« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月13日 (水)

「桜の名所100選」巡り

 本当に久しぶりのツーリング紀行の更新になりますcoldsweats01 それもそのはず。昨年は忙しさのあまりほとんどツーリングに出掛けられずcrying 昨年の3月に三重県に出掛けた以来sweat01 本当は先月3月に行こうと計画していたのですが、大震災もあり中止。今回は約1年ぶりのツーリングとなりましたhappy02 今回、久しぶりのツーリングの場所に選んだのは富山県sign01 4月といえば何といってもcherryblossomcherryblossomですから、富山県で「桜の名所100選」に選ばれている2ヶ所、

 

 「高岡古城公園」 「松川」

 

 を巡るツーリングに出掛けましたwink 4月13日(水) 朝7時。待ち遠しくてもう居ても立ってもいられずcoldsweats01 予定していた時刻よりも早く、子供が学校に行くのと同時に家を出ましたcoldsweats01 朝はまだ多少冷えますが、そんなことは全然苦になりませんcatface 道中、学校へ登校する学生さんや会社へ通勤されるサラリーマンの方々を目にしながら、申し訳ないと思いつつバイクを走らせウキウキしておりましたcoldsweats01 大震災の事もあり、自分だけこんな風に趣味を楽しんでも良いのかという思いもあるのですが、だからといっていつまでも塞いでいるわけにもいきませんので、今回は楽しませていただくことにしました。

 

Dsc04732 さて、当日朝は予定より早く家を出たので、時間調整ということでいろいろと遠回りをしながら、約3時間かけて富山県の高岡市に到着しましたhappy01 遠回りの一つとして、富山県小矢部市にある道の駅「メルヘンおやべ」に立ち寄り、足湯に初めて浸かってみました。あまり疲れていないせいかsweat02 大して気持ちよさも感じられず、流行りになる理由がイマイチ分かりませんでしたcoldsweats01 きっと、足がむくむほど歩いたりして疲れた後に浸かると気持ち良いのかも知れませんねwink

 

Dsc04733_2Photo 富山県の高岡市、「高岡古城公園」はとても広く、東京ドーム4.5個分の敷地面積らしく、ざっと見て回るのにも1時間近くかかりましたsweat01 平日でしたが屋台なども出ており、ご年配の夫婦や小さいお子さん連れのご家族がたくさん訪れて賑わっていましたhappy01 中には広い芝生の公園がいくつかあり、子供の遊び場としても最適な場所だと感じました。入場は無料ですしsmile(駐車場は有料です) 肝心の桜は、ネットで事前に調べた時は5分~7分咲きとのことでしたが、この日もまだ7分~8分咲きくらいで、まだ満開というわけにはいきませんでしたcrying ちょっと残念でした。それではまずは高岡古城公園の桜の様子を写真にてご紹介しますhappy01

 

 

Photo_2Photo_3Photo_4Photo_5Photo_6Photo_7  

 

 

 

 

 ご覧のとおり、まだ満開とは行きませんが、僕としては加賀百万石の前田家、2代目当主の前田利長像が立派だったのが感動しましたhappy01

 

Photo_8Photo_9 続いては、その前田利長の菩提寺として、前田家3代目当主の前田利常が建立した「瑞龍寺」へと向かいました。2代目の前田利長は、ご存知のとおり前田利家とまつの嫡男。一方、3代目の前田利常は、同じく前田利家の子なのですが、側室の千代保との子であるため、前田利長とは異母兄弟ということになります。しかし、生前から前田利長は利常のことを本当の兄弟のように可愛がり、高岡城を築城して与えたそうです。そしてこのことに深く感謝した利常が、利長の死後に菩提を弔うために立てさせたのが瑞龍寺とのことでした。下の写真のとおり、本当に立派なお寺で、とても江戸初期に建てられたお寺とは思えません。

 

Photo_11Photo_12  

 

 

 

 

 

Dsc04775 実はこの瑞龍寺は2年前にも一度ツーリングで訪れているのですが、昨年から新たな趣味に加わった「ご朱印」集めのため、今回再度訪れてご朱印を記入していただくことにしましたhappy01 これでまた一つコレクションが増えましたscissors 気分は、スタンプラリーに周ったり、あるいは子供の頃に夢中になっていたびっくりマンチョコのシール収集みたいな感じですねbleah

 

 

 

  

 

 こうして高岡市を離れ、今度はもう一方の桜の名所100選に選ばれている富山市の松川へと向かいました。松川は富山市のど真ん中。県庁や市役所の辺りを流れる1級河川で、この堤防一帯にきれいな桜が所狭しと並んで咲いていましたcherryblossom 平日のお昼時に到着したということもあり、桜の並ぶ河川敷ではOLさんや市役所・県庁の職員さんらしき方々が、青空の下できれいな桜を眺めながら、お弁当を開いて昼食をとっておられましたhappy01 仕事のお昼休み、こんなきれいな桜を見ながら、ポカポカ陽気の中で昼食を食べられるなんてsign01 この近くでお仕事をされている方々が本当にうらやましくなりますねcatface でも、お昼からの仕事で居眠りが怖いかも・・・coldsweats01 僕なら確実にお昼寝しちゃいますねbleah その他にも、多くの観光客が橋から桜を眺めて、あまりの美しさに歓声を上げたり写真を撮ったりしておりました。こちらはもう完璧に満開の見頃を迎えており、見に来て本当に良かったと思いましたhappy02

 

 

Photo_1023456 これで、自分としては北陸三県の桜の名所100選は全て制覇したことになりますhappy01 どこが一番きれいかは甲乙付け難いですし、見る時期によっても変わると思いますが、やはりどの名所も100選に選ばれるだけあって、とてもきれいで心温まる景色ばかりだと思いますwink ツーリングの大きな魅力の一つは、こうして初めて目にする日本の素晴らしい絶景に出会えたりすることだと思いますし、同じ場所でも季節や時期によって様々な景色を見せてくれるからこそ、同じ場所でも何度でも楽しめるのだと思いますhappy01 

 

 

 これからも、こうした日本の素晴らしい景色を楽しめるような、そんな穏やかな日が続くことを願わずにはいられませんし、少しでも早く、東北地方にも以前のような素晴らしい風景が戻ってくることを願っております。以前、阪神大震災から10年経った時、被災した神戸の街を訪れ、あの悲惨な状態だった街が見事に復興している様子に驚いたことがあります。どういう形になるかは分かりませんが、これから先、何年先になっても必ず東北地方、特に自分が活動した岩手県陸前高田市にもう一度足を運び、見事に復興した街を見て喜びたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年4月11日 (月)

4月10日

4月10日(日)、4時半起床shock 朝早くから仕事のため休日出勤crying ようやく春らしい天気になってきたのでhappy02 久しぶりにバイクを動かし通勤しましたsun この季節になると、バイクに乗りたい病が疼いてきますcoldsweats01 朝早くからの仕事も、たったこれだけの楽しみがあるだけで、気分良く仕事に行けるから不思議ですwink しかし・・・sweat02


運転を始めて5分もすると、バイク通勤を心から後悔しはじめる結果にsweat01 さ、寒いshock 寒過ぎるぅcrying いくらこの日が天気になるからといって、さすがに朝の4時半ではまだまだ気温は低かったですsweat02 5℃でした。。。


死にかけながらもcoldsweats01 なんとか職場に到着。仕事は午前中で終え、またまたバイクにまたがり家路へとバイクを進めました。帰りは行きとは全く正反対note 暖かくなり絶好のツーリング日和happy02 あまりの気持ち良さに思わず遠回りし、2時間ほどフラフラしながら家に帰りましたscissors 昨年は残念ながらあまりツーリングが出来ずにsweat01 寂しい思いをしていたので、今年は是非ともいろんな街を回り、またこのブログにもツーリング紀行を数多く載せることができると嬉しいですhappy01



さて、そしてこの日の夕方。4月10日は統一地方選挙の前半戦。県知事選挙と県議会議員選挙の投票へと出掛けましたconfident 我が県の知事選挙は、投票前から大勢がほぼ決まっていたようでsweat02、現職知事がかなり大勢有利という選挙でしたが、今回の大震災直後の選挙ということもあり、日本で最も原発が多く立地している県の知事選挙ということで、僕も期待を込めて投票を行いました。選挙といえば、我が県の知事選挙以上に東京都知事選挙の結果も気になるところでしたが、順当といえば順当な結果になったようで、こちらも現職知事の圧勝という結果になりましたね。東国原氏は残念でしたが、東京都は日本で唯一、国からの交付金に頼らず独自採算で行政を行っている都道府県でありますし、何といっても日本の首都ですから、そこの長となる石原知事には高齢で大変でしょうが頑張ってもらいたいものですscissors


4月10日、春らしい陽気の一日となり、気分的にもようやく新年度が動き出したような気分になりましたhappy01 今年度は、また昨年以上に楽しい一年となるよう、公私ともに充実させていけたらいいな、と感じました。丸岡スポ少も、団内大会・6年生を送る会を終え、いよいよ本格的に新チームとしてのスタートを切りましたsign01 前途揚々の船出、これから楽しみに応援していきたいものですscissors

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年4月 7日 (木)

第3回団内柔道王決定戦

 4月3日(日)、例年より少し開催が遅くなったようですが、今年で第3回目となる「団内柔道王決定戦」が丸岡武道館にて開催されましたhappy01 第3回目ということで、少しずつ年間行事として定着してきた感じの団内大会sign03 言い出しっぺの3兄妹の父としては、大変光栄でありますwink こうしてこれからも回を重ねて行っていただき、伝統のある大会になって行ってくれると嬉しいですねgood

 

 さて、今大会は、過去2回の大会では、その年々の団員数や学年構成を考慮して大会の試合形式を変えて行ってきましたが、今年は7人制団体戦で4チーム作り、総当たりのリーグ戦を行うという、過去2回とはまた違った形で行われました。7人制団体戦で4チームも作れるのですから凄いですよねgood 今大会は、6年生の壮行試合を兼ねており、卒団する6年生にとってはまさにスポ少最後の試合でしたsign03 言い出しっぺのくせに、僕は大会を見に行けずにとても悔しい思いをしましたが、6年生達にはスポ少の集大成となるような試合を期待していましたhappy01

 

 そして次の日。。。大会の様子をビデオでゆっくり見せていただきましたが、小さい子から6年生まで揃った団員達が、チーム内で力を合わせて団体戦を戦っている姿を見せてもらい、とても楽しく見させていただくことができましたnote

 

 

 ・・・我が娘と息子のへたれ2人を除いてはannoyannoyannoy

 

 と、その前にまずは今大会の目玉sign01 三代目の団内柔道王と立技師、寝技師の発表からですgood

 

 

 三代目団内柔道王・・・R一

 三代目団内立技師・・・R菜 

 三代目団内寝技師・・・M紀

 

 という結果とのことで、選ばれた3人とも、その称号に相応しい活躍をこれまでずっと見せてきてくれた、丸岡スポ少の誇るレギュラー選手ですhappy02 まずは、受賞おめでとうsign03 これからも団内三代目の柔道王・立技師・寝技師として、ますます活躍していってくださいhappy01

 

 

  それではリーグ戦の様子をビデオで見た感想ですが、新人のデビュー戦有り・宿命のライバル対決有りと、たくさんの面白い試合がビデオに写されており、僕としては大満足の試合だったと思うのですが、特に2年生の試合が面白かったですねgood 中でもE蔵は、勝ち方も負け方もナイスでしたnote 他の2年生も、ぎこちないながらもしっかり礼を確認しながら試合に臨めていて一安心といったところでしたconfident

 

 また、6年生の最後の試合はやっぱり面白かったし、いろいろな過去の思い出を思い出しながら、本当に感慨深く試合を見させてもらいましたweep 約1名を除いては、みんな持ち味の出ていた「らしい」試合を見せてくれたと思いましたhappy01 今回、試合を見にいけなかったのは本当に残念でしたが、自分が言い出した大会がこのように盛大に行われていることに嬉しさを感じましたhappy01 

 

 ただ、やっぱり泉弥と美希弥の試合内容が残念だったのは、素直に悔しく思います。特に美希弥にはがっかりしましたsweat02 最後の最後にやってはいけないことをやってしまい、

 

 美希弥の6年間の総まとめの結果がこれか・・・

 

 と、腹が立つより淋しくなりましたweep 「待て」もかかっていないのに、自分で勝手に試合を止めて気を抜いて、そこを投げられ抑え込まれて負ける・・・sweat02 これが美希弥の6年間の練習の成果ということですからね。。。6年間、こういう負け方をする練習をしてきたということだと思うと、悲しくなりますcrying 

 

 美希弥の試合は3試合ありましたが、まずは最後の最後に、一番肝心な場面で芋を引いて優勢負け。次は試合開始いきなり後ろに下がって、僕の一番嫌いな負け方・・・大内刈りを受けて1本負け。そして最後に「待て」を自分で判断して気を抜いて投げられる負け。僕の嫌いな負け方を3つとも見せていただき、もうおなか一杯ですgawk いろいろ成長も見せてきてくれましたが、結局これが美希弥の6年間だった・・・ということでしょうthink

  

 

 ・・・と、我が子の話題で暗くなってしまいましたがcoldsweats01 とにかく保護者会主催の団内大会が無事に終わってよかったですsign03 いよいよ4月に入り、本格的に新チームが始動を始め、季節もようやく春らしさが感じられるようになってきましたscissors 卒団する6年生の活躍と、新チームの大躍進を祈り、これからも面白く・楽しく丸岡スポ少の柔道を見て行きたいと思いますhappy02

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年4月 4日 (月)

感受性

 いきなりですがcoldsweats01 子供というのは、本当に感受性の強い子が多いと思います。特に小学生以下の子供というのは、一つの物事・出来事を大人が思っているよりも遥かに敏感に、そして繊細に感じ取るものだと思います。大人と子供が同じ経験・体験をしたとして、それが大人にとっては軽く受け流して処理できてしまえそうなことでも、子供の心には深く印象に残る場合も少なくありません。これが嬉しいことや楽しいこと、教養として身につく経験・体験なら何ら問題ではないのですが、辛く悲しい経験となると少し問題ですsweat01 上手く自分で処理しきれない内容だと、心に大きな傷を残してしまうことにもなりかねませんから。

 

 

 先月30日のスポ少の練習日。いつもより練習を30分ばかり早めに切り上げて頂き、子供達と東北関東大震災の話しをさせていただきました。以前、丸岡スポ少の先生から、

 

 「現地を実際に見てきた経験を、子供達に是非聞かせてあげてほしい。」

 

 との依頼をいただき、僕としても是非子供達に聞かせてあげたいという気持ちもあったので、僭越ながら機会を作っていただき、子供達と大震災の話しをしました。しかし、聞かせてあげたいとは言ったものの、反面、話しをすることに悩む気持ちもありました。

 

 幼年のまだまだ小さい子から、いよいよこれから多感な思春期を迎える6年生の子までいる中で、あの被災地の凄惨な光景、悲惨な状態をどこまで話して、そしてどのように理解してもらえばよいのか? そのことに意味はあるのか? 

 

 とか、僕の下手なしゃべりで理解してもらえることができるのだろうか・・・coldsweats01

 

 という悩みと、そして何より、子供達の感受性の強さを考えた時、伝える側としては大きな責任があることだし、伝える範囲と伝え方について大変に悩みましたcoldsweats02 冒頭の話ではありませんが、大人にとってみれば何気ない話でも、気付かないうちに子供達には大きな傷として残ってしまう場合もありますからshock 

 

 また、自分もまだまだ「伝えること」が上手くない未熟者ですのでsweat02 一つ一つの言葉と内容を慎重に選びながら、話したいことの内容をまとめていきました。実際に話したい内容をまとめていく中で、一番悩んだのがビジュアルとして写真を見せるべきかどうかsign02 という問題でした。言葉だけでは伝えにくいことについて、写真は本当に便利なアイテムの一つですが、その分インパクトも強くてこのような話題の時には使いこなすのが難しいアイテムでもありますthink そんな感じで散々悩んだ挙句、慎重に見せる写真を選び、やはり子供達に見てもらう方を選択しました。

 

 僕は震災の話をし終えた今でも、写真を見せたことが正解なのかどうか分かりません。しかし、話の途中で時間を作って、みんなで一緒に写真を見てもらうという方法を選んだことは正解だったと思います。一人で見るのは不安でも、みんなと一緒に同じ写真を見ているという安心感は大きいと思うし、写真を見た感想を共有できるというのも心の負担の軽減には効果があったと思います。

 

 大震災の話をした今回、僕は子供達が僕の想像以上に地震のこと、そして被災地のことを子供なりに理解して考えてくれていることを知り、とても嬉しかったし驚きました。みんなの前で話が出来て本当に良かったと思いましたhappy01 下手な話で伝えられることは少なかったですが、僕が下手な話などしなくても、子供達はちゃんと今回の大震災を受け止めて考えていてくれていることが分かりましたgood 一つ一つの質問に、積極的に手を挙げて答えてくれている子供達を見て安心しましたhappy01 今回の機会では、僕が子供達から学ぶことの方が多かったと思いますcoldsweats01 

 

 今回、大切な練習の時間に、このような貴重な時間を作って話をさせていただく機会を作ってくださった先生方、お父さん・お母さん方、そして拙い話に真剣に耳を傾けて、僕にたくさんのことを教えてくれた子供達に深く感謝いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »