« 大忙しの三連休(小松合宿編) | トップページ | 大忙しの三連休(琵琶湖カップ編) »

2011年9月28日 (水)

大忙しの三連休(小松合宿編2)

 小松合同練習合宿の2日目sign01 再び宿泊場所から桜木町武道館まで移動し、2日目は午前中は練習試合、午後からは元立ち稽古を中心に行われましたhappy01 この日は、さらに丸岡の選手が2名合流し、10名での参加となりました。

 

 午前中の練習試合・・・sweat02 この日は各試合場で35分交代で対戦チームを入れ替えて行うということになり、初日より10分短縮して行われました。そこで効率よく試合を進めるために、高学年と低学年に分かれて試合を行いました。初日同様、この日も輪島柔道教室さんと合同でやらせていただきました。

 

 O山先生は主に高学年の試合場で審判をしていただき、T山先生には高学年の指導をしていただいた関係上、自分が低学年の方を見せてもらうことになりましたが、なかなか思うように声を掛けることが出来ず、子供達には申し訳ないことをしてしまいましたshock そんな中、とにかく元気を出して声を出すようにとは言い続けたのですが、なかなか子供たちを動かすのは難しいですcoldsweats01 普段の先生方のご苦労が身に染みて分かりましたshock また、昨日同様泣き出す子には無理に試合を強制することもできず、やる気のない子に試合をさせるわけにもいかず、闘志のない試合を見せる子に掛ける言葉も見つからず、もう力不足の自分自身が情けなくなってきましたshock この日の低学年の子らは、前日の良い試合を見せてくれた面影が全くなかったですね。。。

 

 そんな辛い状況の中、僕を唯一救ってくれたのは、合同で試合をしてくださった輪島さんの1年生3人トリオと2年生の子の素晴らしい柔道でしたhappy02 特に一番小さくていつもトップバッターで試合をしたM君という子は素晴らしかったshine 彼の背負投げの入りは本当に素晴らしくセンスを感じました。立って投げ切ろうとするあのスタイルがまたグッドgood この柔道スタイルを、どんなことがってもいつまでも持ち続けてほしいと心の底から願いましたhappy01 このM君の柔道、そして背負投げは、うちの団のM衣ちゃんにそっくりで、M衣ちゃんの1年生の頃の柔道によく似ていましたhappy01 

  

 また、M君は気持ちも強そうで、試合中も何度も泣きそうにはなるのですが、グッとこらえて相手に向かっていっていましたgood R晴に投げられて泣いていたころのM衣ちゃんがこのM君とダブって見えましたcatface それにしてもあのM君の柔道は、試合中何もできずに泣いて帰ってきて、もう試合をしたくないという丸岡の子らに見習ってほしいと心から思いました。まだ1年生の子ですら、必死に歯を食いしばって、泣きたいのをグッとこらえて頑張っているあの姿を、しっかり見てほしいと思いました。

 

 午前中、低学年の試合を見ていて少しおなかが痛くなってどうしようかと思っていたところcoldsweats01 午後からはうちの3兄妹の長男・次男が合流し、元立ち稽古が始まりました。優弥と美希弥も石川県の中学に通う男女中学生と仲保道場出身の中学1年生のY君、そしてH先生のご子息のS統君に稽古をつけてもらって、僕もそれを楽しく見ることが出来てようやく腹痛から復活sign03 特に優弥とS統君の練習は見ていて面白かったですhappy01 優弥の柔道とS統君の柔道は、タイプは違うのですがスタイルが同じで噛みあうようで、見ていて面白い乱取りになります。この日は、優弥が4~5回の乱取りで2回ほど投げられ完敗。でもすっきりする練習でした。また、美希弥は同じ1年生のY君に、何度も何度も果敢に挑戦させてもらい、ボコボコにされていて、こちらもすっきりする練習を見せてもらいましたhappy02 こういう練習をさせてもらえる相手に巡り合えることはこの上ない幸せですねhappy01 そのほかにもたくさんの中学生男女が練習に参加しており、優弥・美希弥も小学生以上に良い練習をさせてもらっていたようです。優弥はすぐにバテてゲロゲロになり、言い放った言い訳が

 

 「ココ酸素ウスいわ」

 

 ですから参りますannoy お前はいったい標高何千メートル地点で練習してるんやpunch くだらん言い訳だけはするようになりやがってimpact

 

 また、小学生組は見ていて面白かったです。やはり午前中の練習試合で奈落の底に叩き落された子たちはcoldsweats01 元立ち稽古では全く相手を捕まえることはせず、ほとんど練習に参加していなかった状態でした。でも僕はあえて声はあまり掛けませんでしたthink なぜなら、自分が赤帯を巻く番になったときに、彼らはきっと思い知らされるはずですから・・・柔道の厳しさを。

 

 こうしていよいよ丸岡の子たちが赤帯をもらう番sign01 当然と言えば当然ですが、周りの他のチームの子たちは、一斉に丸岡の子達、特にRくとY生目掛けて走り出し、奪い合いですthink RくとY生が物凄く強くて、どうしても練習したくて奪い合うのではもちろんありませんthink 柔道では、相手に弱いところを見せたらダメです。こういう結果が待っていて、余計につらい目に遭います。きっと彼らは、2分×8本の乱取りでかなり辛い思いをしたことでしょう。今回の合同練習合宿、まだまだ柔道を始めたばかりの彼らには少し厳しかったのかも知れません。しかし、いずれは通らなければならない道ですし、これを通り超えて強くなっていかなければならないのです。こういう厳しい合同練習をこれから何回も経験していくことで、きっとまた一つ強くなれると思います。

 

 練習の最後に、元立ちのラストは先生方が赤帯を結んで子供たちの掛かり稽古の相手をすることになり、当然のことながら僕も赤帯を巻いて参加させていただきましたhappy01 高学年の練習エリアで待機していると、これまた強い子らがたくさん掛かってきてくれて、ほんとうに楽しい練習が出来ましたhappy02 最後の最後、気分爽快で練習を締めくくることができて大満足の合同練習となりました。

 

 最後になりましたが、今回練習試合でご一緒させていてただいた輪島柔道教室さん、そして練習に参加されていたチームの皆さん、主催してくださった小松分団のみなさん、H先生、良い経験をさせていただき本当にありがとうございましたsign03 また次の機会にも是非ともよろしくお願いしますhappy01

 

 さて次回、大忙しの三連休のいよいよラストを飾るのは、9月25日に滋賀県で開催された琵琶湖カップについてですhappy01

 

 

|
|

« 大忙しの三連休(小松合宿編) | トップページ | 大忙しの三連休(琵琶湖カップ編) »

丸岡スポ少柔道日記」カテゴリの記事

コメント

まず、この場を借りましてH先生に厚く御礼申し上げます。数年という短い期間ではありましたが、いろいろお世話になりました。
特に、合同練習で共に汗を流した次の週、マルちゃん杯で初戦対戦した時のことが忘れられませんよねcoldsweats01
次の赴任先でもご活躍を祈っています。

さて、小松合宿では裕さんには大変ご苦労おかけしましたcoldsweats02 おだてたり、なだめたり、叱ったり大変だったでしょうsweat01sweat01sweat01
3年生達にはより一層どころか百層くらい練習に取り組んでもらわねばなりませんpout
今回の合宿でキレの戻った裕さんも引き続き協力願いますwink

投稿: クリリン会長 | 2011年9月29日 (木) 11時41分

キレは全く戻りませんが(というか、初めからキレは全くありませんcoldsweats01)、体力は少しついてきたような気がしていますhappy01

水曜日の寝技の練習で思いましたが、やはり数年前では想像もできないぐらい、みんなの寝技のレベルが上がっていますねhappy01 琵琶湖でもそうでしたが、これだけの寝技、自信を持って使っていかないともったいないですねhappy01

投稿: 柔道3兄妹の父、裕 | 2011年9月29日 (木) 12時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/42046044

この記事へのトラックバック一覧です: 大忙しの三連休(小松合宿編2):

« 大忙しの三連休(小松合宿編) | トップページ | 大忙しの三連休(琵琶湖カップ編) »