« 羽咋少年柔道大会を振り返り(2) | トップページ | 第4回福井県学年別少年柔道大会 »

2011年2月11日 (金)

今更ながら(2)

 今更ながらの2回目、前回の続きで固技の紹介ですhappy01

 

 固技は29本あり、「抑込技(7本)」「絞技(12本)」「関節技(10本)」に分けられます。絞技は中学生から、関節技は高校生からですので、小学生が使う固技は実質、抑込技のみとなりますねwink 抑込技は、袈裟固、崩れ袈裟固、上四方固、崩れ上四方固、縦四方固、横四方固、肩固めの7本だけですが、その抑え方は多様で、基本通りでなくとも相手を制する態勢であれば、いずれか7本の技に含まれ抑え込みと判断されるようです。

 

 丸岡スポ少では、縦四方固めへの打込み、三角から上四方固めへの打込みなど、全員が数種類の寝技打込みを行っているようですが、みんな基本は随分と上手くなってきたと感じますgood しかし、中には更に数種類の寝技の入り方を習ったり練習している子もいるようで、寝技の上手い・下手には、立ち技以上に選手ごとに差がついてきているような感じもしていますthink 

 

 寝技の上手い子を見ていると、基本の打込みはもちろんそうですが、抑えるポイント、どうやったら抑え込めるかを体で知っているので、いろんな形・体勢からでも抑えに行ける応用が利きますhappy01 これは言うまでもなく練習量と一回一回の練習の意識の差の他なりません。寝技は攻守ともに、やはりいざという時に自分を助けてくれる強力な武器にもなり盾にもなるものだと思いますし、練習と寝技への意識の差がかなりはっきり表れるのではないかと思いますhappy01

 

 丸岡スポ少も以前は、寝技に対して苦手意識を持ってしまっている子も多く、抑え込むのもわざわざ横四方固めを袈裟固めに持っていってしまうような子が多かったのですがcoldsweats01 昨年辺りからの強化により、意識を持って練習してきている子には確実に進歩が見られるようになってきていると思いますhappy01 これに自信を持って、試合でも勝負どころではどんどん勝負に行けるようになると面白いと思いますhappy01

 

 確かに投技の華やかで豪快な1本に比べると、抑込技での1本は地味に感じるかもしれませんがcoldsweats01 しかし練習量は裏切らない、センスも関係のない、とても頼もしい武器であることは間違いないと思いますconfident 

 

 いざという時、どうしても投技で勝負に行けない時、立技に実力差のある相手との対戦の時、自分やチームを救ってくれる1本を取ることが可能な抑込技sign03 是非、頑張って集中した練習を心がけて欲しいものですhappy01

|
|

« 羽咋少年柔道大会を振り返り(2) | トップページ | 第4回福井県学年別少年柔道大会 »

丸岡スポ少柔道日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/38668848

この記事へのトラックバック一覧です: 今更ながら(2):

« 羽咋少年柔道大会を振り返り(2) | トップページ | 第4回福井県学年別少年柔道大会 »