« 楽しいおもちゃの使い方 | トップページ | 中学秋季大会を見て・・・ »

2011年10月 7日 (金)

大会後の水曜日の練習(番外編)

 先日、先週の水曜日、琵琶湖カップ明けの練習に参加して思ったことなんかをずらずらと勝手気ままに書きましたがsweat01 今回はその番外編で居残り練習でのことをもう少し書こうかとhappy01 

 

 記事の内容は美希弥の練習の様子ですが、先週の水曜日は柔道にかなりの進歩が見られましたgood 僕はこの日の美希弥の乱取りの様子を見て心から、

 

 奥襟を持たせたりせずに、前襟と袖を二つしっかり持っての柔道

 

 もっと極端に言えば、

 

 前襟にこだわった柔道

 

 を教えて下さっている先生方に感謝したい気持ちで一杯になりましたhappy01 

 

 美希弥が小学生の終わりごろ、内股を習いだして練習をしている姿を見て、実は僕はある不安を持ってその姿を見ていました。その不安とは、美希弥が内股や払腰を使っていくようになった時、自ら楽な方に流され、これらの技を練習することにより奥襟を掴んでの柔道になってしまうのではないかという不安でした。まだ釣り手の使い方すら分かっていない状態なのに、そこで奥襟を持っての柔道に慣れてしまうと、釣り手を全く使えないまま成長してしまう。。。気持ちの成長もまだまだの美希弥では、一生、前襟を持っての柔道に戻れなくなってしまう。。。ただでさえ体が華奢でcoldsweats01 超軽量級の美希弥が、中学の内からそのような柔道をしてしまったら・・・shock 

 

 おそらくは父の中学生時代と同じ道を進んで、同じ挫折を味わい、そして同じように柔道が嫌いになってしまうのではないか・・・sweat02 

 

 僕は大人になってから、先生方のお陰で再び道衣を着て畳の上に立つことが出来るようになりましたhappy01 しかし、昔のことは全て忘れており、体からきれいさっぱり消えてしまっていますcoldsweats01 子供たちと柔道するときは、大人になった利点を最大に生かし、パワー勝負で技を掛ける体たらくsweat02 そんなパワー勝負の時は奥襟を持つに限ります。頭を下げさせ潰せばいいんですから楽ですもんbleah 僕みたいな素人では、奥襟柔道はそうなってしまいますcoldsweats01 でもこれは力の弱い者には通用しますが、子供たちが中学生になり、体が大きくなって力がついてくるともう通用しません。当たり前ですcoldsweats01 

 

 前襟を持って技を掛けるのは釣り手をきちんと使って、相手を上に投げなければならないので、かなり難しいですし僕にはもう無理です。中学生のころに練習していた背負い系の技、もう腰が回らないですshock でも難しい反面、釣り手を使えている技は、崩しも投げも決めもしっかりできていて、豪快でカッコいいですし、1本取れる技になります。僕の憧れの1本技ですhappy02 

 

 そういえば・・・、美希弥にちょくちょく内股を教えてくれているY章、奥襟の持ち方・使い方がとても上手だと思いますねwink また、この前乱取りをしてくれたS中学校のⅠ君も、奥襟の使い方がとてもうまいと感じましたwink そういう風に考えると、奥襟は、釣り手の使い方が上手な選手にとってみるととてもすごい武器になるのだと思いますgood でも、彼らもやはり、前襟での釣り手がしっかり使えているからこその奥襟ではないのかと感じます。なので、両手とも全く使えていない美希弥には、やはり奥襟は100万年早いsign03 

 

 美希弥は、中学生になり生意気に兄を超えるぐらいの背丈になってきました。でも、背負い投げは使う・使わないは別にして練習してほしいです。前襟を持って投げる技の代表格ですからhappy01 大外刈りや内股、大内刈りも同じですが、まずは釣り手をしっかり使える柔道家になってほしいです。奥襟を持った技はその後でもいくらでも練習して上手くなると思いますが、奥襟柔道をした後では、もう前襟は持てなくなりそうで怖いですshock 

 

 そんな時、水曜日の美希弥の最後の方の乱取りを見て、釣り手を意識して柔道をしている美希弥を見て、本当に安心しましたhappy01 大きい選手相手に大外刈りで勝負に行く「バカさ(褒め言葉です)」が戻ってきましたhappy01 返されても、同じ返され方を二度続けてしなかった。釣り手は技を掛ける時に威力を発揮しますが、技を受ける時や或いは軽量級選手が相手との距離を測ったり間合いを作ったり、体の出し入れをするのにも重要ですthink これは美希弥の柔道に幅を持たせてくれるきっかけになりそうな・・・そんな練習を見せてもらいましたcatface ただ、残り時間2分という先生の掛け声のあとは・・・・・もっと勝負に行けよannoy 一番肝心なところでイモ引きやがってangry

 

 体は細くてパワー不足、センスもなく弱っちい美希弥ではありますがcoldsweats01、少しずつは成長してくれているようですgood これからも襟と袖をしっかり持って、正面を見て柔道が出来る、弱くてもカッコいい柔道選手になってほしいと願う父でした。

 

 

|
|

« 楽しいおもちゃの使い方 | トップページ | 中学秋季大会を見て・・・ »

3兄妹の柔道成長日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/42139396

この記事へのトラックバック一覧です: 大会後の水曜日の練習(番外編):

« 楽しいおもちゃの使い方 | トップページ | 中学秋季大会を見て・・・ »