« 第4回福井県学年別少年柔道大会 | トップページ | 娘の県大会 »

2011年2月15日 (火)

県大会を振り返り

 先日行われた県大会、僕は試合を観戦していて、子供たちの試合内容に少し変化が感じられたように思います。今大会でも審判をされる先生方は、いきなり膝をついて技を施した場合、両膝・片膝を問わずすべて指導を与えていましたし、その他にも無理な巻き込みで指導を与えている場面もありました。

 

 また、こうした近況のルールの改正・強化、方針転換の結果、子供たち自身も奥襟を持っての柔道、無理に巻き込んでいく技、掛け逃げ等が少なくなってきた印象が強く、以前より迫力のある、そして安全面に配慮した試合が多くなった感じがしますhappy01 そういう面でも、僕は今大会は本当に面白く見させていただくことが出来ましたnote

 

 さて、こうした中、実際の子供たちの試合の内容は・・・試合場が大道場と小道場に分かれて行われていた都合上sweat01 幼年の部から2年生の部、そして女子の部を見ることが出来なかったのですがcrying 大道場で行われていたその他の部門では、丸岡柔道が存在感を示してくれていたように思いますgood また、丸岡スポ少以外の選手の試合でも、思わず、

 

 「これは素晴らしいsign03shinesign03

 

 と唸ってしまう試合もたくさんありましたhappy01 とても小学生とは思えない技術にいくつも感心させられる試合がありました。

 

 それではまずは丸岡スポ少の試合の中から、僕が見ていた数試合の感想ですが、1年生の部の決勝戦となったR晴の試合は、宿命のライバル対決ながら少し残念な試合結果だったように思いますcrying 払腰で技有りを奪われそのまま抑え込まれての1本負けcrying 技術面や試合内容もそうですが、気持ちですでに負けていた感じでしたねshock R晴には、この試合での完敗を機に、これからの練習での変化に期待したいですthink あのR晴ですから、きっと練習さえしっかりすれば、まだまだ逆転できると思いますからsign03 もちろん県大会で2位という結果は素晴らしいのですが、なにしろあのR晴ですから、これで満足するわけには行きませんしねwink

 

 続いて2年生の部では、いきなり県大会という大舞台がデビュー戦となったHるか。初戦は不戦勝ということで、いきなり初勝利を挙げましたbleah 続く2回戦では、優勝候補にも挙げられている前回チャンピオンに1本負けでしたが、1・2回戦ともにきちんと礼法ができていて素晴らしかったshine 特に初戦では、いきなりで不戦勝の勝ち名乗りを受けるのに戸惑った様子はありましたが、きちんと礼が出来ていて安心しました。次は実際の試合での初勝利を期待したいですhappy01 

 

 3年生の部では、何といってもSょうがカッコいい試合を見せてくれましたshine 大内刈りで相手を倒し、そのまま抑え込みに行って決めるのかと思いきやsign02 その相手を無理矢理起こして、わざわざ得意の背負投げでトドメを刺すあたり、まさに鬼の所業でしたbleah しかもきれいに畳に叩きつける背負投げで、こちらも鬼の背負投げでしたbleah 今回のこの気持ち強さと背負投げへのこだわりは、これからもずっと、そしてどんな相手との試合でも持ち続けて欲しいと思いましたhappy01 

 

 また、この日はK人も良い試合をしていたと思います。1回戦では大外刈りできれいに1本勝ちsign01 実力が似た選手同士、最初は思い切った攻めが出来ずにやきもきしましたがcoldsweats01 終了間際にようやく思い切った踏み込みから倒すことができました。僕は声を大にして言いたいです。

 

 「行けば掛かるんだから、自信を持って行ってくださいsign03

 

 2回戦も強敵相手で、結果は足技で技有りを取られて負けてしまいましたが、決して完敗の内容ではなく、気持ちが後ろに下がった時、足技で倒されてしまいましたが、常に前への圧力をかけ続け、背負投げを喰らって負けても仕方ない、ぐらいの気持ちがあれば、そしてK人が自信を持って技に入れば、必ず勝てる相手だと僕は思いましたhappy01 

 

 3年生の部からもう一試合、AゆむとT嶋選手との試合も気持ちが良かったですねgood 相手選手の情報が僕のところにも入っていて、数々の大きな大会で優勝されている強い選手とのことで、トーナメントの中でも正念場となる一戦だったようですがthink ここはAゆむがきれいな内股で見事に1本勝ちsign03 さすがAゆむでカッコよかったですshine また、Aゆむは続く試合でも、泉弥が是非お手本として欲しいような勝ち方・攻め方を見せてくれて、これからますます団内の練習で、泉弥にはAゆむと練習を積んでいってもらいたいと思いましたhappy01 

 

 その泉弥は今大会はベスト8・・・4回戦での敗退crying ライバル対決にまたしても敗れてしまいましたが、先週の羽咋大会から比べると内容的には少し戻ってきている印象でしたconfident 感想は次回に回したいと思います。

 

 続いて4年生。T海・K太郎ともにはっきりとは見ていないのですがsweat02 チラッと見た感じでは、K太郎の試合が面白かったと思います。せっかく入った大外刈り、8割方決まっていると思うのに・・・sweat01 最後のキメでなぜか逆に倒されているのでcoldsweats01 何か不思議な気がします。でも、もったいない負け方だったということだけは言えると思いますthink 

 

 最後は6年生男子。5年生のK輔の試合は見逃しているのですみませんwobbly 6年生男子は、美希弥とY輝の軽量級2人は所用で欠席。重量級の2人が出場しました。Sょうは順調に3回戦まで勝ち上がりましたが、その3回戦で敗れてしまいました。僕は内容についてはよく分からないのですがsweat01 先生方は「反省しとけsign01と怒っていらっしゃったので、そういう内容だったのだと思いますcoldsweats01 ただ僕も、2回戦を見て行ける場面で思い切りに欠ける試合だったかもしれないな・・・とは思いましたthink

 

 R一は、初戦は見事に1本勝ち。最初に支え釣込足で技有りを奪い、そのまま抑え込みに行くのかと思いきや、わざわざ得意の大外刈りで決めに行くあたりはニクい試合でしたbleah しかし、続く2回戦で今回優勝した選手に1本負けcrying きれいに飛びましたcoldsweats02 

 

 

 本当は、全部の試合を見たかったのですが、我が娘に夢中になっていましたのでcoldsweats01 見れない試合がたくさんありました。すみませんsweat01 小道場ではどんな熱戦が行われていたのでしょう。。。6年生たちは特に、小学生時代最後の試合が近づいてきましたcrying 残り少ないですが、1戦1試合ごとに、悔いのない精一杯の試合をしていってもらいたいと思います。

|
|

« 第4回福井県学年別少年柔道大会 | トップページ | 娘の県大会 »

丸岡スポ少柔道日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/38866764

この記事へのトラックバック一覧です: 県大会を振り返り:

« 第4回福井県学年別少年柔道大会 | トップページ | 娘の県大会 »