« 金井杯を振り返り・・・(スポ少編) | トップページ | 福井県強化練習会 »

2013年10月23日 (水)

金井杯を振り返り・・・(娘編)

 先日の日曜日に行われた金井学園理事長杯の娘の試合の感想を少し書きます。

 娘は団体戦で2試合と個人戦で3試合を行いました。団体戦では、前回書いたようにチームの勝敗の状況を理解した上での柔道が出来ていなかったのと、今更そんなんについて行くなよgawk というポイントの取られ方に課題を残しました。

 

 そして個人戦。初戦は川口道場さんのM浦選手との対戦でした。まだ小さく細い体ですが、その体一杯を使い大きい相手にもしっかり立ち向かう柔道で、3兄妹の父がファンクラブに入会しているほど、その成長を楽しみにしている選手ですconfident しかし泉弥とH乃ちゃんは、現時点ではまだ体格面が少し違いますので、今回の試合は勝ち負けに関してというよりは別の思いを持って試合を見ていました。この2人は、今後も同地区の女子選手として切磋琢磨して強くなっていってほしい2人です。H乃ちゃんは、道場でも一生懸命練習する才能を持った選手と伺っています。そしてそういう練習の成果は、試合を見ていてもかなり出ているように感じます。これからも頑張って、うちの泉弥を投げ飛ばすような選手になっていってもらいたいと心から思いますし、泉弥にもH乃ちゃんの壁となれるような選手になっていってもらいたいと思っています。試合の結果は内股で泉弥の一本勝ちという結果でした。

 

 続いて2回戦が準決勝。強敵で、毎回胸を借りさせてもらっている県立武道館のO村選手との対戦coldsweats02 前回の大会でも有効を奪われ負けている選手ですshock 今回、間近で2人の試合前の様子を見たり話をしたりする機会があったのですが、2人とも(N海ちゃんも含めて3人とも)試合前はかなりの緊張をしている様子で、自分としては少し意外な気がしました。泉弥が極度の緊張しぃというのは知っていましたがcoldsweats01 N海ちゃんやA里ちゃんはいつも試合でも強くて、もっと自信満々で堂々として試合を迎えているものだと思っていましたが、じつは普通の小学生と同じで毎回ドキドキしながら試合を迎えているんだということが分かり、何故かうれしく思いましたhappy01 N海ちゃんはM穂ちゃんとの試合前も、

 

 「あ~ぁ ドキドキするぅheart04

 

 と本当に意外な一面を見た気がしましたsmile 

 

 さて準決勝の試合ですが、こちらは本当に一進一退の熱戦となりました。本戦3分では決着がつかず、2分間のGSに入りました。そしてGSでも決着がつかず、O村選手の一発の技の効きを見るか、それとも泉弥の技数と前に出る積極性を見るかの旗の勝負となりました。本当にどちらに旗が上がってもおかしくない接戦だったと思いましたが、主審はO村選手の一発の技の効きと崩しの大きさを取り、副審二人が泉弥の攻め数を取っての2-1sweat01 勝敗はその時の判定の結果でどちらに上がってもおかしくない試合だったとは思いますし、実際泉弥は、試合中に一度お尻から前に倒された技を受けてましたので、自分としてはA里ちゃんの方に旗が上がると見ていました。ただ、結果は結果として、そういう勝敗ではなくて泉弥もよく頑張ってくれた試合だったと思います。しかし、ひとつだけ注文を付けることがありました。それは投げて勝ってくる気持ちという部分ですthink 確かに攻め数と前に出る気持ちでは泉弥は相手を上回っていたように思います。しかし、一本を取ってくる気持ちの部分では、A里ちゃんの方が上でした。泉弥は試合中、何度か一本を取れる技の入りがあったように思います。そこで戻ってしまったり、最後まで投げに行こうとしなかったり、掛けるフリの技であったりというので逃していたと思います。やっぱりまだ、A里ちゃんが怖いのだと思いました。ここを克服して、どんな相手であっても自分を信じて最後まで一本を取りに行く柔道が出来るを作っていかなければなりませんthink 大いにこの経験を生かしてもらいたいと思いました。

 

 そして最後は決勝戦。こちらも強敵のN海ちゃん。そして思った以上の熱戦となりました。本戦では決着がつかずに、準決勝に続いてのGSでの決着。本戦の内容としては、指導こそ出ませんでしたがN海ちゃんにほぼ完封されていた内容でしたthink やはり組み手が厳しく、その組み手の厳しさにしびれを切らして雑になるところを狙われて、危ない場面も何度かありました。試合中、雑な組み手で無意味に突っ込むのが本当に怖かったのでそこをしっかり注意しました。そしてGS序盤、今度は釣り手が持てた時に泉弥の技が出るようになり、本戦の不利を少しは盛り返した印象で残り1分を切りました。しかし、やはり最後は集中力が切れて雑に組みに行ったところをしっかり担がれ、背負投げで一本負けcoldsweats02 豪快にやられましたcoldsweats01 投げられる瞬間、余りのタイミングの素晴らしさに、思わず

 

 「上手いsign01

 

 と、敵ながら声に出してしまいましたcoldsweats01 ラスト30ほどで集中力を切らし不用意に組みに行った泉弥が悪いのですが、それにしても本当に上手い入り方と豪快な立ち背負いでした。さすがN海ちゃんだと思いましたwink

 

 こうして今回、泉弥は6年生女子の部2位。柔道の結果としては、反省すべきは反省し、次回はもっと良い試合が出来るように鍛えて行ってもらいたいですし、せっかくこのように凄い同級生たちに囲まれ柔道が出来るのですから、これからもお互い良き仲間、良きライバルとして頑張って行ってもらいたいと思います。それにしてもこの子達は、本当に仲が良くていい友達だと思いましたhappy01 柔道に関しては激しくライバル心を燃やしてガンガン勝負してもらいたいですし、親の思いとしましては、柔道を一歩離れたらいつまでも仲の良い友達でい続けてほしいと思いましたwink

 

 

|
|

« 金井杯を振り返り・・・(スポ少編) | トップページ | 福井県強化練習会 »

3兄妹の柔道成長日記」カテゴリの記事

コメント

金井杯お疲れ様でした。
またうちのH乃のことを見守ってくださいましてありがとうございます。
女子柔道はやはり人数が少なくなっていますが、柔道を頑張っている女子達が元気に楽しく取り組む姿こそが普及の第一歩だと思います。
彼女達には、そういう意味でも、柔道を頑張り素敵な女子になっていってもらいたいですね。

投稿: 赤ペン | 2013年10月24日 (木) 10時42分

赤ペン先生、ありがとうございます(^^)
金井杯、お疲れ様でした。
確かに各種大会を見回しても、女子選手は人数が少なくなっているように感じますthink しかも、少ない人数の中でみんなが強いのでなかなか大変でもあります^^;
しかし、今の高学年の女子選手はみんな仲が良く、そして練習や試合では闘志剥き出しで戦ってくれます。試合前の仲良く話をしている表情と、試合中の表情は別人のようになりますね。これからも仲良く激しく切磋琢磨しながら、長く柔道を続けていける仲間であってほしいと思います(^^)

投稿: 柔道3兄妹の父、裕 | 2013年10月24日 (木) 16時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/53684897

この記事へのトラックバック一覧です: 金井杯を振り返り・・・(娘編):

« 金井杯を振り返り・・・(スポ少編) | トップページ | 福井県強化練習会 »