« 柔道はスポーツ?武道? | トップページ | いよいよ初遠征! »

2013年5月23日 (木)

考察!背負投げ

 今回のテーマは背負投げ。難易度が非常に高いにも関わらず、初心者にまず教えるべきとされるこの技について、今回自分なりに少し考えてみたいと思いますcoldsweats01 

 

 背負投げは、もう言わずと知れた柔道の代表的な投技の一つです。決技の中では、手技に分類されています。自分も柔道を始めた頃、まず最初に練習を始めた技です。しかし実際、試合で使った記憶はほとんどなくcoldsweats01 どちらかといと、1本背負投げや釣り込み腰の方を多用していました。もちろん理由は簡単sign01 背負投げは返されやすいからsign03coldsweats01

 

 さて、この背負投げですが、釣り手や引き手の使い方が特殊で非常に難しく、それゆえに覚え方を間違ってしまうとなかなか戻すのに苦労する技だと思います。近年、立ってしっかり投げる背負投げを見ることが少なくなり、膝をついての投げや体ごとローリングさせての投げが主流となってきています。これも釣り手・引き手の使い方の難しさゆえ、そして返されやすい技であるがゆえと考えます。釣り手・引き手の使い方が特殊で難しい上に、その釣り手・引き手が効かなければ全く掛からない。これはどの技も同じですが、崩しは非常に重要ですし、最後の決めにつなげるまで、釣り手と引き手は非常に重要です。それゆえに、釣り手と引き手の使い方を学ぶ上で、背負投げはもってこいの技であると言えます。これが初心者にまず学ばせるべき技として背負投げが挙げられる理由なのかもしれません。

 

 古賀先生のあの豪快な高い背負投げ、相手が背中でバタバタ暴れようが関係ありませんlovely そして野村選手や井上康生氏のような低い姿勢から伸び上がるように豪快に決める背負投げ、本当に憧れの背負投げですlovely しかし、あのような背負投げを掛けることはかなりの難易度があり、かなりの修練を必要とすることは言うまでもありません。しっかりとした崩し、作り、決め、腕力、体幹の力、強靭な足腰、そして勇気と、まさに心技体すべてが充実していないと掛かるものではありません。それゆえ、柔道を習い始めた小学生・中学生に、こういった理想の立技を習得させるには、信念を持って粘り強く指導する必要があると思います。一朝一夕に美しい背負投げの掛け方が身につくはずもなく、その過程で掛けやすく返されにくい技になっていくのは、残念ではありますが至極当然の過程だと思います。

 

 しかも、背負投げというのは相手に背を向けて掛けに行く技。怖さもあるし、勇気のいる技であります。心の成長、精神力の練成がなされていなければ、中途半端な技の入りになり、返しのカモにされます。子供たちの背負投げを見ていても、体の回転が中途半端で返されるシーンはよく見かけます。怖くて掛けれない・・・そんな子もいます。難しい技ですから、なかなか形にならない子もいます。当然だと僕は思います。でもsign03 

 

 

 出来るようになって決まった時の快感は、他のどの技よりもたまらないcatface

 

 そんな魅力的な技でもありますよねhappy02 

 

 

 釣り手の使い方、手の巻き込み方、引き手の使い方、そして相手上半身のキメ方、腰の高さ、重心の落とし方、膝のバネ、足の位置に形、そしてバランス、投げ方に決め方・・・・ポイントを挙げだしたらキリがないくらい難しい技ですし、返される危険を多くはらんだ勇気のいる技。いろいろな選手が基本を学びつつそれぞれのオリジナルな入り方を研究し極めて行こうとする・・・。それが背負投げだと思いますconfident 小学生の子供達は、この非常に難易度が高く心が試される勇気のいる技に果敢に挑戦し、そして日々の努力で信じられないぐらいの上達をしていますshine 僕の中学生の頃の背負投げなんかより、今のM衣やH夢、泉弥の背負投げの方がはるかに上手いですcoldsweats01 D地やK拓、Y希の背負いにも負けますね、たぶん・・・coldsweats01 悔しいですが・・・crying 

 

 丸岡スポ少においては、それ+片膝厳禁ですし、ローリングやぶら下がって潰れて投げる背負いも厳禁です。ただでさえ難易度が高い技に更にハードルが高くなり、立って投げ切る高背負いということで、子供たちは本当に頑張っていると思います。しかしそのおかげで、丸岡の背負い使いはみんな本当にカッコいい背負投げをしますし、決まった時の快感は言葉で表せないぐらいのものでしょうhappy02 そしてそういう背負投げをご指導くださるお陰で、釣り手や引き手の使い方の上達が格段に早く、キレイな技ですしそしてまだまだ伸びる技に仕上がってくるのだと思いますgood 

 

 自分が中学時代に出来なくて、諦めて、掛けやすく返されにくい背負いに走ってしまった苦い経験もありshock 丸岡の子供達には是非ともその難しいことに挑戦していってもらい、みんなが憧れるような背負投げで会場を湧かせるような選手、背負い使いになってもらいたいと思いますgood

 

|
|

« 柔道はスポーツ?武道? | トップページ | いよいよ初遠征! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

決まった時の快感heart04
優弥はよく、膝をついて逃げる相手を、無理やり引っ張り上げて背負ってましたねcoldsweats01 しかもドヤ顔でcoldsweats02
でも、それだけ気持ち良い技なんですよね。
スポ少の子供達も、あれくらい自分の技にこだわりを持って欲しいですねsign01

投稿: クリリン会長 | 2013年5月23日 (木) 17時24分

クリリン会長、コメントありがとうございます。
どの技でも同じなのでしょうが、自分自身がこだわりを持って作り上げた技で1本を決めるというのは、本当に何とも言えない快感ですよねheart04 特に背負投げは、見た目も豪快ですし、カッコいい技だと僕は思うので、格別な快感があると思っています。
優弥も小学生時代のあの、何が何でも背負投げというこだわりと、それを立って投げ切る意識があったからこそ、高校生になった今でも通用する得意技になっていったのだと思います。

今のスポ少の子供たちが、いま自分が練習している技にどれだけのこだわりを持っているか・・・というと少々不安に感じることもありますcoldsweats01 せっかく自分が汗を流して練習している技です。もっと自分の技を好きになって、自信を持ってほしいです。是非とも生涯を通して「得意技」「必殺技」と呼ぶに相応しい技の基礎を作ってもらいたいですhappy01

そういえば昔、敦賀のY先生がおっしゃってましたね。

「相手が分かっていても、それでも決めるのが得意技」

名言ですwink

投稿: 柔道3兄妹の父、裕 | 2013年5月24日 (金) 15時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/51665041

この記事へのトラックバック一覧です: 考察!背負投げ:

« 柔道はスポーツ?武道? | トップページ | いよいよ初遠征! »