« 全国大会予選を見て(団体戦) | トップページ | 第5回団内柔道王決定戦 »

2013年3月23日 (土)

全国大会予選を見て(個人戦)

 さて、それでは今回は全国大会予選の個人戦の様子について少し書きますhappy01 結果から書くと、出場した全選手が厳しい結果となりましたshock

 

 3・4年生の部にはH翔、H夢、R晴の3人が出場しましたが、H翔は初戦敗退。投げられることはありませんでしたが、手数と上手さで相手が上回り僅差判定負けshock これから1年、H翔はうちの5年生の代表として取ってこなければならない試合を任される立場になるだろうと思いますthink 投げられない強さは出てきたと思いますので、これからはもっと自信を持って攻めて、しっかり取るところで取ってくるカッコいい選手に成長していってほしいと思いますwink 

 

 続いてH夢。O先生が思わずイラッannoyとくる試合だったようでcoldsweats01 僕が見たところ、背負い投げに入ったところを後ろに返されて1本負け・・・という試合でした。いつも試合では積極性があり、声も出て良い試合を行っているH夢ですが、今年はH翔と同じく5年生という高学年になりますので、対戦相手も強い選手ばかりになりますthink 良い試合・・・というだけではなく、厳しさとかシビアさといった部分を持った戦いも必要になってくる学年かも知れませんね。自分としても期待している5年生の選手の一人ですので、今年1年しっかり成長してもらおうと思いますhappy01 

 

 そして最後のR晴ですが、こちらは今度は監督がイラッannoyとくる内容だったらしくcoldsweats01 3・4年生混合の中で、3年生ながら3回戦まで進みましたが、その3回戦で体格のある選手との根競べに負けて優勢負けshock まあ、一言で感想を書くと「R晴らしくなかったかなぁ」という試合だったような気がしますthink この日のR晴は、団体戦も含め良い試合もあったのですが、全体的には迫力に欠ける試合だったのかもしれません。自分としては、先生も含めR晴には期待も大きく、余計に厳しい目で見てしまうのだと思いますが、やはりこれからずっと丸岡にはなくてはならないポイントゲッターの選手ですから、本当に頑張ってほしいと心から思います。そしてあの天然の明るいキャラは、是非なくさないで成長してもらいたいと思いますhappy01 R晴は本当に良いキャラで、早くもそんなR晴を兄と慕う低学年もいますbleah R晴の人徳ですから、そのまま強くなってもらいたいと思います。

 

 

 そして次は高学年。こちらも厳しい結果でcrying 今回の「死のゾーン」に入っていたAゆむは、初戦となる2回戦で強敵のM選手にまさか有効を奪われ優勢負けcoldsweats02 これには驚きました。厳しい戦いになることは分かっていましたが、Aゆむから大内刈りでポイントを奪うM選手、さすがは県を代表する女子選手だと思いました。それにしても凄い戦いでしたcoldsweats01 

 

 続いてK人・・・初戦は、今度は僕がイラッannoyとしましたよbleah 優しい性格なんだなぁ、K人はcatface 体格が小さく、後に引き気味の相手に対し、鬼の追い込みと一撃を加えられない状態が続き、逆に腰を引きながら前に出る試合展開でしたshock 何とか有効2で勝ちましたが、一歩間違えば自分が逆にやられる試合になりかねませんthink 試合を行う以上は、相手の名前や体格、実力で柔道を変えたりせず、常に力を出し切る精神力を持ってもらいたいと思う試合でした。続く2回戦では、その心の弱さが出たのか、久々に見るマグロで負けましたcrying 

 

 

 そして最後は泉弥。初戦の2回戦は僕がトイレに行っている間に1本勝ちcoldsweats01 何で勝ったのか見てなかったのですがsweat01、後で本人に聞いたら小内刈りで1本だったようです。そしていよいよ山場の2回戦、楽しみにしていた實心館のK選手との久々の対戦でしたwink 相手の方が何枚も上手なのはよく知っていますし、実力・実績共に数段上の選手との対戦ですから、とにかく思い切った楽しい試合を見せてもらいたかったのですが、その期待とおり熱戦でした。ドキドキしましたcoldsweats01 これだから子供の試合観戦はやめられませんcatface 僕が見た感想としては、格上の選手相手によく戦ってくれたと思いますが、やはりまだまだ何倍も実力が違うと思いましたthink 試合の結果は僅差判定で1-2という結果でしたが、その旗の数以上に実力差のあった試合だったと思います。見た目は好勝負に見えましたし、旗も割れる結果で惜しく映りますが、K選手もそうですし今回Aゆむに勝ったM選手もそうですが、とにかく本当に柔道の実力が泉弥とは格段に違います。今はまだ、体格で随分有利な泉弥ですからまだなんとか戦えていますが、柔道の実力は遥か雲の上に行ってますcoldsweats01 泉弥はいつも、こういった強い選手に囲まれて柔道が出来て幸せです。(親は正直嫌になりますが・・・coldsweats01)いつも同じ県の同じ女子選手に目標がいて、その選手たちに勝つことをモチベーションに柔道に取り組めます。これは親としては、本当は喜ばなければならないはずですが・・・それにしても実力が遥か上に行っている選手が同じ女子に多すぎますよねcoldsweats01 泉弥にとって今年1年が小学生最後の1年になります。ご愁傷様ではありますがbleah 少しでもこうした強い女子選手たちに近づけるよう、ますます頑張ってもらいたいと思いますgood 

 

 というわけで、丸岡は個人戦は散々な結果だったように思いますcrying 僕個人としては楽しい試合が見れて良かったという反面、本当に悔しくて疲れた大会観戦となりました。大会後は放心状態で仕事に向かいましたcoldsweats01 

 

 さあsign01 これで一つの大きな目標にしていた大会が終わりました。また次の目標に向かって、子供たちと一緒に頑張っていこうsign03

|
|

« 全国大会予選を見て(団体戦) | トップページ | 第5回団内柔道王決定戦 »

丸岡スポ少柔道日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/50861360

この記事へのトラックバック一覧です: 全国大会予選を見て(個人戦):

« 全国大会予選を見て(団体戦) | トップページ | 第5回団内柔道王決定戦 »