« 第54回北信越高等学校柔道大会 | トップページ | 逃げるな!下がるな!前出ていけ! »

2013年7月 3日 (水)

ここ最近は・・・

 気が付けばもう7月・・・coldsweats02  6月の1ヶ月はブログの更新がなかなかできていませんでしたがcrying この間、実は慣れない月~金・9時~5時の仕事をしておりcoldsweats01 言い訳になりますが日中の休みがなくてブログ更新が出来ていませんでした。

 

 7月からは通常の(sign02) 不規則勤務になりますので、平日の暇な休みを利用してまた今まで通りブログを更新していきたいと思っております。

 

 さて、この6月の1ヶ月は、救急救命士として実際に業務にあたる前に、協議会で定められている「救急救命士就業前研修」という研修をある病院で行っていました。具体的に何をしていたかというと、普段救急車で病院へ搬送する側とは逆の立場となり、その病院の救急室に入り医師や看護師といった医療スタッフとともに、実際に救急車で搬送されてくる患者さん、救急外来にやってくる患者さんの処置や検査のお手伝いをしながら、医療現場ではどういうことが行われているか、病院側は救急救命士の自分たちに何を求めているのかを学ぶ機会をいただける・・・といった研修でした。

 

 実際に病院へやってくる患者さんへの対応は、言うまでもありませんが責任重大です。また、患者さん側から見れば医師や看護師も救急救命士も区別はありません。同じ医療スタッフです。そういうある意味「聖域」といった場所で働くというのは、場違いな感じもしましたし、精神的にかなり疲労しましたcoldsweats01 やはり医療の現場で働く方々は凄いです。

 

 注射1本も僕が刺せば傷害罪ですが、それを救急救命士法という法律で、心肺停止傷病者のみ、医師の指示を得てという条件付きで特例を認められた身分になりました。体の中に薬を入れれば殺人罪です。これも同じように特例で認められる身分になりました。重い責任と使命が課せられました。正直、辛いです。

 

 しかし、自分は救急車での救急隊員としての活動に変わりはないというスタンスです。心肺停止の傷病者の命を救うのは、実はそういう高度なことではないということです。本当にそういう傷病者を救うことが出来るのは、皆さんも一度は習っているであろう心臓マッサージ、そしてAED。救急隊の最大の武器でもあります。

 

 皆さんも、機会があれば是非、心肺蘇生法などの救急講習会に参加して、救急隊と同じレベルの武器を手に入れて、万が一に備えて下さい。

|
|

« 第54回北信越高等学校柔道大会 | トップページ | 逃げるな!下がるな!前出ていけ! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/52298324

この記事へのトラックバック一覧です: ここ最近は・・・:

« 第54回北信越高等学校柔道大会 | トップページ | 逃げるな!下がるな!前出ていけ! »