« 第17回醍醐杯(3) | トップページ | 高浜町少年少女柔道大会 娘からの結果報告 »

2012年11月30日 (金)

K太郎の成長

 前々回の醍醐杯の記事の時に予告していました、今回はK太郎の醍醐杯の試合を見ての自分なりの感想を書きたいと思いますhappy01 が、まずはその前に、話題は1か月前にさかのぼります。それはある日の練習日の居残り練習の時のこと。たまたま自分はK太郎と柔道を楽しむ機会がありました。K太郎と乱取りをするのは久しぶりで、どれくらい成長しているのかと楽しみにして組んでみると・・・・・

 

 いきなり大外刈り・内股・大内刈りと、連続して技を掛けてきてくれてまずは驚きましたhappy01 なかなかに力強い技で威力もあったので良かったですgood K太郎も6年生になりだいぶパワーもついてきたようですし、何より柔道に自信が感じられました。これから楽しみが出てきたなあと正直に思いましたし、技に入った時の威力、そしてイケイケで攻める柔道は、他の道場の今まで勝てていない強い選手にも脅威になるだろうと感じましたhappy01 しかし、

 

 確かに威力のある技の入りはしているのですが、でもそこからがまだまだでしたthink 技の中で「作り」までは力強いのですが、最後の刈る・跳ねるの「掛け」の部分が全くなしcoldsweats01 大外刈りは特に良い崩しで「作り」を行うのですが、肝心の「掛け」の部分である刈り足に力が伝わってこないんですよねぇ。また、いいタイミングで技に入ってくれた時に倒れてみても、キメが全く決める気が感じられなかった。そこは乱取りの最中に感じたので伝えたのですが、やはりまだ上手くいかないようでした。

 

 最近K太郎が、今まで試合などで勝てなかった選手、秒殺されていた選手にある程度挑めるようにまで成長してきたのは、まぎれもなくこの「入り」「作り」の部分で力強さと技の威力が出てきたからだと思いますgood そしてその柔道に手ごたえを持ってきたからだと僕は思います。しかし、それでも勝ちきれなかったり、「惜しい試合」で終わってしまったり、あるいは逆転負けをしてしまうのには理由があると思いますthink 

 

 一つは上にも書いたように「掛け」「決め」ができていないことがあげられると思います。せっかくイケイケで力のこもった技を出そうとしているのに、その「掛け」が上手く威力として伝わらない理由。それが醍醐杯の試合に見事に出ていたと思いました。

 

 K太郎は今、技を掛けるときに相手以上に自分が崩れて投げに入るので技の威力が半減してしまっています。せっかく力強い「作り」で相手を崩しているのに、それ以上に自分が崩れてしまっては、その先の「掛け」は当然上手くいきません。刈り足や跳ねる膝・腰に力を込められません。特に今気になるのは、体の軸が極端に前にずれてしまって、頭から突っ込むような危険な形が時折見られることです。醍醐杯の2回戦もそうだったと思います。ま、体重が後ろにかかったり、技を出して後ろに倒れていた頃に比べれば、前に倒そうとする今の方が格段に成長していますけどねwink 

 

 そしてもう一つ、崩れて投げにいくということは最後まで立って技が掛けれないということなので、潰れる技になってしまい「決め」も作れずポイントも奪えないということになっています。これは特にもったいないwobbly 思い切り技に入る意識が強くあり、そこは大きな成長の跡ですし、中途半端な技であったり、掛ける振りの技というのは確実に減ってきて、素晴らしい成長を見せてくれています。しかしそこで満足してはいけません。そこからが大事です。技は最後まで決めなければ勝てませんからhappy01 

 

 そして最後にもう一つだけ、これはK太郎のために正直にはっきり書いてしまいますがcoldsweats01 「受け」がヤバいぐらい弱すぎるcoldsweats01 これは6年生としては致命的だよぉsweat02 高学年になれば、それは相手の選手だって力強い技を持っていますし、その技の掛け合いで勝負するのが柔道。受けも大事な柔道の優劣を決するポイントの一つです。本当に受けが弱いのか?それとも諦めが早すぎるのかは謎ですが・・・bleah とにかくそこは自覚を持って受けを強くしていかないと・・・

 

 前回の記事でも書きましたが、団体戦での一人の1本負けは、チームにとっての致命傷になります。それを取り返すには、他の4人がどれだけ無理をして必死にならないと取り返せないか・・・coldsweats01 特にK太郎は6年生で、残りのスポ少生活でも、そしてこれからの柔道人生でも、大切な団体戦の一員として戦っていかなければなりませんthink 

 

 同じ負けでも1本負けならチームは敗北、技有りの負けなら引き分け、有効に留めればチームは勝ち

 

 なんていう天国と地獄の差も今まで味わってきたはずです。ましてや自分が大将として戦ってきて、後ろで戦う選手の大変さや苦労も味わってきたはずです。醍醐杯の2回戦、後ろの歩に決死の覚悟の攻めを強いる悔しさも味わったはずです。

 

 一つ確実に言えるのは、これからの丸岡スポ少のますますの成長のためには、K太郎の成長はなくてはならないものです。ここ最近、力はかなりつけています。強くなっています。成長は誰もが認めるところですgood しかしここからもう一歩、更なる成長のために、残りのスポ少での練習、そして試合、悔いのないよう精一杯頑張ってもらいたいと思います。

|
|

« 第17回醍醐杯(3) | トップページ | 高浜町少年少女柔道大会 娘からの結果報告 »

丸岡スポ少柔道日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/47984095

この記事へのトラックバック一覧です: K太郎の成長:

« 第17回醍醐杯(3) | トップページ | 高浜町少年少女柔道大会 娘からの結果報告 »