« 練習再開! | トップページ | やっぱり本気はまだまだ先か・・・ »

2013年9月12日 (木)

實心館さんと合同練習

 久しぶりの更新になりますcoldsweats01 すみませんsweat02

 

 9月の4日、6日の2日間、實心館さんが丸岡武道館に練習に来て下さりました。県のチャンピオンチームが、わざわざうちの道場に練習に足を運んで下さるのですから本当にありがたい話ですhappy01 自分は4日は仕事のため見ることが出来ませんでしたが、6日はゆっくり練習の様子を見させていただきましたhappy01 

 

 正直言いまして、實心館さんはかなり強いチームですし、子供たち一人一人の意識も相当高い位置にいます。特にうちの娘の学年の6年生は、全国を経験している選手やその全国でも引けを取らない選手が揃っていますので、そういう意識の薄い娘などは本当にありがたい練習をさせてもらえます。

 

 6日は、基本練習の後は、時間一杯寝技・立技の乱取り稽古で汗を流していました。見ていた感想ですが、寝技に関してはうちの道場の子も何人かは勝負できそうな感じがある子がいましたが、立技に関してはほぼ完封負けcoldsweats01 さすがに歯が立たない状態だったと思います。自分としては、こういう県のトップチームの選手たちの練習に対する取り組み方や心構えの部分で何かを感じ取ってほしかったのですが、とにかく投げられないように・・・とか最初から無理・・・としか考えていないような練習の団員たちを見ていて少々がっかりcrying こんな最高の練習相手が来て下さっている最高の練習環境の中で、それでもまだ自分の本気が出せずにいる子供たちもいます。

 

 最近の子供たちに、「本気」を出してもらうというのは本当に至難の業だと思いますねcoldsweats01 もちろんみんな一生懸命やっているんです。それは間違いないのですが、残念ながら一生懸命と本気は違いますthink 例えが難しいですが、一生懸命は「やる」もので、本気は「出る」ものです。この本気は、ある意味かなり追い込まれてこないと出てこないものですが、一生懸命追い込んだ練習をやっていると、無意識に出てくるのが本気・・・といった感覚でしょう。自分の力以上のモノを引きだすのは本気になった自分だけです。

 

 強い子、鍛えられた子というのは、この本気を自分でコントロールすることができます。しかし、大半の子供たちはまだ「本気」がどんなものかすら知りません。柔道ではまだ出したことがないのですから当然です。夢中になってゲームをして、どんどん難易度の高いステージをクリアしていくとき、子供たちはゲームに本気で取り組んでいます。ほぼ無意識に本気を出しています。そして昨日クリアできなかったステージを、今日はクリアしていきます。本気だからできることですし、一生懸命だけじゃできないことです。

 

 話はそれましたが、丸岡の子供たちの多数は、僕はまだ柔道で本気を出した姿を一度も見たことがありません。まだまだ能力も伸びシロもある子ばかりが揃っていますが、その伸びシロを余したままにしている子が大多数です。これからしばらく、一人でもいいので本気を出している子が見れることを楽しみにしていたいと思います。

 

 最後になりましたが、2日間にわたり遠い丸岡まで練習に来て下さった實心館さんのみなさん、本当にありがとうございましたhappy01 またぜひよろしくお願いします。

|
|

« 練習再開! | トップページ | やっぱり本気はまだまだ先か・・・ »

丸岡スポ少柔道日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/53232662

この記事へのトラックバック一覧です: 實心館さんと合同練習:

« 練習再開! | トップページ | やっぱり本気はまだまだ先か・・・ »