« 秘蔵写真を少しだけ公開 | トップページ | 福井県高等学校新人戦(途中経過) »

2013年11月16日 (土)

實心館さんと合同練習

 昨日金曜日の練習、實心館仲保道場さんが練習に来て下さりましたhappy01 いまや押しも押されぬ県のチャンピオンチームが、わざわざ遠いところを丸岡武道館まで足を運んでくださるのですから、本当にありがたいことですhappy01 昨日は本当にありがとうございましたsign03 練習終了後の恒例、「本日のスピーチ」で實心館さんのHるかちゃんが最初にスピーチしてくれたとおり、こちらこそ本当に良い練習をさせていただきましたhappy01 

 

 「今日は良い練習をありがとうございました。」

 

 と、切り出した時は、なんて礼儀正しくしっかりしたことを言うのだろうcoldsweats02 と驚きました。このようなしっかりした考えを持って言葉が出るのですから、柔道が強いのもうなずけます。泉弥と同じ6年生とはとても思えませんねcoldsweats01 その後もしっかりした内容のスピーチで素晴らしかったですgood 

 

 さて、練習前の事。N保先生やK端先生、保護者の方から、このブログの事をとても褒めていただき、自分としてはとても嬉しく、またこれから頑張っていく気力をいただきましたhappy01 泉弥の卒団も近くなってきて、ブログの事や少年柔道への関わり方の面でいろいろ考えることがあったりして・・・・・coldsweats01、悩んでいる時期ではありますが、この先はまだまだ未定ではありますが、とにかくこの先、また頑張ろうという気持ちになりましたhappy01 N保先生は、お会いするといつもたくさんのことを自分に教えてくれますし、少年柔道に対する情熱、子供達への愛情もすごく感じます。丸岡の先生方も同じですが、このような先生方に教えてもらっている子供たちは本当に幸せ者だと感じますねwink 

 

 それでは練習の様子ですが、準備体操・補強運動に続いて寝技の乱取り稽古からスタートしました。全体を見ていて感じたことは、とにかく守りにいってしまう選手が多すぎですねcoldsweats01 守りにいって、それでしぶとく諦めずに守り切ろうとするならまだマシですが、淡泊に抑え込まれてなすがままcoldsweats01 守り切ることなんてできないのですから、攻めてやられた方が何倍もマシですthink 特にこういう乱取り練習は、守る練習ではないはずです。抑えられても良いので勝負する練習をしないと、練習の意味がありません。せっかくチャンピオンチームの胸を借りているのですから、どんどん向かっていかなければ勿体ないですhappy01 

 

 この寝技の練習中、N保先生は自チームの選手に対して、今の丸岡にも大きく当てはまることをご指導されていました。自分より強い選手、学年上の選手と練習をする際の心構え、取組み方、寝技の攻防の仕方についてでした。ここ最近、このブログでもよく書いていることですが、気持ちの部分で最初から無理と諦めて抑え込まれるのと、挑戦しにいって抑え込まれるのでは全く意味が違ってきます。そしてその気持ちの部分をしっかり持ったうえで、じゃあ実際にどのように動いてどのように対処していくのかをお話しされていました。丸岡の選手たちも、これからの練習で是非ともそのことを考えて練習してほしいと感じましたhappy01 

 

 その後、打ち込み→投げ込みと練習は続き、最後は立技の乱取り稽古で締めくくりhappy01 熱い乱取り稽古を見せてもらいました。ここで丸岡の監督から、乱取り稽古中は場所を意識して、赤畳から出ないように指示がでました。すると、一発目にAゆむと乱取りを行ったある5年生が、いきなり場外際へジリジリ下がって行きましたshock そこでAゆむが主将らしく一喝impact 

 

 「いきなり場外かannoy

 

 素晴らしいgood そして今度は中盤、低学年のところでK奈が泣き出してしまってましたcrying 先生から何度も泣いても何も変わらないことを告げられました。そして泉弥がそのK奈の相手をした時。頭を軽く触りながら、

 

 「泣いたらあかん。ガンバレ」

 

 と。そしてどんどん投げていって立ち上がる度に「頑張ろう。」と声を掛けながら乱取りを行ってました。最後はようやく泣くのを我慢するところまでこぎつけました。

 

 こういう6年生の意識の高さが欲しかったのです。今までは自分の事だけで精一杯。まわりに結構無関心だった6年生ですので、今回の實心館さんとの合同練習が意識を高めて質のある練習を行う良いキッカケになってくれたようですhappy01 

 

 今回の乱取り稽古では、まだまだ何とかしようという気持ちの部分で足りないところが見えましたが、少なくとも水曜日までの練習とは一味も二味も違った内容だったと感じましたhappy01 低学年の子供たちは、残念ながら上の学年の選手や、練習に来て下さっている實心館さんの選手に向かっていくところまではまだなれていませんでしたが、高学年の畳では熱い戦いが繰り広げられていたように感じましたgood そういう意識の高さが伝染していってくれるのでしょうねwink 

 

 

 最後に・・・。今回の練習では、泉弥が久しぶりにHるかちゃんとガンガンと何本も乱取り稽古を行わせてもらい、良い練習をさせてもらってましたhappy01 直前の大会でも負けていましたし、そういう意味でも闘志むき出しで向かって行ってました。Hるかちゃんは丸岡にはいないタイプの、スピード・技のキレ、そして粘りある柔道で勝負する選手ですし、県外の試合や全国クラスの大会への出場経験も豊富で、いろいろなタイプの柔道に対応できる選手ですので、泉弥としては本当に良い経験ができます。この先も対戦機会があると思いますので、またその時はガンガン向かって行けるように、これからも精進してほしいと思いますwink 

 

 最後になりましたが、實心館仲保道場のみなさん、金曜日は本当に良い練習をありがとうございましたsign03 同県のチームとして、月末の大会でのご活躍を楽しみにしております。お互い頑張りましょうsign03 

 

 

 

 

 

 

|
|

« 秘蔵写真を少しだけ公開 | トップページ | 福井県高等学校新人戦(途中経過) »

丸岡スポ少柔道日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/53950573

この記事へのトラックバック一覧です: 實心館さんと合同練習:

« 秘蔵写真を少しだけ公開 | トップページ | 福井県高等学校新人戦(途中経過) »