« 中央中学校で合同練習会 | トップページ | 初体験 »

2014年3月 7日 (金)

「待つ」という優しさ

 想像してみて下さい。

 

 今、皆さんはバス停でバスを待っています。

 

 自分の前には、身体(特に四肢)に高度の障害があり、杖をつきながらやっとふらふら歩けるくらいの方がバスを待っていました。20代の男性の方と仮定しましょう。

 

 自分の後ろにも数人の方がバスを待って並んでいます。

 

 バス停にバスが到着し、乗降口のドアが開きました。バスにはまだだれも乗っていません。バス停の一番前に並んでいた障害をお持ちの方が、一生懸命高いステップを上ってバスに乗り込もうとしますが、ステップが高くてなかなか上手く乗車できません。しかし本人は何とか自分でバスに乗ろうと、ゆっくりですがステップを上ろうと努力されています。

 

 自分の後ろに並んでいる人たちの中には、早く乗れよとイライラした雰囲気を醸し出している方もいらっしゃるようです。

 

 

 自分の前にいた方が一生懸命乗ろうとしているのを真後ろで見て待っていた皆さん、皆さんならこのあとどういう行動に出るでしょう?

 

 その方の手助けをしてさっとバスに乗せてあげますか?

 

 イライラしながら「さっさと乗れよ」と心の中で思っちゃいますか?

 

 助けたい気持ちはあってもなかなか行動に出る勇気がないですか?

 

 それともほかに?

 

 

 おそらく多数の方は、その方にさっと手を差し伸べてバスに乗る手助けをされることでしょう。それが平等で優しい社会でしょう。

 

 しかし、そこに「ゆっくり待つ」という優しさがあってはいけないでしょうか?「見守る」という優しさというべきでしょうか。

 

 確かに、「ゆっくり待つ」というのは、何もしないという点で「イライラしながらさっさと乗れよ」と心の中で思ってしまうのと何ら変わりはありません。勇気がないというだけで何もできないでいるのと変わりありません。優しさでもなんでもないかも知れません。

 

 手助けができるというのが一番かも知れません。しかし、この方は仮定では20代男性。ご自身で何とかバスに乗ろうという努力をされています。その努力をゆっくり待ってあげられる、見守ってあげられる、何か危険なことが起きそうな時に備えていてあげる、これも自分は優しさなのではないかと思ったりもします。

 

 やっぱりできることは自分でやりたいでしょうし、20代男性ということでご自身の尊厳もお持ちでしょう。もしかしたら手助けされることが本意ではないかもしれません。いろいろ深読みしてしまって、結局何もできないだけじゃないか・・・と言われればその通りなのかもしれませんが。

 

 

 これはあくまで仮定で想像の話です。これから先、自分がそういう場面に出くわした時に、果たして自分はどんな行動に出れるのだろうか?職業柄、なにか余計なおせっかいまでしてしまいそうではありますが、その方の立場に立って、その方の思いを汲んだ行動が取れればいいな・・・と思ったりしています。  

 

 

 

 

 

 

 

 

|
|

« 中央中学校で合同練習会 | トップページ | 初体験 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

People can get a tingling feeling in their feet for a number of reasons, including sitting in one spot for too long or muscle tightness following a heavy workout. While some causes are more serious and should be diagnosed by your doctor, should you come down with a bit of tingling in your feet, there are a few steps you can try at home to remedy that feeling. Diabetes can cause changes in the skin of your foot. At times your foot may become very dry. The skin may peel and crack. The problem is that the nerves that control the oil and moisture in your foot no longer work.

投稿: StanleyEt | 2014年6月26日 (木) 00時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/55270855

この記事へのトラックバック一覧です: 「待つ」という優しさ:

« 中央中学校で合同練習会 | トップページ | 初体験 »