« 声 | トップページ | 県大会団体戦 »

2011年7月 4日 (月)

福井県少年柔道大会

 平成23年7月3日(日)、福井県立武道館において福井県少年柔道大会が開催され、丸岡スポ少も参加させていただきましたhappy01 当日、試合会場へ向かうと、もうすでに選手や保護者のみなさんで一杯sign01 武道館駐車場やその近辺には、たくさんの駐車場係の方が立っていらっしゃり、朝から本当に暑い中でしたが子供たちのために頑張っておられました。まずは改めまして、福井県柔道連盟の方々をはじめ多くの係員の皆様のご尽力に心よりお礼申し上げます。子供たちが不自由なく大会に臨めるのも、こうして大会運営に携われておられる皆様のお陰であることは言うまでもないことですが、今回改めて気づかされた部分であり、感謝の気持ちは忘れてはならないと感じました。

 

 

 さて、それでは今大会の内容・結果ですが、今大会は午前中に個人戦(4年〜6年の部)、午後から団体戦(4・4・5・5・6・6・6年の7人制)が行われました。今大会では、午前中の個人戦の上位入賞者は、そのまま福井県代表として団体を組み全国大会に出場することになります。個人戦の結果は省略させていただきますが、全国大会出場を決めた選手のみなさん、おめでとうございますsign01 福井県代表として是非頑張ってきて欲しいと思いますhappy01 また団体戦では、三国町柔道教室さんが優勝、金井学園ジュニアさんが準優勝、3位に川口道場さんと實心館仲保道場さんが入られました。こちらもおめでとうございましたsign03

 

 それではまずは個人戦の様子からですが、丸岡スポ少からは4年生の部に3人(Aゆむ、K人、泉弥)、5年生の部に2人(T海、K太郎)、6年生の部に1人(K輔)が出場しましたが、Aゆむが4年生の部で準優勝を飾りましたshine 惜しくも5年生、6年生では入賞は逃しましたがcrying、特に6年生の部に出場したキャプテン・K輔は、負けはしましたが良い内容の試合をしていたように思いましたwink

 

 

 K人は、初戦は見事に1本勝ちsign01 2回戦では優勝候補筆頭の前に撃沈しましたが、初戦の動きや2回戦の撃沈ぶりを見ると、以前よりははるかに自信を持ってK人らしい柔道ができるようになっていると思いましたhappy01 また、準優勝のAゆむですが、こちらもK人と同じく決勝戦で優勝候補筆頭の払い腰の前に撃沈という結果でしたcoldsweats01 ただ、僕が個人的に思うのは、4年生で今回優勝したT選手を相手に怖がらずに正面からがっちり組み合い、取るか取られるかの真っ向勝負ができるのは、福井県の4年生ではAゆむだけだと思いますthink 勝ち負けという面だけを見れば、あっさり払い腰の前に撃沈してしまったという結果ですが、T選手相手にこうして真っ向から組み合う勝負が見れるだけでも、僕は見る価値のある戦いだと思いますhappy01 他では見れない柔道ですからねwink 少年柔道ファンとしては単純に面白いですscissors

 

 4年生最後は泉弥ですが、今回は残念ながら初戦敗退という結果でしたcrying 試合内容は頑張っていたと思うのですが、今回は完全に実力負け、力不足でしたsweat01 力を出し切れずに、弱気な柔道で負けたのなら怒ることもありますが、今の泉弥の練習通りの柔道をして負けたのですから仕方がありませんねwink 泉弥が相手選手より弱かったということだと思います。まだまだ成長も遅く課題だらけの泉弥ですから、この敗戦をよく噛み締め、また次回に向けて頑張ってくれることを期待したいですhappy01 ただ、実力負けの中、一つだけ褒めてあげたのは、試合中、今ちょうど練習をしている連続技をだそうとしていて、それは決まりませんでしたが僕の中ではある程度手応えはありました。練習していることを出そうとした試合は本当に良かったから、失敗してもいいからこれからもどんどん使って行きね、と。

 

 次は5年生ですが、K太郎は3回戦まで進む健闘を見せましたが、3回戦では優勝候補に屈しました。勝った2試合は、いずれも勝ちたいという闘志の見えた素晴らしい試合だったと思いますshine 手足が長く体格に恵まれた選手なので、強い気持ちを持って前に出ると、やはり相手選手は怖いだろうと思います。昨日のように自信と気迫を持って前に出て欲しいと思いますhappy01 ただ、前に出る時にキョンシーのように脇がっぽりで行くと、3回戦のように背負の餌食になりますねcoldsweats01 続いてT海ですが、こちらは2回戦敗退crying そして何の巡り合わせかcoldsweats01 その2回戦ではいつもお世話になっていて、対戦機会も多い坂井町のH選手との対戦でしたsweat01 この二人、何故か対戦機会が多いように感じますねcoldsweats01 いつもの対戦では分の悪い相手ですが、今回も払い腰で撃沈しましたshock きっと5年生二人は、今年も来年もずっと、坂井町のH選手とは戦って行かなければならないのだと思いますdanger 体格差はありますが、なんとか一矢報いて欲しいと思いますscissors

 

 個人戦最後、6年生の部はK輔が出場しました。冒頭で書いたように、初戦敗退ではありましたが、試合内容はK輔らしい素晴らしい試合内容だったように思いますwink 対戦相手はかなりの強敵sign01 僕も一昨年、その選手を初めて見た時に、これはセンスがあるし体のバランスも運動神経も素晴らしく、また、体格以上にパワーもありそうな良い選手だなあと思っていた鯖江のW選手でした。ちょっとK輔にとっては初戦から厳しい相手だなあsweat01 と思っていましたが、その予想通り結果は優勢負けとなってしまいましたが、内容は予想をはるかに上回る良い試合を見せてもらいましたhappy01 やはり相手はパワーもあり、引き手を持たれて絞られると、もう釣手が全く使えなくなってしまっていたのが残念でしたが、柔道センスならK輔も負けていませんので、動きの中で足技を使って、なんとか自分の組み手にしようと頑張っていたように見えました。この試合、結果は優勢負けで見せ場もあまり作れてなかったのですが、釣手の使い方一つで、また全く違った試合になっただろうなあという思いで試合を見ていましたhappy01 K輔もいよいよスポ少最後の年となり、一つ一つの大会が最後の大会となっていきます。毎試合ごとに強く・上手くなっているのが素晴らしいと思いますhappy01

 

 

 さて、こうして午前の個人戦が終わりましたが、次回は団体戦の様子を書きたいと思います。

|
|

« 声 | トップページ | 県大会団体戦 »

大会結果2011」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/40668022

この記事へのトラックバック一覧です: 福井県少年柔道大会:

« 声 | トップページ | 県大会団体戦 »