« 第5回福井県柔道フェスティバル | トップページ | ま、マジで!?(2) »

2013年10月 1日 (火)

ま、マジで!?

 先週日曜日に行われた柔道フェスティバル、3兄妹の父としてはかなり驚いた試合がありましたcoldsweats02 他の道場の選手の試合が2試合、そして丸岡の選手の試合が2試合、高校生の部で3試合ありました。順番に書いて行きたいと思いますhappy01 書いているうちに熱くなって、中身が長くなってきてしまったら、2回に分ける予定ですのでお許しくださいcoldsweats01 

 

 それではまずは小学生男子3年生の部の決勝戦。総斗會さんのO選手と金井学園ジュニアのH選手の試合です。試合自体はあっという間の出来事。お互い互角の素晴らしい体格を持つ選手同士の試合で、開始と同時にガンsign01と体をぶつけて組み合い、お互いが得意な大外刈りの打ち合いという試合、重量級同士、しかも堂々とした立ち振る舞いの試合は見ていて本当にカッコいいと思いましたし、これが小学3年生の試合かと思うと本当に恐ろしくなりますcoldsweats01 そしてこの大外刈りの打ち合いを見事に制し、豪快な一本で決めて見せた総斗會のO選手、思わず会場から「おぉ~」という歓声が上がりましたし、僕自身も手を叩いて喜んでしまいましたcoldsweats01 それぐらい迫力のあるカッコいい柔道。一発で決着のついた短時間の試合ではありましたが、お互いに内容のある素晴らしい試合だったと僕は思いましたし、少年柔道の醍醐味がぎっしり詰まった試合だったのではないかと思いますnote こういう迫力ある試合は、勝つ者だけではなく負ける者もそういう内容の濃い柔道でなければ見ることはできませんからねwink

 

 続いてはお隣坂井町柔道教室さんの1年生女子、S選手が優勝された小学生女子1年生の部の決勝戦です。くしくも、国見柔道教室さんに所属する、自分の職場の同期の娘さんとの決勝戦となったこの一戦、坂井町さんのS選手の1年生女子とは思えない豪快な立ち背負いに惚れ惚れlovely ま、マジで!? こんなすごい背負いを1年生女子の選手が決勝戦で見せるなんて・・・本当に近年の少年柔道はレベルが高くなってきましたnote 試合全般、坂井町さんのS選手の柔道を見ていて、1年生ながらこれは鍛えられているなぁというのが柔道を見ていればすぐ分かりましたし、坂井町さんの監督・コーチの指導の素晴らしさがうかがえる内容でした。また、惜しくも負けてしまった国見さんのT選手も、1年生女子で柔道歴も浅いとのことでしたが、試合内容も凄く良かったですし、寝技の攻防でしっかり守りきるセンスと心の強さを感じましたgood そして何より、あの豪快な背負投げに対し、しっかり受け身をされていたのに感心しました。高学年になってもなかなか受け身がしっかりとれない選手もいる中、国見さんの先生方も1年生女子の選手にしっかり受け身を身に付けさせておられることに感激しました。この二人、まだ1年生ですし、これからライバル対決となっていくのが本当に楽しみです。

 

 他道場の選手の試合に続きまして、次は丸岡スポ少の選手の試合を2試合。

 

 まずは小学生男子4年生の部に出場したK吾の試合。K吾は今回、惜しくも2回戦での敗退でした。負けた2回戦は、越前市さんの強敵相手で、まだかなり実力的には遠い存在の選手で1本負けでしたが、1回戦の試合はかなり驚きましたcoldsweats02 ・・・というか、K吾には毎回試合の度に驚かされてばかりなのですがcoldsweats01 このフェスティバルの試合でも本当に驚くような成長ぶりを見せてくれました。練習では見たこともないような動きと柔道内容で、しかも堂々とした畳捌きsign01 本番向きの凄い選手です。開始と同時に前で組み合い、大外刈りで技有りを奪い、そまま流れるような一連の動きで寝技に持っていき一本勝ちshine ま、マジで!? 

 

 出来るんなら練習でもそういうところ見せてくれよ・・・と、思わず突っ込みたくなるほど人が変わったようなカッコいい柔道でしたhappy02 もっとまじめに、もっと欲を持って、もっと積極的に練習が出来るようになってくると、ひょっとすると大化けする可能性を見た試合でしたgood 

 

 

 そして2人目はもちろんsign03 このフェスティバルでの丸岡のヒロイン、M衣の試合ですlovely 会場の観客全てを「おぉ~sign03」と釘付けにしてしまう豪快な高背負いを連発しての勝ち上がり。これこそM衣の柔道ですheart01 

 

 「惚れてまうやろ~sign03」(古っcoldsweats01

 

 この日のM衣のこの調子の良さなら、きっとライバルのO選手にも豪快な背負いを決めて勝てる・・・そんな期待感の高まる勝ち上がりの素晴らしさでしたshine こうして始まった決勝戦、GSまでもつれ込む接戦となりました。M衣は本当に気合いの入った様子で試合に臨んでいましたが、さすがは対戦相手も強敵のN光ちゃんでした。そのM衣の気合いをしっかり受け止め跳ね返し、本戦は若干N光ちゃんが優勢だったかなぁという僕の感想でGSに突入しましたthink しかしここからが凄かったです。M衣が怒涛の攻めを繰り出し、あっという間に本戦の不利を取り返したな、という展開で、本当にどちらが勝つか分からない展開になってきました。本当に面白い試合展開でした。

 

 そしてGSも残りあとわずか・・・のところで、こともあろうにどこかで見た景色が畳の上で再現されている・・・coldsweats02 このマグロぶりはどこかで見覚えがあるぞ・・・そうだ、K人だ・・・。。。いや違った、M衣だ。・・・ということで、横四方固めで1本負けshock ま、マジで!? 

 

 うん、君たちはやっぱり間違いなく兄妹だな・・・・・coldsweats01

 

  などと冗談では済まされない痛い敗戦。。。あと数十秒、優勝がスルッと逃げた瞬間でした。マグロで失った代償はあまりにも大きい。これに気づいて、M衣も寝技の練習にもっともっと力を入れてくれればいいのですが・・・・・。普段の練習を見ていてもH瀬兄妹は、どこかの3兄妹の長男の小学生時代と同じぐらい寝技が下手過ぎますcoldsweats01 とにかく腹ばいになった時のマグロぶりが、M衣とk人は本当にそっくりでした。どこかの3兄妹の長男の小学生時代は、マグロなんて高級魚は恐れ多い、ピチピチと余計な動きをしてドツボにはまり、相手の寝技の詰め将棋に詰まされてしまう小アジタイプの下手さでしたのでcoldsweats01 北陸高校で随分苦労したと思いますが、K人とM衣はまだ寝技は真っ白の状態ですから、これからいくらでも上手くなっていけます。

 

 褒めるつもりが後半は苦言みたいになってしまいましたが、最近のM衣の練習の様子は、監督・コーチも本当に褒めていましたし、僕自身も良い練習を行えていると感じます。あとでご両親からお話を伺ったところ、M衣の意識が変わってきたのは夏休みの實心館さんへの出稽古からだそうです。確かにあの練習は本当に刺激になっただろうし、こういう出稽古で意識が変わってくれるのは本当に素晴らしいことです。この意識のまま、今回の負けの反省もプラスして、ますます向上心を持っていってほしいと思いますgood 

 

 

 ・・・といった感じで、やはり予想通り熱くなって長くなってしまいましたのでcoldsweats01 高校生のアッと驚いた3試合はまた次回にします。

|
|

« 第5回福井県柔道フェスティバル | トップページ | ま、マジで!?(2) »

3兄妹の柔道成長日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/53444955

この記事へのトラックバック一覧です: ま、マジで!?:

« 第5回福井県柔道フェスティバル | トップページ | ま、マジで!?(2) »