« それぞれの成長を信じ・・・ | トップページ | ブログ休止のお知らせ »

2012年3月31日 (土)

第4回丸岡スポ少団内柔道王決定戦

 平成24年3月30日(金)に丸岡武道館において、保護者会主催の「第4回丸岡スポ少団内柔道王決定戦」が開催されました。今年は日程の都合上、通常練習日に行なわれた今大会、早くも4回目の開催を迎えることになりましたhappy01 

 

 

 今年も今大会の言いだしっぺである3兄妹の父が対戦形式等を企画させていただき、日程調整の難しい中でしたが何とか開催させていただきました。本年度は以下の部門で、団内の第4代柔道王・立技師・寝技師の称号を賭け、団員達の熱い戦いが繰り広げられましたsign03

 

 

 ① 団内寝技師決定寝技トーナメント(低学年の部)

 ② 団内寝技師決定寝技トーナメント(高学年の部)

 ③ 団内立技師決定団体戦(5人制)

 

 

 各部門の入賞者、そして栄えある4代目の柔道王・立技師・寝技師に選ばれた選手は以下のとおりでしたhappy01 

 

 

 《寝技師決定寝技トーナメント(低学年の部)》

 

 優勝   田中 陸晴(2年)

 2位   東  遥翔(3年)

 3位   小野山 裕夢(3年)

 

 

 《寝技師決定寝技トーナメント(高学年の部)》

 

 優勝   高山 桂輔(6年)

 2位   高島  歩(4年)

 3位   松原 拓海(5年)

 

 

 《立技師決定団体戦》

 

 優勝   チームD(歩・憲人・彰真・円蔵・大地)

 2位   チームA(桂輔・湧成・裕生・真之介・真弥)

 3位   チームB(拓海・遥翔・陸晴・芽衣・来人)

 

 

 《4代目柔道王》

 高山 桂輔

 

 

 《4代目立技師》

 高島  歩

 

 

 《4代目寝技師》

 高山 桂輔   田中 陸晴

 

 

 以上の結果となりました。入賞された皆さん、そして栄えある4代目の柔道王・立技師・寝技師に選ばれた選手の皆さん、本当におめでとうございましたshinesign03shine 

 

 

 今大会、団体戦については我ながら超ナイスなチーム編成となりhappy02 4チームで総当りのリーグ戦を行いましたが、そのほとんどの試合で大将勝負にもつれ込むという接戦ばかりとなり、ハラハラドキドキのとても面白い団体戦を見せていただきましたgood これはなんといっても、僕のチーム編成が素晴らしかった・・・・・のではなくbleah 戦っている選手達が気迫のこもった熱戦を見せてくれたからに他なりませんwink その証拠に、自分が思っていた結果とはまるで違う、いわゆる番狂わせがいくつもありましたsign03 みんな、試合を決して諦めずに、最後までチーム一丸となって戦ったからこそだと思いますhappy02 

 

 

 まずは寝技師決定寝技トーナメントsign01 幼年~3年生までの低学年の部、そして4年生以上の高学年の部に分かれて、3分ランニングで寝技勝負のトーナメントを行ないましたhappy01 みんな、気付かないうちに物凄い寝技の進歩があり、見ていて本当に驚かされましたcoldsweats02 そんな中、高学年の部の決勝戦は、K輔が6年生の意地を見せ、Aゆむに判定勝ちsign01 技術の高さを見せてもらいました。自分としては、もっと判定勝負が多いかな・・・と思っていたのですが、予想に反してしっかり抑えこんで1本勝ちという試合が多く、見ている方としては面白かったですhappy01 

 

 

 そして立技師決定団体戦sign01 これは見物でしたhappy02 僕は、東京出張前に本当に素晴らしい激励をいただいた思いで、今回の子供達の熱戦を見させてもらいましたhappy02 勝敗の結果、熱戦の様子、試合内容ももちろんそうでしたが、何と言っても団体戦を行なっている選手達の表情、姿、応援の様子、本当に素晴らしかったですsign03 カッコよかったですgood みんな、自分たちのチームの試合に集中し、自然に大きな声が出て、一生懸命チーム全員で戦えていましたgood 自分が3月の県大会の団体戦で感じたこと、子供達にどうしても伝えたかったこと、わざとブログで嫌なことを書いてしまったこと、全てが今回の団体戦に凝縮されていました。自分は、リーグ戦最後の2試合、A-Dの戦い、B-Cの戦い、見ている途中で不覚にも泣きそうになりましたcrying 丸岡の子供達が、団体戦でこんなにも熱く必死な試合ができるんだと思ったら、嬉しくて嬉しくて・・・団内の戦いではありましたが、本当に見応えのあり、選手・保護者の方々みんなが一つになれた、本年度最後の戦いにして最高のベストバウトを見せてもらいましたwink 今大会を企画して本当に良かったと感じた瞬間でしたhappy01 

 

 

 選手のみんなは、今大会でのあの戦いを絶対に忘れないでもらいたいと思います。閉会の講評でMなぶ先生もおっしゃっていました。1本での決着が多い丸岡らしい素晴らしい戦いだったと。みんなも実際に感じたはずです。チーム一丸で戦えば、普段の何倍もの力を出すことが出来、そして番狂わせもたくさん起こるし、勝てない相手に勝つこともできる。チームが勝ったときの嬉しさだって、個人戦で勝つより、チームばらばらの団体戦で勝つより、何倍も何百倍も嬉しいと感じたはずです。逆の負ける悔しさも・・・。

 

 

 今大会を契機に、また一つ丸岡スポ少が強くたくましいチームに成長してくれたことと思いますhappy01 チーム一丸となり戦うことの意味、チームの力が持つ可能性、お父さん・お母さんの応援が自分たちに与えてくれる力、感謝の気持ち、仲間の大切さetc・・・・・たくさんのことを学んだことと思います。いよいよ4月から新年度sign01 また新しい1年が始まります。この日の自分たちの力・チームの力を信じ、両親や先生方、仲間への感謝の気持ちを忘れずに、1本を取る丸岡柔道で頑張っていってくださいsign03 自分もこれからも、丸岡スポ少の応援団として子供達を一生懸命応援していきたいと思いますwink 

 

 

 最後になりましたが、今大会の開催にあたりご協力をいただいた、保護者会役員のみなさま、共催いただいた指導員の方々に厚くお礼申し上げますhappy01

 

|
|

« それぞれの成長を信じ・・・ | トップページ | ブログ休止のお知らせ »

丸岡スポ少柔道日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/44702964

この記事へのトラックバック一覧です: 第4回丸岡スポ少団内柔道王決定戦:

« それぞれの成長を信じ・・・ | トップページ | ブログ休止のお知らせ »