« 合同練習 | トップページ | 感謝の気持ちを新たに »

2012年11月18日 (日)

高校秋季新人戦

   11月18日(日)、県立武道館で行われていた高校秋季新人戦を見に行きました。今大会は土曜日から月曜日まで、3日間に渡り開催されている大会で、初日は団体戦の予選リーグ、中日の日曜日は団体戦の決勝トーナメントと男女個人戦の無差別級、無段の部、そして最終日の明日は体重別の個人戦が行われます。息子の高校になってからの試合を見に行くのは初めてでしたが、会場に行ってみると小さい頃から知っている子供達がたくさんいて、懐かしい思いがしました。また、丸岡出身の子供達も数多く大会に出場しており、それぞれの学校で頑張っている姿も見れて本当に嬉しかったですhappy01

 
   この日は、まず午前中に団体戦の決勝トーナメントが行われました。決勝トーナメントに残ったチームは、福井高校や北陸高校、三国高校に敦賀気比高校といった常連校、文武両道の藤島高校、そして何と言っても坂井地区から春江工業も準決勝に進出する活躍を見せていました。春江工業は、団体戦のメンバーのほとんどが丸岡中と丸岡南中出身の選手達で、思わず応援に力が入りましたが、準決勝で優勝候補の福井高校に惜しくも敗れるという結果でした。
 
   また、見ていて面白かった試合としては、その福井高校の決勝トーナメント初戦、藤島高校戦は2-2で大将戦までもつれ込む試合で面白かったですhappy01   ま、福井高校としては個人戦の組み合わせも考えY章を温存する戦いで、計算はしていた勝ち方だったかも知れませんがwink   結局、その大将戦で1本勝ちし3-2で福井高校が勝ったという試合でした。また、息子の通う北陸高校も準決勝での三国高校戦はヒヤヒヤの展開でsweat01   息子が出ている訳ではないのですが緊張しちゃいましたcoldsweats01   こちらは1-1の内容勝ちという際どい接戦で決勝進出となりました。決勝戦はさすがに福井高校が県代表常連の強さを見せつけ、北陸高校に3-0という結果でした。自分としては、この決勝戦は先鋒戦が見応えがあり面白かったと思いました。この先鋒戦が引き分けでしたが、もしここを取っているとまた違った展開で接戦にはなったと思いましたし、北陸高校の先鋒・Y君はもちろん小学生の頃からその強さは半端なかったですが、更にカッコ良く強い柔道を行っており素晴らしかったですsign01
 
   団体戦の最終結果は、
 
   優勝   福井高校
   2位   北陸高校
   3位   春江工業高校
   3位   三国高校
 
   という結果でしたhappy01   
 
 
   団体戦が終わると、男女個人戦の無差別級、個人戦無段の部が行われました。こちらも熱戦続きで面白い試合でしたnote   こちらも丸岡出身選手が多数出場し大活躍sign01   この先輩達の活躍を、今のスポ少の子供達に見せてあげたいくらいでした。個人戦無差別級の結果は、
 
   男子
   優勝   Y章(福井)
   2位   I藤選手(藤島)
   3位   B選手(福井)
   3位   M山選手(福井)
 
   女子
   優勝   M石選手(福井)
   2位   H川選手(福井)
   3位   N保選手(福井)
   3位   S本選手(福井)
 
   という結果で、男子決勝戦では丸岡スポ少出身のY章が、ゴールデンスコアに入りI藤選手から1本を奪い優勝shine   素晴らしかったですsign03   本戦はシビアな組み手の探り合いから内股・足払い・小外と繰り出し一進一退の展開でしたが、ゴールデンスコアではその本戦での内股が効いたのでしょうか、後ろへの技を狙っていたように見え、I藤選手の技を見事に後ろに返して1本勝ち。
 
   今回決勝を争った二人、勝ち上がりもずっと見てましたが、やはりモノが違いますねconfident   強さがずば抜けて異常ですよcoldsweats01   自分なりに二人の強さの一番の魅力を分析してみると、Y章は何と言っても引き手の強さだと思いました。手に強力磁石が付いているんじゃないかとさえ感じるあの引き手。持ったら絶対に離しませんもんね。一体握力何Kgあるんでしょcoldsweats01   彼の引き手の強さと使い方の上手さが凄すぎる。また、I藤選手の魅力は組み手の集中力と破壊力抜群の大内刈り。特に組み手の厳しさと集中力は素晴らしかった。決勝も、本戦ではY章に引き手を絶対に取らせませんでした。試合のキモが分かっているのでしょうねぇconfident   準決勝で見せてくれた、超重量級選手から奪った文句無しの大内刈りも半端なかった!カッコ良くてシビれましたlovely   
 
 
   今回、自分としては高校の試合を見に行くのは初めてでしたが、県トップの試合を生でたくさん見せてもらい、本当に楽しい試合観戦となりました。また機会があれば、高校生達の熱い戦いを是非見に行きたいと思いましたhappy01
 
 
(追加)   優弥の無差別級結果
   2回戦   VS   S選手(若狭)
        腕ひしぎ腕固め(っぽい技)1本勝ち
 
   3回戦   VS   M山選手(福井)
        払い巻き込み1本負け
 
 

|
|

« 合同練習 | トップページ | 感謝の気持ちを新たに »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

これまで悔しい思いを重ねてきたライバルからの勝利は、剛章の大きな自信になるでしょう。一つ階段を上ったのではないでしょうかhappy01
それよりも、優弥の関節技での勝利は驚きですcoldsweats02 
努力すれば上達するっていう事を憲人にも伝えなければcoldsweats01

投稿: クリリン会長 | 2012年11月19日 (月) 15時21分

Y章の優勝、しかもゴールデンスコアでの1本勝ち、感動しました。決まった瞬間、思わずガッツポーズが出そうになって、それを堪えた時の気持ちを察するに、Y章はまた一つ人間が大きくなったように見えました。

優弥の初戦の関節技、腕がらみのような態勢から上になり抑え込みに入りましたが、その際に腕も決めていたようです。観覧席からでよく見えませんでした。その後のM山選手との試合、開始早々に一か八かの大内刈りで思い切り勝負に行けたのは評価しますが、1分後、組み手が雑になり、背中を持たれてなにもしないのは注意しました。あの体格差ですから、相手十分の組手になってしまったら、切るなり離れるなり、最悪は潰れたりして仕切り直しをしてほしかったです。いくら体格差や実力差がある相手でも、やられ方が淡白過ぎましたね。

投稿: 柔道3兄妹の父、裕 | 2012年11月19日 (月) 18時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/47885078

この記事へのトラックバック一覧です: 高校秋季新人戦:

« 合同練習 | トップページ | 感謝の気持ちを新たに »