« 人生初の! | トップページ | 平成23年度全日本少年武道(柔道)練成大会(2) »

2011年8月 2日 (火)

平成23年度全日本少年武道(柔道)練成大会(1)

 ずいぶん久しぶりの更新になりますsweat01 申し訳ございませんcrying 今後も、自身の都合により、更新ペースが以前よりは少し少なくなると思いますweep しかし、決して応援をやめたとか熱が冷めたとかいうことではなくcoldsweats01 あくまで一身上の都合ということで、これからも丸岡柔道スポーツ少年団の子供たちの活躍の様子などを中心に、ペースは落ちますが日記を綴っていきたいと思っていますのでscissors これからもよろしくお願い致しますhappy01 

 

 それでは早速sign03 今回は、先日の日曜日に東京の日本武道館で開催されました「平成23年度全日本少年武道(柔道)錬成大会」sign03 丸岡柔道スポーツ少年団は、また今年も参加させて頂きましたので、この大会に出場した選手たちの活躍の様子を書きたいと思いますhappy01

 

 その前に、まずは今大会への遠征にあたり、出場された選手のみなさん、同行して下さった先生方と保護者のみなさま、そして遠征の準備から全てを段取りして下さった保護者会役員のみなさま、本当にお疲れさまでしたsign03 誰一人怪我や病気などにならず、無事に遠征を終える事ができましたこと、まずはホッとしておりますし、選手はもとより、遠征に参加されたみなさまのお陰と、心から感謝しておりますhappy01 また、福井に残り応援して下さっていた他の団員・保護者のみなさまを始め、丸岡スポ少に関わる全てのみなさまのご理解とご協力がなければ、このような大きな遠征が成功するはずもなく、改めましてみなさまにお礼申し上げます。無事に福井に帰ってきたということで、これが何よりの結果報告となったと思いますhappy01 

 

Img_0004_3 それでは大会についてですが、それにしても今大会は、丸岡柔道スポーツ少年団としては5回目の出場となりますが、何回経験しても燃えますsign03 なんといっても武道の聖地と呼ばれるタマネギの下での試合ですからねup 柔道家にとってまさに最高の舞台sign01 燃えない訳はないですし、勝ちたい気持ちはかなり大きいですし、丸岡柔道を思う存分発揮してもらいたいと思うのは当然ですhappy01 まだ小学生の選手達がこのような大きな舞台で、しかも全国からチームが集まる大会で試合ができるのですから、本当に羨ましいですし貴重な経験をさせていただいてきたと思いますconfident 

 

 今年の丸岡スポ少は、低学年と高学年の2チーム出場させて頂きましたhappy01 学年構成の都合で、高学年は2人落ちの3選手で臨みましたが、8人の選手全員が本当に良い試合で良い経験をしてくれたと思いますshine みんな本当によく頑張って、日本武道館で丸岡柔道をしっかり見せてきてくれたと思いますし、僕自身としましても過去4回の遠征と比べても、今年は特に印象に残る良い試合が見れた大会だと思いましたhappy01

 

 

 前日の夜10時に丸岡武道館を出発した選手たちは、バスの中でもなかなか眠る事が出来なかったようでcoldsweats01 特にSょう・K人の磯部小学校コンビが、A◯B48に負けないくらいのマックスハイテンションup そのテンションを、どうか試合でお願いしますcoldsweats01 状態でしたねsign01 こうして、例年よりは若干遅めになりましたがsweat01 翌朝6時に目的地の日本武道館に到着。選手たちは朝食を取り開場を待ちましたが、K先生に開場待ちの列に並んで頂き、3兄妹の父とM先生、T先生、Sょう父の4人は、もはや東京遠征の恒例行事となりつつある靖国神社への必勝祈願に向かいましたhappy01 

 

Img_0006Img_0013 靖国神社へは、初参加から今回で5回目の必勝祈願となりますが、過去4回は、1年目はお賽銭の額をケチって初戦敗退shock 2年目は前回の反省を生かしてお賽銭の額を増額し見事に初戦突破sign01 3年目も2年目と同様の額で初戦突破sign01 4年目は早く着き過ぎsweat02 神社の開門前に到着してしまったので、やむなく門前でお賽銭無しで勝負しましたが、2回戦でR佳が怪我に見舞われる結果となりましたshock こうも律儀にお賽銭の額どおりの結果をもたらしてくれる靖国神社の神様bleah 今年も過去に習い、2・3年目と同様の額で必勝祈願を行いましたhappy01 神社への祈願が終わり、選手たちと開場待ちの列に向かうと、なんと懐かしいことかsign03 S沼先生の奥様とジュニアたちの姿がcoldsweats02 残念ながらS仁君やN弥ちゃん、H人君の姿はありませんでしたが、T三郎と弟(ごめんなさい。名前がわかりませんsweat02)が立っていました。遠い四国・高知県の強豪、W田道場の一員であるT三郎、あの小さかったT三郎が見違えるほどになっていて驚きました。

 

 

Photo こうして迎えたいよいよ開会式sign01 日本武道館内のタマネギの下付近に設置されている輝く日の丸(まだ国旗として認められていないままなのかなぁsweat02)と、それを照らすための照明器具が点灯し、会場内がどよめきとともに一気に盛り上がりましたup 何回経験してもゾクゾクッと鳥肌が立つ瞬間ですねsign01 

 

 

Photo_2 続いて団旗の入場行進が始まりました。今年、丸岡スポ少の旗手を務めてくれたのは、もちろん主将のK輔happy01 3兄妹の父の手作りの団旗が高々と掲げ上げられて行進していくのを見るのは、やはり格別な思いがありますねcatface もうこの団旗も5年目になりますし、3兄妹の手作りですのでボロいし格好もイマイチなのですがcoldsweats01 K輔は、団旗がよく目立つように高々と上げて行進してくれたので、本当にナイスでした(*^ー゚)bグッジョブ!!

 

 今大会は、開会式の冒頭で、先に東北地方の太平洋沖で発生しました東日本大震災により被災され、尊い命を落とされた方々への黙祷が捧げられ、また、選手宣誓ではその被災地である気仙沼市柔道スポーツ少年団の女子選手が宣誓を行いました。この選手の宣誓が本当に素晴らしかったですwink 声が大きくてハキハキと、そしてよく通る綺麗な声で宣誓してくれましたし、長目の宣誓でしたが噛んだり間違ったりもなく内容がしっかり聞き取れましたgood 彼女の選手宣誓で印象に残ったのが「感謝」という言葉をたくさん使っていたことでしたconfident 

 

 被災した自分たちを助けてくれたみなさんへの感謝、手を取り合い助け合った被災者同士への感謝、被災してなお柔道ができることへの感謝、そして支えてくれるご両親や先生方への感謝・・・

 

 いろいろな「感謝」が宣誓の中に出てきて、本当に素晴らしい宣誓でしたsign03 

 

 

 こうして開会式も無事に終わり、いよいよ次は基本練成の部へと移りました。今年の基本練成は、丸岡からは参加者はいませんでしたが、技の講習のゲストとして3人の先生が来て3 下さっていましたhappy01 小川先生の背負投げ、法兼先生の払腰、そして塚田先生の大外刈りと、短い時間でしたが素晴らしい講習を聞かせていただきましたnote 特に塚田真希先生は、最近まで全日本女子重量級のエースとして、数々の国際大会で素晴らしい活躍をされた選手ですし、ホームセキュリティAL○OKのコマーシャルでも有名ですからbleah 泉弥もよく知っている選手ということで、真剣な表情で大外刈りのポイントについて聞き入っている様子でしたwink 全く大外刈りになっていない大外刈りで、返されることばかりの泉弥ですからcoldsweats01 なぜ返されるのかをしっかり覚えておいてほしいものです。

Photo_3Photo_4Photo_5Photo_6  

 

 

 さて、前置きがかなり長くなってきましたのでcoldsweats01 本戦の選手たちの活躍の様子はまた次回にしたいと思います。

|
|

« 人生初の! | トップページ | 平成23年度全日本少年武道(柔道)練成大会(2) »

丸岡スポ少柔道日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/41041244

この記事へのトラックバック一覧です: 平成23年度全日本少年武道(柔道)練成大会(1):

« 人生初の! | トップページ | 平成23年度全日本少年武道(柔道)練成大会(2) »