« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月24日 (土)

練習再開!

 8月のお盆、丸岡スポ少は2週間の夏休みをいただきましたが、今週からまた練習が再開されましたhappy01

 

 水曜日、久しぶりの練習で子供たちも十分英気を養い元気な姿を見せてくれましたが、練習内容は少し元気がありませんでしたshock 自分の中で、柔道モードに入り過ぎていたこともあってcoldsweats01 若干拍子抜け・・・といった感じの練習でした。ここから半年、次の学年にバトンタッチしていく準備もありますし、特に4・5年生に自覚と向上心を持ってもらうことが重要と考えていましたので、元気のない練習ながらも、何とか自分が声を掛けてやる気を持ってもらうことにしました。また、今までは自分たちの事しか考えていなかった6年生達にも、そろそろ下級生たちの指導にも意識を持ってもらわなければ困りますし、来年以降も更に丸岡スポ少が活躍していくためには、4・5年生のレベルアップは必須ですthink そういう意味で、泉弥には5年生達に甘やかすことがないよう、そして本当の意味での下級生たちに対する優しさについて考えてほしかったこともあり、その点について厳しく言いました。伝わっているのかどうか・・・・coldsweats01

 

 それにしてもここ最近、H夢が良い練習を行ってきているように思いました。この目覚めは大きいです。周りの5年生にも良い影響が出てくるようになると最高ですhappy01 また、今年の残り期間の事を考えても、今は6年生が基本4人。高学年団体戦のレギュラー、ラスト一枠をかけた争いに高いレベルで発展していってくれることが理想の形ですsmile もちろん団体戦の形式によっては、4・5・5・6・6なんていう形もありますので、この5年生枠の一枠・二枠は本当の意味で面白いレギュラー争いを見てみたいですからhappy02 もちろん4年生のM衣・K吾・Y希を含めた争いであってほしいですが。

 

 そして問題(!?)の3年生。この学年は、今は小柄な選手ばかりではありますが、人数も揃っていますしセンスのある子も揃っています。今後の成長次第では今年以上に強い学年に育っていく可能性を秘めた学年だと僕は考えています。 しかしもう3年生です。今から徐々にでもいいので真剣に柔道に取り組んでもらいたいと思います。

 

 

 2日後、金曜日の練習。この日はM先生と道場生が遠いところ練習に来て下さりましたhappy01 ありがとうございましたsign01 他道場の子供たちが練習に来てくれると、うちの子供たちの練習にも力が入りますsmile ・・・この日も最初は若干元気がなくて、少し物足りなさは残りましたが、やはり寝技・立技ともに自由練習になると子供たちは真剣勝負モードに入ります。M先生の道場生は、みんな素直で一生懸命lovely 柔道の取り組み方や柔道スタイルにとても好感が持てますhappy02 これから時間が経って、さらにM先生の超攻撃的なスタイルが子供たちに浸透してくると、とても恐ろしいチームに成長されると、実は内心ヒヤヒヤしてますcoldsweats01 丸岡とはこれからもガチンコ勝負で盛り上げてくれると楽しみでもあります。

 

 そんな中、この日久しぶりに練習に顔を出してくれた4年生R晴、そして5年生のH翔が、練習に来てくれたO君(弟)のY君、Oさん(姉)のNちゃんと面白い勝負をしていましたsmile 体格にも恵まれ、学年下ながら力強い柔道でうちの重量級2人と互角以上の戦いを見せていたO君弟sign01 逆に小柄ながら気持ちの強さとセンスあふれる柔道で、同じくうちの重量級選手2人を手玉に取るNちゃんsign01 カッコいい柔道でしたgood 今回はうちの2人が完敗・・・crying といった内容だったと思いますが、それでもああいう柔道の練習は見ていて面白いから良いですsmile 

 

 金曜日の練習の最後に、Y章が後輩たちの前で世界カデ選手権の報告に来てくれましたhappy01 いまや丸岡の子供たちの憧れの選手です。子供たちは目を輝かせてY章を見ていました。それにしても世界選手権で3位という素晴らしい成績shine でもY章はあいさつで、「3位という成績に納得いってないので、また世界選手権に出れるように頑張る」という頭の下がる言葉を言っていましたshine 怪我には十分気を付けてもらい、これからもぜひ頑張って自分の夢を追いかけてもらいたいと思いますgood 

 

 さて、いよいよ週末の日曜日は、うちの主将が全小に挑みます。丸岡スポ少の代表として、そしてもちろん福井県の軽量級チャンピオンとして、堂々と丸岡柔道を見せてきてきてほしいと思いますgood 初戦から強敵と聞いていますが、どの選手との対戦となってもそれぞれが各県のチャンピオンですthink Aゆむも福井県のチャンピオンとして堂々と、自信を持って戦ってほしいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2013年8月14日 (水)

出稽古ウィーク(^^)

 先日、アメリカフロリダ州のマイアミで行われていた世界カデ柔道選手権、丸岡スポ少OBで現福井工大附属福井高校2年のY章が、ロシア勢の強豪ひしめく➖90kg級で見事3位に入ったとの連絡を頂きましたshine Y章、本当におめでとうございますhappy02 勝ち上がった準決勝まで、そして3位決定戦とオール1本勝ちというとても気持ち良い勝ち方とのことで、さすがは丸岡スポ少出身の選手らしい柔道を世界に見せつけてきてくれたことと思いますlovely 夢のまた夢の世界大会sign01 出場することだけでも名誉なこと。ましてや勝ちを全て1本勝ちとはcoldsweats02 まさにうちの団の誇りの選手ですscissors まだまだ上を見ているY章でしょうが、怪我だけは十分気をつけて、これからも頑張ってもらいたいと思いますwink 

 

 それでは本題です。丸岡スポ少は先週・今週と2週間、お盆休みに入っています。子供たちはきっと夏休みを満喫していることでしょうsmile しかし、うちの団でAゆむが24日・25日と、広島県で行われる全国大会に出場します。まさに今が一番大切な時期です。本来は、団が一丸となってAゆむの練習のサポートをするべきなのですが、監督の「子供たちに楽しい夏休みを」との意向もありお盆休みを取らせて頂いています。もしこのブログを見ている団員がいましたら、ぜひそのことは忘れずにいてほしいと思いますthink 自分のチームの主将が、全国大会という舞台で丸岡スポ少の看板、福井県の看板を背負って戦ってくるということを忘れないでほしいです。そのために、みんながそれぞれの夏休みを過ごしている間、Aゆむは一人出稽古に出掛けて一生懸命練習していることは知っておいてもらいたいと思います。気持ちだけでも、全国大会に出場するAゆむに届けて応援してあげられるような、そんな団であってほしいと思いますhappy01 全国大会、ガンハレ!Aゆむhappy02

 

 ということでこのお盆休みの2週間、泉弥もAゆむの練習に便乗させていただき、何度か出稽古に出させていただきましたhappy01 家でゴロゴロしているだけの夏休みcoldsweats01 泉弥にとってはありがたいお誘いでしたsmile 先週は柔整会さんの練習と、土曜日には坂井町さんにお邪魔させていただき、今週は實心館さんと再び柔整会さんにお邪魔させていただきましたhappy01 受け入れて下さった道場の皆さん、本当にありがとうございましたsign03 

 

 まずは先週の柔整会さんへの出稽古。熱気ムンムンで練習されている中、夜7時過ぎに到着。今回は3兄妹揃って参加させていただきました。次男は翌日に北信越大会が控えていましたので、最終調整ということで参加させていただきました。立技打ち込みを行い、その後は乱取り稽古で汗を流しました。僕が柔整会さんに行って一番驚いたのは子供達の人数ですねcoldsweats02 丸岡の2.5倍は人数がいました。これでも全員参加ではないようでしたcoldsweats01 本当にうらやましい限りです。特に2年生と5年生、そして6年生に力のある選手が揃っているように感じ、当然丸岡スポ少応援団として柔整会さんの戦力チェックは欠かさず行わせていただきましたbleah ある2年生(だと思う・・・coldsweats01)の、オレンジ帯をしていた軽量の選手が、特に柔道センスを感じガッツもあるようで、練習を見ていて惚れてしまいましたlovely 泉弥とAゆむも、熱い道場の中、普段よりも厳しい練習に汗をかいて必死に食らいついていましたねwink 最後のトレーニングでは、泉弥の非力さを露呈coldsweats01 あいつは死ぬほど家でトレーニングさせてやるangry

 

 続いて土曜日、この日は泉弥の希望で坂井町さんの一般練習にお邪魔させていただきました。ちょうど中学生の女の子が3人~4人集まってくれていて、とても良い練習をさせてもらいました。来年はおそらくライバルになる選手たちだろうと思いますが、さすがは女の子同士、普段は仲も良いようでした。立技の自由練習では毎回の事ですが課題を多く見つけますが、寝技の自由練習ではある程度の成果は見れた練習だったように思います。寝技はセンス不問sign01 下手くそな泉弥でも、練習すれば練習した分だけ結果で現れるので、本人も楽しみを感じているようですconfident 

 

 そして今週月曜日、これは実は3兄妹の父が以前、監督にお願いしていたことなのですが、どうしても一度、県のチャンピオンチーム・實心館さんのところへ出稽古へ行かせていただきたいとお願いをしていたのですが、今回、早速そのお願いを実現していただいて参加させていただきましたhappy02 泉弥や他の団員に、県のチャンピオンになられるチームの練習というものを、一度自身で味わってもらいたかったのが一番の大きな理由でしたが、やはりその練習の凄さに圧倒されてましたcoldsweats01 これぞ県チャンピオンになるチームの練習sign03 と、思わず納得させられましたね。この練習を、週に丸岡の2倍行っているというのですから、強い理由も一目瞭然です。とにかく練習中の子供たちの目が鋭いです。開始1時間、今回丸岡から参加させていただいた5人(+中学生1名)の、ほとんどの選手の目は死んでましたcoldsweats01 まな板の上のタイpisces 逆に實心館さんの選手たちの目は凄く必死に、練習にしっかり喰らいついていくという意志の強さを感じましたthink

 

 丸岡の小学生達は、ほとんどボコボコ状態coldsweats01 ボコボコはまだ良いのですが、自分から諦めて限界を作ってしまっているので、疲れているフリが余計に腹が立ちますannoy これではせっかく県のチャンピオンチームに練習をお願いしてもらっているのに、かえって邪魔をしているようにしか思えませんthink 県で一番強いチームとその選手たちに稽古をつけてもらっているのですから、そのことに感謝をしながら何とか喰らいついていく気持ちをせめて見せてほしかったです。それにしても、今回参加させていただいた子供たちは、こういう練習を同じ小学生が行っているということを知っただけでも良い経験になったことと思います。是非この経験を団に持ち帰って、他の団員たちにも伝えてもらいたいと思いますhappy01 

 

 この日、實心館さんの道場には、3兄妹の父が大ファンの中学生選手も練習に来ており、美希弥も連れて来れば良かったと後悔しましたが、まあ塾でしたので仕方がありませんcrying また、實心館のN監督さんから、うちのM監督の楽しい話や、少年柔道の話しもたくさん聞けて、個人的にもとてもいい出稽古をさせていただきましたhappy01

 

 最後に火曜日は、再び柔整会さんに練習にお邪魔させていただきましたが、これは僕は不参加でした。

 

 こうしてお盆休みの2週間、たくさんの方々、チームにお世話になり、出稽古をさせていただきました。改めまして、受け入れていただいたみなさん、本当にありがとうございました。またぜひよろしくお願いしますhappy01

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

ようやく・・・夏真っ盛り!

 今年の福井は梅雨入りが遅く、雨も例年より少ない年だと感じます。(他県では本当にお気の毒な災害が相次いでいますがsweat01)その影響で梅雨明けも8月にずれ込みました。ここにきてようやく暑い夏がやってきたsun という印象です。夏の高校野球も開幕し、インターハイでは各競技で熱戦が繰り広げられていますhappy01 そういえば世界陸上も放送してましたねgood

 

 甲子園では、春の選抜に初出場した春江工業、そしてその選抜大会でベスト4に入った敦賀気比高を倒して夏の大会出場を決めた古豪・福井商業が見事1回戦突破shine 接戦のとてもいい試合をしてました。次は強敵の福島・聖光学院戦。明日15日の第1試合の予定だそうです。

 

また、自分の母校の丹生高校がホッケーで高校総体を制覇するという嬉しいニュースもありましたnote 丹生のホッケーは昔から強かったですが、いつも2番目・3番目。なかなか優勝には届かない状況が続いていましたが、今年、高校総体としては40数年ぶりの優勝ということで盛り上がりました。

 

 一方、柔道の方でも本県有数の進学校である藤島高校のⅠ藤兄弟の活躍が新聞に掲載されていました。Ⅰ藤兄は、春夏連覇を狙いましたが惜しくもベスト8。5位という結果でした。しかし、本当に素晴らしい成績だと思いますし、彼の努力は新聞でしか知りませんが本当にすごいと感じます。新聞にも「努力の人」というような書き方をされていましたが、実際も相当の努力家なのだと思いますし、試合会場で見る姿も、「性格が良くて穏やかな人間」オーラが出ていますhappy01 心身ともに鍛えられている印象で、本県が誇るべき高校生柔道家の姿だと思います。是非ともこれからは、自身の大きな夢に向かって頑張ってほしいと心から応援したいと思います。

 

 そしてsign01 丸岡スポ少の夏と言えば、8月1週目に東京遠征を行った全日本少年武道練成大会sign03 今年も子供たちは熱い戦いをしてきてくれて、今夏の一番の思い出になりましたhappy01 そして次はいよいよsign01 団を代表して、主将・Aゆむが全小大会に挑みますsign03 今年は広島での開催です。Aゆむ個人だけのこと・・・というのではなく、スポ少の仲間全体でAゆむの活躍を応援できるような、そんな団であってほしいと思いますし、Aゆむも、福井県選手団とともに、丸岡スポ少の仲間の応援に力を感じながら試合に臨んでほしいと思いますhappy01 良い結果報告を期待して待っていたいと思いますscissors 

 

 こうして子供たちが己の青春をかけて、一つの事に仲間とともに頑張る姿を見聞きするのは本当に楽しいですし感動しますが、大人の3兄妹の父としては、そんなニュースを肴にして、早くバーベキューでビールを飲みたいbeer 

 

 ただいま夏真っ盛りup

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年8月11日 (日)

美希弥、中学最後の夏

 先日、8月9日に石川県松任市において中学校の北信越大会が行われ、美希弥が参加してきました。結果は・・・・・coldsweats01 まあ、仕事で試合を見ていないので何とも言えませんが、本人談では「緊張で体が全然動かんかった。勝てる試合やったと思う。」とのことで、どうやら悔いの残る中学最後の夏だったようです。

 

 まあ結果はさておき、自分自身が悔いの残る試合をしてしまったというのであれば、それは本人にとっても一緒に練習をしてくれたチームの仲間にとっても残念なことですthink しかし高校でも柔道を続け、この悔しい思いを晴らすとのことでしたので、また柔道を続けていくきっかけにはなったようです。

 

 一方、父の思いとしては、中学生になった美希弥の北信越出場にとても驚いていました。おそらく、小学生時代の美希弥の事を知るすべての人にとっても、美希弥が中学生で北信越大会に出れたということは大きな驚きだろうと思いますcoldsweats01 それほど小学生の頃から美希弥はセンスがなく弱っちいかったですもんねcoldsweats01 団でもレギュラーにさえなれず、体も細くて小さく、頼りなくてモジモジ君の主将sweat02 本当に、泣けてくるほど下手くそでしたcrying そんな姿を思い出せば、中学生になっても地区大会さえ通過することが難しい選手だろうと思ってました。ただ、本人は柔道が好きで、コツコツ出来ないことを一つずつ積み重ねていくことが得意な子でしたので、そこが唯一の取り柄と言えば取り柄の子でした。ですから今回のこの結果は、歩みのノロいカメながらも本人が中学生になってコツコツ前に進んでいった成果だとは思いますので、そこは最後に褒めてあげましたshine 今までずっと、美希弥のことは本人の前で褒めたことがありませんでしたので、まあ北信越出場のご褒美ということで甘やかしてやりましたsmile

 

 これから半年はとりあえず勉強sign01 行ける高校の選択肢を増やす意味でも、将来の夢をかなえるためにも大事ですconfident そして自分が悔いを残したと語る今大会の、リベンジを果たせるような学校の選択を自分で決めて、また下手くそながらも一歩一歩成長できる人間であり続けてほしいと思います。小学生から中学生、まずは成長した姿を見せてくれた美希弥でしたので、中学から高校もまたゆっくり成長していく姿を楽しみにしていたいと思います。

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2013年8月 7日 (水)

平成25年度全日本少年武道(柔道)練成大会(3)

 それでは東京遠征の最終回、高学年の2回戦の様子ですhappy01

 

 神奈川県のチームに4-0の快勝で1回戦を突破した丸岡スポ少の高学年チームですが、2回戦の相手は兵庫県の広畑道場さんsign01 このチームさんは本当に強いチームでしたdanger 今年のこの全日本少年武道練成大会でも、低学年チームがブロック決勝まで勝ち残っていたチームですcoldsweats02 当然、高学年チームもかなりの力を持ったチームであることは間違いなかったと思います。その強いチームを相手に、丸岡スポ少は敗れたものの接戦の良い試合を見せてくれましたhappy01 結果は1-3、しかし内容を振り返ってみると、このスコアが逆になっていても全然おかしくない試合展開だったように感じましたthink 毎回の事ですが、今年1年の丸岡スポ少の課題は、こういう接戦をしっかりモノにできるチーム力を作っていく・・・ということに尽きると思いますthink やっと、やっと全国的にも名前を聞いたことがあるようなチームとも、それなりに試合をすることが出来るまでに成長してきました。これからはそのもう一歩先、そういう強豪チームに勝てる「大物食い」が出来るチームに何とか成長してもらいたい、そういう期待が持てるチームには確実になってきたのではないかと感じています。

 

 それでは試合経過ですが、まずは勝敗を占う意味でとても重要だった先鋒戦think Y成が序盤に見せ場を作りました。相手先鋒は動きが良く、どうやら背負い系を得意としている、いわゆる「先鋒らしい」柔道を行う選手のようでしたthink 試合は、その速い動きと厳しい組手から背負い系の技を出す相手選手と、それを凌いだY成が寝技に持ち込み勝負するという展開になりましたimpact もちろん相手選手は寝技もしっかり鍛えられているようでしたがthink そして序盤の最大の山場sign03 相手の背負いを防いで寝技に引き込んだY成が、袈裟固め~横四方固めの形で抑え込みに入りましたhappy02 ここでしっかり抑えきって初戦を取ると、丸岡としては本当に大物食いの展開が見えてくるところcatface 観覧席で本当にドキドキしましたcoldsweats01 ところが抑えて12秒・・・その抑え込みが返されて解かれてしまいましたshockshockshock これは本当に痛かったcrying 諦めずに返した相手先鋒も凄いですし、さすがは寝技も鍛えられているチームです。その後、中盤に相手の背負いを跨いで回され、有効を奪われましたshock ここも痛かったcrying そして最後、再びY成が寝技勝負に出ましたが、さすがに相手に警戒されていて、逆に抑え込まれて1本負け。惜しい勝負を落としてしまいましたthink 攻守が入れ替わり熱戦でしたが、一つ反省点を挙げるとすると、やはり低い背負投げについていってしまったことでしょうか・・・。序盤の抑え込みでしっかり決め切るところももちろん大事でしたが、そのあとの有効を取られたのが結果的に重たくのしかかり、無理に寝技の勝負に持っていこうという焦りが出てこういう結果になったのかもしれませんthink

 

 チームとしては、勝てる試合を落として痛い失点となりましたが、次はポイントゲッターのAゆむでしたので、ここを取ればまだまだ試合は分からない状況。この次鋒戦も熱戦でしたimpact 試合を見ていて、おそらくはこの次鋒が相手チームも一番強いところなのだろうと感じましたthink するどい背負い系の技を繰り出す選手で相当の運動神経を感じました。両チームのエース対決sign01 僕は試合を見ていてここが勝敗を分けるポイントとなる試合だと感じましたthink そしてそのとおり両者譲らずの熱戦となりました。序盤から組み手を厳しくし速い動きで攻め込む相手選手。その猛攻をしっかり捌いて、組み勝って勝負に行ける機会を狙っていたAゆむ。序盤から中盤はほぼ互角で、寝技では若干チャンスも作れるような展開でした。しかしその寝技の攻防でも、相手チームはうちの寝技を徹底して警戒している様子で、厳しい展開が続きました。その後1分過ぎ、一度だけAゆむが釣り手と引き手を十分に持てて勝負に行ける場面を作りましたが、さすがは相手もその組み負けた時にしっかり守り切っており、なかなか突破口が見つからない展開で終盤sign02 組み際に相手選手のびっくり背負いが韓国式に決まり、まさかの1本負けshockshockshock 見ていた時は韓国背負いかなぁと思いましたが、帰ってからビデオで確認すると、結果的に腕返しのような形で投げられているように見えました。ここも互角のシビレるエース対決でしたし、勝敗は残念でしたが燃える試合を見ることが出来ました。これで勝敗は0-2・・・後がなくなりましたthink

 

 本当に痛い2連敗で中堅戦を迎えましたshock しかも完敗の試合内容ではなく2-0で来てもおかしくない接戦を落としての展開・・・・・。勝負はまだついていませんが、今年の丸岡チームは言うまでもなく主将・Aゆむのチームです。Aゆむが取れない相手は誰も取れません。なのでAゆむが負けてしまうとチームとしては本当に逆転が辛い状況になります。しかし、今までのいろんな試合では、Aゆむはそのチームの柱としての期待に応えて、気迫で試合を取り返して何度もチームを救ってきてくれました。頼れるポイントゲッターの主将です。今回はその逆、Aゆむに今まで助けてもらってきた分、今度はAゆむの負けをチームで取り返してくる気迫が欲しかったです。そういう意味で、中堅の泉弥はよく取り返してきてくれましたwink 開始早々前に出て気迫を全面に出していたように思います。その気迫で相手が潰れたところを逃さず、脇をすくって縦四方。足をからまれましたが横四方に変化して1本勝ち。何とか後ろに希望を繋げた寝技での1本勝ちでした。

 

 そして副将戦、5年生のH翔にチームの勝敗を託すのは少し酷なところですが、この場面、後がありませんでしたのでどうしても勝ちたい試合でしたthink ところが、開始早々相手選手が奥を持って投げに来てそのまま投げられてしまいましたshock しかし待てが掛かっており相手に奥襟の指導。何とか助かりましたcoldsweats01 ・・・・・と次の瞬間、今度は払い巻き込みで技ありを奪われそのまま抑え込まれて1本負け。ここで勝負がついてしまいましたcrying ああいう体の大きい選手の巻き込み系の技は、うちの団ではもちろん使う選手はいませんし、H翔は試合でもあまり体験したことがなかったと思います。なので襟の位置も含めて対応はまだまだ難しいと思います。なのでこの負けは全然気にすることはないと思いましたし、この経験でこういう対処も覚えていくのだろうと思いますgood 

 

 最後は勝負の付いた大将戦。良くも悪くも今回の大会は、2試合とも大将・K人の前で勝負がついている試合が続いて、K人にとっては気合いが入らなかった試合ばかりだったかもしれませんがcoldsweats01 結果は引き分け。こちらも相手に奥襟の指導がくる厳しい組手の試合展開で、最後にはK人にも消極的の指導が来る厳しい試合でした。相手の大内刈りを必死に堪える展開が続ききつかっただろうと思いますが、引き分けに持ち込めたのはよく頑張ったと思いました。今回K人は、2引き分けで勝てなかったのは悔しいだろうと思いますが、内容は粘れた良い試合ばかりだったと思いますgood ただし、この2試合が接戦の場面では、チームの勝敗に大きくかかわる価値のある試合内容と言えるのですが、2試合とも勝負の付いた場面でしたので、できれば思いっきり取るか・取られるかの勝負をしても良かったのではないかと思いますwink 

 

 こうして今回、丸岡スポ少高学年チームは2回戦敗退となりましたcrying 惜しい試合で燃えましたし、先にも書いた通り、この1-3というスコアが逆になっていてもおかしくなかった試合展開ではあったと思います。しかし、やはりこういう厳しい接戦で勝てるというのが、チーム力の差なのだと思いますthink 今回貴重な経験を積んだ丸岡スポ少、今後はこの経験を成長に変えて、きっと素晴らしいチームに成長していってくれることでしょうwink そういう意味でも本当に良い遠征になったと思います。

 

 遠征の最後に、頑張った子供たちのリクエストでスカイツリーを足下から見に行き、その後もレインボーブリッジやフジテレビ、東京タワーなどが見える道を通りながら渋谷経由で福井へと帰りましたhappy01

 

 遠征に参加した選手、同行された先生方と保護者の皆様、本当にお疲れ様でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2013年8月 6日 (火)

平成25年度全日本少年武道(柔道)練成大会(2)

 8月4日(日)に日本武道館で行われた練成大会の2回目ですhappy01 今回はいよいよ試合練成に出場した丸岡スポ少の低学年・高学年の選手たちの試合の様子を書きたいと思いますwink

 

【出場選手】

 (低学年の部)

   先鋒 : K拓(3年生)

   次鋒 : S之介(3年生)

   中堅 : Y希(4年生)

   副将 : M衣(4年生)

   大将 : K吾(4年生)

 

 (高学年の部)

   先鋒 : Y成(6年生)

   次鋒 : Aゆむ(6年生)

   中堅 : 泉弥(6年生)

   副将 : H翔(5年生)

   大将 : K人(6年生)

 

 ということで、まずは低学年のチームが7試合目に登場しました。対戦相手は群馬県の田島道場さん。トーナメント表を見た時、耳にしたことがあるチームさんでしたのでおそらくは強いチームなんだろうなぁと思いましたcoldsweats01 まずは選手たちが緊張してカチカチになっていないかが心配でしたが、案の定、先鋒で出てきたK拓はガチガチの様子でしたshock そりゃ、仕方ありません。まだ3年生で、もちろん日本武道館での試合も初めてcoldsweats01 緊張するな・・・という方が無理ですcoldsweats01 相手の先鋒は女子選手でしたが、学年上の4年生でしたし試合が始まった瞬間、強い選手だと分かりました。組みましたが防戦一方になり、技を出すことが出来ませんでしたshock 武道館で、K拓のカッコいい背負投げを見たかったのですが、それは来年に持ち越すことにしましょうwink 試合は寝技で1本負けでした。

 

 その後も、S之介、Y希と会場に飲まれたまま1本負けで試合が終わってしまい、自分の力を出し切る前にやられていた印象でしたcrying さすがは日本武道館という舞台です。子供たちの気持ちをガブっと飲み込む圧倒的な雰囲気があります。この経験、忘れないでいてもらえば、もうあとはどの会場に試合に行ってもビビることはないでしょうwink 

 

 次の副将・M衣がようやく普段通りの試合を見せてくれて、さすがは試合経験も多く場慣れしているM衣だと思いましたgood M衣はひたすら背負投げにこだわりを持って攻め込んでいましたが、相手選手がM衣の背負投げを警戒して、釣り手を突いて距離を保たれていたため、なかなか思うように技に入りきれない展開think つっかえ棒になっている相手の釣り手をしっかり捌いて、崩して背負いには入れればきっと投げられるようになると思いますが、あれだけ背負いにこだわって攻めていたので、逆の技が出ていればもしかしたら・・・という試合だったと思いました。試合は中盤、相手選手の背負いについていってしまい、転がって有効を奪われてしまい優勢負けでしたcrying よく攻め込んで良い試合でしたので、負けはもったいない感じでした。

 

 そして最後は大将・K吾sign01 僕は本当に驚きましたcoldsweats02 試合経験も少なく、この会場でおそらくはビビって何もできないのかな・・・と思っていたのですが、そんな予想に反して開始と同時に組んで前に出ていく積極的な試合。そして大外刈りで勝負に行く展開。本当に良く頑張っていい柔道が出来たと思いますshine 相手の大将は強く、次のコンタクトでひねられ抑え込まれてしまいましたが、最初に一つ、自分の攻撃が出来たということは、それだけ攻める気持ちがあったということです。この試合を見て、僕はK吾ってかなりの大物じゃないのかなと感じました。普通、あの大舞台で試合経験の少ない選手が堂々と普段通りの柔道はなかなか出来ないものですから。凄かったと思いますgood 

 

 ということで、結果は残念ながら0-5ということで1つも勝てずに完封負けでしたshock しかし、思えば丸岡スポ少が最初に日本武道館での大会に参加したころも、本当に一人勝つのが至難の技でしたcoldsweats01 チームの勝利どころか、5人のうち一人勝つのも何年もかかりました。低学年は特に、本当に勝てませんでした。しかし、このような経験を重ねて高学年ではようやく全国から出場するチームさんと何とか試合になるようなチームに成長してきました。今年出場した低学年チームも、3年生たちはまだあと3回挑戦できます。4年生も2回チャンスがあります。これからしっかり練習してもらい、日本武道館で一つ・二つと勝てるチームに成長していってほしいと思います。僕は今の丸岡の3年生の学年などは、今年の高学年チームにも負けないほどメンバーが揃っていて、6年生になった時はそれなりに活躍できるような選手が揃っている学年だと思います。意識を持ってあと3年練習を続ければ、良いチームになる素質は十分あるメンバーが揃っているので、今後に本当に期待したいと思いますhappy01 

 

 

 続いて高学年チームですが、低学年に続いて9試合目に登場しました。対戦相手は神奈川県の御所見道場さん。初対戦となる関東のチームで、どういうチームなのか全くわからず、これが遠征の醍醐味だと思いますhappy01 丸岡としてはベストメンバーで臨みましたし、良い試合はしてくれるだろうという期待はありましたが、見事に4-0で勝利happy02 先鋒から中堅まで3連勝で勝負が決まり、楽な展開で後半戦を迎えられたのが大きかったです。

 

 先鋒戦、最近寝技に自信を持ってきており、試合でも堂々とした試合運びが出来るようになってきたY成。監督の話では、気合いの入った顔つきで試合に向かっていったようで、その通りの気合いの入った試合を見せてくれて、大内刈りを返して技有り、その後横四方固め1本勝ちでしたshine 

 

 勢いに乗って次鋒戦、ポイントゲッターのAゆむが切れ味鋭い内股で1本勝ちshine 久しぶりの立技でのきれいな1本sign01 カッコ良かったですgood 今年の丸岡チームは、このようにAゆむを次鋒で使える贅沢なチーム編成ができますのでcatface 前二つが取れると本当に楽に後半戦を迎えられますhappy01 

 

 中堅戦、試合を決めてしまいたい場面で泉弥、しっかり背負投げで1本勝ちshine 3兄妹では7回目となる日本武道館ですが、キレイに立ち背負いで勝ってきたのは今回が初めてかも知れません。これでチームの勝利も決まりとりあえず安心しましたhappy01 

 

 そして副将戦。H翔も5年生ながら本当に堂々とした試合運びで良かったですgood ケンカ四つで、得意の大外刈りには入りにくそうでしたが、逆技の支え釣り込み足で1本勝ちshine よく前に出て攻めていましたし、いつも通りの試合展開を見せてくれて、お父さん・お母さんの安心した様子が印象的でしたcatface それにしてもH翔は、本当に受けが強くなりましたし試合でもしっかり攻める柔道が出来るようになってきており、本当に頼もしい重量級選手に成長してくれましたhappy02

 

 こうして4-0で迎えた大将戦。久しぶりに勝敗の決した楽な場面でK人に大将戦を迎えさせてあげることができましたhappy01 今年の丸岡チームは、良くも悪くも接戦が多く、大事な試合では常に大将勝負という厳しい展開でK人に回ってきてしまいかわいそうだったのですが、この日は比較的余裕を持って試合に臨めたのではないかと思います。試合は、K人が積極的に攻め込む展開で、大外刈りで何度か決めれる場面がありました。あそこはしっかり決めて5-0で行きたかったのですが、残念ながら決め切れずに引き分けcoldsweats01 せっかく、久しぶりの勝敗が決まった場面でしたので、返されてもいいので思い切って勝負してきてほしかったのですがcoldsweats01 内容はガンガン攻めていて良い内容だったと思いました。

 

 

 そして次の2回戦が21試合目coldsweats01 結構間が空きました。2回戦は兵庫県の強豪・広畑道場さんとの試合でした。・・・・ですが、本文も長くなってきましたし、2回戦の様子も詳しく書きたいので、いったんここで休憩することにしますcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年8月 5日 (月)

平成25年度全日本少年武道練成大会

 平成25年8月4日(日)、今年もやってきましたcatface 全日本少年武道練成大会sign03 柔道の聖地、日本武道館sign03 

 

 丸岡スポ少は今年も低・高学年2チームと、基本練成に参加する選手、15名が遠征を行ないましたwink 毎年毎年思うことですが、このような柔道家全てが憧れる場所、日本武道館という凄い舞台の畳の上に立てる子供たちは本当に幸せ者ですねlovely 

 

 まずは今回の遠征に際し、ご協力下さった全ての皆様に厚くお礼を申し上げます。このような遠征で子供たちに貴重な経験をっせていただき、また、事故等もなく無事に終えることができましたのは、偏にご協力下さった保護者の皆様、保護者会の役員さん、監督・コーチの皆様をはじめとし、ご協力くださった皆様のお陰であることは言うまでもありません。子供たちは本当に感謝の気持ちを持って、武道の聖地で力を出し切happy01 ってきてくれたと思っています。さて、それでは今回から数回にわたり、東京遠征の子供たちの様子を書いていきたいと思いますhappy01

 

 

 まずは土曜日の夜、今年はいつもお世話になっている柔整会さんのマイクロバスをお借りして夜の8時半に丸岡を出発。やっぱり遠征でのバスの旅は子供たちにとって楽しいものですcoldsweats01 毎回のことですがワイワイと遠足が始まりなかなか眠ってくれませんsweat01 明日は試合だし、しかも大事な日本武道館での試合なんだからしっかり休養をとってベストコンディションで試合に臨んでもらいたいのですが・・・・coldsweats01 しかし、さすがに12時を回った頃には全員がようやく就寝。バス自体も順調に東京へ近づき、2時半過ぎには東京へ到着しましたgood 武道館近くのコンビニで朝食用のおにぎりなどを買い込み、しばらくは仮眠を取りました。すると突然sign02 バスの後ろのほうから大きな叫び声が・・・・coldsweats02

 

 「いいよ~、い~いよぉsign01

 

 K拓の声らしい。K拓よ、一体何がいいのか?教えてくれcoldsweats01 気になって寝れないじゃないかsmile 翌日皆さんと検証した結果、おそらくはかくれんぼをしている夢を見ていて、鬼に「もういいよ」と言っても探してきてくれないので、このように叫んだのではないか・・・という結論にいたりましたcatface

 

 さて、朝も6時を過ぎると全国から大勢のチームが終結しており、いよいよ来たんだなぁという実感が湧きましたhappy01 毎年恒例となった靖国神社への必勝祈願も滞りなく済ませ、開場後は、いつもお世話になっている川口道場さんの保護者の皆さんと一緒に席も確保できました。

 

 まずは開会式。毎回感動する照明の点灯で幕を開け、各チームののぼり旗が一斉に入場行進をする姿は、何回見ても壮大で感動しますねgood 丸岡の旗が若干低かったのが気になりましたcoldsweats01 続いて県営富山武道館主将の素晴らしい選手宣誓を聞き、いよいよ基本練成がはじまりました。

 

 今年は、今年の全日本体重別-60kgで優勝した川端選手、女子中量級選手として世界選手権なども経験されている宇高菜絵選手ら4人が来てくださってそれぞれの得意技の解説をしてくれました。宇高選手は大外刈り、川端選手は背負投げ、川上選手が小外刈り、そして石川選手が内股を解説してくださってました。4人の打ち込みと投げ込みを見せてもらいましたが、当たり前かもしれませんがキレイshine 体の軸がまっすぐしており、相手をしっかり崩して投げています。技のポイントも色々説明してくれていましたが、果たして丸岡の選手たちはしっかり聞いていたのかどうか・・・coldsweats01 

 

 基本練成の最後は元立ちで締めくくりました。基本練成には、丸岡からはH夢、E蔵、S真、M弥、K奈の5人が参加しましたhappy01 日本武道館の畳の上に立ち、天井が高く、スポットがキレイに当たっている場所で、全日本のトップ選手の技と解説を間近で見て、そして乱取り稽古ができるのですから、それだけで本当に貴重な経験をすることが出来たと思いますgood 今回基本練成に参加した5人の選手たちは、おそらくは来年は選手としてこの畳の上にあがる選手達です。今回の経験があれば、少しは来年緊張も少なくなるはずですwink

 

 

 それでは次回は、いよいよ高学年・低学年の試合の様子を振り返りたいと思いますhappy01 

 

 遠征に参加した先生、保護者、そして選手の皆さん、本当にお疲れ様でしたhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »