« 金井杯を終えて(団体戦編) | トップページ | 寝技の進歩 »

2011年12月 1日 (木)

金井杯を終えて(個人戦編)

 今回が金井杯の最終章、個人戦編ですhappy01 午後から行われた個人戦、全てを見れたわけではなく、また、日も経っているので詳しいところは覚えていない部分もあり申し訳ないのですがcoldsweats01 印象に残っている試合もあります。

 

 幼年の部に出たM弥ちゃん、1回戦で負けちゃったのですが、結構良い体格で強い子なんで1回戦で負けたのが信じられないぐらいですsweat02 確か大外に行こうと踏み込んだところを逆に投げられたのだと思います。

 

 2年生の部ではR晴が2位shine 大会の最後に行われた各学年の決勝戦、選手・保護者・先生方みんなが見守る中での試合ということで、緊張感のある中でとても頑張っていたと思いますhappy01 結果は相手のプレッシャーに押され気味の展開で、なかなか技も出せない状況が続き、旗で0-3の判定負けcrying まだ2年生のR晴には酷な注文かも知れませんが、ああいう緊張感のある大舞台でガンガン攻め込める気持ちの強さをこれから作っていかなくてはならないのかもしれませんthink しかし、勝ち上がりではR晴よりもさらに体格の大きい選手相手に、大外刈り・大内刈りで攻め込みポイントを奪い、さらに抑え込んで1本勝ちという強い勝ち方を見せてくれて、僕はこの試合は素直に凄いと感心しましたwink やっぱり大物だし強い選手だと今大会で改めて感じましたhappy01 

 

 一方、M衣ちゃんは1回戦は得意の背負投げで1本勝ちsign01 3回戦(2回戦?)で今回優勝の選手に1本負けshock これからの目標は、同じ団内に強い同級生がいるので、どんどん練習していくことでしょうねgood 何度も書いていますが、きっと投げられるようになると思いますhappy01

 

 そして今回とても良い試合を見せてくれたのが、3年生の2人だったと思いますhappy01 H夢は負けてしまいましたが、最近では一番積極的な柔道が出来ていたと思いますgood 一番見せてほしかった背負い投げにこだわった柔道sign01 何回かは担いでいましたし、あと一歩のところだったと思います。また、Hるかも1週前の醍醐杯からまた一つ成長した姿をみせてくれて、特に負けた2回戦はある意味驚きの試合展開だったと思います。よく攻め、よく耐え、力は数段上の選手に旗の判定に持ち込む大接戦で、見ているこちらも興奮しましたnote 旗では分が悪い感じに見えましたが、それでも大善戦だったと思いましたhappy02 

 

 最後は4年生の部。急きょ、出場させていただけるようになった選手を含め、5人の選手を送り込んだ部でしたが、結果はAゆむの3位が最高位でした。Y成・Sょうの軽量級コンビは初戦で散りshock K人・泉弥は2回戦で散る結果となりましたshock 出場していたどの選手も強くて大きな選手ばかりでsweat01 軽量級のY成・SょうやK人・泉弥には厳しいトーナメントとなったようですが、そんな中でも持っている力をいかに出し切るかは日頃の練習次第だと思います。ただ、4人に言えるのは、4人とも丸岡柔道の特徴である「逃げずに組んで戦う」という点ではしっかりできていたと思いますgood K人はこの4年生の部優勝の選手に組んできれいに宙を舞う1本負けcoldsweats01 簡単に飛ぶのが良いとは言いませんが、負け方としては面白い負け方ですcoldsweats01 最初からあきらめずに、もっと何かできないかを考え自信を持って挑戦すれば、もっと面白い試合が出来ると思います。

 

 また、泉弥は、初戦の寝技に大きな手ごたえを持ちました。しかも午前の団体戦でまずい寝技をしてしまった後でしたので、縦四方が崩れたあとに気持ちを切らさず横四方に抑えに行けて、体格差のある選手を25秒しっかり抑え込めたのは大きな収穫だと思いました。しかし、2回戦では団体戦で負けた相手に同じ負け方をしてしまったのは反省の残る試合でした。これからの課題だろうと思いましたので、しっかり練習してもらいたいと思います。

 

 さて、いよいよ週末の高浜大会が丸岡スポ少にとって今年最後の大会となりますsign03 今年の締めくくりとして熱い戦いを期待したいですhappy01

 

|
|

« 金井杯を終えて(団体戦編) | トップページ | 寝技の進歩 »

丸岡スポ少柔道日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/43213872

この記事へのトラックバック一覧です: 金井杯を終えて(個人戦編):

« 金井杯を終えて(団体戦編) | トップページ | 寝技の進歩 »