« 結果報告 | トップページ | 4月3日の練習 »

2013年4月10日 (水)

第9回児玉杯争奪少年柔道大会

 平成25年4月7日(日)、越前市武道館において「第9回児玉杯争奪少年柔道大会」が開催され、丸岡スポ少も高学年の部2チーム、低学年の部2チームが出場させていただきましたhappy01 今大会は、日頃からよくお世話になっている越前市柔道連盟さんが主催となり開催される大会で、今年も総勢48チームが参加して高学年(5年・6年・6年)の部、低学年の部(2年・3年・4年)に分かれて3人制団体戦が行なわれました。丸岡の出場選手は変更がなければ以下のとおりでした。

 

 【高学年A】

 先鋒  H翔   中堅  泉弥   大将  Aゆむ

 

 【高学年B】

 先鋒  H夢   中堅  Y成   大将  K人

 

 【低学年A】

 先鋒  M弥   中堅  S之介   大将  R晴

 

 【低学年B】

 先鋒  K生   中堅  D地   大将  M衣

 

 

 

 当日、仕事のため大会に参加できなかった3兄妹の父crying 翌日の月曜日に、ビデオにて試合を観戦しました。高学年Aチームの全試合、低学年Aチームの決勝トーナメント1回戦が映っていましたので、その感想を書きたいと思います。

 

 まずは高学年Aチームの予選リーグですが、Gゾーンということで南越前Aさんと鯖江市スポ少さんと同じリーグに入っていました。初戦は南越前さん。あまり対戦機会がないチームさんで楽しみに見ましたhappy01 先鋒・H翔が袈裟固めで1本勝ち。中堅・泉弥も縦四方固め→上四方固めで1本勝ち。大将・Aゆむも袈裟固めで1本勝ちと、3人続けて寝技での1本勝ちという丸岡としては最近強化している勝ち方でまずは初戦を取ることができましたshine 

 

 続いて鯖江市さんとの試合。先鋒・H翔が再び袈裟固めで1本勝ち。中堅・泉弥が背負投げで1本勝ち。最後も大将Aゆむが立技で有効と技あり、そのまま抑え込んで寝技で技あり、合わせ技で1本勝ちということで、こちらの対戦も3-0で決め決勝トーナメント進出を決めていましたgood 順調な勝ち上がりだと思いましたhappy01 

 

 しかしここからが強敵揃いで大変な決勝トーナメント戦sweat01 初戦はなんとsign02 同地区でいつも切磋琢磨しお互いを高めあう強敵(トモ)の川口道場Aさんsign01 大会での団体戦対決は久しぶりのことかも知れませんhappy01 同じスタイルでガンガン1本柔道を目指すチーム同士、ビデオを見ながら燃えるモノがありましたimpact 川口道場Aさんは、中堅が学年落ちながらトーナメントに進出してきた強いチームですthink また、学年落ちとはいえこの新5年生の学年は、川口道場さんは人数も実力も充実している学年ですので、気の抜けない1戦だと思いながら見ていましたthink 

 

 まずは先鋒戦。やはりその充実した5年生の中でも小柄ながら力強い柔道を行なうA選手の強さが光りました。体格はうちのH翔の方がかなり有利な状況でしたが、動きの良さと組み手の速さで本来のH翔の柔道は封じられていましたshock 中盤にA選手の背負投げを喰らい有効を奪われました。その後もその背負いで何度か危ないシーンが続きましたが何とか凌いでそのまま優勢負けcrying 確かに厳しい戦いでしたが、僕はH翔は本当に成長したし強くなったと逆に感じました。以前に比べ格段に粘りが出てきましたし、体も柔らかく守備力は付いてきたと思います。気持ちの面でもずいぶん成長していると感じます。今年1年も楽しみな選手ですhappy01 

 

 次は相手が学年落ちで何としても取り返したい中堅戦。泉弥が燕返しのような形で1本勝ちgood 最近特に意識して多用している足払い。相手が後ろに下がりながら出した足払いに、合わせて泉弥が出した足払いが偶然燕返しのような形になって決まった感じです。次の日の泉弥談・・・

 

 「パパ、昨日の試合のビデオ見た?決勝トーナメントで足払いで1本取ったんやけど、あれは凄かったわ~catface 相手がおなかまで飛んだんやってぇcatface 気持ち良かった~smile

 

 鼻の下を思い切り伸ばして自画自賛coldsweats01 確かに足払いはきれいに決まると気持ちいい技ですから、泉弥としてもかなり気持ち良かったのでしょうcoldsweats01 

 

 話はそれましたが1-1となって大将戦、ここはAゆむがポイントゲッターとして小外刈りで1本を奪い勝利を決めてくれましたshine 2-1と接戦でしたが、何とか同地区対決に勝利することができて次の準決勝へ進むことができました。

 

 

 そして準決勝では金井学園ジュニアBチームさんとの対戦でした。Bチームとはいえかなりの強敵sweat01 しかも準決勝まで勝ちあがってくるチームですから楽な対戦なんてありませんthink 先鋒戦、ここもH翔が粘りを見せてくれていい試合でしたが、終盤の組み際sign02 ここがもったいなかったshock ビデオでもはっきり分かるぐらい、終盤で待ての次の組み際にH翔が気が抜けた状態で安易に組みに行きました。そこを狙われ組み際に背負投げを喰らって有効を奪われました。ほんの一瞬の出来事でしたshock これはもったいない。せっかくいい試合をしていて強豪相手に互角の戦いをしていたのに、一瞬気の抜けたところを狙われ敗戦。団体戦ですからこの一瞬がチームの勝敗を決めることだってあるわけですからthink 今大会、全般的によく頑張っていい試合を見せるようになったH翔、これからこういう場面での成長も期待したいですhappy01 

 

 続く中堅・泉弥も大苦戦sweat02 寝技で決め切るところを逃がしてしまい、ポイントが奪えないまま試合終了。。。何とか指導2を奪い優勢勝ちでしたが、試合内容はとても合格点をだせる内容ではなかったですthink 

 

 1-1で勝負の大将戦。あいても強敵ですが、ここもAゆむにチームが救われましたhappy01 さすがは新チームの主将でチームのポイントゲッターです。気合いでこの強敵との一戦を抑え込みで勝利し見事に決勝進出を決めてくれましたshine

 

 いよいよ決勝戦はその金井学園ジュニアのAチームさんとの対戦。0-3とストレート負けshock 内容・結果とも完敗ということで、ビデオを見ていてやはり力の差を感じましたthink 今年は丸岡らしい熱い柔道を更に展開しつつ、金井学園さんのような強いチームに勝てる力を付けていくのが目標となります。決勝戦は見ていて悔しい試合ばかりでしたが、この悔しさをバネにして子供たちには更に頑張ってもらいたいと思いました。

 

 

 さて、今大会はこのように高学年Aチームが2位、低学年Aチームが決勝トーナメント1回戦敗退という結果でした。ここで一つ感じたこと。今大会の全体の成績を見ると一目瞭然なのですが、強豪チームというのは、例えば金井学園さんであれば高学年Aチームが優勝というだけでなく、Bチームも3位入賞。低学年の部でも3位入賞されています。川口道場さんも然り。このように多くチームを編成してもその多くのチームが各部門で上位入賞されており、これはつまりチーム全体として強いという事であります。丸岡は高学年Aが入賞したものの他の3チームは入賞には届きませんでした。丸岡の今年のもう一つの課題として、このレギュラー組とその座を狙う組の実力差の解消が挙げられると思いましたthink チーム力の強化ということになると思います。どの子にもレギュラーになる力を付けてもらい、先生がチーム編成を悩むぐらいが理想なのだと感じました。今年はそういうところも気にしながら丸岡の練習を楽しみにしたいと思いました。

 

 最後になりましたが、今大会を主催してくださった越前市柔道連盟ならびに関係者の皆様、大会に参加させていただき本当にありがとうございました。子供たちの熱い試合がビデオ越しですが見れて嬉しかったです。

|
|

« 結果報告 | トップページ | 4月3日の練習 »

丸岡スポ少柔道日記」カテゴリの記事

コメント

今回は完敗でしたcrying
泉弥ちゃんにやられましたね。

でも、先鋒の試合は燃えました。

自分もビデオ観戦組みでしたが、ビデオ越しでも気迫が伝わってくるようでした。
H翔君強くなって来てますね!!
もともと、真面目に練習するタイプだっただけに、急成長振りが感じ取られました。
やはり丸岡さんとの戦いは本当に面白いですね。
次の試合ではリベンジさせていただきます!!
泉弥ちゃんにも覚悟しておくよう言っておいてください!!

投稿: 赤ペン | 2013年4月10日 (水) 15時52分

赤ペン先生、コメントありがとうございますhappy01 
自分もH翔とA谷選手の試合はビデオ越しですが燃えましたhappy02 体格が小さいながらも、がっちり組んでガンガン前に出て技を繰り出してくるA谷選手の怒涛の攻めは、H翔にとっては苦しかったでしょうしとてもいい経験をしたことでしょうhappy01 この経験を通じこれからますます強くなってくれると思っていますgood

泉弥と対戦させていただいたM広選手、これまで何度も試合を見ていますが、こちらも気迫と気力溢れる川口さんらしい柔道を行う選手という印象が強く実力は十分知っていましたので、学年落ちでしたが決して気の抜けない試合だと思っていました。

もちろん泉弥には勝って兜の尾を締めるよう十分伝えておきますscissors

こうしてお互いが良き友であり良きライバルであり続けることはとても嬉しいことですし、見ているこちら側からするとワクワクしてきますhappy02 また次回も川口道場さんと丸岡の熱い戦いを期待していますwink 

次も負けませんよgood

投稿: 柔道3兄妹の父、裕 | 2013年4月10日 (水) 17時01分

今回は惜しくも銀メダルでしたが選手達は頑張ったと思います。happy01次はk井学園さんに勝てるよう丸岡柔道はこれからも頑張って行きたいです。ribbon

投稿: | 2013年5月11日 (土) 20時45分

力強いコメントありがとうございますhappy01
頑張った成果は必ず現れると信じています。自分を信じ、仲間を信じ、先生を信じて楽しく厳しく柔道に向き合ってください。

投稿: 柔道3兄妹の父、裕 | 2013年5月13日 (月) 10時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/51155621

この記事へのトラックバック一覧です: 第9回児玉杯争奪少年柔道大会:

« 結果報告 | トップページ | 4月3日の練習 »