« 第18回醍醐敏郎杯全国少年柔道練成大会(1) | トップページ | 醍醐杯を振り返り(2) »

2013年11月27日 (水)

醍醐杯を振り返り

 それでは今回は、先日長野県へ遠征した醍醐杯を振り返ってみたいと思いますhappy01

 

 まずは低学年チーム。初戦から強豪の神奈川・寒川柔友会さんとの対戦となりましたsweat01 先鋒不戦敗で、次鋒戦・M弥の試合です。序盤からお互いが大外刈りを出し合い、低学年らしく両者が積極的に動く試合となり、見ているこちらとしては面白かったですがhappy02、その大外刈りの次の2つ目の技を持っていて出せすことができた相手選手の方が一枚上だった印象ですthink 大外刈りの打ち合いの次の体落としで2つ、そして終盤に大外刈りで3つ目の有効を奪われ、最後は抑え込まれたところを技有りで逃げましたが優勢負けsweat01 M弥も大舞台での試合慣れはしていて、動きも良かったと思いましたが、残念ながらの敗退。これからどのようにしていけばもっと良くなるかという課題はしっかり見つかった試合だったと思いましたhappy01 しかし団体戦としてはこれで0-2と後がなくなりました。

 

 中堅戦はS之介。体格のある女子選手に力負けして押え込まれての1本負けでした。背負いや大外刈りも何度か出ましたが、すべて圧力に負けて下がりながらの技出しでしたので、あそこは前に出て技に行ってほしかったです。

 

 勝負の決まった副将戦・Y希。こちらも同じく体格差のある相手に何もさせてもらえず押え込みで1本負け。ちょっと体格差が有り過ぎでどうにもならなかった感じですねcoldsweats01 しかしもう4年生ではありますので、強くて大きい相手に最初から諦めて戦うのと、何とかしてやろう・みようという気持ちで臨む試合とでは、同じ結果でも内容は全く変わってくるはずですし、その試合で得る物も大きく変わってくるはずですthink 

 

 最後が大将戦。0-4と勝負はすでについた場面でしたが、M衣の試合は面白かったですhappy01 試合開始からM衣がいつも通りのガンガン背負いで勝負に行く柔道を見せてくれて、試合内容は圧倒していましたscissors おそらく県内の大会であれば、3つは相手に指導を与えてたのではないかというくらいの怒涛の攻めでしたgood しかし終盤に、その背負投げを狙われ後ろに返されてしまい、逆に有効を奪われる展開にcoldsweats02 あれだけ攻め込んで1回の返しに屈してしまう最悪の展開を迎えましたが、それでもこの日のM衣は、その返しにビビらず更に背負投げで最後まで攻め抜く姿勢を見せてくれて、ついにラスト10秒ぐらいのところでその背負い投げで最後まで投げ切り1本勝ちsign03shinesign03 

 

 (*^ー゚)bグッジョブ!!

 

 見事な逆転勝ちでしたshine 素晴らしい試合です。この日、全国から強豪チーム・選手の集まった広い会場、しかしあの立ったままの豪快な背負い投げを決められる選手は、その広い会場中を見回してもきっとM衣だけだろうと思う、それぐらい凄い背負投げでしたhappy02 

 

 低学年チームは残念ながら1-4で初戦敗退という結果ではありましたが、一つ大将戦で素晴らしい「丸岡柔道」「丸岡魂」を見せてもらって大満足の団体対戦だったと思いますhappy01 そしてこれが、強豪といわれる寒川さんの選手から取ってきたというのがまた素晴らしさを倍増させますねwink 

 

 

 続いて高学年チーム。こちらも低学年同様面白い試合を行っていましたgood 初戦が埼玉県の新井道場さんsweat01 よく耳にする名前ですねshock 間違いなく強いチームです。しかし3兄妹の父としましては、今年の丸岡チームも自信の持てるチームでの参加が出来ましたので、きっとやってくれるだろうという期待は大きかったですsmile 

 

 先鋒戦、Y成は慎重な立ち上がりで相手のタイプを見極める、クレバーな試合の入りでしたね。そこからイケると踏むと怒涛の攻め。左組みから変化しての右大外刈りで有効、さらに小内刈りでもう一つ有効と一気に攻めて、最後は得意の寝技で1本勝ち。安心して見ていられる試合展開で1勝をリードして来てくれましたgood 

 

 続いて次鋒戦が泉弥。女子選手同士の試合となりましたが、開始からいつも通り前に出て攻めている印象がありまずは一安心。しかしその後がちょっと残念でした。追い込みながら入った背負い投げ、担いであとは決めるだけ・・・・のはずが引き手が全く引けずに腹ばいで落としておしまいgawk それはないやろimpact 背負いの態勢に入ってあれだけ良い追い込みから担ぎ上げたのに、最後は何あれsign02 しかもその後も練習もしていない払腰で技有りって・・・あれは何sign02 と、1本勝ちでしたが注文が多い試合でしたthink 

 

 ここで勝負をつけてしまいたい中堅戦。Aゆむが内股から小外刈りでほぼ秒殺の1本勝ちで3-0。勝負をつけてきてくれましたgood これでようやく一安心できましたhappy01

 

 副将戦はH翔。H翔は団体戦の試合に臨むしっかりとした気持ちがあって、前に出る柔道をしようという心意気は凄く見れて良いのですが、やはり技を出すのが遅かったですね。学年上の強いチームの選手との対戦ですので、先に先に技を出されると受けきることが出来ませんthink 結局、技を一つも出す前に体落としに1本負けでしたshock 何とかしようという気持ちは凄く試合にも出ているのが分かる内容なので、先に技が出せるともっと良かったのだろうと思いました。

 

 最後は今一番問題だった大将戦。こちらは副将戦のH翔と同じ1本負けという結果でしたが、気持ちと内容が全く違う負けでしたthink この試合でのK人からは、残念ながら何とかしようという気持ち、団体戦を戦っているんだという自覚が見当たりませんでした。自信がないのでしょうか・・・。怖いのでしょうか・・・。この先はあえて書かずにおきますが、監督ともよく話をして、もう一度自分自身を、そして自分の柔道を見つめなおしてもらいたいと思いますthink 何度も書いてますが、K人の力はこんなもんじゃないはずです。団体戦のメンバーとして共に仲間と戦う一員なのですし、最上級生の副キャプテンでもあるのですから。期待と激励を込めてあえて今回厳しく書きましたが、今回、K人は気持ちの部分では団体戦を共に戦っていませんでしたから。チームの仲間と同じ方向を向いていなかったということだと思います。

 

 さて、結局試合は、序盤で3-0と楽な展開にはなりましたが、終わってみれば3-2の接戦sweat01 並び順のちょっとした違いで結果が全く違っててもおかしくない危ない試合でしたcoldsweats01 序盤で勝負が決まる丸岡の展開に持っていくことが出来て、運もあったと思いました。

 

 続いて毎年鬼門となっている2回戦sign01 対戦相手は、過去に一度同じ醍醐杯で対戦歴のあるチームで、大阪のあすなろクラブAさんでしたcoldsweats02 僕の記憶では、確かその時は2-1で敗れていたと思いますshock しかし何年か越しにリベンジの機会が訪れましたsmile 

 

 まずは大事な先鋒戦、組んだ瞬間にY成の大外刈りが決まり1本勝ちでしたが、何故か足を刈った瞬間力を抜いて、そろっと投げてましたねcoldsweats01 勝ちましたがあれはNGですねdanger 

 

  次も問題だった次鋒戦think この試合、何故か泉弥の動きが全く冴えずsweat01 何か見ていて変な感じを受けました。いつもの様に自分から試合の流れを作っていく展開に行けず、動きがかなり重かったように見えました。大会直前にひいてしまった風邪と副鼻腔炎の影響が出てしんどいのかなぁとも思いましたが、前日も当日も割と元気にしていましたので、それは大丈夫だったはずですが、試合前にもここが勝負所だと気合いを入れていましたので、おそらくは緊張のあまり動けなかったのだろうと思いますthink チームとしては、泉弥にはどんな相手とどんな場面でも、勝ってこないと計算が立たないポジションですから、こういう試合をしてしまうと一気にチーム事情が苦しくなってしまいますdanger そういう意味でも余計にプレッシャーがかかったのかも知れませんがcoldsweats01 反省してほしい試合でした。実力的にも、しっかり取ってきてほしい対戦だったと思います。

 

  これで1-0で中堅戦。対戦相手のあすなろクラブさんは、後半に力のある選手を揃えていましたので、ここは確実に取って2-0として後半勝負にもっていきたい場面sign01 エースAゆむが期待に応えて1本勝ちしてきてくれましたhappy02 頼れるポイントゲッターに救われ、何とか負けのなくなった状態で後半戦に持ち込むことができたのは大きかったです。

 

  副将戦。この試合はH翔が粘りを見せてくれた価値ある試合だったと思います。相手副将はかなり強い選手だと思いましたが、体落とし、大内刈りといった技をガッツリ喰らいながらも必死に耐え、喰らっても何とか有効までで凌いできます。この試合、1本負けさえしなければ丸岡の勝ち。そんなことまで考えて試合をしていたかどうかは分かりませんが、とにかくあっさり負けるようなことはなく、最後まで一生懸命に耐えていた試合でした。初戦同様、技の出しがどうしても遅く、先に攻められる場面は目立ちましたが、それでも必死に勝負に行こうとする姿はとてもカッコいいと思いましたshine そして最後の最後、立技有効から袈裟固めに入られ、ここで力尽きてついに1本負けshock 惜しい試合でしたが2-1となりました。

 

  副将戦のH翔の粘りある試合を経て、大将のK人にも何とかあのH翔の試合に触発されて、粘って見せ場を作ってほしいと思っていましたが、ここも初戦同様淡白な試合で1本負けshock 正直、残念でした。チームの勝敗がかかった大事な大将戦を戦っているようには見えませんでした。K人も確かにかなりのプレッシャーを背負って試合をしていたはずです。その気持ちは凄くよく分かります。しかし、チーム全員で繋いで繋いで、ようやくここまで来た大将戦sign01 みんなの気持ちを背負って全力で戦ってこその大将ですhappy01 今年1年そのような大将をずっと務めてきた選手ですから、まだ2月に羽咋でリベンジの機会は残っていますgood おそらくこの試合が最後の団体戦でしょう。K人の覚醒を最後まで信じていますwink 

 

  試合はこれで2-2の同点。代表戦になりましたsweat01 丸岡はもちろんエースのAゆむで勝負。相手は副将の女子選手が出てきました。大一番、かなり気合いを入れて応援していましたが、相手選手もさすがに代表戦に出る選手、力強く動きも良く接戦となりましたが、中盤、一瞬の隙をついて小外刈りで技有りを奪い、そのままタイムアップで優勢勝ち。見事に2回戦を突破しましたshine Aゆむもチームの勝敗を一身に背負った緊張の場面だったと思いますが、これぞエースsign03 という試合で、泉弥の痛い引き分けをしっかり取り返してきてくれました。本当に助かりましたhappy02

 

  それでは長くなりましたので、高学年の3回戦と中学生の試合は次回に回したいと思います。

|
|

« 第18回醍醐敏郎杯全国少年柔道練成大会(1) | トップページ | 醍醐杯を振り返り(2) »

丸岡スポ少柔道日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/54047736

この記事へのトラックバック一覧です: 醍醐杯を振り返り:

« 第18回醍醐敏郎杯全国少年柔道練成大会(1) | トップページ | 醍醐杯を振り返り(2) »