« 第13回丸岡町少年柔道交流大会 結果 | トップページ | 丸岡大会(我が子編) »

2011年2月27日 (日)

丸岡大会を振り返り

 先週土曜日に行われた丸岡大会。今大会は、春江町スポ少さん、坂井町柔道教室さん、川口道場さん、そして丸岡スポ少と、日頃から同じ地区の柔道団体として切磋琢磨しあう4団体で争われましたが、各部門ともに素晴らしい熱戦が数多く見られた面白い大会となったように思いましたhappy01 また、今大会の大会申し合わせ事項として、いきなり片膝を付きにいって掛ける技の有効性は無効とし、2回目までは口頭による注意、3回目以降は指導を与えるというルールで行われました。

 

 僕が見ていて一番面白かったと思う点は、何といっても旗による僅差判定が少なかったという点だと思いますhappy01 これは、2分間のランニングの試合という点を考慮するととても驚きの結果だと思いますし、こうなったのは選手みんなが1本を取りに行く柔道を最後までしてくれていたからだと思いますgood 有効・技有りを奪っていても、決してそれを守ることなく最後まで1本を取りに行く姿勢も数多く見られ、試合終了間際での逆転・・・なんていう場面も多かったように感じました。1本での勝敗にこだわった試合は、見ていてとてもスリリングですhappy02

 

 そんな中、丸岡スポ少の子供たちの結果は・・・sign02 全7つの部門のうち、半数以上の4部門で優勝者を出すことができ、計7人の入賞者と2人の礼法優秀賞者を出す結果となりましたhappy01 また、入賞者以外の選手でも、素晴らしい試合をしている選手がたくさんいて、団としては本当に良い結果だったと思いますgood また、今大会が最後の大会となる6年生達も、それぞれの力を出し切り、きっと悔いの残らない大会にしてくれたのではないかと思っていますhappy01

 

 ただ、優勝者を出せなかった部門というのは、幼年・2年生・4年生の3部門で、この3部門は優勝者だけではなく3位入賞もできずに悔しい思いをした部門でありましたcrying 特に2年・4年の部は、他チームに強力な選手が揃っていましたし、丸岡の強化していきたい学年でもあるので、この結果を踏まえてこれから頑張って練習していかなければならないと感じました。

 

 

 今大会、僕が見た中で素晴らしい試合をしていたと感じた選手を挙げさせていただくと、1年生の部はM衣ちゃん(リーグ戦は残念でしたが、決勝トーナメント2試合はgoodgoodgoodでした。)、2年生の部はHるか、3年生の部はSょう、5・6年重量級の部は美希弥。もちろん、ここに挙げた選手以外にも、面白い試合をしていた選手がたくさんいたと思いますが、係員の都合上Bコートの方は少ししか見れなかったもので・・・coldsweats01 すみませんsweat02

 

 M衣ちゃんは、予選リーグはほとんど大外刈りで勝利を奪っており、素晴らしいのですが、やはり普段練習している背負投げが試合中1度も出なかったのが残念に思っていましたthink ところが、決勝トーナメントの2試合は背負投げにこだわった試合を見せてくれて、特にトーナメント初戦の、背負投げを返されて技有りを取られて、それでも最後まで怖がらずに背負投げで勝負に行き、ついにその背負投げで技有りを奪い返した試合は素晴らしかったsign03 本当にカッコいい試合でしたshine 決勝戦も、同じチームのR晴との試合でしたが、負けたM衣ちゃんの方が良い内容の試合だったように思いました。

 

 Hるかは、遠くから2試合ほど見ていましたが、先・先に攻めていく場面が多く見られ、まだデビューしたての選手とは思えないぐらい頑張った試合内容だったと思いましたhappy01 強い選手との対戦もあり、低い背負いに転がされたりしていましたがcoldsweats01 これは経験を積んでいくしかないですし、思い返せばR一の柔道始めた頃にそっくりだと思いましたsmile

 

 3年生の部では、Sょうがカッコいい試合をしているところを見せてくれましたhappy02 こちらも立ち背負いにこだわった試合で、その背負いで投げ切って勝った試合も素晴らしかったですし、負けた試合もカッコいい試合内容だったと思いますhappy01 なんかこの大会でのSょう、凄く頑張っているように見えて、スイッチが入っていた感じがしましたcatface 土曜日のような自信を持って前へと勝負に行く柔道をしている時のSょうは、本当に強いと感じますねgood

 

 最後の美希弥は次回の我が子編に回す事としますが、今回、あえて良い試合をした選手に名前を挙げなかったのですが、僕としては5・6年軽量級の部でR菜が久しぶりの優勝を飾ってくれたことは本当に嬉しく思いましたhappy01 決勝トーナメント2試合は、いずれも5年生の強敵との対戦でしたが、そんな中優勝できたのは素晴らしい結果だと思います。予選リーグから厳しい接戦を僅差で勝ち切っての優勝は、本人にとっても価値のあるうれしい優勝だったことでしょうhappy01 また、リーグ戦が大接戦で、誰が優勝しても全くおかしくなかった重量級の部で、見事に優勝を飾ったR一も素晴らしかったと思います。特に2位の選手とは、直接対決で敗れていますし、勝敗数で並んだのですが1本勝ちの多さで加点が上回っての優勝ですから価値があると思いますgood 団としても5・6年生の軽量・重量の両方で優勝を取れたのは嬉しい結果だったと思いますhappy02

 

 さて、このように柔道スタイルが噛みあうチーム同士の対決で、面白い熱戦がたくさん見られた丸岡町大会sign03 これからもますます4チームが切磋琢磨していきながら、丸岡地区の柔道を盛り上げられていくと楽しいですね。次回は美希弥と泉弥の試合を振り返ってみたいと思います。

 

|
|

« 第13回丸岡町少年柔道交流大会 結果 | トップページ | 丸岡大会(我が子編) »

丸岡スポ少柔道日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/39034399

この記事へのトラックバック一覧です: 丸岡大会を振り返り:

« 第13回丸岡町少年柔道交流大会 結果 | トップページ | 丸岡大会(我が子編) »