« 丸岡武道館での合同練習 | トップページ | 第33回北信越ブロック少年団交流大会 »

2013年7月19日 (金)

石川県練成大会

 話は前後しましたが、前回の丸岡武道館での合同練習の前日、石川県立武道館で練成大会が行われました。今大会、本当に見に行きたかったですし、組み合わせが良ければマルちゃん杯で2-3と悔しい思いをした窪田さんとの再戦もあるかも・・・smile と思っていたので、見に行けずに本当に残念でしたcrying その日の夜、ビデオをゆっくり見ましたので、その感想を少し書きたいと思いますhappy01

 

 今大会は、4・5・5・6・6年の5人制団体戦で争われましたが、丸岡からはA・B2チームが出場しました。Bチームに関しては、2試合ビデオに映っていましたが、イマイチ覇気が伝わってこない試合だったように感じましたthink Bチームとはいえ、丸岡の代表としてメンバーに選ばれ試合に出場している訳ですし、実力的にもAチームとそれほど差がある訳でもありません。もっと自信を持って堂々と丸岡柔道を行ってほしいと感じました。ただ、その中でもE蔵の大外刈りでの1本勝ちは良い試合だったと嬉しく思いましたgood 

 

 そして次にAチームですが、こちらも初戦で運が良いのか悪いのか・・・coldsweats01 長野県の強豪・開示塾さんと対戦となり、あっさり0-5でストレート負けcoldsweats01 いやぁ、ビデオで見ていても強かったですねぇlovely ここまで手も足も出ないとどうにもなりません。窪田さんとの再戦はなりませんでしたが、このような素晴らしい強豪チームと対戦させていただけたのは良かったと思いますhappy01 泉弥も帰って来てから試合の話をしてくれましたが、

 

 「いやぁ、大将はやっぱりどのチームも強いわshock 開示塾の大将のN村って選手、あれはヤバいわcoldsweats01

 

 との感想でcoldsweats01 泉弥は今回、大将というポジションを初めて経験し、いろいろなことを学んだことと思います。最終的に敗れた3部トーナメント準決勝の北陸綜警さんとの試合、泉弥の試合で勝敗が決まるという重大な場面。もっと勝ちにこだわった試合を見せてほしかった。丸岡らしい柔道で・・・という条件付きですが。

 

 話を戻して、最初のトーナメントで敗れて3部トーナメントに回ったAチームですが、ここから快進撃が続いていました。対戦相手のチーム名がビデオではイマイチよく分からずcoldsweats01 残念でしたが、3部のトーナメントを勝ち上がり、準決勝まで進みました。その間の試合を見ましたが、ヒーローは何と言ってもH翔ですねshine カッコいい試合ばかりで本当にチームを救っていましたwink ここ数試合のH翔、本当に頼れる選手に成長してくれましたgood そしてもう一つ感じたことは、今年のチームはやはり先鋒になることが多いM衣がカギを握るチームだなぁと感じました。チームの勝敗は、そのまま先鋒・M衣の勝敗でガラリと変わってしまうチーム構成だと思いました。そういうカギとなる選手だという自覚は持ってもらいたいですねwink

 

 いよいよ月末・来月頭は新潟遠征に東京遠征と遠征が続きますsign01 大切な遠征ですし、子供たちはこういう遠征に出場できることに感謝をしなければなりません。柔道ではよく「礼儀」ということを言いますが、遠征に参加させてもらえる以上は、保護者会の皆さんや先生方、協力して下さるすべての方々、そして仲間たちへの感謝の気持ちを忘れず、遠征試合で自分たちの力が出し切れるよう日々の練習に一生懸命取り組むのが、そういう方々への「礼儀」です。もう遠征までそうたくさんの練習期間はありませんが、残りの練習でそういう礼儀を持った練習を行って、大会では悔いの残らない試合を見せてきてほしいと思いますhappy01

 

 

|
|

« 丸岡武道館での合同練習 | トップページ | 第33回北信越ブロック少年団交流大会 »

丸岡スポ少柔道日記」カテゴリの記事

コメント

優勝した開示塾さんとの初戦、芽衣以外はあっさり過ぎました。特に副将Aが・・・
もう少し食らいつけるはずです。アップから集中して試合に臨んで欲しいですね。
Bチームは試合に臨む姿勢ではありませんでしたannoy
高学年の団体戦でありながら幼児並みの集中力・団結力・統率力の無さ。皆無でしたangry
普段の練習態度がそのまま出ました。
我々指導者も考えなければいけませんねcoldsweats02

p.s. 泉弥。開示塾の大将はK林ですよ。とても強いですから覚えておきましょう。歩もボコボコにやられますからcrying

投稿: クリリン会長 | 2013年7月19日 (金) 18時11分

クリリン会長、ありがとうございます。

ビデオからではBチームの生の覇気が分かりませんでしたが、試合を見ていて「もっとやれるのになぁshock」という思いはありました。確かに集中力や団結力、闘争心という面は感じられませんでした。試合では練習で行ってきたことしか出ませんもんね。
一方Aチームですが、取って・取られての良い試合はありましたが、準決勝を勝ちきれる強さがこれからの課題だと思いました。

投稿: 柔道3兄妹の父、裕 | 2013年7月21日 (日) 10時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/52478332

この記事へのトラックバック一覧です: 石川県練成大会:

« 丸岡武道館での合同練習 | トップページ | 第33回北信越ブロック少年団交流大会 »