« 2012年4月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月23日 (火)

金井学園理事長杯(個人戦編)

 10月21日(日)に行なわれた金井学園理事長杯の個人戦、丸岡スポ少の子供達の戦いの様子ですが、今回は残念ながら丸岡スポ少からは入賞者を出すことはできませんでしたshock 県内・外から強豪が多数集まった今回の大会sign01 僕が見ていても、どの選手もレベルの高い素晴らしい柔道を行なっている選手が多く見られ、丸岡の子供達にとっても良い経験ができた大会だったのではないでしょうかhappy01 

 

 

 僕は個人戦は、第3試合場で行なわれた2年生の部と5年生女子の部を中心に見させてもらいましたが、その他にも各学年・各部門の試合をちょくちょく見ることが出来ました。

 

 

 1年生の部では、M弥ちゃんが丸岡スポ少のオーラスで登場しましたが、残念ながら坂井町さんの強敵に技あり二つの合わせ技で1本負けでした。

 

 

 2年生の部は、僕は間近で見させてもらいましたが、S之介は初戦が優勢勝ち。内容は組めずに相手に合わせてしまう柔道で、結構危ない勝ち上がり方でしたので、2回戦では「いつも練習している背負投げで勝負して来い」と送り出したら、そのとおり背負投げで勝負してくれて、負けはしましたが初戦よりは収穫のある試合になったように思いました。また、D地ですが、こちらも初戦の前に「背負投げだけでいいから。どちらの背負投げが強いかの勝負やぞ。」と送り出したら、そのとおり見事な背負投げで1本勝ちshine 本人も気持ち良かっただろうなぁcatface 丸岡柔道らしい立背負いでの1本でした。続く2回戦も同じような試合で素晴らしかったですが、その背負投げを返されての1本負け。この日のD地はカッコ良かったと思いますscissors

 

 

 3年生の部、R晴はあまり試合を見れなかったのですが、M先生の談では死刑確定の内容だったとのことcoldsweats01 試合後、M先生にきっちり死刑執行されたようで、R晴、ご愁傷様ですbleah でも、丸岡の次世代を担うエースの一人ですから、次に必ず生かしてください。また、丸岡エースの座のもう一翼を担うM衣ちゃんも、試合を見ることが出来なかったのですが、試合運びの上手い選手に何もさせてもらえず負けてしまったとのことcrying あえて「仕方ない」とは言いたくないので、「仕方ない」とは思わずしっかり練習しましょうwink 

 

 

 4年生の部は、Hるかの1・2回戦を見ましたが、初戦から厳しい試合を展開していました。初戦はHるからしい前に出る攻めが続いて、旗では2-1で勝利。旗の結果は接戦でしたが、僕はHるからしい試合で完勝だったと思いました。また、負けた2回戦では、こちらも序盤からガンガン前に出て攻めていたのに、次に気付いたら技ありを取られて抑えこまれておりsweat01、試合をちゃんと見れていなかったのでなぜ負けたのか分からない状態でしたcoldsweats01 H夢も試合では気合いの入った表情と動きで臨めていました。こちらも最後まで試合は見れませんでしたshock

 

 

 5年生からは男女別。男子ではK人の試合は見ました。成長した面、相変わらずの面、両方出ましたcoldsweats01 K人、かなり技の面では成長の跡が見られます。パワーもついてます。そういうところを自信をもって前に出せれば最強だと思うのですが、まだまだ心の面、試合運びの下手さは相変わらずでしたね。特に心の面では、もっと自分の力と技に自信を持って戦えればもっともっと勝てるはずだし、相手にとっても脅威のはずです。女子では泉弥。初戦は何の因果か再びM穂ちゃんと対戦。大外刈りで有効を奪い、M穂ちゃんの寝技での逆襲を耐え、背負いで攻め込み、攻守が交互に入れ替わる見応えのある良い試合でした。続く2回戦は武道学園のO選手との対戦。序盤は一進一退の攻防でしたが、その序盤の攻防を見て、これはもうすぐやられるな・・・と思って中盤・終盤を見ていましたが、案の定やられました。泉弥はイノシシのように前で出る柔道しか持ち味がないのですが、この試合でも前に出ているようには見た目は見えるのですが、その実、技は後ろに下げられ出さされていました。後ろに下げられ技を出していましたので、そこは絶対狙われるな、と思いましたし、序盤の攻防でO選手は、しっかり泉弥の技にタイミングを合わせており、そしてしっかり返しを狙って決めてきました。O選手の冷静な試合運びに凄く感心しました。中途半端な技を出して戻ってしまった泉弥が悪いですが、背負いにタイミングを合わせて見事に返して決めた相手選手のほうが何倍も上手だったと思います。

 

 

 そして最後は6年生男子。2人とも最上級生らしい良い試合をしてました。T海は川口道場のM選手との熱戦!体格差があり厳しい試合でしたが、諦めずに最後まで立ち向かって行く姿がカッコ良かったです。旗の判定では0-3でしたが、丸岡らしいナイスファイトの一戦でしたwink   K太郎、この日の丸岡の選手の個人戦では、3兄妹の父的には一番の試合をしたと思いましたhappy02   っていうか、団体戦の試合もそうでしたが、K太郎が出した数度の大外刈り、あれはもう8割方1本取れてました。個人戦の戦いを見て、K太郎が大外刈りを出した瞬間、あの鶴来道場の選手から、大金星を取ったsign01と思ってしまいました。それくらい凄い大外刈りの入りだったと僕は思いました。ただ、残念だったのは、その完璧な大外刈りに入った後に何故か自信なく体を開いて逃げ潰れた点と、その後の寝技の「マグロ」ですねcoldsweats01   8割方決まっているはずの自分の得意技に自信が持てずに逃げ潰れたのは、まだまだ練習が甘い証拠sign03   逆に言えばまだまだ伸びしろ満載ということにもなります。期待の持てる試合だったのは間違いないと感じましたhappy01

 

   という訳で、久しぶりの試合観戦となった金井学園理事長杯!僕個人としては、入賞者が出ない上に娘も大敗を喫してしまった訳ですが、それ以上に大満足の試合観戦となりましたpc

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年10月22日 (月)

金井学園理事長杯(団体戦)

 平成24年10月21日(日)、福井県立武道館において「第8回金井学園理事長杯少年柔道大会」が開催されました。今大会は、金井学園さんと金井学園ジュニア柔道クラブさんが主催となり開催された大会で、今年も県内・外からたくさんの強豪チームが集い、盛り上がった大会となりましたhappy01 

 

 

 3兄妹の父も、今年3月以来久しぶりとなる試合観戦をさせていただき、とても楽しい1日となりましたhappy02 まずは大会を主催していただいた学校法人金井学園さん、金井学園ジュニア柔道クラブさんをはじめ、大会運営にご尽力いただいた皆様に厚くお礼申し上げます。本当にありがとうございました。そしてお疲れ様でした。

 

 

 それでは早速、丸岡スポ少の子供達の試合の様子ですが、まずは午前中に行なわれた団体戦編ですgood 今大会の団体戦は、4・5・5・6・6年の5人制で行なわれ、まずは予選リーグを行い、リーグの1位で決勝トーナメントを行なうという形式でした。丸岡スポ少は予選リーグで西部柔道クラブさん(和歌山県)、柔整会柔道教室さんと同じリーグに入っていましたsign01 西部柔道クラブさんは、自分としては未知なる強敵ですし、もう1チームは、くしくも自分が東京出張前の最後の試合観戦となった県大会で悔しい思いをした柔整会さんとの再戦sign03 燃えない訳がありませんimpact この日の団体戦は本当に見応えのある楽しい試合となり、帰ってきて久しぶりの試合観戦でこのような熱い団体戦を見させてもらい、自分としては嬉しかったです。もちろん・・・

 

 こいつ相変わらずやな~coldsweats01 

 

 と思わず思ってしまう試合もありましたが、それもまた逆の意味で面白かったですcatface 

 

 

 まずは初戦となった西部柔道クラブさんとの対戦ですが、先鋒・R晴は有効1で優勢勝ち。次鋒・泉弥も有効1で優勢勝ち。中堅・K人が1本負け。副将・T海が指導②の優勢負け。最後の大将・K太郎が1本負け。2-3という結果でした。負けてしまいましたが、大将戦までもつれ込む接戦で、自分としては面白かったですscissors この試合、自分としては勝敗を分けたポイントは2つあったと分析しました。

 

 

 まず一つ目は、先鋒・次鋒戦の勝ち方です。2人とも有効1の優勢勝ちでしたが、この2戦はいずれも1本勝ちできた試合でした。ここを1本勝ち2つで中堅に回せるのと、優勢勝ち2つで中堅戦に回るのでは大きな違いがあります。団体戦のレギュラーを張る選手にはそういうところも大事にしてほしいですし、ただ自分が勝てばいいという問題ではなく、それがチームの力なのだろうと思います。この2戦、1本勝ち2つで中堅戦に回れば、相手チームとしても引き分けがしにくい、そしてどこかで1本勝ちをしなくてはならないという厳しい状況を作ることができ、また違った試合展開になったのかも知れませんthink

 

 

 そしてもう一つのポイントが中堅戦の秒殺での1本負け。この秒殺の1本負けは、チームとしてはかなりキツイ負け方です。団体戦では1本負けというのは、そう簡単にはしてはいけません。接戦になった時に内容勝負ではかなり苦しいですし、取り返すのも至難の業になりますから。負けていて、最後どうしても1本を取りに行かなければならない場面で、勝負に行っての1本負け、大事です。しかし、今回のように接戦を勝って優勢での2-0の場面で1本負けは、チームのダメージも大きいですし、勢いも途絶えてしまいかねませんthink 5人で戦う団体戦でありますが、こういう1戦・1戦の持つ重みも、レギュラー選手は感じて戦ってほしいと願う初戦の内容でした。

 

 

 そして続く2戦目の宿敵・柔整会さんとの対戦sign03 こちらも息の詰まる熱戦となり、少年柔道ファンにはたまらない試合でしたhappy02 先鋒・R晴は引き分け。次鋒・泉弥が1本勝ち。中堅・K人、副将・T海が引き分けて、最後の大将・K太郎が1本負け。1-1の引き分けという結果でした。もう、息が詰まるほどの試合展開でしびれましたが、やはりどうしても柔整会さんには勝てませんねcoldsweats01 これがチーム力というものなのかなぁと感じました。 

 

 

 先鋒戦、R晴は学年上の強敵によく引き分けてこれましたし、内容も悪くなかったです。次鋒・泉弥も、取らなければならない試合で、初戦の反省を生かししっかり25秒抑えて1本勝ちしてくれました。K人も今までやられていた相手に引き分け。勝負所と踏んでいた主将・T海の副将戦も熱戦の引き分けでした。勝負のかかった大将戦、プレッシャーの中K太郎は、途中何度か成長を感じさせるいい大外刈りも見せてくれました。チーム全員で戦っての引き分け、惜しい試合でしたが見ごたえのある団体戦でしたhappy01 

 

 

 こうして丸岡スポ少は、予選リーグ1敗1分で敗退という結果でしたが、面白い団体戦をみせてもらったなぁというのが一番の感想でしたhappy02 丸岡の子供たちの成長の跡は充分見せてもらいましたし、この対戦は分が悪いだろうと予想していた試合で思わぬ(sign02)善戦も見せてもらいました。

 

 

 団体戦の最終結果は、

 

 優勝   桜井市柔道連盟(奈良)

 2位   ミキハウス柔道教室(大阪)

 3位   金井学園ジュニア柔道教室A

 3位   邑知少年柔道教室(石川)

 

 という結果でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年10月17日 (水)

久々の練習参加!

 先週の水曜日、3兄妹の父は本当に久しぶりとなるのですが、スポ少の練習に参加させてもらいましたhappy01 

 

 久しぶりの道場で、多少緊張しながらの練習coldsweats01 道場に顔を出すと、この半年の間に入団してくれたと思われる、新しい子供を4~5名発見note そのうちの一人は、超重量級catface 聞けばまだ3年生とのこと、先がかなり楽しみな体格であった。もう一人、運動神経の良さそうな男の子も発見。彼も強くなるのは時間の問題だろうと直感したhappy01 そして兄妹と思われる2人組。明るく元気で素直そうな印象。みんなそれぞれ楽しみな子達ばかりsign01 久しぶりの練習参加でいきなりテンションupup 残念ながら、Aゆむの腕のサポーターが痛々しかったですが、本人が思ったより元気そうで安心しましたwink

 

 この日はこの新入団員も含め久しぶりの全員参加とのことで、丸岡スポ少もまた団員が多くなり活気が出てきた印象を受けました。久しぶりの子供たちの元気な姿を見ると、自然と顔が緩んで癒される感じがしますねwink

 

 

 そして寝技の練習へ。近頃は小さい2年生以下の子達も、打ち込みを熱心に行っているお陰で、随分ハイレベルな寝技の練習を行えるようになっていると感じ、自然とこちらの見つめる目線が真剣になります。 それにしても最近の低学年は、何と高等な寝技の練習をするようになったことかcoldsweats02 うちの優弥に見せて勉強させたいぐらいの寝技でしたsmile

 

 久々に見た寝技乱取りでは、もうみんなかなり寝技が上達しており、お互いの手の内も得意な形も熟知しているようで、なかなか抑え込ませてもらえないし抑えることもできないという、シビアな展開が続いていました。良い傾向でもあるし、更に一段レベルアップする良い機会でもあると思いました。

 

 続く 立技打ち込みで少々休憩をいただき、ラストの立技乱取りで再度練習参加させてもらいましたhappy01 何人かの子が乱取りを申し込んできてくれて、一緒に柔道をさせてもらいましたが、本当に力強い柔道をするようになったものだと驚かされましたcoldsweats02 

 

 特にR晴は、やっぱり3年生としては別格の強さだと改めて感じました。彼はもう、同学年でこの県の中ではほとんど負ける相手はいないだろうと思いましたが、ただ一つ、どうしても力を込めて投げようとするときに体が開いてしまうところだけは気になりました。自分と同じかそれ以上の体格、パワーを持つ選手との試合でそれが出てしまうと、返されそうになるだろうし、そうすると怖くて投げ切れなくなったり・・・。持っているポテンシャルが一流だということは言うまでもないのですが、自分より大きな相手や力が上の選手との試合でも、堂々と戦えるようになるために、もう一段階上を目指して頑張ってもらいたいですねwink 

 

 あとはM衣ちゃん、新しく乱取りを始めたばかりの子、そして泉弥がかかってきてくれましたが、M衣ちゃんの背負投げに入るタイミングは、やっぱり天性のセンスを感じました。女の子というのもありますが、もう少しだけ、あと少しだけのパワーと、最後まで投げ切る気持ちの強さがあれば、ほとんどの子はポンポン投げ飛ばせるんでしょうねwink 

 

 

 泉弥は相変わらずイノシシでしたshock しかも体重が増えているので、前に押し込む力だけは良いものがあると感じましたが、でもそれだけでしたねcoldsweats01 もう少し、せめてM衣ちゃんの半分だけでも柔道のセンスがあったら・・・crying 泣けてくるほどのセンスの無さ。。。子は親に似るcoldsweats01 仕方ないですねcoldsweats01 長期休養で、柔道勘もまだ戻っていないのもあるのでしょうが、5年生になったのですから、せめてもう少し考えて柔道できるようになってほしいと感じました。

 

 

 こうして久々の練習参加では、本当にたくさんの子達と触れ合って、とても気持ちいい思いをすることができましたhappy02 ようやく丸岡に帰って来たんだと実感できた瞬間でした。これからも、この素直でかわいい丸岡の子供たちと一緒に、ずっと柔道を通して楽しんでいきたいと思いましたhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年10月15日 (月)

3兄妹の父の東京放浪記(3)

 それでは東京シリーズ最終回sign03 写真の一挙公開ですhappy01

 

 

 まずは4月末に日本武道館で行われた全日本選手権の写真です。いうまでもなく福井県から敦賀の西村選手が出場して大活躍された大会ですsign03

 

ToPhotoPhoto_2

 

 

 

 鈴木桂冶選手と浅見八瑠奈選手の表彰、上川選手の試合

 

 

 

 

Photo_3Photo_6Photo_7

Photo_4

 

 
 

 鈴木選手や棟田選手といったベテランも頑張っていました。

 

 

   
 
Photo_8 
  

 

 

 

 そして、この西村選手と羽賀選手の試合は、自分も一番燃えましたし、会場も一番の盛り上がりを見せた試合でしたsign01 若手のホープ、羽賀選手を、あと一歩のところまで追い込んでいました。

 

 

 

 続いて、東京ドームの広島VS巨人戦sign03

 

 
 
 Photo_10
 
 Photo_11
 
 
 Photo_12


  
 

 

 

 

 自分が個人的の応援している、広島の東出選手(敦賀気比高校出身)もスタメン出場してました。(でもセカンドでエラーを記録・・・crying)   
 

 

   
 
 
  

Photo_13 
 
 
 Photo_14
 
 Photo_15


 

 

 

 

Photo_16 
 
 Photo_17
 
 
  
  
  
 

 



 

 

 

 結局試合は、亀井の逆転ホームランもあり、4-3で巨人が勝ちました。

 

 

 

 そして最後は東京駅とその周辺、築地、臨海副都心、フジテレビ、ダイバーシティ、横浜などの写真ですhappy01 

 

 

Photo_19 Photo_20
 Photo_21
 
 
 

 

 

 

 

 

Photo_22 
 
 
 Photo_23

 現在、復元作業中の東京駅!さすがに格式がありました。あとは皇居に千鳥ヶ淵、国会議事堂に最高裁判所となりますhappy01 まるで修学旅行のノリですcoldsweats01 

 

 

 

 

Photo_24 
 
 
 Photo_25
 
 
 Photo_26
 築地市場で有名(?)なお寿司屋さんでお寿司を堪能しましたdelicious 確かにおいしかったですが何しろ高い!!福井では同じネタの同じクラスのお寿司、半額で食べられると思います。話の種には食べに行って良かったですが、福井のお寿司、魚はやはり旨いのだと、改めて実感できました。そのほか、築地市場の中には、テリー伊藤さんのお兄さんが経営する卵焼き屋さんがあり、そこの卵焼きは安くておいしかったですhappy01Photo_27


 

 

 

 

 

 

Photo_28 
 
 Photo_29
 
 
 Photo_30
 
 
 これがあのフジテレビジョンcatface 展望広場の通称「はちたま」から見たレインボーブリッジはきれいでした。また、はちたまではこの時話題になっていた映画「テルマエ・ロマエ」のイベントを行っておりましたwink 

 

 

 

Photo_31 
 
 
 Photo_32
 
 
 Photo_33
 
 
 

 

 

 

 いわゆる臨海副都心というところから見た東京sign01 レインボーブリッジ、遠くには東京スカイツリーや東京タワーも見えました。すさまじい都会の景色でしたhappy01 

 

 

Photo_34Photo_35Photo_36 

 

 

 

 

 当時、かなりの話題となっていたダイバーシティTOKYOとそこにある原寸大ガンダム像sign03 ダイバーには、日本初上陸のアメリカンイーグルをはじめ、H&M、Forever21、Avan Lily、CECIL McBEEなど、数えればキリがないくらいのショップがひしめいていて、ショッピング素人の3兄妹の父にも楽しい場所でしたhappy01 

 

 

Photo_37 
 Photo_38
 最後は神奈川県横浜市の横浜港、そして横浜中華街ですね。中華料理を食べましたが、四川麻婆は激辛で死にそうでしたが美味しかったですhappy01 

 

 

 

 

 

 

 

 このほかにも東京国際フォーラムの相田みつを記念館や国立美術館、六本木ヒルズ、ソラマチ、いろいろ回りました。どれも新鮮でした。でも、観光には素晴らしい都会ですが、住む場所ではなかったというのが正直な感想です。東京の方には大変申し訳ありませんが・・・coldsweats01 やっぱり田舎者だからでしょうね。というわけで3回に渡ってご紹介してきた東京のお話、これにて終わりたいと思います。繰り返しになりますが、観光には最高の場所ですし、何といっても日本の首都ですから、皆さんも是非ゆっくり観光など楽しんでみてくださいsign03
  

  

 

 

  
 
 

 

   
   
      
  
  
 
   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2012年10月12日 (金)

3兄妹の父の東京放浪記(2)

 さて、それでは前回の続きですhappy01 今回の研修での自分の生活といえば、いわゆる「月~金・9時~17時」というやつで、土日祝はオールフリーという今まで味わったことのない生活sign01 しかも寮生活のため通勤がないsign03 ということで、時間的にはかなりの余裕があった研修生活でした。

 

 なので最初の頃はそれこそ土日の度に東京見物に出歩いていましたがcoldsweats01 そういう話ばかりをこの場でご紹介すると、やっぱり東京へは遊びに行ってだだけ・・・なんて思われちゃいますので、まずは少し研修生活のお話をbleah 

 

 

 自分は今回、「救急救命士」という厚生労働省所管の国家資格を取るため、約半年間の研修を命ぜられ東京へと行ったわけですが、この国家資格、やはり医療関係の資格ということで、この資格を得ることで今後は医療従事者としての扱いを受けることになります。(まだ受かったわけではないので、あくまでの仮の話ですが・・・coldsweats01) 自分としてもかなり荷の重い気持ちしか最初はありませんでした。しかしまあ、研修最初の頃はそれでも案外軽い気持ちで生活を行っていましたthink しかし、研修所にいらっしゃる教官方は、それぞれ東京消防庁をはじめとして、年間数千から数万の救急出場件数を抱える大都市で、すでに救急救命士として多くの人々を救ってこられた先輩方ばかりsign01 当然ながら熱い思いを自分たちにぶつけてこられます。また、そこに常勤する医師の先生方もその世界では超有名人の先生方ばかり。特に外来講師として来られている先生方は、K士館大学やK林大学など、何度となく名前を耳にしたことがある超有名大学病院の救命救急センター長、国内ばかりでなく海外でもご活躍されている先生方ばかりcoldsweats01 そのオーラに圧倒されっぱなしで、

 

 「こりゃとんでもないところに来てしまったんだな・・・coldsweats02

 

 

 という思いをすぐに植えつけられていました。講義の内容も実習の内容も、どれもこれもレベルが高く、こんなんで自分は本当にやって行けるのかとかなり不安になりました。 

 

 

 ある先生は、名前をY口先生とおっしゃります。そりゃ偉い先生です。熱い先生です。昔あったドラマ、救命病棟24時・・・江口洋介演じる進藤先生、ご存知の方も多いと思いますが、その進藤先生のモデルと言われるのがY口先生。ダンディですlovely 渋いです。その先生の口癖・・・

 

 

 「考えろ。考えるんだ。考える救命士になれ。俺は考える救命士が好きだ。」

 

 

 その考えるのが一番難しい。。。coldsweats02  医学、医療、人体の仕組み、病の仕組み、考えて理屈立てて理解できるようになったらもはや医者だ・・・。でもそういうレベルを求める先生。教授。自分の及ばない領域に足を踏み入れてしまった感がひしひし・・・shock 

 

 

 

 しかし、そんな自分を助けてくれたのが、全国47都道府県から集まった仲間たちの存在でしたhappy01 北は北海道から南は沖縄まで、本当に47都道府県から総勢300名近くの同志が集まり同じ研修を受けるわけですから、こんなに心強いことはありませんでしたhappy01 中でも特に仲良くなったのが、研修中ずっと同じ班で活動した3人ですhappy01 自分の他に福島県・新潟県・大分県の人と同じ班になり、その人たちと一緒に研修を乗り切ることができました。勉強も訓練も生活も、本当に助けられましたhappy01 無理と諦めていたレベル、少しは近づけたような。

 

 

 自分はこの研修期間中、医学的な知識・処置的な技術ももちろんですが、そのほかにも多くの事を学ぶことが出来ましたhappy01 仕事に関係する面もそうですし、それ以外の事でもそうです。ここで仕事の話を一つすれば、この研修中に病院実習ということで地元の病院で1週間、臨床実習を行ったのですが、生の医療の現場で一人のスタッフとして仕事をする中で、本当に貴重な経験をさせてもらうことが出来ましたhappy01 これからの大きな財産の一つになりました。また、仕事以外の面では、やはり離れて暮らす家族の有難さが身に染みましたし、不在で苦労を掛けたと本当に申し訳なく思います。(実は父なんていない方が楽だったりして・・・bleah) ま、とにかく人生初めての単身赴任!都会での暮らし!!皆様の支えがあって無事に過ごすことが出来た・・・というお話しでしたhappy01

 

 

 

 さて、ということで、一応は国家資格の名に恥じないような知識と技術は教え込まれたということでsmile あとは来る3月の国家試験に合格して、今度はその経験を救急隊員として市民の皆様のお役にたてるよう頑張るのみですsign01 

 

 

 

 

 それでは次回は、残った東京見物の写真を一挙公開ですhappy01 これまで書いた通り、最初は物珍しさで結構東京見物を満喫しましたが、後半は真面目な研修生でしたのでbleah 残りの写真はわずかですがご紹介だけしたいと思います。

 

 

 ちなみに余談ですが・・・coldsweats01 自分が約半年の東京生活で出会った芸能人は・・・わずかに3名sweat02(プラス、フジの女子アナ数名) 最初はミッツ・マングローブさんcoldsweats01 浅草寺にプライベートでいらっしゃっていたのを発見しましたが、一応変装らしきものはされているようでしたが、女性の格好をされているのにその恰好とはかなり違和感の感じる背の高さsign03 そりゃ一発でばれますcoldsweats01 

 

 Img_0446
 次に見たのが石原さとみさんhappy01 自分からは遠くからでしたのではっきりとは見えませんでしたが、きっと綺麗だったのでしょうねぇhappy01 研修で仲良くなった仲間にサインもらってきてもらいましたscissors 結構ドラマとかにも出演されていて、今旬な女優さんとのことでしたhappy01 う~んsweat02 こんなことなら恥ずかしがらずにもっと間近で見とけば良かった!

 

 

 

 

 

 

 Ifone_039
 そして最後が元光GENJIの諸星和己さん。CD発売のキャンペーンイベントで来ていましたhappy01 自分の小学生の頃活躍されていたジャニーズアイドルでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年10月10日 (水)

3兄妹の父の東京放浪記(1)

 さて、それでは3兄妹の父、裕の東京放浪記第1弾sign01 まずは自分の通っていた研修所のご紹介からsign01 

 

 

Img_1556Img_1554Img_1552Img_1553


 

 

 

 

 

 ここは「救急救命東京研修所」というところで、八王子市という東京都の西のはずれcoldsweats01 東京は23区と多摩地区に分かれますが、ここ八王子はもちろん多摩地区!それでも八王子市の中心部はまあ都会らしい雰囲気なのですが、この研修所のある位置は八王子市でもさらにはずれの方!神奈川県との県境付近で、福井市内よりさらに何もないところですhappy01 ま、研修を受けるには良い環境ということでしょうか・・・coldsweats01 そしてその中の自室の写真です。机が一つと書棚、タンス、そしてベッド、トイレ付きということでかなり狭いsign03 

 

 部屋の掃除にトイレ掃除、ごみの始末に洗濯、アイロンがけ・・・全部自分でやらなければならず、この生活で嫁のありがたさを痛感する父、裕なのでしたcoldsweats01  ま、それでも3度の食事が揃っているだけ大分ありがたかったです。(^^)

 

 

 さて、こうして順調に始まった研修生活ですが、まず4月の休みに訪れた東京見物といえば、何といっても4月ですからお花見ですねcherryblossom 東京の桜の名所といえば、新宿御苑に上野公園、そして隅田川河川敷・・・まだまだあるのですが、とりあえずこの辺をチョイスして見物に出かけましたhappy01

 

 

PhotoPhoto_2 まずは新宿御苑に出かけましたが、ご覧の通りの人・人・人sign03 中に入るのはかなりの困難で諦めましたcoldsweats01 さすがは東京ですね。

 

 

 

 

 

Photo_3Photo_4Photo_5 その後、新宿ということで、スタジオアルタや歌舞伎町、そして歌舞伎町の中にある焼肉叙々苑などを田舎者らしく素通りし、続いて浅草の浅草寺、上野恩賜公園の桜を見に  行きました。ま、どこもかしこも人ばかりで、本当に疲れましたし、早くも東京の洗礼を受けた気分だったのを思い出します。上野公園では、花見と称して花は見ず、大宴会で盛り上がる人で溢れかえっており、西郷さんも泣いてました…>_<…

 

Photo_10Photo_11Photo_12 

 

 

 

 

Photo_16 
Photo_19 
 

 

 

 

 

 

 そしてこの日最後は隅田川へと・・・ここが一番落ち着きました。夕方、やはり4月はまだ肌寒い感じでしたが、桜もスカイツリーも綺麗でした。

 

 Photo_22
 
Photo_24



 

 皆さんにくれぐれもお伝えしたいのですが、自分は遊びに行っていたのではなく、きちんと仕事で行っていたので、そこら辺はどうかお間違えの無いようsign03 

 


 次回に続く・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年10月 9日 (火)

ただいま!!

 皆様お久しぶりです! 今年4月から約半年、仕事の都合で東京で単身赴任をエンジョイしておりましたがbleah ようやく刑期(?)を終え、無事に福井に帰ってくることが出来ました! まあ長いようで短い半年でした。

 

 東京という街は、やはり田舎者の自分にはかなり刺激の強い街でしたがcoldsweats01 若干は標準語に染まりながらも、何とか福井人のまま戻ってくることが出来たと思いますhappy01 お話をしたいことは多々あるのですが、一つ感じたことは、東京というところは確かに何でもできるところではありますが、東京にあって福井にないもの・・・というのもほとんどないように感じました。高層ビルが並び、それだけでも田舎者には圧倒されますが、実際に生活をしてみると福井と変わらない・・・言い換えればそれだけ福井も十分便利な街だということでしょうか。アミューズメントの面では、それは東京はすごい街ですが、日常の生活の面では福井も十分都会並みだと思いましたhappy01

 

 

 あえて東京の便利なところと不便なところを挙げるとすると、まずは便利なのは、電車は待たなくてもすぐに来る!!!ということです。福井のように30分・1時間待たないと次の電車が来ないという状況は絶対にありませんね。駅のホームに入った瞬間、ナイスタイミングで電車が必ず来るんですね。これはすごいと感じました。逆に不便な点は移動が全て電車ということで、満員電車もつらいですし、駅まで歩きだし、駅からも歩きです。車社会にどっぷりつかった自分としてはかなりの苦痛でした。特に東京生活最後の1ヶ月は、八王子のホテルから研修所までの通勤だったのですが、かなりの苦痛でしたcrying そしてもう一つ東京の不便な面は、食事でした。これは福井とは比較にならないですねsign01 福井と同じような美味しいものを食べようと思うと、それなりのお金を払わないといけません。家のご飯のありがたさが本当に身に染みましたshock

 

 さて、こうして自分が東京生活を楽しんでいる間、丸岡の柔道では随分といろいろな動きと言いますか事件と言いますか・・・coldsweats01 楽しいことも辛いこともあったようで、いろいろ福井の少年柔道の先生方のお話しを聞いたりブログを拝見させていただいて情報収集をしておりましたが、もう体がうずうずして仕方がないので、早速丸岡スポ少に顔を出して子供たちの元気な姿が見たい!というのが今の一番の心境ですgood これからは今までのように、子供たちの丸岡柔道らしい熱い柔道が見れると思うと、もうすでに心が躍りますが、個人的には同じように3兄妹の成長の度合いを見るのも実は楽しみではありますhappy01 

 

 

 今まで半年の間、このブログもお休みという形でサボらせていただいておりましたが、これからはまた以前のようにブログを通じて子供たちの活躍の様子を書いて行きたいと思っております。また、皆さんのコミュニケーションの場としてもぜひ活用していただけたらと思っておりますので、これからも今まで同様によろしくお願いいたしますsign03

 

 

 次回からは、少しではありますが自分が見た日本の首都東京について書きたいと思います。

 

 

それではみなさま、長い間お休みを頂き本当に申し訳ありませんでした。これからも今まで同様、どうか丸岡柔道スポーツ少年団とその応援日記、よろしくお願い致します!自分も、半年間ブログをさぼっていたお詫びに、これからはますます熱い日記にして行きたいと思っております!

| | コメント (10) | トラックバック (0)
|

« 2012年4月 | トップページ | 2012年11月 »