« ルール改正を見て思うことを。 | トップページ | 平成25年初稽古 »

2013年1月18日 (金)

心正しからざれば・・・

 幕末の剣士で、島田虎之助という人物がいます。島田は 男谷信友、大石進とならび「幕末の三剣士」と言われたそうです。その島田虎之助が残した名言、

 

 「其れ剣は心なり。心正しからざれば、剣又正しからず。すべからく剣を学ばんと欲する者は、まず心より学べ」

 

 というのがあります。島田虎之助が、かの新撰組・土方歳三に向かって一喝した言葉だそうです。

 

 当時、京都守護として警備を担当していた新撰組、ある時、命により大菩薩峠という場所で、甲源一刀流、清川八郎を乗せた駕籠を襲いました。この時の新撰組を率いていた責任者が土方歳三。しかし駕籠に乗っていたのは目的の清川ではなく島田虎之助。襲いかかった2名の新撰組員はあっという間に切り倒されました。土方歳三は、駕籠に乗っていたのが島田虎之助という大剣士だと気付き、しまったと叫びましたがその瞬間、島田に押さえつけられこのように言われました。

 

 「汝が主謀と見ゆる。心なくもこの島田に無益な殺生をさせた。貴様も部下をむざむざ犬死させてなんと言い訳するつもりか!この愚か者!!」

 

 そして続けてこう諭したというのです。

 

 「其れ剣は心なり。心正しからざれば、剣又正しからず。すべからく剣を学ばんと欲する者は、まず心より学べ。」

 

 一流剣士らしいエピソードです。あの有名な土方歳三を怒鳴り諭すというのですからさすがですねcoldsweats01 剣だけでなく何事も同じだと思います。何か事をなすときは、常に心を正しく行わなければならないものだというのを教えてくれているようです。

 

 柔道にも同じように、「精力善用」という教えがありますが、丸岡の子供たちも柔道を学ぶにあたり、島田虎之助の言葉と同じように、まずは「心」を学べる少年柔道家であってほしいと願いますhappy01

|
|

« ルール改正を見て思うことを。 | トップページ | 平成25年初稽古 »

偉人の名言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/48607948

この記事へのトラックバック一覧です: 心正しからざれば・・・:

« ルール改正を見て思うことを。 | トップページ | 平成25年初稽古 »