« 坂井町団体大会を振り返り | トップページ | 秘蔵写真を少しだけ公開 »

2013年11月12日 (火)

昔を思えば・・・(泉弥編)

 丸岡スポ少では、もう何年間も恒例のことではありますが、今現在「秋の大会ラッシュ」ということで大会ラッシュが続いていますhappy01 一つの大会を迎えるごとに、「今年ももうそんな時期なんだなぁ」と実感しますが、その秋の大会ラッシュも残すところあと2大会となりました。おそらくは、11月末の醍醐敏郎杯と12月頭の高浜町大会で今年の大会も終わるのだろうと思います。そして、この秋の大会が終わるといよいよ新年を迎え、泉弥達6年生も卒業の時が近づきます。本当に時の過ぎるのは早いですcoldsweats01 泉弥は保育園の年長さんの時、初めて柔道に通いだしましたが、振り返るとデビュー戦となった平成19年10月の金井学園理事長杯1回戦で、N海ちゃんに秒殺で背負投げをがっつり喰らって負けたのが、つい昨日の事のようですcoldsweats01 写真にしっかり残っていますが、そのデビュー戦の主審をしていただいたのが赤ペン先生happy02 なんとも縁を感じますねwink 

Photo  

 

 

 

 

 あれから6年・・・。たくさんの出来事があり、たくさんの楽しい思い出があり、そしてたくさんの怒り散らした記憶がありますcoldsweats01 

 

 

Photo_2 柔道に関しては、とにかくセンスがなくて弱っちぃ子でしたshock 今の人懐っこくてみんなに可愛がられている泉弥の姿からするとウソだと言われるかもしれませんが、小さい頃は本当に気が弱くて怖がりで、そして人見知りが人の何倍も激しい子だったんですcoldsweats01 実は。。。それこそ、家の中でパパとママが可愛がって可愛がって育てた、甘ったれの箱入り娘でしたからbleah でもこの話をウソだと思われる方のために、そんな泉弥の人見知りが激しく気が弱くて怖がりな性格を物語るエピソードを2つほど書きます。

 

 一つ目は、同じ保育園に通っていたAゆむ母もよく知る話ですが、泉弥は小さい頃、本当に人見知りが激しく、人前に出たりするのが大の苦手sweat02 この出来事は保育園の発表会での出来事でした。普通、保育園の発表会といえば、歌や踊り、劇など、日頃から練習してきた成果を楽しそうに発表し、親はそれを見て楽しんだりビデオに残したり・・・というものだと思うのですが、泉弥はその発表会で全く身動きが取れず、ステージの上でモジモジ・・・モジモジ・・・coldsweats01 先生のズボンにすがりついたり、指をモジモジさせたり・・・・とにかく恥ずかしくて何もできなかった子でしたcoldsweats01 そしてそれは、年少さんの頃から何年も続いたのです。

 

 もう一つのエピソード。これも極度の人見知りが起こした悲劇ですがcoldsweats01 ある日、家内の友人がはるばる県外から我が家に遊びに来た時の出来事でした。外で遊んでいた泉弥は、突然自分の前に現れ、そして近づいてきた家内の友人とそのお子さんが怖くて仕方がなく、思わず後ずさり・・・sweat01 次の瞬間、泉弥は視界から消え、田んぼに落ちて泥だらけdash これはあとから家内に聞いて初めて知ったことですcoldsweats01 それまで自分は、泉弥が外で遊んでいて自らへまをして田んぼに落ちたのだと思っていましたが、実はそういう理由で、怖さのあまり後ずさりして落ちてしまったというのですcoldsweats01

 

Photo_14 このように、今の姿からは想像もできない方が多いでしょうが、実は泉弥はそんなカワイイ一面がある子なのですbleah そんな泉弥が今、こうして元気に人見知りもせず、いや、逆に人懐っこいぐらいみんなに可愛がられるような子になってくれたのは、ひとえに柔道があったからこそだと思いますhappy01 柔道を通じて、様々な出会いがあり、経験があり、そんな中で巡り合えた方々の温かいご指導やお言葉があったからこそ、今こうして元気に頑張っていられるのだと感じています。そしてそういう方々に対し、父親としては感謝の気持ちしかありません。

 

 また、柔道の面に関しても、強敵相手とはいえデビュー戦で秒殺を喰らい、続くデビュー2戦目の今尾杯でもあっさり初戦敗退coldsweats01 それほど弱い選手、そして柔道選手としては致命傷なくらい気が弱い選手だった、そんな泉弥を変えてくれた一番の理由が、Aゆむの存在だったと思いますhappy01 低学年の頃、今からは想像もできないぐらい、本当に絶望的に弱かった泉弥。そんな泉弥に、毎回練習の度に居残り練習でAゆむに付き合ってもらい、ひたすら乱取り稽古。その頃からAゆむは本当に強かったですから、毎回毎回泣いてばっかり。ボコボコにされて、泣いて、またボコボコにされて、泣いて・・・そんな時期が長くありました。きっと辛かったろうと思いますcoldsweats01 しかし、ある時期から泉弥が、Aゆむとの居残り乱取りで泣かなくなってきました。相変わらずボコボコにはされましたが、とにかく泣かなくなってきました。そしてこの時期から、試合の内容も結果も格段に良くなってきた記憶があります。

 

 Aゆむの技を繰り返し受けてきたことで、次第に投げられる回数が減ってきて、その成果として試合でも受けがまず強くなってきました。そして簡単には諦めないようになってきました。父もひたすら、「何回投げられても良いから、とにかく前に出て勝負しなさい。攻める気持ちを強く持って戦いなさい。」と繰り返していました。今思うと、「受けの強さ」「諦めない心」「前に出て攻める気持ち」、この3点が今の泉弥の柔道の底辺を支えている部分だろうと思いますthink 元々がセンスがない子なのでcoldsweats01 それは6年生になった今でも変わらず、技に関しては本当に下手くそで上達が遅いのですが、小さい頃に身に付けた、諦めない気持ちと前に出る強い気持ち、そして少しの受けの強さがあるからこそ、今こうして試合で勝負できているのかもしれませんthink 

 

 昔を思えば・・・本当にそう思います。怖がりで恥ずかしがり屋で、人見知りが激しかったあの泉弥がcoldsweats02 あんなに怖くて孤独な畳の上で、自分より強くて上手い選手ばかりと対峙して、それでもきちんと試合をしてくるのですから、本当に信じられない成長ですhappy01 

 

 そしてAゆむのほかに、もう一つ今の泉弥の成長を支えてくれていたのが、そんな強くて怖いcoldsweats01 同年代のライバル女子選手たちの存在ですねwink デビュー戦から縁のあるN海ちゃん、対戦歴が一番多い選手だろうと思います。そしてHるかちゃん。2人は泉弥よりも体格が小さいのに、いつも泉弥の前に高い壁としてドンと立ちふさがってくれます。今では県女子チャンピオンまで登りつめたC加ちゃん、県武のA里ちゃん、同じ丸岡地区でライバルのM穂ちゃん。みんな凄い選手ばかりですsweat01 県内だけでもこれだけ名前が上がるのですから、この世代の女子選手は本当に層が厚いcoldsweats01 みんな泉弥が目標にしている選手で、これだけの強敵に囲まれているからこそ、今まで頑張れているのだろうと思いますhappy01 

 

 まだまだこの後も醍醐杯、高浜大会と今年も試合が残っています。特にこの2試合は、3兄妹の父も思い入れが強く、醍醐杯は、宿泊遠征としては最後の遠征となります。今年の自信と期待の持てるチームで是非とも熱い戦いを見せてきてほしいですし、3兄妹の醍醐杯の集大成としての大会にしてもらいたい気持ちもあります。また、高浜大会でも、初めて3位入賞した年長さんの頃から、ずっと女子選手の戦いを見てきた楽しみな大会でもありますhappy01 過去を懐かしがるのはまだ早いですがcoldsweats01 いよいよ来年に迫った卒業まで、スポ少で悔いの残らない柔道を行っていって、胸を張って中学生になってもらいたいと思っていますhappy01 

 

 最後に・・・今回泉弥の昔を振り返り、いろいろ書いてみましたが、今、スポ少で頑張っている子供達へ一言。泉弥も昔は本当に弱かったのですcoldsweats01 それこそ絶望的なぐらい・・・sweat02 4年生から5年生にかけて、大きな怪我もしました。怪我が治って最初に柔道をする時も、足を動かすのが本当に怖かったそうです。それでも今こうして、県の強化指定選手にも選ばれ、楽しく毎日柔道が出来ていますhappy01 昔の泉弥を思えば・・・みんなはうらやましいくらいの柔道センスと頑張れる力、強くなれるモノを持っていると思います。泉弥は、同じ仲間のAゆむや周りのライバル選手のお陰で、センスの無さを補う何かを見つけることができたと思っています。みんなの周りにも、そんな仲間やライバル選手が必ずいるはずです。みんなで力を合わせて、柔道をまずは好きになってもらいたいです。そしてそんな好きな柔道を共に頑張る仲間と切磋琢磨し、自分の本当の強さを身に付けていってほしいと思いますhappy01

 

 

|
|

« 坂井町団体大会を振り返り | トップページ | 秘蔵写真を少しだけ公開 »

3兄妹の柔道成長日記」カテゴリの記事

コメント

懐かしい写真ですね~
こうやって振り返ってみると月日のたつのは本当に早いですね。
こんなに小さかった泉弥ちゃんももう6年生。
この年代の女子は本当に恵まれていると思います。
どうしても人数が少なくなっている女子柔道会を明るく盛り上げていってもらいたいですね。

投稿: 赤ペン | 2013年11月14日 (木) 09時39分

ほとんど、新婦の父の挨拶と化していますよcoldsweats01

投稿: クリリン会長 | 2013年11月14日 (木) 10時42分

赤ペン先生も随分若く写真に写っていますね^o^ もう6年前ですから懐かしいです。
中学生になっても、彼女たちはきっと仲良く激しく火花を散らして戦っていってくれるかと思ったら、楽しみでもありますし先が思いやられる気もしてます^^; まあ面白い戦いになることは間違いなさそうですね。

投稿: 柔道3兄妹の父、裕 | 2013年11月14日 (木) 11時54分

クリリン会長、手放さないのでそんな日は来ないと思いますので、今のうちに父の挨拶を済ましておきました^^;

投稿: 柔道3兄妹の父、裕 | 2013年11月14日 (木) 11時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/53903437

この記事へのトラックバック一覧です: 昔を思えば・・・(泉弥編):

« 坂井町団体大会を振り返り | トップページ | 秘蔵写真を少しだけ公開 »