« 最強丸岡スポ少OB軍団! | トップページ | 坂井町柔道団体大会 »

2012年11月 7日 (水)

夜回り先生

 実は3兄妹の父、こう見えて子供が好きなのです。いつも怒ってばかりですけど・・・本心は大好きなんです。意外と・・・coldsweats01。そんな3兄妹の父が、ある講演で出会った人物、通称「夜回り先生」

Yomawari


 

 

 

 

 きっとご存知の方もいらっしゃることでしょう。水谷先生とおっしゃる先生です。ちょっと昔、テレビに引っ張りだこでした。現代社会で行き場のないエネルギーを違う方向にもっていってしまった若者たち、大人たちの勝手な都合で人生を見失ってしまった若者たちを更生させる、行き場を作ってくれる、道しるべを作ってくれる、そんな姿がテレビで放送されていた時期がありました。

 

 自分もそのテレビをよく見ていました。数か月前、ご縁があってその夜回り先生・水谷氏の講演を2時間半に渡ってお聞きする機会を得ました。自分の人生観がまた変わった出来事になりました。自分には想像もつかないような過酷な人生を強いられた子供たち、薬物に手を染め抜け出せなくなってしまった若者の話、身勝手な大人のせいで心も体もずたずたにされてしまった女の子の一生、本当に泣けてきます。社会からはみ出てしまった子供達、道を見失ってしまった子供達、大人に振り回されている子供達、みんな自業自得なのでしょうか?本人が悪いんでしょうか?それとも親の責任なのでしょうか?本当にそれだけでしょうか?やり場のない怒りがこみ上げてきました。

 

 一人の大人として、子供や若者に向き合うことを考えさせられました。口では子供が好きだと言っても、向き合い方を間違えてしまうと、その子の一生を左右してしまいかねない・・・そんな思いすら持ちました。

 

 賛否両論あると思いますが、自分は職場の後輩たちに子供が誕生したと聞くと、祝いとともに最近こういうことを口走っているのです。

 

 「子供は目一杯甘やかして育ててあげねや。子供はそのうち嫌でも厳しい社会に出て行かなあかんのやから、それまでは親が甘やかして育ててあげな可哀想やよ。」

 

 と。今まで散々子どもに怒り散らしてきたはずの自分が、今更こんなことを書いても全く説得力ないですがcoldsweats01   子供は生まれると、その時からどんどん大きくなります。子供の成長は本当に早いです。あっという間に大人になってしまいます。高校生になった我が子を見ていると特に思います。そしてやがて、嫌でも厳しい「社会」というものにぶち当たる子供達。親の愛情を受けて守られて育っていく時期は本当に短いです。また、その間も学校や地域、習い事などで社会へ出る準備もしていかなければなりません。親は自分も含めて、我が子には立派な大人になってほしいものです。しかし、自分もそうですが、この「立派」の定義が実に曖昧すぎます。自分は子供に、「じゃあ立派って何?」と聞かれても、はっきり答えることが出来ません。はっきり答えられないものに育てようと大それたことを目論む親・・・。我が子には本当に申し訳ない。

 

 そして至った結論が、

 

 「愛情をたっぷり注いで、甘やかして育ててあげて」

 

 ということでした。単に甘やかす愛情、優しい愛情、そして厳しい愛情・・・いろいろあっていいと思います。ただ、立派じゃなくていいです。言っている親ですら訳が分かっていない立派さなんていらないです。ただ健康で、明るく楽しく、そして親より長生きしてくれればそれでいいと、最近つくづくそう思います。今になってこんなことを思う自分は、この先もう長く生きられないのか・・・と不安にさえなりますがcoldsweats01、夜回り先生の話をお聞きして、そんなことを感じた今日この頃。年を取った証拠かなぁcoldsweats01

 

 こんなことを書いていいのか分かりませんがcoldsweats01 講演の中で水谷先生はこんなことを本気とも冗談とも取れない表情でおっしゃっていました。

 

 「私はAKB何とかが大嫌いです。A元さんはとんでもないことをしてくれている。健全な若者たちを夜と大人の汚い世界に引っ張り込んで、挙句に選挙までして順番をつけさせている。」

 

 比べられるのが大嫌いだという最近の若者達が、逆に人に順位をつけて喜んでいる。おかしな構図がそこにあります。自分は、夢に向かって目一杯努力している彼女たちは凄いと思うのですが、見る角度によってはそういう風にも見れるのだと感じましたし、夜と裏の世界の恐ろしさをを知る先生ならではの視点があるのだと感じました。

 

   自分みたいな田舎者には想像すら出来ないそんな裏の世界、ドラッグや性の生贄、金儲けに子供達が使われれる闇の世界、そんな暗い世界に大人の身勝手で理不尽な行いに振り回され落ちてしまう子供達。数多くのそんな若者たちを見てきた先生だからこそ伝わる、緊張感溢れる講演。子供達が簡単にそんな暗黒の世界に落ちてしまえる、今の世の中や社会もかなり狂っていますが、何にもまして大切な子供達を、そんな暗黒の世界に簡単に引きずり込んでしまう親、真っ当な顔して生きてるつもりで、実は自分の事以外は全くの無関心を決め込む大人たち、こちらも狂った世の中と同罪!と、講演を聞いて大いに反省させられる想いがしました。

 

 自分は今回の講演を聞いて、だからといって自分には何もできることなんてありませんし、ならばそんな暗い世界の事なんて知らない方が良かったと思うこともあるのですが、逆にそんな自分の知らない暗い現実が実際にあるということを知ったからこそ、せめて今自分が接している子供達だけでも、少しでも明るく楽しい人生を送って行ってもらいたいと願うこともできるようになりました。子供は本当に素直ですから、大人の育てたように育つと僕は思います。もし仮に、世の中に「悪い子」というのがいたとするならば、それは「悪い大人」が育てた結果だということかもしれません。

 

|
|

« 最強丸岡スポ少OB軍団! | トップページ | 坂井町柔道団体大会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/47211328

この記事へのトラックバック一覧です: 夜回り先生:

« 最強丸岡スポ少OB軍団! | トップページ | 坂井町柔道団体大会 »