« 下手すぎ! 逃げすぎ! 体力なさすぎ! | トップページ | 福井県少年柔道大会 »

2011年6月24日 (金)

 6月に入り、3兄妹の父は結構なペースで練習の見学に行けていますhappy01 丸岡スポ少も7月に大事な日整全国大会予選を控え、なかなか良い練習が出来ているのではないかと思いますscissors 

 

 前回の記事のことではないですが、泉弥も柔道の下手さは相変わらずのままですがcoldsweats01 練習自体はなかなか良い内容の練習が出来ているのではないかと思いますhappy01 泉弥の練習を見ていると、全てに無駄な力が常時入りすぎているため、すぐにバテてヘロヘロになる様子が目につきますcoldsweats01 ま、ヘロヘロになるまで練習しているだけましですけどね・・・coldsweats01 また、下手は下手のままなのですが、最近は練習している技と取り組んでいる課題について、泉弥なりに考えながら練習しているのがいいと思います。歩みや成長は遅いかもしれませんが、どんどん挑戦して失敗をするような練習を続けていってほしいですgood

 

 

 さて、丸岡スポ少では昨年末~今年にかけて、また数名の仲間が新しく入団してくれていてhappy02 最近ではその子たちも徐々に別メニューの基本練習を終えて、みんなと同じメニューでの練習に加わってきていますscissors 一時は淋しさの感じられた練習も、人数が増えて一段と活気がでてきましたsign01 (はず・・・coldsweats01) 先日は、ある大会の予選が行われましたが、比較的経験の浅い子も予選に挑戦しておりshine 礼法はまだ怪しい雰囲気でしたがcoldsweats01 それでも一生懸命頑張っていましたscissors 

 

 こうして練習や予選の様子を見ていても、今はもう数年前とは全く別の景色の練習風景・・・。。。もう1代前・2代前の主将・優弥と美希弥も中学生になり、3代前・4代前の主将は高校生ですdanger 今いる団員の半数近くは、優弥・美希弥の知らない子たちばかりということになりますcoldsweats01 僕もしばらく練習を見に行けないと、もう知らない新しい団員たちで道場があふれかえっていました。

 

 なにか・・・そういうふうな想いでみんなの練習の様子を眺めていると、時の流れの速さを感じ、感慨深い思いになります。こうして時が流れ、それでも「しっかり持って後ろに下がらず、どんな時も1本を取りに行く」という丸岡の柔道スタイル、丸岡スポ少の歴史といいますか伝統といいますか・・・そういうものが築かれていくのを見るのも、また楽しいものですhappy01

 

 「丸岡柔道」といえばもう一つsign03 昔も今も変わらず、先生方は「声出し」というものをとても大切にされていると思いますhappy01 優弥も美希弥も、この「声」という部分で随分と先生方にご指導をいただいていたように思いますcoldsweats01 そして今現在も・・・・・。現主将をはじめ高学年の子らには、元気や活気のある大きな声を出しての練習が求められています。声はとても重要ですthink 心身ともに充実した実のある練習にするため、そして力強い技を作り出すため、あるいは怪我などを防止するため集中力を持続させるため、はたまたチームに一体感を持たせ、同じベクトルの方向を示すためetc・・・まだまだあると思いますが、やはり声の持つ威力は大きいと思います。

 

 子供達には、まだまだ声の持つ力の大きさや意味について理解することは難しいのかもしれませんが、僕としてはやはり子供たちの元気で一生懸命な姿が見たいのは当然のことなので、これからも今まで以上に、子供らしい大きな声のある道場であってほしいと願いますhappy01

 

 

|
|

« 下手すぎ! 逃げすぎ! 体力なさすぎ! | トップページ | 福井県少年柔道大会 »

丸岡スポ少柔道日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/40493880

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 下手すぎ! 逃げすぎ! 体力なさすぎ! | トップページ | 福井県少年柔道大会 »