« ま、マジで!? | トップページ | 美希弥、決断の時!? »

2013年10月 2日 (水)

ま、マジで!?(2)

 前回の続きで、県柔道フェスティバルでアッと驚いた試合の高校生編、そして3兄妹の泉弥の試合の感想などを・・・。

 

 まずは高校生の試合。1試合目は男子73kg級、3兄妹の長男・優弥の3回戦の試合です。この試合は本当に驚きましたcoldsweats02 ま、マジで!?

 

 この日、トーナメント表を見ると、73kg級にエントリーされていた長男。体重は当日計量で6●kgとのことで、よくその体重で73kgにエントリーするな・・・gawk という計量結果でしたcoldsweats01 

 

 しかも、順調に勝ち上がれば3回戦目に夏の73kg級県チャンピオンsign01 そしてインハイベスト16sign03 の藤島高校のⅠ選手との試合。その先は見る必要もありませんが、ちなみに準決勝は順当なら73kg級のK澤選手。優弥は本来、まだまだ体重に余裕のある66kg級ですから、階級上の県チャンプを筆頭に強敵ひしめく死のゾーンcoldsweats01 ご愁傷様です・・・といったトーナメントになってました。

 

 1回戦は春工高の、優弥とは名前が一文字違いの選手(関係ない・・・coldsweats01)に、北陸高らしい上四方固めで1本勝ちスタート。続く2回戦も科技の選手に大内刈りで1本勝ち。そして3回戦。まあ勝てるとは正直思ってませんでしたが、どこまで成長した試合を見せてくれるのか、真価が問われる試合だとは思ってましたthink 中盤、大内刈りに入ったのですが浅かったところ、追い込んでいき足をすくって有効を奪うまさかの展開sign01 ま、マジで!? これでちょっと夢を見ることができました。すると終盤ラスト、この有効を取り返しにⅠ選手が前に勝負に出てきたところをしっかり受け止め、大内刈りで今度はきれいに投げ込みこれまた有効。残りはあと数秒・・・。ま、マジで!? ひょっとするのか??

 

 で、ひょっとしちゃいましたcoldsweats02 試合全般で見ても、相手選手の得意技の一つである肩車も、入りが浅かったせいもあり冷静に対処できましたし、しっかり勝ってきたな・・・という印象の試合でした。まあ、Ⅰ選手も本調子ではなかったように思いますが、小学生時代から一度も勝ったことがない・・・だけでなく試合にすらならないほど実力差があった選手との試合で勝てたことは、本人にとっては大きい自信になったことと思いますし、父としても息子の成長を間近で見ることが出来て本当に良かったと思います。

 

 ただしsign03 73kgのチャンプに勝っておいて、次の準決勝のあの試合は反省しないといけません。やりにくい相手だったというのは分かっているつもりですし、実力も上の相手だというのも分かりますが、慎重になり過ぎて「らしさ」が消えていた試合だったように感じましたから。結局、大きな山場もなく相手の上手い柔道にかわされ、判定での負け。まあそれでも、これからも北陸高で先生方や仲間の話をよく聞き、素直な姿勢で成長を続けて行ってもらいたいと思います。こんかいはとりあえず、おめでとう。

 

 

 それでは話を身内から離して、高校生の2試合目。男子55kg級の決勝戦もアッと驚く面白い試合でした。こちらは福井高校同士の決勝戦、Y選手とK選手の試合となりましたが、前評判・・・というか自分の勝手な予想では、Y選手がおそらく勝つのだろうと見ていましたが、結果は逆でK選手の見事な大内刈りが豪快に炸裂して決着。ま、マジで!?見事に予想を外した試合でしたcoldsweats01 

 

 もちろん福井高校のY選手は小学生時代からよく知る選手ですし、中学生になった頃からすさまじいスピードで強くなってきている選手。運動神経も柔道センスも抜群で、これぞ軽量級の柔道!という力強くてカッコいい柔道を行う選手です。一方、K選手は、中学生の頃から大会で姿を見るようになり、軽量級の選手ということでうちの長男とも何度か試合をしたことがあり知っているのですが、この日の試合は全て大内刈りで1本勝ちという試合。しかも、これは決して身内自慢ではないのですが、彼の大内刈りが優弥の大内刈りに本当にそっくりなんですcoldsweats02 これにも本当に驚きました。何と言いますか、崩しから足の刈り方からキメまで、本当にそっくりでした。なので、そんな大内刈りで優勝されたのが何か嬉しくて、逆に優弥にもう一度思い出して見習ってほしいと感じる試合内容でした。

 

 

 そして最後の3試合目。今度は女子無差別級の決勝戦です。いつもお世話になっている川口道場OGのH選手と、小学生の頃からその柔道スタイルが大好きで、3兄妹の父がひそかに注目していたK選手との決勝戦。無差別級とはいえ体格差は結構大きく、序盤から中盤はH選手も相当苦労しているように見えたこの試合。しかも、K選手もどっしりと構えて姿勢の良い柔道をするので、小さい選手には本当に嫌なタイプの重量級選手だと思います。

 

 ところが終盤sign02 ま、マジで!? H選手がついに払腰で豪快にK選手を投げ切り1本勝ちsign01 これはなかなか決着つかないだろうな・・・と思っていたところだったし、この体格差でありながら払腰で投げ切る力強さに、さすがはH選手だなぁと本当に感動しました。また、体格差があるとはいえ、県では無敵で全国大会常連のH選手相手にここまで追い込むのですから、K選手もさすがは強い選手だと感じました。

 

さて、ここまで2回に渡り3兄妹の父が思わず、ま、マジで!?と思ってしまうような凄い試合のご紹介をしてきましたが、このように今大会は各世代に分かれて本当に面白い試合が目白押しでしたhappy02 フェスティバルの話題の最後に、娘の試合の感想を少々・・・

 

 娘は今回、小学6年生女子の部に出場しました。この学年の女子は、本当に嫌になるぐらい強敵がずらっと揃っておりcoldsweats01、どんなトーナメントになっても初戦から苦戦することはあらかじめ予想できました。もちろんこれは、娘にとってはありがたい環境で、こんなにも強い選手が揃ってライバルでいてくれることに感謝しなければならないのですが、それにしてもみんな凄すぎますよねshock 

 

 ということで今回は2回戦で、この部門で優勝した金井学園ジュニアのNちゃんとの対戦となり優勢負けという結果でした。実力的にどうしようもない相手ですので、何とか喰らいついてチャンスを見つける展開を考えており、そのためには釣手が高い位置で取れるかどうかが勝負の分かれ目だと思っていました。泉弥にもそこは試合前に伝えてありました。組み手も上手く、両袖からでも強烈で多彩な技を持つN海ちゃんですので、釣手を殺されているうちは勝負になりませんし、泉弥の今の柔道で勝負するためには釣手を持って高い位置で勝負することが最低条件ですから。

 

 そして勝負は思い描いた通り、釣手が持てずに苦しんでいるところに低い位置で柔道をさせられ、背負投げについていって有効を奪われるという、想像通りのやられ方でしたcoldsweats01 釣手が持てた時も、畳すれすれの低い位置まで落とされどうにもなりませんでしたし、何とか勝負できる組手の時に先に技を出される展開でやっぱり強かったですね。またもや完封負けという内容で悔しさも大きかったです。

 

 今後もおそらく対戦機会がある相手だと思いますが、泉弥自身がどうすべきかをしっかり考えてもらいたいですし、身近にこんなにもたくさんの強い女子選手がいることに感謝して、また一から出直してもらいたいと思います。

とにかくこれからも、泉弥は泉弥で、丸岡の先生方のご指導をよく聞き、丸岡らしい大きな柔道を目指して行ってもらいたいと思っています。

 

|
|

« ま、マジで!? | トップページ | 美希弥、決断の時!? »

丸岡スポ少柔道日記」カテゴリの記事

コメント

Y弥サプライズ起こしましたね!
ちょっと体が大きくなったなと見てはいたのですが…。
素晴らしい内容でした。
夏が楽しみですね(*゚▽゚*)

投稿: M | 2013年10月 2日 (水) 18時44分

M先生、ありがとうございます(^^)
自分の息子を信じておらず悪いことをしましたが^^; 本当にサプライズでしたね。
今はまだサプライズだと思われますが、これから更に頑張ってもらい、実力で勝ったと言われるような選手になってもらいたいと思います(^^)

投稿: 柔道3兄妹の父、裕 | 2013年10月 3日 (木) 08時43分

中学、高校と段階的に強くなっていくというのは丸岡柔道の特徴ですね。
勉強になります。
これからの活躍を期待しております。

投稿: 赤ペン | 2013年10月 3日 (木) 10時28分

赤ペン先生、ありがとうございます(^^)

中学・高校と伸びる下地をたっぷりと作って下さる丸岡の先生方に本当に感謝しています。

こうして子供たちの柔道を見ていると、やはり小学生からライバルだったり仲間だったり目標だったりしていた選手が、一生懸命頑張っているからこそ、3兄妹も頑張っていけるのだと思います(^^)

投稿: 柔道3兄妹の父、裕 | 2013年10月 3日 (木) 12時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/53445801

この記事へのトラックバック一覧です: ま、マジで!?(2):

« ま、マジで!? | トップページ | 美希弥、決断の時!? »