« 県大会団体戦 | トップページ | 生意気な男 »

2011年7月 7日 (木)

川口道場さんとの合同練習

 7月6日(水)、丸岡スポ少の定例練習日ですが、この日はいつもお世話になっている川口道場さんが練習に来て下さりましたhappy01 川口道場さんとは、日曜日にも県大会団体戦で対戦させていただき完敗を喫したばかりですので、丸岡としては願ってもない合同練習となりましたsign01 子供達には、是非とも川口道場さんの練習の様子や取り組む意識を直接感じてもらい、自分たちがなぜ試合で負けたのかを考えてもらいたいと思いましたhappy01

 

 この日は僕自身も、是非とも川口道場さんの子供たちと一緒に練習をして、彼ら・彼女らからたくさんのことを学びたいとはりきって練習させてもらいましたsign01 しかし、もう練習が終わる頃には(いや・・・序盤の寝技の練習が終わる頃にはすでにsweat02)、ヘロヘロにさせられグロッキーの父、裕coldsweats01 川口道場さんの子供たちの練習はかなりキツイですdanger さすがは鍛えられたチームだという印象をかなり受けました。丸岡の子供たちもきっとこの練習でヘロヘロになって、良い練習ができたのではないかと思いますhappy02

 

 

 寝技の練習。さすがに寝技が強烈に鍛えられていて、子供たちも寝技にかなりの自信を持っているチームですので、さすがにその動きは丸岡スポ少の及ぶところではありませんでしたdanger その入り方や抑え方・寝技の基礎の部分はもちろん素晴らしいのですが、僕が実際に寝技乱取りをさせてもらって一番感心したところは、とにかく動きに迷いが少ないことと動きが止まらないところでしたshine 3年生から6年生まで何人かと練習させてもらったのですが、みんな動きに迷いがなく次から次へと動きが繋がっていくのに感心しながら練習させてもらいました。これは本当に、とてつもない数の反復練習の賜物だと感じました。また、ある子は縦四方固めのキメるポイントをしっかり理解しており、大人でもがっちり抑えられたらなかなか逃げられない抑え込みを行っていました。

 

 また、もうひとつ丸岡スポ少の子らと違うと感じたのは、寝技の攻防で攻める気持ちがとても強く感じられ、守るという気持ちが全くなかったという点だと思いました。下になっていようが攻められていようが、どうにかして自分の態勢に持っていこうと動きを止めることなく寝技の攻防を行っているので、気持ちで負けるとすぐに攻守交代させられてしまいますcoldsweats02 この辺りは是非見習ってほしい一番のところだと感じました。実際、この日の寝技練習では、丸岡の子供たちはかなり苦戦しているようでしたしcoldsweats01 もう一歩で抑えきれずに終わってしまうのも、やはりこうした気持ちの部分であることがほとんどだと思います。

 

 

 そして最後の立技乱取り。。。僕はあることに注目をして練習を見ていました。そのあることとは・・・?

 

 日曜日の団体戦に出場した選手たちが、最初の3回の乱取りで、自分たちの負けた相手に何度、自分から乱取りを申込みに行くのかsign02

 

 という点でした。日曜日の団体戦では1-5での敗戦。引き分けも合わせると6人の選手たちが負けもしくは引き分けたということになります。しかしその6人のうち、始まって3回の乱取りでその相手に練習を申込みに行ったのは・・・わずか2名ほどでしたshock もちろん、狭い道場の中にたくさんの子供たちが溢れている中での乱取り稽古でしたから、相手を選んで捕まえるのもなかなか難しい状況ではあったと思いますがcoldsweats01 少しだけがっかりした瞬間でもありましたcrying 

 

 その立技の乱取りは、30分以上にも及んでいましたが、みんな汗だくsweat02sweat02sweat02 ヘロヘロになりながらも必死の表情で練習に取り組んでおり、とても良い練習ができたと思いますsign03 そんな中、丸岡スポ少で特に意識の高い練習をしていたと感じたのは、やはり今伸び盛りで丸岡の期待の戦力となる選手たちだったと思います。強くなるには訳があるsign01 練習はそのままその子の柔道に出てくるものですねwink また、乱取りの後半は泉弥の乱取りの様子を見ていたのですが、学年が二つ上の北信越強化選手トリオに果敢にも何度も挑戦させてもらい、その子らの練習には全くならないのですがcoldsweats01 それでも快く乱取りを受けてくれて、本当に良い経験をさせてもらったと思いますhappy01 せっかくこのような貴重な練習をさせてもらったのですから、少しでも自分との違いに気づいてくれる部分があればうれしいと思いました。

 

 そして通常練習終了後の居残り練習、3兄妹は一緒に残って練習してくださった川口道場の子供たちに再度挑戦させてもらい、居残り練習をさせてもらいましたsmile 長男・優弥は無謀にも赤ペン先生に、次男・美希弥はこれまた無謀にも6年生の北信越強化選手のK選手に挑戦させてもらい、泉弥はM穂ちゃんとライバル対決を繰り広げていましたhappy01 3兄妹とも、なかなかできない練習ですから、これも貴重な練習になったと思いますhappy01 皆さん本当にありがとうございましたsign03

 

 この日は週の真ん中の水曜日にも拘らず、川口道場からたくさんの子供たちが練習に来て下さり、本当にありがとうございましたsign03 敗戦のショック療法としては最高の練習になったと思いますし、丸岡の子供たちも肌でその厳しさを味わったことと思います。とても貴重な練習が出来たと思います。またこれからも、同地区で同じ柔道スタイルを信条とするライバル同士・仲間同士として、一緒に頑張っていけたら最高だと思いましたsign03 また次回、機会がありましたら練習・対戦とよろしくお願いしますhappy01

 

 

 

 

|
|

« 県大会団体戦 | トップページ | 生意気な男 »

丸岡スポ少柔道日記」カテゴリの記事

コメント

水曜日はありがとうございました。
寝技から立技までみっちり練習できて大満足でした。
やはりしっかり組み合っての攻防は見ごたえがありますね。
自分も久しぶりに優弥君と練習しましたが、強くなっていましたね~

本当に足技がうっとうしいsweat01

いい選手になってきました。

美希弥君も身長が伸びて大きくなっていましたし、泉弥ちゃんはガンガン練習している姿が印象的でした。
これからが楽しみですね!!

投稿: 赤ペン | 2011年7月 8日 (金) 12時54分

赤ペン先生、ありがとうございます!組み合っての柔道を信条としているチーム同士の柔道は、お互いの力を出し合えるので、見ている側も迫力のある柔道が見れて楽しいですhappy01

また、3兄妹のことを良く言って下さりありがとうございますhappy01 3人なりに頑張っているようなので、父もうれしく思っています。

優弥は今月大事な大会が控えています。先生に稽古をつけてもらって、万全で試合に臨めるはずだと思いますgood

また、イチオシは美希弥で、最近何か中学生らしい柔道をするようになり、一回りたくましくなったように感じます。いつもヒョロヒョロ・ナヨナヨ・モジモジしていた子なので、この成長は大きく感じます。

泉弥は3兄妹の中では一番柔道センスがないのですがcoldsweats01 練習は3人の中で一番する子かも知れません。

本当にこれから先が楽しみで、自分は幸せ者です。

投稿: 柔道3兄妹の父、裕 | 2011年7月 9日 (土) 10時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/40711149

この記事へのトラックバック一覧です: 川口道場さんとの合同練習:

« 県大会団体戦 | トップページ | 生意気な男 »