくていいので(笑)

冗談はさておき、他競技をやることは柔道にプラスになるという考え持ってます。
それは格技とかではなく、野球、バスケ、サッカー等全て体を鍛えるのにはもってこいだと。

広い視野で柔道を見て見るのもまた楽しいです。
またお誘いしますm(__)m

投稿: M監督 | 2014年3月12日 (水) 19時41分

M監督、お誘いありがとうございましたhappy01

柔道が強い子というのは、確かに他の習い事もしているという子も多いように思います。我が家はそういう余裕がなくcoldsweats01 これまで柔道オンリーでしたので、家でいろいろ工夫はしてたつもりでした。

今回、初めてレスリングの練習を体験させていただき、やっぱりいいなぁと思いましたhappy02

また是非よろしくお願いしますsign03

投稿: 柔道3兄妹の父、裕 | 2014年3月13日 (木) 08時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/55343725

この記事へのトラックバック一覧です: 初体験:

« 「待つ」という優しさ | トップページ | 全国大会予選の結果を聞いて »