« 丸岡スポ少始動! | トップページ | なんてありがたいことだ »

2014年1月16日 (木)

通常練習開始!

 昨日水曜、ようやく丸岡スポ少の通常練習が再開されましたhappy01 長い冬休み、本当に久しぶりに子供たちの顔を見れますhappy02 さぞや増量に成功したものと楽しみに道場へ向かうと・・・

 

 やっぱりあんまり代わり映えしてないようでしたcoldsweats01 まあしいて言えば、K吾が少し増量してたかな・・・といった印象でしたconfident

 

 さてそれでは練習の様子です。子供たち自体は、まえの3連休で鏡開きと合同練習会があり体をしっかり動かしていて、この日の練習では体が動いていないということはなかったようですが、自分としては昨年以来久しぶりに子供たちの柔道を見るので、まずは注意深く子供たちの動きをじっくりみせてもらいました。

 

 最初は、寒さのせいかあまり体の動きが良くないようには感じていましたが、監督の提案で体が温まるトレーニングを30分ほど行い、そこから寝技乱取りに入りました。ここでようやく体の動きが戻ってきた感じはしましたgood 寝技乱取りでは、淡泊なところ、諦めの速さ、守りに行く気持ちの弱さ、手順を飛ばした横着な寝技、目立ちましたねshock 徐々に直していかないといけない部分だと感じました。また、下から攻めに行こうとする子もいたのはいたのですが、下から攻めに行こうとしている割には中途半端で逆にやられる・・・といったところも見られ、集中力、メリハリや攻防の切り替えも意識を持ってもらわないといけない部分だと感じました。

 

 続いて立ち技打ち込み。昨年末に見た印象よりも下手になっている子がほとんどcoldsweats01 まだ体が思い出さないのかもしれません。特に、技に入った時に下を向いて技に入っている子が多くて・・・sweat01 下を向いて掛ける技は、僕は一つもないと思っているので、しっかり前を向いて、投げる方向をしっかり見て技に入ることを覚えてほしいと思いました。それだけでも打ち込みの形、技は格段に良くなるはずだと思います。あとはやはり引き手の引きですね。これも崩しの部分でとても重要なところですから、しっかり意識を持った打ち込みを行ってほしいと感じました。そんな中でしたが、(旧)主将が積極的に新しいことに取り組んでいるようで感心しました。

 

 最後は乱取り。負ける子というのは、100%後ろに下がって下がった時にやられてますねthink 例えば団内でのライバル対決。投げる子というのは前に出てガンガン攻めているので投げますが、負ける子というのはその攻めにどんどん下がって投げられています。練習をしていて自分が勝てない相手というのは団内にもきっといると思いますが、実は勝てない理由は弱いからでも実力差があるからでもない場合がほとんどです。団内での力関係に限っては。後ろに下がらず自分がガンガン攻めに行けていれば、それだけでそんな力関係なんてすぐにひっくり返るほどのもんです。

 

 例えば5年生のH翔を例に出しますが、6年生と乱取りを行うとやっぱり投げられることが多いです。でも、実はほとんどの6年生とは、実力的にはそんな投げられてばかりというほどの差はないということです。やっぱりH翔も、投げられるときは後ろに下がってしまった時です。逆に、H翔が調子よく前に出てガンガン攻めている時は、やはり6年生は嫌ですし、苦戦することが多いです。

 

 ただ前に出てガムシャラに攻め抜くだけでは、高学年になるとそれだけでは通用しない相手もたくさん出てきます。ガンガン無防備に前に出るということは、それだけ隙も多くなり、体も崩れてしまうことが多くなります。そういう隙を狙われることも出てくると思います。しかし、まずはそこの気持ちがない事には次に進めないのも事実です。高学年といえどもまだ小学生です。そういう技術的なところよりも、やっぱり「1本を取りに行く」気持ちの成長が第一だろうと思います。

 

 勝負の駆け引きとか勝敗を楽しむよりも、まずは柔道の醍醐味を楽しめるようにしてあげたいと、今年はそういうことを目標にしていけたらと思います。

|
|

« 丸岡スポ少始動! | トップページ | なんてありがたいことだ »

丸岡スポ少柔道日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/54633452

この記事へのトラックバック一覧です: 通常練習開始!:

« 丸岡スポ少始動! | トップページ | なんてありがたいことだ »