« 第17回醍醐敏郎杯少年柔道大会(1) | トップページ | 第17回醍醐杯(3) »

2012年11月27日 (火)

第17回醍醐杯(2)

 それでは先週日曜日に行われた醍醐杯の、丸岡スポ少の子供たちの奮闘記ですhappy01 今回の醍醐杯、中学女子以外の選手達は前日の土曜日朝に丸岡を出発。午後からは練習試合を行ないました。会場の松本市体育館に到着すると、すでにたくさんの選手たちがアップや練習試合を行なっていました。丸岡も早速アップを済ませ、練習試合に参加させていただきました。小・中学生とも4~5試合それぞれ行なうことができたようで、会場の雰囲気にもなれることが出来たようですし、良い練習になったと思いましたhappy01 練習試合の1試合目こそ、地元長野県の強豪・誠心館さん相手に、丸岡の低学年・高学年総掛かりで11試合行ないましたが1勝もできずwobbly 7敗4分。。。。。何より子供達の動きが異常に硬く、そして異常に元気がなく心配しましたが、2戦目以降は徐々に本来の動きに戻ってきて、練習をしておいて良かったと思いましたhappy01

 

 迎えた大会当日。なんと中学生男女が、揃って第1試合から登場sign01 あの迫力のある太鼓の音を聴いて、全会場一斉に試合開始する感動。その畳に立てる中学生男女は良い思い出になったことと思います。

 

 まずは女子ですが、初戦の相手の児玉中学校さんも一人落ちで中堅の玲菜から登場しました。玲菜の初戦、とても中学校で柔道部に所属していないとは思えない強い柔道で驚きました。さすがは小学生時代に丸岡スポ少で柔道を学んだ選手ですねhappy01 長いブランクがあるはずなのに、何であんなに上手くて力強い大内刈りが出せるのかsign02 大きな大会のオープニングゲーム、何であんなに緊張もなく落ち着いた試合ができるのかsign02 本当にたいした女の子です。見事な大内刈りで技あり、そのまま袈裟固めで合わせ技1本勝ちでしたshine 勢いに乗り、続く水紀も彼女らしい力強い柔道で相手を圧倒し優勢勝ち。組み手の厳しい争いを制して払腰で有効、こちらは柔道部の力を見せてくれたと思いますshine 女子はこの後の2回戦で、あの名門・帝京中学校Aと対戦sign01 2人とも、技を掛けられた時に自分から飛んで負けた試合でしたcoldsweats01 「怪我をしないように」というアドバイスをきっちり実践して見せてくれた素晴らしく素直な女の子達bleah さすがは玲菜と水紀ですねbleah ちなみに今大会の中学生女子の部は、もちろんこの帝京中学校Aさんが優勝されておりましたhappy01 

 

 続いて中学生男子ですが、こちらは3人で試合に臨みましたので、いきなり後がない状況からのスタートということでcoldsweats01 中堅で最初に登場した有輝は本当に緊張しただろうし、負けられないプレッシャーの中で戦っていたのだと思います。しかも対戦相手はBチームとはいえビッグネームですから、僕は正直に言って3人とも秒殺負けすら覚悟してました。しかし、内容は3試合とも熱戦で面白かったですgood 有輝は序盤から中盤にかけては一進一退の攻防で息を呑んで見守りましたが、終盤にフェイントつきの上手い大内に引っかかり技ありを奪われました。ラスト40秒ぐらい残っていたでしょうか、そこから捨て身で取り返しにいく有輝の柔道を見て、本気で団体戦を戦っているのが分かりました。3人だけのチームなのに、相手は強豪なのに、本気で勝ちに行っているのが分かりました。そのまま優勢負けで団体戦の勝敗は決まってしまいましたが、熱い試合でしたshine その有輝の気持ちが美希弥に伝わったのでしょう、続く副将戦、たぶん普通に試合をしていたら美希弥は負けていただろうな、というパワーありそうな選手との試合を、潰れながらも強引にもっていった背負投げで有効を奪い優勢勝ち。柔道の中身はいろいろ言いたいこともある内容でしたが、気持ちのこもった試合をしてくれていたので、今回はそれは良かったです。そして最後は大将の将がお互いに技を応酬しあう熱戦を制し、終盤に得意の大外刈りで1本を決めましたsign01 結果は2-3で初戦敗退という事で残念な結果に終わりましたが、こちらも出場した3選手が共に力を出し切りいい試合を見せてくれたと思いますgood それにしても美希弥が、「江東区立第三亀戸中学校」を、「えとうくりつ だいさん かめと ちゅうがっこう」と呼んでいたのには笑えましたcoldsweats01 しっかりしてくれsign01

 

 Photo
 一方小学生の部ですが、まず最初に登場したのは高学年チーム。第13試合場の4試合目に登場しました。対戦相手はいきなり強豪の一心館菅谷道場さん(茨城県)sign01 遠征に行ってもよく名前を耳にするチームさんですので、初戦から厳しい戦いが予想されましたが、丸岡としても最近成長して強くなってきているチームですので、内心は好勝負を期待していましたgood 試合前の「気合い入れていくぞ、おーsign03」の掛け声が遠い観客席まで聞こえてきたので、ちょっと期待をしましたsmile 

 

 Photo_2
 そしてまずは絶対に取らないといけない先鋒戦sign01 泉弥が崩して相手が潰れたところに、得意の寝技の形から縦四方固め、横四方固めに変化し1本勝ちshine まずは役割を果たしてくれて一安心confident 大舞台の先鋒戦で、練習している得意の形に持ち込めたのは良かったです。

 

 続いて次鋒の拓海も勢いを更につけて優勢勝ちshine ここ最近、拓海の柔道は実に動きが良くて成長を感じます。この試合も安心して見ていられました。

 

 続いて中堅戦は虎太郎。一進一退の互角の展開、いや、どちらかというと虎太郎が優勢な展開が続きました。何度も決めれるチャンスがあったのですが、道着を放してしまったりで決めきれず、結局引き分けとなりました。勝てるチャンスがたくさんあっただけに残念ですがshock 後日、自分なりに思った虎太郎の試合の感想を書きたいと思います。

 

 さて、そして2-0のまま迎えた副将戦。丸岡としては、怪我からの復帰後間もないとはいえ5年生ながらチームのポイントゲッターの歩ですから、ここでなんとか勝負をつけてしまいたい場面sign01 そのチームの期待を一心に受け、歩は熱戦をしてくれました。おそらくは、相手チームさんとしても副将・大将は自信の有る強い選手だったのでしょうthink 副将戦で歩と戦った選手も強い選手だと思いました。しかしチームの思いを込め、歩は引き分けに持ち込み、ここで丸岡の勝利が決まりましたhappy02 

 

 Photo_3
 勝敗は決まった後の大将戦、憲人は体格のある強い選手との対戦でしたが、チームみんなで繋いできた流れをしっかり生かし、開始からいきなり大外刈りで積極的に攻めにいったのは素晴らしかったshine 結果は1本負けでしたが、憲人もちゃんとこういう柔道ができるんだから、これからも丸岡スポ少の大将として自信を持って試合をしてもらいたいですね。

 

 それにしてもネームバリューのある強豪チームからの1勝、価値がありますし丸岡スポ少としても大きな収穫となる1勝となりましたhappy01 これによって次の2回戦、少年柔道のトップを行くクラブ、東京の春日柔道クラブBさんと対戦するチャンスが巡ってきましたnote Bチームとはいえ、全国トップクラスの道場さんと対戦できる機会なんてそうはないチャンスですし、今まで醍醐杯では、「ここに勝てば次は古賀塾さんと戦える、吉田道場さんと戦える」などとミーハーなことばかり言っていてcoldsweats01 いつもその前で負けていて対戦すらできていなかったチームですから、それを思うとやはり丸岡スポ少も強くなって来たのだということが実感できますwink 高学年の2回戦の様子は次回に回します。

 

 続いては低学年。ちょっと間が開きましたが、第2試合場の第14試合目に登場しました。初戦は愛知の小牧柔道会山北さんとの対戦。前日の練習試合では、後半動きの良い柔道を見せてくれていた低学年でしたので、この日はかなり期待してました、実はcatface 

 

 Photo_4
 まずは先鋒の真弥ちゃん、「やぁsign01」と気合いの入った声と共に前に出て、気合いの柔道を見せてくれましたlovely 今年のうちの低学年チームは、間違いなく真弥ちゃんのチームsign01 前日の練習試合を見ていても、真弥ちゃんが元気な柔道を見せれば後ろも同じような柔道ができましたし、逆に真弥ちゃんがダメだと後ろもみんなダメになってました。この日の初戦は、大外刈りで有効を奪い、そこから抑えこんで1本勝ちshine 先鋒戦を取りたかったのはもちろんですが、真弥ちゃんには後ろに元気を与える先鋒としての役割をしっかり果たして欲しかったので、満点の試合でしたhappy01 ただ、カメラマンが0点でしたcrying せっかくの決定的瞬間を捉えたはずがsign02 顔がきれちゃってましたsweat01 真弥ちゃん並びにご家族の方、大変申し訳ございませんwobbly 

 

 Photo_8
 さて、次鋒の真之介も妹の元気に後押しされて、同じく「やぁsign01」と気合いの入った声で試合を行なうことができていました。試合展開は、組む前の一本背負い投げを多用する相手選手に対し、潰れたところを真之介が寝技で勝負に行くという展開で、結果は引き分けでしたが、寝技で積極的に攻めて勢いを繋げた試合だったと思いますgood

 

 問題は中堅戦weep ここ最近、練習でも試合でも開始と同時に後ろに下がって柔道を行なってしまっている芽衣ちゃん。後ろにまっすぐ下がりながら後ろ回り捌きでの背負投げや、後ろに下がりながら今度は大内刈りといった技で、試合や乱取りなどでここ何度か勝ってしまい、それに味をしめてしまったのかなぁcoldsweats01 でも引き出して掛ける技と後ろに下がって掛ける技は意味も効果も違いますからねぇ。前に出る柔道で思うように相手を投げたり、試合に勝ったりが少なくなってきて、負けが続いてしまったりで前に出るのが怖くなってきたのか、腰が引けた柔道になってしまっている感じもします。どうやら第2の壁に当たっている感じが見受けられる最近の芽衣ちゃん。今回の試合でも、前日の練習試合と同じような負け方になってしまい、後ろに体重が乗って腰が引けているところに体落しで投げられ1本負けcrying 試合後に泣いてしまった芽衣ちゃん、思い通りにいかず歯がゆいのでしょうthink 気持ちは良く分かります。しかし、芽衣ちゃんはうちの3年生の中心選手sign01 絶対にいなくてはならない選手ですし、持っているセンスももちろん抜群のモノがあります。必ず壁を乗り越えまたグレードアップした芽衣ちゃんが復活することを信じていますhappy01 

 

 

 Photo_5
 こうして1-1の接戦でで迎えた副将戦。丸岡はポイントゲッターの陸晴。学年落ちとはいえ、丸岡の低学年では現時点で一番強い選手ですから、ここはなんとしても1本勝ちでリードして大将勝負に持ち込みたい場面。そしてその期待にしっかり応え、大外刈りでキレイに1本勝ちsign01 ポイントゲッターとしての仕事をしっかり決めてくれましたshine 

 

 

 Photo_6
 そしていよいよ勝負の掛かった大将戦sign01 期待の大きい遙翔の登場ですし、丸岡としては1本負け以外なら勝利という優位な状態での試合でしたが、さすがは全国からチームが集まる大会です。簡単に勝たせてくれるチームなんて全くいませんねthink 試合は相手の強烈な払い腰を必死に凌ぐ遙翔が、今度は大外刈りで対抗する熱戦、最後は相手の気迫が上回り払い腰で1本負けshock 勝負は2-2の内容も同じ、代表戦での勝負となりましたthink 

 

 

 実はこの代表戦の時、観覧席では誰が代表戦に出るのかで盛り上がり、Mなぶ監督なら4年生の大将・遙翔を出してリベンジして来いと出すだろう、Kつお先生なら勝つ可能性の高い陸晴を出すだろう、などと勝手な想像で盛り上がってましたsmile これも試合観戦の醍醐味の一つですよねnote こういう醍醐味を味わえるのも、子供達が熱戦・接戦を繰り広げ、代表戦までもつれ込んでくれるからです。

 

 Photo_7
 結局、代表戦には観覧席の僕ら父兄の読みどおり(smile)、陸晴が登場し、本戦で遙翔から払い腰で1本勝ちを収めた強敵と対戦しました。中盤に陸晴の大外刈りが決まり、ポイントあったかに見えましたが惜しくもノーポイントの判定、そのまま時間切れで僅差判定の勝負になりました。旗ではそのノーポイントだった大外刈りの効果が評価され、2-1で判定勝ちhappy02 陸晴は、代表戦というチームの勝敗を一身に背負った勝負でよく戦ってくれましたshine 本当に凄い男です。旗の勝負では、こちらは3-0で確実だろうと思っていても、この試合のように旗が分かれる結果になりましたし、もしかしたら逆の結果になってたかもしれません。そういう面で怖いのは怖いのですがcoldsweats01 しかしこの代表戦の陸晴はカッコ良かったですし、とてもいい試合をしてくれたと思いました。

 

 それでは、子供達の熱い試合で書くことも多くて長くなってきましたので、小学生の高学年の2回戦は次回にします。

|
|

« 第17回醍醐敏郎杯少年柔道大会(1) | トップページ | 第17回醍醐杯(3) »

丸岡スポ少柔道日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/47983421

この記事へのトラックバック一覧です: 第17回醍醐杯(2):

« 第17回醍醐敏郎杯少年柔道大会(1) | トップページ | 第17回醍醐杯(3) »