« 金井杯を振り返り・・・(娘編) | トップページ | 第7回キッズ柔道交流大会(団体戦編) »

2013年10月28日 (月)

福井県強化練習会

 平成25年10月27日(日)、福井県立武道館において今年度の福井県強化練習会が行われ、丸岡スポ少の子供たちも参加させていただきました。自分は午後からの見学でしたが、午後からは試合練習と寝技乱取り稽古が行われていました。この日県立武道館に足を運んでみると、大道場の畳が全面復活しており、本当に良かったなぁと思いました(^^) 子供たちも広く立派な大道場一杯を使い、とても良い練習が行えたことと思います!

 

 さて試合練習の方ですが、見学はどうしても我が子中心にはなってしまいましたがcoldsweats01 極力4面全面を見渡し、丸岡の子供たちの試合の様子をチェックしていました(^^) 試合を見れたのは、小さい子から順番にKなちゃん、Hなちゃん、D地、M衣、E蔵、H夢、S真、Aゆむ、K人、泉弥というところでした。元気に頑張っていた子、目標を持って頑張れた子、頑張れなかった子、目が死んでた子coldsweats01 いろいろいましたね。

 

 Kなちゃんの試合は2試合ほど見ましたが、序盤は頑張って技も出して行くのですが、やはり反撃を喰らうと下がって負けてしまう試合が目立ちました。もちろん体力面や体格面、技術的な面での課題もありますが、一番はなんといっても「気持ち」の部分でしょう。Kなちゃんは、丸岡に入団した頃からは想像もできないほど、全ての面で大きく進歩してきた子です。練習中の声もしっかり出せるようになりました。礼法もしっかりしてきて試合にも出れるようになりました。最近は練習も楽しそうに参加しています。これから大きくなって学年も進んでいきますが、いつまでも柔道が好きでいてくれて、ゆっくりでいいので成長していってもらいたい子です。その中で、心の強さや気持ちの強さもつけていってくれたら嬉しいと思います。

 

 上に書いたKなちゃんの今日の試合の様子やこれまでの成長は、同じ時期に入団したHなちゃんにも同様のことが言えます。そして僕自身同様の思いがあります。ただ、Hなちゃんは一つ学年が上ですし、入団時から運動能力の高い子だという感想を自分は持っていました。なのでまだもう少し頑張れる力のある子だと思います。話す言葉もしっかりしており知的な感じも持っています。いつも道場でも仲良く練習をしていますが、Kなちゃんよりは学年が一つ上として、一つ上の成長を期待したいと思いますhappy01

 

 D地、僕が見た試合は面白い試合をしていましたねhappy02 自分より倍は体が大きいであろうという相手に渾身の背負投げsign01 そしてまさかの大外刈りcoldsweats01 ちょっとヒヤッとしました。しかし再び背負投げ。体重に耐えきれず潰れましたが、やっぱりD地は背負投げですねgood 技術的には、背負い投げに入る際右足に体重が乗り、自分が右に崩れた入り方になってしまっているため、しょっちゅう後ろに返されて負けてしまう試合が続いていますが、この日のようにこういう大きい選手相手にも背負投げで投げに行こうとする気持ちはずっと持ち続けてもらいたいです。そういえば、R菜の背負投げの入り方に随分似てきましたhappy02 

 

 続いてM衣。M衣の試合は何試合か見れましたが、そのうちの1試合はD地同様体格差がある相手との試合がありました。こちらも何が何でも背負い投げsign01 という内容でとても良かったですwink まだまだ強くなれる子ですが、1年くらい前のあの後ろに下がって投げられるというドツボの状態を思えば大分復活してきた印象ですwink この試合では、背負投げに入った状態から粘り、相手も必死に堪えているところを戻り際の大外刈りで見事に一本勝ちでしたgood 良い勝ち方だったと思いましたが、大外刈りや大内刈りが戻り際に掛かるのも、しっかり最後まで投げ切ろうとする背負投げがあるからだということは忘れないでもらいたいと思います。M衣の成長は、これからの丸岡スポ少にはとても重要です(^^)

 

 次は5年生達の試合。E蔵ですが、彼はなんといっても優し過ぎますねcoldsweats01 あとは怖がり過ぎ。同じ負けるなら、自信を持って思い切り投げに行った大外刈りを、思い切り返されての負けの方が百倍気持ちいいですし百倍カッコイイです。まだまだ相手に立ち向かう姿勢という面で課題がありますし、相手に対する怖さを捨てきれていない状態ですが、E蔵も次年度の主将が本決まりのようですし、これをきっかけに気持ちがグッと前を向いてくれると楽しみですね。この日僕が見た試合では、受けに回る場面が多く、受け切れずに投げられるという試合でしたが、やっぱり同じ負けなら自分から攻めて負ける方が先に繋がります。これから主将としての責任も大きくなり、自分の事以上にチームの事を一番に考えられる選手になってもらわなければなりませんthink これから先、一番大きく飛躍してもらわなければならない選手であることは間違いないと思います。ガンバレsign03

 

 H夢。体格的に5年生の中では厳しい対戦相手ばかりだと思いますが、H夢には時折鋭い背負投げの入りがあります。しかしこちらも自信がないのかすぐに戻ってしまい、その後相手の反撃を喰らい投げられてしまうというパターンが多いですねthink 本当に技のキレとタイミングは素晴らしいモノを持っていると思います。その技を十分に生かすためには、まずは最後まで掛け切る気持ち、最後まで自分が攻め抜く気持ちの部分が一番大切です。あとはもう5年生ですから、体格的に不利がある分、受けの強さも少しは必要だと思います。うちの道場の6年生たちとどんどん乱取りしていけば、自然と力は付いてくると思うので、自分から高い意識を持って6年生たちに当たっていけるとまだまだ強くなれると思います。

 

 S真。試合を見ていて感じるのですが、試合中よく考えながら柔道をしているなぁという印象を受けました。この日の試合も、いろいろ考えたり試したりしながらの柔道だったように思いました。柔道の練習は考えながら練習ができると、ただ闇雲に練習するよりはるかに上達が早いと思います。これからもこの練習スタイルで、さらに先生方の話しをよく聞き、これまで以上に頑張って練習に取り組んでもらいたいと思います。S真も持っている運動神経や身体能力は素晴らしいものを感じます。受けも丸岡の5年生の中では一番強いように思いますし、あと必要なのは本人の強い意志と責任感ですねwink

 

 最後は6年生。Aゆむはいきなり、前回の対戦で痛い負けを喫してしまった相手とのリベンジマッチsign01 練習試合とはいえ気合いが入りました。ちょうど隣の試合場で泉弥とM穂ちゃんとの試合とかぶってしまい、あっちこっちと忙しく目を動かしながらの観戦でしたがcoldsweats01 今回のAゆむの試合内容は、前回の試合のような相手に合わせてバタバタするような事がなく、しっかり落ち着いていて攻めっ気の強い相手の攻めをしっかり受け止める良い試合をしていたように思いましたconfident 攻めっ気が強くガンガンぶつかって来る選手との対戦では、どうしてもその攻めに合わせた柔道になってしまい、バタバタと相手のペースで試合をしてしまったり、相手以上に攻め返そうと焦った柔道になってしまいがちですが、やはり自信を持って落ち着いて受け止め、自分の組み手、自分の技でしっかり勝負してくる気持ちの強さが大切だと感じました。この対戦は、練習試合ながらしっかりリベンジを果たし、小外刈りで技ありを奪っての勝ちでした。自分は投げる所は見れませんでしたcoldsweats01 Aゆむは、その後の試合もほとんど勝ちだったと思いますgood

 

 一方、内容に少し課題を残す試合が多かったのがK人だったと思いますthink 一番気になった点は引き分けが多く、試合の半数以上が引き分けだったというところですかね。せっかくの練習試合だというのに、無難に投げられないように・・・という試合をしてしまっては本当にもったいないですし、何のための練習試合か分からなくなってしまいますcrying また、負けた試合でも「そんなはずないやろsign02」というような、あまりにも簡単に倒れてしまう投げられ方も気になりました。普段の練習で見るK人からすると、ほとんどの選手からはそんなに簡単にコロンと投げられるはずがないのですが、どうやら名前に負けてしまっている感はありますねcoldsweats01 まあ確かに、成長痛の影響もあり最近まで練習が出来ていなかったというのはありましたが、とにかく動きはあまり良くなかったですし目が死んでましたねcoldsweats01 何度も書きますが、今年の丸岡の活躍にはやはりK人の躍進が欠かせないものですので、何とか復活の狼煙を上げるきっかけを掴んでもらいたいと思います。

 

 最後は泉弥。練習試合は5試合行いましたが、最初の3試合は合格ライン。残りの2試合は不合格despair といった内容。M穂ちゃん、A里ちゃん、H部さんという女子陣との3試合連続はまあ見ていて面白かったですhappy01 特にM穂ちゃんともA里ちゃんとも直近の大会で対戦があった相手でしたが、今回の練習試合ではその大会での試合よりは一本を取りに行く姿勢の部分で良くなっており、練習試合ということで意識して思い切り行けたのかな・・・とは思いました。少しいやらしい話になりますがcoldsweats01 練習試合とはいえ、今回3人を一本でしっかり投げてきたことで、相手選手に対して多少なりとも嫌なイメージを与えられたことは、今後にとって少しはプラスになるのかな・・・とは思いました。欲を言えば場外際ではなくて、試合場のど真ん中でこれが出来るようになると最高だと思いました。ただ、姿勢の悪さとバタバタ走り回るのと、背負いが怖くて出せないのと、相手にぶら下がって柔道しているのとetc・・・悪い部分は挙げればキリがないくらいですcoldsweats01 つくづく柔道が下手くそでセンスのない子ですねcoldsweats01 

 

 そして後半の男子陣2人との2連続引き分けは許し難い所業angry 試合ではなかなか取ってくるのが難しい相手との試合練習でした。ましてや自分に投げる技がなくいつも苦労しているのですから、今回の練習試合ではもっと課題を持って投げに行く練習をしてほしかったですthink いつも言われていることを意識した試合を行ってほしかったと思います。

 

 こうして最後は寝技乱取りを行い練習終了。練習を仕切って下さった福井県柔道連盟の皆様、本当にお疲れ様でした。ありがとうございましたhappy01 丸岡としては今回の練習で、また大きな経験をさせていただき、とても良い練習をさせていただいたと思います。これからも福井県の柔道が大いに盛り上がり、全国大会でもますます活躍が出来る県になっていくことを期待したいと思いますhappy01

|
|

« 金井杯を振り返り・・・(娘編) | トップページ | 第7回キッズ柔道交流大会(団体戦編) »

丸岡スポ少柔道日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/53743627

この記事へのトラックバック一覧です: 福井県強化練習会:

« 金井杯を振り返り・・・(娘編) | トップページ | 第7回キッズ柔道交流大会(団体戦編) »