« 団内大会を振り返り | トップページ | 春は別れと出会いの季節・・・ »

2013年3月30日 (土)

卒団する6年生

 今年、丸岡柔道スポーツ少年団を卒団する6年生は2人。T海とK太郎。水曜日には卒団する2人の壮行を兼ねた団内大会を行い、今日はその6年生2人を送る会が行われていることでしょうwink 2人にとって本当にこれがスポ少最後の行事になるでしょうから、最後に楽しい思いで作りをしてもらいたいものですwink 

 

 自分は今年1年、自身の仕事の都合ではありましたが、最初の半年は練習に顔を出すことが全く出来ず、そして最後の送る会も仕事のため参加できないcrying 今年度、最後の1年となった6年生2人の試合はほとんど見ることが出来ず、少し残念な気持ちです。でも2人とも小さい時からいろんな大会や遠征、行事を一緒に行ってくることが出来て、自分も思い出がたくさんあります。

 

 また、この2人は、スポ少最後の1年でかなりの成長を遂げていることはすぐにわかりましたwink 福井に帰ってきてから、何度か練習で乱取り稽古などをしましたが、2人とも恐るべき成長度だと感じましたhappy01

 

 もともと柔道センスはピカイチでしたが、それに粘り強さと試合運びの上手さが加わり頼りになる主将に成長してくれたT海。T海の柔道を見ていて、冷静で頭の良い試合運びをするなぁといつも感心していましたhappy01 T海は中学校へ入ってからも柔道を続けていくことと思います。その冷静でクレバーな柔道に、中学校では少しだけ荒々しさを身に付けてくれると、きっと良い柔道家になるのではと期待していますhappy02 今年は丸岡中学校柔道部も小学校からの経験者が多く揃い、久々ににぎやかな部になることと思いますlovely 是非、1年生からレギュラー争いに加わり丸岡スポ少出身の意地を見たいものです。

 

 そしてその主将を支え頑張ってきたK太郎。T海とは逆にイケイケの柔道が魅力の選手でした。K太郎もパワーが付き柔道が良くなってきました。技に入るときの威力や勢いは本当に良いモノがありましたから、次はその技で最後まで投げ切る意識がでてくるとどんどん技が掛かるようになってくると思いますhappy01 もともと体格に非常に恵まれた選手ですから。K太郎も中学校では柔道を続けていくのだろうと思います。T海と同様に1年生からレギュラーを獲る気持ちで頑張ってもらいたいと思います。

 

 2人の中学生になってからの活躍、本当に期待していますgood いつまでも見ている者からカッコいいと言われる、そして柔道を行っている自分自身が楽しいと感じる柔道を続けて行ってもらいたいと思います。

 

 卒団、おめでとうsign03

|
|

« 団内大会を振り返り | トップページ | 春は別れと出会いの季節・・・ »

丸岡スポ少柔道日記」カテゴリの記事

コメント

卒団おめでとうございます。
本当にこの二人は急成長していますね。
豪快な丸岡柔道をいつまでも追い求めてください。
そして中学になってからもみんなと仲良く力を付けて行ってください。
川口道場の3人にも気合を入れておきます!!

投稿: 赤ペン | 2013年4月 1日 (月) 13時10分

二人ともこれからが勝負です。
背は伸びてきましたから、あとは飯食って練習して勉強するだけ。
中学・高校での活躍を楽しみにしています。

投稿: クリリン会長 | 2013年4月 2日 (火) 09時59分

赤ペン先生、ありがとうございますhappy01
今年丸岡スポ少を卒団する2人と川口道場さんの6年生達の何人かは、中学で同じ部に所属することになりますね(^^)
同じ丸岡地区で柔道を学んできた選手同士が集まり、中学では活気ある部になりそうですねgood 中学では、お互い頼もしい仲間でありライバルでもありますから、仲良く楽しく、そして激しい柔道を期待したいです(^^)
彼らの成長が、今から楽しみですねlovely

投稿: 柔道3兄妹の父、裕 | 2013年4月 2日 (火) 11時59分

クリリン会長、ありがとうございますhappy01
やっぱり二人とも、もう少し横に大きくなってもらいたい気がしますね^^;
ただ、丸中には待望の重量級選手が来てくれるsign02coldsweats01 予定ですから、楽しみですね(^^)

投稿: 柔道3兄妹の父、裕 | 2013年4月 2日 (火) 12時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/51024627

この記事へのトラックバック一覧です: 卒団する6年生:

« 団内大会を振り返り | トップページ | 春は別れと出会いの季節・・・ »