« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月24日 (金)

 6月に入り、3兄妹の父は結構なペースで練習の見学に行けていますhappy01 丸岡スポ少も7月に大事な日整全国大会予選を控え、なかなか良い練習が出来ているのではないかと思いますscissors 

 

 前回の記事のことではないですが、泉弥も柔道の下手さは相変わらずのままですがcoldsweats01 練習自体はなかなか良い内容の練習が出来ているのではないかと思いますhappy01 泉弥の練習を見ていると、全てに無駄な力が常時入りすぎているため、すぐにバテてヘロヘロになる様子が目につきますcoldsweats01 ま、ヘロヘロになるまで練習しているだけましですけどね・・・coldsweats01 また、下手は下手のままなのですが、最近は練習している技と取り組んでいる課題について、泉弥なりに考えながら練習しているのがいいと思います。歩みや成長は遅いかもしれませんが、どんどん挑戦して失敗をするような練習を続けていってほしいですgood

 

 

 さて、丸岡スポ少では昨年末~今年にかけて、また数名の仲間が新しく入団してくれていてhappy02 最近ではその子たちも徐々に別メニューの基本練習を終えて、みんなと同じメニューでの練習に加わってきていますscissors 一時は淋しさの感じられた練習も、人数が増えて一段と活気がでてきましたsign01 (はず・・・coldsweats01) 先日は、ある大会の予選が行われましたが、比較的経験の浅い子も予選に挑戦しておりshine 礼法はまだ怪しい雰囲気でしたがcoldsweats01 それでも一生懸命頑張っていましたscissors 

 

 こうして練習や予選の様子を見ていても、今はもう数年前とは全く別の景色の練習風景・・・。。。もう1代前・2代前の主将・優弥と美希弥も中学生になり、3代前・4代前の主将は高校生ですdanger 今いる団員の半数近くは、優弥・美希弥の知らない子たちばかりということになりますcoldsweats01 僕もしばらく練習を見に行けないと、もう知らない新しい団員たちで道場があふれかえっていました。

 

 なにか・・・そういうふうな想いでみんなの練習の様子を眺めていると、時の流れの速さを感じ、感慨深い思いになります。こうして時が流れ、それでも「しっかり持って後ろに下がらず、どんな時も1本を取りに行く」という丸岡の柔道スタイル、丸岡スポ少の歴史といいますか伝統といいますか・・・そういうものが築かれていくのを見るのも、また楽しいものですhappy01

 

 「丸岡柔道」といえばもう一つsign03 昔も今も変わらず、先生方は「声出し」というものをとても大切にされていると思いますhappy01 優弥も美希弥も、この「声」という部分で随分と先生方にご指導をいただいていたように思いますcoldsweats01 そして今現在も・・・・・。現主将をはじめ高学年の子らには、元気や活気のある大きな声を出しての練習が求められています。声はとても重要ですthink 心身ともに充実した実のある練習にするため、そして力強い技を作り出すため、あるいは怪我などを防止するため集中力を持続させるため、はたまたチームに一体感を持たせ、同じベクトルの方向を示すためetc・・・まだまだあると思いますが、やはり声の持つ威力は大きいと思います。

 

 子供達には、まだまだ声の持つ力の大きさや意味について理解することは難しいのかもしれませんが、僕としてはやはり子供たちの元気で一生懸命な姿が見たいのは当然のことなので、これからも今まで以上に、子供らしい大きな声のある道場であってほしいと願いますhappy01

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年6月16日 (木)

下手すぎ! 逃げすぎ! 体力なさすぎ!

 久しぶりの3兄妹の成長日記です・・・がsweat02 今回は成長の日記を書くことができませんcrying もちろん、お題は3兄妹のことでありますcoldsweats01 今更のことですが情けなくなりますsad もうこのブログを見て下さっている皆様にはよくお分かりのことだと思いますがcoldsweats01

 

 下手すぎ = 泉弥

 逃げすぎ = 美希弥

 体力なさすぎ = 優弥

 

 ということになります。。。もう長いことスポ少で我が子らの柔道を見てきましたが、近頃、改めてこのことを痛感させられる毎日ですwobbly 

 

 泉弥は本当に柔道が下手ですねぇsweat02 3兄妹の中で一番下手だと思うのはもちろんのことなのですが、今の丸岡スポ少の中でも最も柔道センスのない子だと思いますねsign01 何度同じことを言っても出来るようにならないし、本当にセンスがないんだなぁと、素で思いますcoldsweats01 足払いは一番下手だし、他の技も何度習ってもムチャクチャだし、ただ同じことを繰り返すしか能がないし・・・coldsweats01 とにかく成長が著しく遅いsign03 しかも体の力がないので、しっかり立っていることすらできない状態ですcoldsweats01 一生懸命なのはよく分かるし、逆にそれしか取り柄がないのですが、時々、あまりのセンスの無さに可哀そうになりますcrying ま、父としてはとりあえず一生懸命頑張ってくれているので、今はそれだけで十分なのですが・・・ねwink

 

 

 一方、美希弥は中学生になっても相変わらず逃げるのが得意ですangry 気持ちの弱さ・自信のなさならピカイチですgawk あの子は小学6年生の後半から、確かにきれいに投げられることが少なくなりました。しかし、これは裏を返せば思い切り勝負に行けてない何よりの証拠で、常に投げられないような柔道をしているからですthink せっかく技に入っても、「掛けるふり」丸出しの技で全く怖さを感じず、返されそうになると即座に技をやめる・・・。これじゃ、中途半端にしか投げられないので、そりゃきれいな1本負けは少なくなるはずですannoy ま、そのかわり1本勝ちもほとんどできなくなりますけどgawk そんなつまらない柔道なんてしてほしくないですねsign01 せっかく美希弥は、足払いを覚えた辺りから背負い投げや内股が格段に良くなっているというのに、いまだに自分の技に自信が持てていないのですから情けない限りですthink 水曜日の練習でも、何度も背負投げや内股に入っているのに途中で戻るから、

 

 「もっとしつこく、最後まで思い切り投げに行ってみ」

 

 と、さんざん言うのですが治りませんannoy 一番死にそうだったのが、先生の「残り30秒!1本取りにいってみ」の声に組み手争い・・・sweat01 掛けた大外刈りを戻って返される終わり方annoy 声はとうに枯れて咳込んでいましたが、最後の姿を見たときは血管まで切れて死ぬかと思いましたcoldsweats01 やはり、投げれる技を持ってるくせに自信がないので最後までいけない気持ちの弱い柔道を見せられると、それが一番腹立ちますねimpact 

 

 

 そして最後は優弥の体力無さ過ぎcoldsweats01 水曜日は情けない姿でしたcoldsweats01 いかに普段の練習で自らを追い込んで全精力を注げていないかが分かりますねcoldsweats01 15分間ほどの学年下の選手との乱取りでヘロヘロとなり、逆にその2年生の練習相手は息も切らさず平然としているのですから、その差は歴然ですthink 確かに体力切れ前の乱取りの様子は、ところどころ優弥らしさの見える良い乱取りでしたが、体力切れでヘロヘロとなった後は、もう見るに堪えませんでしたねcoldsweats01 帰りの車の中で・・・

 

 優「あ~あ、今日は目が覚めたわsweat02 やっぱ今まで全然練習が足らんかったし。」

 

 と、生意気なセリフを吐いてくれた優弥coldsweats01 目が覚めてくれて、こちらとしては大歓迎happy01 良い刺激&薬になってくれたようで、水曜は本当に良い練習となったと感謝しておりますsign03 このまま再び眠りにつくことなくcoldsweats01 目覚めたままでこれからの練習に取り組んでもらいたいものです。それにしても優弥の鼻っ柱を見事にへし折ってくれた学年下の乱取り相手さん、感謝の言葉もありませんが、それにしても強すぎですsign01 僕も見ていてびっくりしましたcoldsweats02 

 

 

 さて、いよいよ来月になると、泉弥は大事な県大会に東京遠征。美希弥は昇級審査(受けれるかどうかは一切不明)。そして優弥は全国大会予選と、忙しい月に入りますthink 今回感じた下手すぎ・逃げすぎ・体力無さ過ぎを少しでも克服するため、悔いの残らない毎日を過ごしていってほしいものですhappy01

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年6月13日 (月)

レベルアップ(Lv2→Lv5くらいかなぁ・・・)

 ここ3~4回、3兄妹の父は続けて水・金の練習を見学することが出来ていますhappy02 この間、子供達の練習をじっくり見ていると、すごく一生懸命練習しておりレベル的にも上がってるなぁと感じる子が何人も見つかりましたlovely 技術的なレベルアップ、精神的なレベルアップ、単純に柔道の強さの面でのレベルアップ、様々ですが、ここで僕が感じた「いい感じ」で強くなっているなぁと感じた子を何人か紹介したいと思いますhappy01

 

 まず一番手はM衣ちゃんR晴sign01 この二人は最近良いですねぇgood 2年生になり伸び盛りの二人です。まずR晴は精神的にかなり成長したように感じます。特に練習の取り組み方が凄く見違えました(先生が意識して厳しく接しているのもあるかも知れませんがcoldsweats01) M衣ちゃんが技術的にも精神的にもかなりレベルアップしてきていますのでshine R晴もケツに火が点いてきたのでしょうwink 今までは涼しい顔をして乱取りしていたのに、最近では必死の表情ですよねhappy01 いい傾向ですgood そのM衣ちゃんは最近、本当に素晴らしいsign03 技術的にも精神的にも、そして柔道自体の強さも、かなりのレベルアップを果たしている感じがしますhappy02 本当に強い子だと感じますし、練習中、何度もきれいな背負い投げでR晴を投げるんじゃないかというところまで来ていますよねgood 

 

 続いてはH夢sign01 ここ3~4回、見ていますと打ち込みの技がとてもきれいに見えるようになってきたように思います。また、見かけによらず結構パワーがあるようにも思いますup ここ数回を見ていると、乱取りでも随分力強い柔道をするようになってきたように思うので、これからはもっともっと学年上にどんどん胸を借りに行ってもらいたいものですgood 数の増えてきた3年生の中でも、まず先頭に立って3年生を引っ張っていってもらいたい選手ですからhappy01 

 

 最後はY成ですsign01 彼、最近すごく力をつけてきたと思いますcatface 正確に言うと元々これくらいはできる強さは持っていると思っていたのですが、最近、少しずつではありますが自信を持って向かっていけるようになってきたように感じます。体格が小さく、これからまだまだ苦労はするだろうと思うのですがsweat01 今、精神的に気持ちの面での成長が感じられてきたのは、これからに大きなプラスになることは間違いないと思いますsign01 僕は個人的に、Y成が将来「背負いマシーン」となり、何が何でも背負い投げsign01という柔道で、その名前に使われている字のごとく周りを湧かせる柔道を見せてくれる日を、ひそかに楽しみにしているのですcatface 

 

 

 今回、名前を挙げて4名の選手を紹介しましたが、きっと僕が見えないところでもたくさんの選手たちがそれぞれにレベルアップを果たしてくれているはずですhappy01 今週、また新たに成長してきている選手を見つけるのが楽しみでなりません。

 

 

 さて、先週金曜日の練習では、また一人新たな団員が入団してみんなの前で紹介されていましたnote 昨年度末、昨年の6年生たちが大量に卒団し、一時はかなり心配していたのですがsweat02 ここに来て、5・6年生の少なさは相変わらずですがcoldsweats01 低学年はかなり人数的に充実してきて楽しみが増えていますsign03 これからも活気のある練習でたくさんの選手たちがレベルアップを果たしていってもらいたいものですhappy01 

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年6月11日 (土)

娘からの報告

もう1週間も前の事になりますがsweat01 先週の日曜日に岐阜県の大垣で行われたマルちゃん杯中部大会。丸岡スポ少はどんな熱い戦いを見せてくれていたのでしょうかsign02 当日、仕事のため同行できなかった3兄妹の父ですがcrying 実は同行されていた保護者会会長さんからメールを頂き、リアルタイムで結果を知ることができました。会長さん、本当にありがとうございましたsign03 仕事中も、結果がかなり気になっていただけに、メールはかなり助かりましたsun 会長さんからの最初のメールを見ると、なんとsign02 見事に1回戦を突破したという嬉しい内容が書かれているではありませんかhappy02


今年の丸岡チームは、6年生が一人しかいないチームで、実は3兄妹の父的にはかなり厳しい戦いになるだろうなぁsweat02 と予想しておりcoldsweats01 子供たちをちゃんと信じてあげられていなかったダメダメな男だったのですがsweat01 このメールを見た時は、嬉しいというよりも子供たちに申し訳ないという気持ちが先にきました。一生懸命戦い、そして見事に勝利を勝ち取ってきた選手たち、先生方、現地で応援されていた保護者の皆様に、こころよりお詫び申し上げますsweat01 ダメダメな応援団員で本当にゴメンなさいcoldsweats01 続く2回戦では、富山の強豪チームを相手に惨敗だったようですがcrying それでも大健闘と言えるのではないでしょうかhappy01 1回戦は、先鋒・次鋒戦が相手チームが学年落ちだったらしく、ここで取りこぼしなくしっかり2連勝できたようでhappy01 チームが勢いに乗った状態で、学年落ちの厳しい中堅戦以降に持ち込めたのが大きな勝因の一つだったのかも知れませんね(*^-^) 続く中堅・副将戦も勝ち、大将戦はさすがに落としたようですが、見事に4ー1での初戦突破という結果だったようですhappy01


続く2回戦は、逆に0ー5での大敗だったようでcrying とても残念ですが、まだまだ今回出場したチームは4・5年生中心のチームでしたから、来年以降に期待がかかる良い経験ができた大会となったような気がしますgood とにかくみんなが無事に帰ってきてくれて本当に良い遠征だったのではないかと思います。



さて、そして大会翌日の月曜日・・・。仕事明けで、部屋で寝ていた父に、泉弥が手紙を書いて置いておいてくれていました。もちろん内容は、日曜日のマルちゃん杯の事についてでした。内容は、

「泉弥ちゃん、昨日のマルちゃん杯で6年生相手に背負いで投げて勝ったよ。一生懸命頑張ってきました。今度はパパの見ている前で背負い投げで勝つとこ見せるね。だから次は応援しに来てね。」


というような内容でしたhappy01 なんと父想いの優しい娘なんでしょlovely これまで大きな大会も何度か参加させて頂き少しは場馴れしてきたようで、泉弥もようやく少しはどんな大会でも自分の力を出し切れるようにはなってきてくれたようですconfident 今年、丸岡スポ少は、学年のメンバー構成上、団体戦では常に4年生が入る事になるでしょうし、しかもその4年生が中堅以降のポジションに入る事が予想されますsweat01 チームとしてはかなり厳しい状態ではありますが、逆に言うと4・5年生にとっては大きく成長できるチャンスでもあると思いますwink このチャンスをしっかり活かして、学年落ちでもちゃんと戦えるチームになっていって欲しいと願いますsign03


さて、次の大会ではまたどんな熱い戦いを見せてくれるのでしょうかsign02

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年6月 5日 (日)

第23回マルちゃん杯少年柔道大会 中部大会

 今日、平成23年6月5日(日)、丸岡柔道スポーツ少年団の代表選手たちが、マルちゃん杯中部大会に向けて出発しましたhappy01 結局、3兄妹の父はどうしても仕事の都合がつかなかったため、やむなく欠席crying ココ福井の地で応援をすることとなりました。

 

 朝5時前。。。娘を集合場所の丸岡武道館へと送り届け、集まった選手たちの頼もしい姿をお見送りしましたhappy01 みんな明るい表情で、調子は良さそうな感じを受けましたので、きっと丸岡柔道らしい熱い戦いを見せてきてくれることでしょうsign03

 

 勝ち残りすぎて、帰りが遅くなってしまうことを期待しておりますしwink 遠征から帰ってからの娘が、やりきった表情をしていることを祈りたいです。

 

 まずは遠征の無事を祈り、選手たちが元気に帰ってきてくれることを楽しみに待ちたいと思いますhappy01

 

 頑張れsign03 丸岡スポ少sign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »