« 福井県少年柔道大会 | トップページ | 川口道場さんとの合同練習 »

2011年7月 5日 (火)

県大会団体戦

 前回の続きで、日曜日に行われた県大会の団体戦編ですhappy01 丸岡スポ少は団体戦の予選リーグ、豊さんとの2チームリーグに入りましたcoldsweats01 運が良いのか悪いのか・・・coldsweats01 この予選リーグ最初の一試合が、イコール決勝トーナメント進出のかかる大事な一戦sign03 1試合しかできないのは辛いので、何としても勝って予選リーグを突破したいところでしたsign01 しかしながら・・・丸岡スポ少は今大会、4つのポジションが学年落ちとなる厳しいチーム編成sweat01 かなりの苦戦が予想されましたsweat02 

 

 なので、学年の揃っている先鋒と次鋒、そして大将は是が非でも勝たなければならないところでしたthink しかしよく見ると、豊さんも6年生二人が穴あきということで、お互いに苦しいチーム編成の中での戦いとなりました。

 

 こうして始まった先鋒戦sign01 丸岡としては是が非でも勝たなければならない先鋒戦でしたが、相手選手の攻勢の前に返し狙いに回ってしまう厳しい試合展開shock いつものSょうらしい背負投げ柔道が見られませんでしたcrying 結局、最後はその返し技を狙われ先鋒戦を落としてしまいましたdown やはり、普段慣れない返し中心の柔道になってしまうと苦しいですねsweat02 Sょうらしいいつもの背負い投げ柔道が見れたら、きっと違う結果になっていたと思いますthink

 

 続く次鋒戦は、泉弥が抑え込みで1本勝ち。不細工な入り方でしたがcoldsweats01 何とか25秒抑え切りました。こうして1勝1敗で学年落ちの五将戦を迎えました。

 

 五将戦では、出だしはK人の調子が良くshine 個人戦同様K人らしい柔道をしていると思っていましたし、勝つチャンスがある試合だったと思うのですが、ちょっとした気の緩みを狙われまさかの1本負けcrying 結構きれいに投げられていたので、相手選手の技にタイミングが合ってしまったのでしょうsweat01 仕方のない負けかも知れませんが、決して内容は悪くなく、負けたこの試合にも自信を持ってほしいと思いました。しかしチームとしては1-2と再びリードを許してしまう厳しい試合展開で中堅戦のAゆむが登場しましたthink 

 

 もちろんAゆむには、一学年上との対戦でも、計算上1勝を期待してしまっているので、是非とも勝ってほしい試合ではあったのですが、何しろ対戦相手も強い選手で・・・coldsweats01 ちょっと微妙な感じかなぁsweat01 と思って見ていたのですが、ここでAゆむの素晴らしい内股が炸裂し、見事な1本勝ちsign01 チームを救ってくれた内股でしたshine 特に良かったと思うのは、最初にAゆむが仕掛けた内股でしたが、相手選手も内股で返しに来て内股の打ち合いになったのですが、最後まで投げ切る気持ちの上回ったAゆむが投げ勝ったのが素晴らしかったですし、立ってしっかり跳ね上げる気持ちのあったきれいな内股だったのが素晴らしかったですhappy02 本当にきれいに豪快に決まりましたよねgood 普段の練習から、決して巻き込んだり釣り手を離したりせずにしっかり立って跳ね上げる技を練習してきた、Aゆむの努力の成果だと思いますshine 丸岡柔道らしい技で学年上の強敵選手に投げ勝ったのですから、チームの勢いもここで更に勢いづいた感じとなりましたし、実は団体戦自体の結果としても、相手チームの三将・副将がともに不在のためにこの試合で勝負がつきましたhappy01 

 

 続く三将・副将戦は不戦勝で4勝目。大将戦ではキャプテンK輔が、Aゆむのつけてくれた勢いをそのままに、大きい体格の選手から背負い投げで技有りを二つ奪って1本勝ちsign01 K輔は本当に良い柔道をしていましたgood 小さい選手が大きい選手を投げると、やっぱりカッコよく見えますねhappy01 柔道の醍醐味を見せてもらいました。

 

 この結果、団体戦の初戦は5-2で勝利happy02 決勝トーナメント進出を決めましたhappy01 ホッと一安心したいところでしたが、やはり反省も多い団体戦だったと思うので、決勝トーナメントではその辺を修正してくれることを期待していました。

 

 

 そしていよいよ決勝トーナメント初戦、準々決勝は、同じ丸岡地区でライバル同士でもある川口道場さんとの対戦に決まりましたimpact 負けられない戦いですsign03 いつも負けてばかりでしたから、今度こそ強い川口道場さんから勝利を奪いたいところでしたthink やはり初戦同様、丸岡スポ少としては学年の揃っている先鋒・次鋒・大将が勝負どころですが、しかしながら大将戦では川口道場さんは県を代表する強い選手が控えていますのでcoldsweats02 先鋒戦・次鋒戦だけでなく、前半4試合、いや、7試合すべてが勝たなければならない鍵を握る試合になりますthink かなり厳しい戦いになることは百も承知ですが、しかし勝ちを諦めず戦うには、チーム全員の心を一つにして一戦一戦戦うしかありませんからねsign01 

 

 こうして始まった川口道場さんとの試合sign01 先鋒戦はまたも厳しい試合展開でshock この試合で勝たなければ、ここですでに団体戦の勝敗まで決まってしまいかねない大事な試合think この緊張感が応援席の僕のところまで伝わってきましたが、試合をしているSょうまでもがこの緊張感に飲み込まれた感じでしたshock 学年下の選手が相手でしたが、中盤に足技で有効を奪われてしまいましたshock その後、Sょうは取り返しに行こうとしていたと思うのですが、もう一つ気迫の面で及ばなかったのかも知れません。川口道場さんの先鋒の攻めと勝利への執念が、試合終了までSょうの気持ちを上回っていた結果だったのかも知れませんthink この試合、僕は改めて「気持ち」の大切さを学んだ気がしました。

 

 続く次鋒戦、もうここは絶対に落とせない試合でしたが、泉弥は何とか優勢勝ち。動きが焦ってバラバラcoldsweats01 しかも腰が引けていて・・・sweat01 おまけに下へ潰しにいく技sweat02 あれでは1本取れる技は出ませんねsweat02 ただ、この試合も一つだけ個人戦同様良い兆しが見れました。個人戦の時よりも更に可能性を感じさせてくれた大内→背負の繋ぎ技。不器用ながらもcoldsweats01 練習していることに挑戦しようとする姿は伸ばしてあげたい部分ですgood 悪い部分ももちろん修正しなければなりませんが、良い部分に気づいて伸ばしてあげることも大事だと感じた今日の泉弥の3試合でしたhappy01 

 

 さて、続いてここからは学年落ちとなる厳しい試合が続きますthink K人は、小柄ながらも動きがよく足技のキレる選手に、その足技で倒され1本負け。まだまだ仕方のないところではあると思いますが、K人はこの試合でまた一つ良い経験ができたと思いますgood 丸岡にはいないタイプの選手との試合ですし、泉弥もこの選手との試合では良い経験をさせてもらってますからhappy01

 

 こうして迎えた1-2でリードを許す厳しい展開で、学年落ちながら是非とも取り返したい中堅戦・Aゆむの試合sign01 先生の檄も大きく飛び交いましたが、惜しくも引き分けshock Aゆむも立ち技での勝負を選択し、攻めも強烈でしたが相手の粘りの前にあと一歩が攻めきれませんでした。

 

 続く三将戦も1本負けで落とし、1-3で後の無くなった副将戦sign01 T海の試合がまたまた僕自身が勉強をさせてもらった試合となりましたthink この試合は1-3と後の無い展開で、しかも内容勝負に持ち込むためにはただ勝だけではなく、1本勝ちしか許されない状況でした。ここでは優勢勝ちでも1本負けでもチームの負けは同じことです。大将戦へ望みを繋ぐには1本勝ちしか残っていません。だとすれば、T海に残された道は、玉砕覚悟で1本狙いに行く柔道だけですよねsign01 この試合展開を読む力といいますか、自分の置かれた状況を理解して柔道をする力といいますか・・・これは団体戦を戦う上では重要な要素だと思います。もちろん、丸岡柔道としては全試合どんな状況でも1本を取りに行く柔道のみだと思うのですがhappy01 であればなおさら、この状況での副将戦はT海にはそういう柔道を見せてほしいところでした。 

 

 結局試合は、このまま大将戦も1本負けで落として、終わってみれば1-5の大敗cryingcryingcrying またもや川口道場さんに及びませんでしたshock 完敗でしたねcoldsweats01 でも僕は、この試合を見ていて改めて団体戦の難しさや大切さ、逆に面白さを勉強させてもらいました。もちろん柔道は個人競技の部分も大きく、個人戦も魅力ではありますが、やはり団体戦では大きな醍醐味を味わうことのできる試合が多いですし、それだけ代表選手の責任も重大な勝負ばかりだと感じました。

 

 こうして今年の県大会は決勝トーナメント1回戦での敗退という結果に終わりましたが、個人的にもたくさん勉強させてもらったし、泉弥にとっても勉強になった試合ばかりだと思いますし、チームとしても成長のきっかけになる試合ばかりだったような気がしましたhappy01 今年もこれから、大きな試合が続きますし、団体戦もたくさん戦っていかなければなりませんconfident また次の試合でも、さらに成長した姿を見せてくれるよう、これからも毎回の練習を大切にしていってほしいと思いますsign03

 

 最後になりましたが、暑い中でしたが一生懸命応援していた父兄の皆さん、お疲れ様でしたhappy01 また、暑い中で、審判の合間にさらに熱い指導をしてくださっていた先生方、お疲れ様でした。

 

 

|
|

« 福井県少年柔道大会 | トップページ | 川口道場さんとの合同練習 »

丸岡スポ少柔道日記」カテゴリの記事

コメント

日曜日はお疲れ様でした。
また団体戦では対戦していただきありがとうございました。
実はこの団体戦、結構ヒヤヒヤしてみていました。
前半4つをもしかしたらやられてしまうのではないかという不安がありました。
それほど良い柔道をしていたと思います。豊さんとの一戦を見させていただき、取って取られての本当に面白い試合で団体戦の面白さが満開でした。
あの時の歩の豪快な内股には度肝を抜かれました。
でもやっぱり丸岡さんとの団体戦は面白いです。がっちり組んでお互いに取りに行く試合。
大事にしている部分なだけにとてもためになる試合ができたと思います。
また明日・・・・・宜しくお願いします。

投稿: 赤ペン先生 | 2011年7月 5日 (火) 15時33分

赤ペン先生、日曜日はお疲れ様でした。こちらこそ、楽しい対戦を見せていただき、ありがとうございましたsign03 とても見応えがあり、また一つ勉強させていただいた試合を見せてもらいましたhappy01

先生のおっしゃるとおり、僕もこの団体戦は前半4試合が勝負だと思っていました。(決して後ろ3人を信じていなかったわけではないですし、後ろ3人には申し訳ない書き方ですがcoldsweats01) しかし、終わってみればその前半4試合は1勝2敗1分・・・4勝しなければならないことを考えると、この時点で勝負有りでしたねcoldsweats01

でも、今回の川口道場さんとの試合で、丸岡スポ少はまた成長できたと思いますし、僕自身も楽しい試合が見れて大満足でしたwink 丸岡の子供たちも、この試合は組み合う柔道で力を出し切れたはずと思います。やはり、川口道場さんとの試合は燃えますねsign03

泉弥もまだまだ力不足sign01 次は1本取る丸岡柔道で、また挑戦させていただきますねhappy01 また次回、両チームの熱い闘いを期待していますgood

投稿: 柔道3兄妹の父、裕 | 2011年7月 6日 (水) 00時47分

今年からこの大会は(社)福井県柔道整復師会の主催となりました。私も所属する整骨院・接骨院の団体です。
運営にあたって、手馴れた会員ばかりではなく、初めて大会運営に参加する会員も多数おり、参加者や応援の保護者の方にも御不自由かける事も多々あったのではないかと思いますが、今後とも宜しくお願いいたします。coldsweats01

さて、今回の試合は、審判員のローテーションがきつく、他会場の子供達をほとんど見れませんでした。コーチに付く事もできず、子供達には申し訳ないことをしましたcoldsweats02

試合内容は、良い試合もありましたが、負けた試合の中では相手の名前を見た時点で自分で勝敗を決めているかのような残念な試合が見られました。
君たちには負けて失う物なんてまだありません。
日ごろ積み重ねた物を思いっきり出せればそれでいいのですから。どこかの長男みたいに、たとえどんな相手にも自分の持てる力を出し切って欲しいですbleah (catface誉め過ぎですかsign02

投稿: クリリン会長 | 2011年7月 6日 (水) 11時56分

クリリン会長、日曜日はお疲れ様でした。

7人の団体戦は、いろいろ勝負所やキーとなる試合があり、展開が面白い試合が多いですねhappy01 我がチームの試合はもちろんですが、準決勝・決勝も展開を読みながら楽しく応援させてもらいましたcatface

個人戦・団体戦とも、負けた試合は素直に悔しいですが、まだまだチームは強くなってくれると信じています。同時に、我が子のことも、日曜日は悔しい思いもしましたが、まずは父がしっかり信じてあげようと思いましたhappy01

最後に、会長がおっしゃる@どこかの長男@というのが、丸岡スポ少出身で現在◯中柔道部に在籍している、3兄妹の長男のことを指しているのでしたら、褒め過ぎですbleah 最近、生意気にバカを卒業して、少し計算するようになってますからcoldsweats01

投稿: 柔道3兄妹の父、裕 | 2011年7月 6日 (水) 17時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/40675501

この記事へのトラックバック一覧です: 県大会団体戦:

« 福井県少年柔道大会 | トップページ | 川口道場さんとの合同練習 »