« 第2回ひのまるキッズ近畿小学生柔道大会(大会編) | トップページ | 団内予選 »

2012年3月 1日 (木)

第2回ひのまるキッズ近畿小学生柔道大会(練習会編)

 記事の内容が日にちを前後してしまい大変申し訳ないのですがsweat02 今回はひのまるキッズの最終回ということで、2月25日(土)に行われた前日練習会の様子を少し書きたいと思いますhappy01 

 

 この練習会は、最初自分は内容をまったく把握しておらずcoldsweats01 勝手な想像で、醍醐杯のように自由練習を行うものと思っておりましたが、行ってみてびっくりcoldsweats02 有名な元日本代表選手を先生にお迎えし、しっかりとした練習会形式で行われました。予想外で嬉しいサプライズとなりましたhappy01 来て下さった先生は、ソウルオリンピック出場の須貝等先生をはじめとし、青井先生、内村先生、薪谷先生の4人の先生でしたhappy01 また、参加されていたチームは、地元の大阪のチームを中心に10~15チームぐらい、総勢100名弱ぐらいだったように感じました。

 

 さっそく準備体操を行った後、まずは寝技の講習ということで、内村直也先生に寝技の基本となるしぼり、エビ、逆エビについてポイント解説をしていただきました。どれも丸岡スポ少では、みんなが一緒になって準備体操とともに行う練習ですが、正しい行い方とポイント、そして何故それが必要なのか、どういう場面で生きてくるのかを分かりやすく説明していただき、柔道の基本動作ではありますが改めてお聞きすると、「なるほど!」となりましたhappy01 

 

 しぼりのポイント

 ① いつも言っていることですが、脇をしっかり締める

 ② これもいつも言っていることですが、引き切ったところが一番胸が張る状態で

 ③ 足はしっかり開いておき、閉じない

 

 もうみんな十分理解していることだと思いますが、①ができないと相手をしっかり上四方固め等で抑えることが出来ません。確実に逃げられます。②も③も同じ理由ですよね。

 

 エビのポイント

 ① 畳を蹴る足は横を向いて上になる方の足

 ② 下の足を相手の体に入れるコツ、そしてそれによる効果

 

 横四方固めなどから逃げるためのポイントがぎっしりで、思わず納得でしたhappy01 

 

 逆エビのポイント

 ① とにかく足で畳を力強く蹴り上げ、できるだけ遠くに跳ねる

 

 3つの解説が終わると、続いては寝技の乱取り稽古を行いましたsign01 まずは寝技の1本目。せっかくの機会ですし、滅多に経験できないことでもあるので、K雄先生が泉弥に「薪谷先生にお願いしてみろ。」と言って下さり、薪谷先生も快く寝技の乱取りを受けて下さりhappy01 とても嬉しい体験をさせていただきましたhappy02 自分は、薪谷先生といえば足技の恐ろしいまでのキレで世界を制した時のイメージが強いですし、その当時薪谷選手を追い越そうと出てきた塚田選手とのガチンコ試合は印象に残っていますhappy01 先輩の意地と気迫で、まだまだ若い塚田選手には追い越されまいとする、気持ちもかなり強い選手だと感じましたが、その分怪我に泣いた選手でもあったと思いますthink 気持ちが体を上回り、かなりの無理を気迫でカバーしていた証拠だと思います。

 

 また、実はこの合同練習会、大会本番で泉弥が対戦する予定のチームと選手、そしてAゆむが対戦する可能性のあるチームと選手も参加しておりcoldsweats01 まあ、泉弥なんかは元々駆け引きなんか百年早い実力しかないので、あまり気にはしなかったつもりなのですが、それでもやっぱり気にしてたんでしょうねcoldsweats01 とりあえず寝技ならOKだろうと「行け!」指令を出しましたhappy01 

 

 ずっと寝技の勝負に目を向けていましたが、やはりそう簡単には抑えさせてくれませんよねcoldsweats01 強い選手だというのは分かっていましたが、寝技もしっかり鍛えられていると思いましたcoldsweats01 しかし、泉弥も守ることなく終始攻め続けることが出来ていましたので、こちらも合格点でしたpass 翌日本番で自信を持って寝技勝負に行ける感触は掴めましたので、確かに「掟破り」の翌日対戦相手との練習でしたが、それなりに成果はあったと思いますgood 

 

 自分は残念ながらこの練習会では、丸岡応援団からただの父親に成り下がりcoldsweats01 泉弥の寝技の様子しか目に入りませんでしたがcoldsweats01 参加したK太郎とAゆむも、きっとそれぞれ次の日の本番を見据えた練習が出来ていたことと思いますgood 

 

 

 寝技が終わると次は立技ということで、こちらも打ち込みの前に先生方から技の解説をいただきましたhappy01 まずは内村先生から、先生の得意技であった背負投げの解説をしていただきました。先生は今回、後回り捌きからの背負いについて解説をされました。普段道場では、前回り捌きの技しか教えてもらっていない丸岡の選手にとっては、少し難しい話になったかも知れませんが、その分新鮮で得るものも多い解説だったと思います。自分としては、中学時代には理解できなかった点だと思うのですがcoldsweats01 相手の圧力に負けて後ろに下げられ掛ける背負投げと、しっかり体を捌いて相手を引きだし掛ける後回り捌きの背負投げは、やっぱり根本的に違うということだろうと思います。今頃分かるなんて・・・coldsweats01 先生の背負投げのデモは、背中に相手を担いで投げるというよりは、背中に相手が乗ることなく投げ切る技で、まさに手技と呼ぶに相応しい背負投げでしたlovely 

 

 背負投げのポイント

 ① 引き手は小指側をしっかり上に向けて相手の腕を持ち上げ、脇を広く開ける

 ② 姿勢が悪くならないよう、しっかり前を向いて技に入る

 ③ 引き手は思い切り引くというイメージよりは、体をしっかり回すイメージで。

   体が回ることにより、引き手を自然に引いている結果になる。

 ④ 釣り手の肘を相手の脇に入れた時、肘が前にいって縮こまった状態にならない 

   ように。肘をしっかり相手の脇に当て、相手の上半身をロックさせて投げる。

 

 ③の部分が、自分で思い描く背負投げとは大きく違う点で冷や汗がでましたcoldsweats01 自分が泉弥に伝えている「引き手をしっかり引いて投げろ」は、間違いなのでしょうか・・・sweat02 まだまだ勉強が必要ですね。

 

 続いては薪谷先生から足払いの解説をいただきました。解説の冒頭、薪谷先生は、

 

 「足払いはとても地味な技だし、練習(打ち込み)も単調でつまらない練習だと思うが、大きくなった時に必ず自分を助けてくれる技になる。自分は現役時代、この足払いの打ち込みを一人で一日1,000回行っていた。毎日1,000回も足払いを練習していれば、試合でも無意識に良い足払いが出るようになる。」

 

 と、自身の体験談とともにお話し下さり、自分も3兄妹には足払いをかなり意識させていますし、先生のおっしゃる通り必ず自分を助けてくれる素晴らしい技だと思っていますので、とても良い話をして下さったと思いましたhappy01 我が家では、長男の優弥も足払いはよく使いますし、小学生の頃から何度も美味しい思いもさせてもらっている技ですsmile 美希弥も同じく足払いを多用し、こちらもだいぶ上手くなってきているところです。泉弥だって、結論的には翌日の1回戦の勝利も、今回の薪谷先生の足払いの講習がしっかり生きた結果だったと思いますhappy02 

 

 足払いのポイント

 ① 前を向いて

 ② 腰を入れて

 ③ 畳に足が擦る瞬間に早く・強く払う

 ④ 払うのは足の裏で、小指の先まで力を入れて

 

 まさにスポ少で先生方が子供にしつこいくらい伝えていることと同じですhappy01 薪谷先生がデモで見せてくれた出足払いの、僕が一番素晴らしいと惚れ惚れした点は、足の払う角度でしたlovely 先生の払う足はしっかり足の裏で相手の足を捉えており、しかも足の5本の指の先までしっかり力がみなぎっている状態でしたsign01 とにかく足払いと言えば、「これはローキックかsign02」と言いたくなるような、お互いに痛い足払いになりがちですがcoldsweats01 やっぱり世界を制した足払いは全くモノが違いましたねwink 

 

 こうして2人の先生から解説を受けた技の打ち込みを行い、最後は立技乱取りで練習が終わりました。立技乱取りでは、さすがに翌日対戦予定の選手と練習というのは、ちょっとまずいというか何というか・・・coldsweats01 しかし強い選手がたくさん揃っていましたので、次の日の大会本番の調整としてとても良い練習をさせてもらうことができました。

 

 今回、この前日練習会に参加できたことは本当に良い経験が出来たと思いますし、これだけでも大会に出場できた意味があったと思いましたhappy01

 また、これはおまけではありますがcoldsweats01、練習に来られていた斉藤仁先生と、今回指導をしてくださった薪谷先生のサインまで道着にしていただいて、とても充実した前日練習会になりましたsign01

|
|

« 第2回ひのまるキッズ近畿小学生柔道大会(大会編) | トップページ | 団内予選 »

丸岡スポ少柔道日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/44300844

この記事へのトラックバック一覧です: 第2回ひのまるキッズ近畿小学生柔道大会(練習会編):

« 第2回ひのまるキッズ近畿小学生柔道大会(大会編) | トップページ | 団内予選 »