« 県少年団柔道大会のビデオを見て | トップページ | 広がる「できますゼッケン」の輪 »

2011年3月23日 (水)

6年生達との思い出(3)

 今回は、震災前の記事で2回に渡って書いてきた6年生達との思い出の最終回sign01 最後の2人の思い出を振り返りたいと思いますhappy01 最終回はR菜とM徳の思い出ですscissors

 

Rena2 まずはR菜との思い出ですが、僕的にはまずは何といっても2年前の夏休み、白山に登ったのが一番の思い出ですねwink 一番の思い出が柔道の試合でなくて申し訳ないのですがcoldsweats01 辛い白山登山で、初めての経験だったにもかかわらず、当時まだ2年生だった泉弥を気遣ってくれながら、見事白山を制覇したR菜は本当に頼もしく思えましたshine この年の白山登山は、我が家ではもう4~5回目となる白山登山だったのですが、下山中急に土砂降りの雨が降り出してきたり、山の保護工事に使う資材を搬送するヘリのために1時間近く待ちぼうけを喰らったりとsweat01 いろんなアクシデントも重なり、今ではそれも良い思い出となっていますねgood 長時間の登山でしかも様々なアクシデントに見舞われ、疲労も重なっていたはずなのですが、下山直後のこの笑顔に、僕もかなり救われた思いがしましたhappy01

 

Rena_2 R菜は柔道でも人一倍負けず嫌いなところがあり、元々の運動神経の良さや柔軟性も加わり、大会では丸岡女子の中では一番入賞回数が多いはずですgood 丸岡らしい超攻撃的な柔道をする選手で、どの試合も見ていて面白い試合をしてくれていました。本当に女子選手らしい柔道をする子だと、いつも感心しながら見ていたように思いますhappy01 中でも特にR菜らしさが出ていて忘れられない試合は、団内の試合なのですが、第1回目の記念すべき大会となった「第1回団内柔道王決定戦」でのR一との試合ですhappy02 体の小さな女子選手のR菜が、団内でも当時一番体格の大きかったR一を背負投げで投げ飛ばして技有りを奪うシビレる試合展開でしたsign03 R菜の背負投げは、いつ決まってもおかしくない素晴らしいタイミングで入ってくるし、しかも足技がしつこいので余計に背負投げを喰らい易いのだと思います。背負投げで技有りを奪った後も、R一の必死の反撃を持ち前の気持ちの強さと体の柔らかさで凌いで、見事に優勢勝ちsign03 誰もが驚いた、しかし実は勝つべくして勝った試合だったと思いますscissors

 

 R菜は丸岡のレギュラーとして数多くの遠征を行ってきましたが、遠征中のバスの中などでは一番、小さい子供達の気遣いをしてくれていたお姉さんだったと思いますconfident 僕たち大人が安心して遠征に小さい子供達も同行させられるのも、このようなR菜をはじめとする6年生の女子達がいてくれて、しっかり小さい子の面倒を見てくれていたからだと改めて感謝させられますねhappy01 中学は地元の中学に進むとのことですが、R菜は僕にも「黒帯を目指す」と力強く語ってくれたので、是非中学に入ってからも練習を続けて夢を実現させてほしいと思いますhappy01 R菜なら必ず合格できるはずですscissors

 

 

 そして最後はM徳。M徳との一番の思い出は、5年生の時の醍醐敏郎杯ですねwink この年は全国的に新型インフルエンザが大流行しsweat01 我が家の美希弥も大会間近でダウンsweat01 急遽、本当に突然でしたが大会に出場してもらうことになり、ご両親ともども本当にご迷惑をお掛けしたのがなんとも言えず思い出に残っていますcoldsweats01 しかも、醍醐杯から帰ってきたら、今度はM徳までもが体調を崩したらしく・・・sweat01 本当にかわいそうなことをした思い出でごめんなさいsweat02

 

Minori M徳は柔道では、これは僕の勝手な思い込みで申し訳無いのですがcoldsweats01 本当に美希弥とよく似たタイプの子だなぁ、と感じていましたconfident 地味で口下手なんですが、とにかくゆっくりでもマイペースで一つのことをコツコツ積み上げていくのが得意な子のように感じていましたhappy01  M徳とは、練習での乱取りも一番多く組み合った子だと思いますが、乱取りをしていても、そのコツコツぶりがよく分かりました。毎回毎回、乱取りを受ける度に、一つのことが少しずつ上手く出来るようになっていてshine 毎回感心していましたhappy01 

 

 その成果でしょうか、M徳はこの数年、練習していた背負投げは格段に上手くなったと思いますし、繋ぎの技も出るようになりましたshine 性格が優しい子なので、どうしても試合などでは本来の力が出しきれずにいるように見えましたが、僕と同じくAゆむ母などとも、

 

 「M徳の背負投げ、絶対決まると思うんやけどのぉ」

 

  と、事あるごとに話しをしていたほどですhappy01 中学に入ってからの進路は、僕は聞かなかったことにしておきますがbleah いずれの道に進むにしろ、M徳にはこれからも、コツコツと努力していく特技を活かしていって欲しいですhappy01 ま、きっと中学でも柔道を続けて行ってくれると信じてますけどねgood 

 

 

さてさて、3回の長きに渡り、卒団する6年生7人との思い出を書いてきましたが、どれもこれも、本当に楽しく熱い思い出ばかりで、6年生達には本当に感謝していますsign01 ありがとうsign03 中学生になってからの、彼ら彼女らの更なる活躍を心から応援したいと思いますsign03

 ・・・・・・・・・んsign02 あれ・・・・・sign02 6年生7人・・・・・・danger 確か卒団する6年生は8人いたはずじゃぁ・・・・・・sign02

 

 あと一人誰か忘れてる気がするけど・・・・・、ま、細かいことはどうでもいいかbleah

|
|

« 県少年団柔道大会のビデオを見て | トップページ | 広がる「できますゼッケン」の輪 »

丸岡スポ少柔道日記」カテゴリの記事

コメント

間違いなく卒団は7名です。
前主将ミキティーは永久団員ですからsmile

それぞれがそれぞれのカラーを持った8人・・・いやsweat01、7人でしたね。
中学生になっても顔を出して後輩に稽古をつけてくださいね。
(ちなみに前主将ミキティーは毎回いるはずsign02

投稿: | 2011年3月25日 (金) 11時49分


名無しの権兵衛で投稿しちゃいましたcoldsweats01

投稿: クリリン会長 | 2011年3月25日 (金) 17時16分

はいsign03 会長、中学になっても永久団員のミキティをよろしくお願いしますhappy01

ミキティには、丸岡の団員に稽古をつけてもらうため、これからも通ってもらう予定です。

投稿: 柔道3兄妹の父、裕 | 2011年3月25日 (金) 20時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/39178337

この記事へのトラックバック一覧です: 6年生達との思い出(3):

« 県少年団柔道大会のビデオを見て | トップページ | 広がる「できますゼッケン」の輪 »