« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月31日 (月)

今更ながら

 昨日の日曜日、物凄い大雪・・・snow 丸岡スポ少は県立武道館で行われていた合同練習に参加させていただいていましたが、3兄妹は村の子供会行事のため欠席。父は仕事。というわけで、残念ながら不参加でしたshock

 

 それにしても今年の冬は、予想に反して例年にない大雪の年になりsweat01  昨日も物凄い雪でしたよねぇshock 福井では115cmの積雪が観測されたようですcoldsweats02 北陸道、8号線、JR、すべてに障害が出たりで・・・sweat02 ホントに毎日毎日たいへんな日がつづきますshock インフルエンザやノロウイルスなんかも流行っていますし、道路も雪でひどいことになってますしsweat02 合同練習や大会など、行事を主催される方々も参加される方々も、どちらも本当に大変だろうと思いますcoldsweats01 そんな中、みなさんのご尽力により、なんとか行われた昨日の合同練習sign01 参加した子供達にとって実り多い練習となった事を期待したいですhappy01 

 

 さて、そういう訳で3兄妹はこの合同練習を欠席させて頂き、僕も書くことがないのでcoldsweats01 今更ながらなのですが、今回はこのブログで柔道の技の種類について少々おさらいでもしようかと思います。

 

 昨今、福井県でも、柔道連盟の方々が先頭になり、「柔道人口の増加」、「ルネサンスの意識を広げるため」、はたまた「少年柔道で頑張っている子供達への理解を深める場」として、お母さん方や柔道に興味を持っていらっしゃる女性を対象とした「レディース柔道教室」などが開催されてきていますしnote 丸岡スポ少でも一般の部としてかなりの方々が練習をしています。そしてその中から見事に初段まで取られた方もいらっしゃいますshine これを機会に、改めて柔道に興味を持って頂き、ますます丸岡の柔道が盛り上がって頂けると嬉しいですねwink

 

 

 それでは・・・・・。

 

 

 柔道の技は、まずは大きく分けて「投技(なげわざ)」「固技(かためわざ)」に分けられます。投技は67本、固技は29本あります。

 

 投技は、その技の特徴から「手技(15本)」「腰技(11本)」「足技(21本)」「真捨身技(5本)」「横捨身技(15本)」に分かれます。

 

 手技の代表的な技としては背負投げや体落とし、また、ルール改正により今では一発反則負けにもなり兼ねない、双手刈りや肩車も手技に含まれます。僕も最初は、背負投げが手技に数えられているのが不思議でしたがcoldsweats01 上手い先生方の背負投げを見せていただくと、これは間違いなく手技だと納得できますconfident 井上康生氏の現役時代の背負投げなんかは、相手が全く自分の背中に乗ることなく、手と手首を上手く使い、崩しとタイミングの素晴らしさで柔らかく投げる背負投げだと感じますし、背負投げといえば、古賀稔彦氏の背負投げは、まさに常人離れした腕と手首、足腰のパワーで相手を引っこ抜くような「古賀投げ」がカッコ良くて印象的ですhappy02

 

 また、腰技の代表的な技は払腰や大腰、釣り込み腰などがありますし、足技には、内股・大外刈りのような豪快な技から、大内刈り・小内刈り・出足払い・送足払いといった技まで、多種多様な技が含まれます。丸岡スポ少の重量級の選手がよく使う支釣込足も足技です。

 

 最後に捨身技ですが、少年柔道ではほとんど使われないのであまり関係ないかも知れませんがcoldsweats01 真捨身技としては、巴投や裏投などが有名です。横捨身技では、谷落しや払巻込みがあります。

 

 丸岡スポ少の子供達は、主に手技・足技を教えていただいていますが、腰技と捨身技は誰一人として教えられていません。もちろん理由はあると思います。また、教えていただいている手技・足技の中でも、手技としては背負投げだけsign01 と言っても良いくらい他の手技は教えてもらっていないですねthink 背負いと同じく手技の代表格ともいえる一本背負投げも、今では丸岡スポ少の中では禁止技となりつつありますgood もちろん理由は、腰技を教えないのと同じような理由からだろうと、僕は勝手に理解しておりますcoldsweats01 逆に、足技に関してはたくさんの子供達が昔に比べてたくさんの種類の足技を使うようになってきたという印象を持っています。

 

 さて、ここまでざっと投技の種類についておさらいしてみましたがhappy01 お子さんの練習や試合の様子を見学されるお父さん、お母さん、是非、次回見学の時は我が子がどういう種類の技を練習しているのか、今どの技を出したのか、注意深く見てみて下さいwink もっと柔道見学が面白くなるはずですしhappy01

 

 手技や足技、腰技や捨て身技・・・何がどう違い、どういう理由で教える・教えないとに分かれてしまうのか・・・考えてみるのも面白いかもしれませんねwink

 

 

 次は、丸岡スポ少の課題として、今年もおそらく力を入れて練習に取り組むであろう抑込技が含まれる、固技のおさらいをしたいと思いますhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年1月27日 (木)

団内予選(2)

 前回の続きですが、昨日水曜日の練習終了後、3月に行われる大会の団内予選、後半戦が行われましたhappy01 さて、後半戦では前半戦よりは更に熱い予選を見せてくれることと期待しておりましたnote

 

 結果は・・・・・

 

 先生は、K太郎の柔道をたいへん褒めていましたshine 勝った試合も負けた試合も内容が良かったようですgood そのとおり、僕が見ている中でも何試合もきれいな内股を決めていましたねhappy01 僕は、今回の予選、K太郎は3年生の泉弥、K人、K晴との試合では、どちらが勝ってもおかしくない、もっと緊迫した試合展開を予想していましたが、K太郎の技のキレが冴え、K人とK晴を問題にせず投げており、頼もしく成長した姿を見せてもらいました。しかし、T海との試合では完封負けshock また、泉弥・Aゆむとの試合では、どうしても苦手意識の方が先に出てしまっていたようですcoldsweats01  

 

Dsc04663 特に泉弥との試合では、K人やK晴をあれほどきれいに投げられる技と強さを持っているのですから、思い切って勝負に行けば昨日のように簡単には投げられないと思うのですが・・・coldsweats01  写真でも分かるとおり、K太郎は本当に恵まれた体格を持っていると思いますgood 特に柔道向きと思えるのが、その身長と手足の長さです。小さな泉弥と比べて写真を見ると一目瞭然ですねhappy01 内股がこの予選でも良く決まっていたのは、やはり足の長さ・手の長さがあるからだと思いますhappy01 なので、この優位な体格をもっと活かせば、まだまだ良い柔道が出来ると思いました。

 

 

Dsc04652

 手足の長さと言えば・・・K晴もK太郎と同じく、うらやましくなるような手足の長さがありますねgood 彼も内股を練習しだして、決まるようになってきたので、是非この体格に自信を持って柔道して欲しいです。 この予選では、まだ本当の力がでなかったように思えますが、持っているポテンシャルは本当に高いと思うので、これからに期待したいです。

 

 

 そして予選は、この日で全試合終了し、Aゆむが全勝で1位通過決定。ここからは僕の記憶の範囲ですがsweat02 T海が1敗1分で2位通過。泉弥が1敗2分で3位。そしてK太郎が3敗で4位、という結果だったように思いますcoldsweats01(結果は自信ないです。) この予選の結果、3月の大会ではどういうチームで戦い、またどの選手が個人戦に出場するのかは分かりませんが、毎回予選をするたびに先生方がおっしゃっていますが、出場することになった選手達は、予選を勝ち抜いて出場するプライドと自信、そして仲間全員の気持ちを背負って堂々と戦ってきて欲しいと思いますsign03 

 

 

Dsc04642 最後に泉弥の予選の感想ですが、前半戦は0点annoy そして昨日の後半戦は残りの3試合を戦いましたが、相変わらずの不調な試合が続きましたsad K太郎との試合では背負いで1本取ったものの、柔道はイマイチ・・・。続くY成との試合では、寝技で決めるべきところを逃がしてしまう、一番やってはいけない試合・・・。そしてAゆむとの試合では、動く方向を間違う痛恨のミスで背負いを狙われ技あり2つの1本負け・・・。全く良いところがなかったです。まあ僕の思いとしては、タレントが揃い層の厚い3,4年生8名に混じり、紅一点、女の子ながら負けも一つだけで3位通過・・・結果だけ見ればよく頑張ってくれたな、という思いですが、いかんせん内容が悪かったですからねぇcrying 

 

 ・・・ということで、前回の記事の予告どおり、この日の居残り練習から地獄モードに突入させていただきましたsmile まだモード初日なので、軽く泣かす程度で終わりましたが、徐々に追い込んでいこうと思います。そして、何とか2月の県大会までには調子を間に合わせたいと・・・smile でないと、ちょっと今のままでは不安ですからcoldsweats01 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年1月24日 (月)

団内予選(1)

 1月21日(金)の練習終了後、3月に開催される大会の団内予選が行われましたhappy01 予選が必要なのは3、4年生。この学年は人数も多くて一気に全試合は無理なのでcoldsweats01 この日は前半戦数試合が行われました。でも・・・sweat01 試合内容はちょっと苦言だらけの感想になりそうで非常に心苦しいのですがshock どうかお許し下さいsad これもブログを書く宿命ですし、書かねば応援団失格ですからdash



 実は僕は、この予選をとても楽しみにしていましたnote もちろん理由は、誰が勝ってもおかしくないほど実力が伯仲してきているからsign03 しかも3年生6人と4年生2人の計8人のエントリーに対し、出場枠は半分の4つ。4年生が2人入っていることを考えれば、3年生の枠は実質2しかありませんしねsign01 しかも最初から先生は、



 「今までの実績は全く関係なしsign01 今回の勝敗のみで決める」



 と宣言されていましたので、まさに一発勝負の厳しい・激しい戦いとなるimpact・・・はずでしたがsweat02 僕の見た感想としては、中には面白い試合もあったものの、少々残念な試合も続いていたように感じましたcrying 一人で勝手に激しい出場枠争いと、実力伯仲の好試合に期待を膨らませて盛り上がっていただけに、余計に残念に感じたのかも知れませんけどねcoldsweats01



 見ていて一番感じたのは、誰一人からも気迫が伝わってこなかった・・・ということかなぁsweat02 せっかく大会出場を賭けた予選をしているのですから、もっとガツガツ勝負に行く柔道をして欲しかったです。



 今回の予選、結果としては実力的にもAゆむが一歩抜け出し、4戦全勝で後半戦へ。試合では余裕を見せつけている様子でしたのでbleah 次回の予選後半戦では是非とも泉弥に頑張ってもらい、Aゆむを焦らせるくらいの試合にはして欲しいところですねsmile しかしその泉弥は、前半戦は4戦して2勝2分。。。勝敗は別にして、内容は全てに良いところなしannoy 慌てふためく柔道で見苦しい限り。寝技も0点。早く立ち直って欲しいです。特に引き分けた2試合は悪かったなぁshock 柔道勘が戻ってないとも感じましたが、とにかくまだまだ追い込んだ練習が必要なようですthink 幸い、足の調子は良いようなので、徐々に地獄モードにシフトさせようcatface



 続いて4年生のT海も、結果もそうですが内容的にももう一歩sweat02 3年生との試合で苦戦が続きましたsweat01 強いT海を昨年後半に見ちゃったのでsmile もう一度、昨年11月辺りの、あのガツガツ来る気持ちのこもった柔道を見せて欲しいですhappy01 2勝1敗1分で前半を折り返しましたが、後半戦の試合に注目したいです。



 K人・K晴は直接対決を含め、二人ともとにかく技が出てませんでしたshock 僕の知る二人の柔道が見れなかったのではないかなぁsweat02 あの体格とあのパワーとあのバランスの良さを持ちながら、弱気になった柔道は、見ている僕からすると勿体なさ過ぎsign03 けなる過ぎるくらいの良い物を持っている選手なのですからsmile



 最後はSょう、Y成の二人・・・dash 僕の独り言なんで気にせず忘れて欲しいのですがsweat02 まずは勝敗の事だけを考えると、3年生にもなると、徐々に体格差とパワー不足が身に沁みてきますねcrying 思わず優弥の小学生時代を思い出しちゃいますcoldsweats01



 でもsign01 体格がないからといって内容のある柔道まで出来なくなっちゃうかといえば、それは違うと思いますthink 少なくとも、僕はそう信じます。自分自身が、体格の無さを理由に柔道に行き詰っておいて偉そうなこと言えませんがcoldsweats01 その苦い経験から、決して体格の恵まれているとは言えない3兄妹には、口が酸っぱくなる程「体格差じゃない」と言い続けてます。体格良くパワーに恵まれた選手を見ると、時々けなるくはなりますがcoldsweats01



 話しを戻しますが、確かに今の時点では、軽量級二人に勝敗まで求めるのは辛いかも知れませんが、柔道にはそれだけじゃない部分がまだたくさんあると思いますthink 例えば「礼」でも良いと思います。体が小さく、勝てない試合が続いたとしても、試合前と後の礼は誰よりもキレイなら、それは最高の選手だと思います。玉砕覚悟の特攻柔道もカッコイイなぁlovely 試合中、一歩も後ろに下がらない気の強さも魅力です。



 なにやらまとまりなくなって来ましたがcoldsweats01 試合中、何か一つ、『Sょうらしさ』『Y成らしさ』が出せるよう、練習で『らしさ』を見つけていってほしいと思いましたhappy01 幸い僕は、二人とも背負いにこだわった柔道をしている時、気持ちが前に出た柔道をしている時は、カッコいい柔道を見せてくれているのを知っていますからwink まだまだこれから、同級生4人を背負いで放り投げるチャンスはいくらでもあると思いますhappy01



 さて、次回の予選後半戦では、どんな熱い試合を見せてくれるのでしょうかhappy02 今回休みだったK太郎も含め、後半戦はもっと熱い予選が見れますようにwink

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年1月21日 (金)

1月19日の練習

 久々の更新coldsweats01 サボっていた訳でもありませんsweat02 さて、1月19日の通常練習日。3兄妹の父にとって、今年の初稽古となりました(・・・といっても乱取り3本程度coldsweats01) でも、たかだか3本の乱取りで、かなり疲れましたshock 単に僕の体力不足なのかsign02 それとも乱取り相手の小学生が強くなったのかsign02 とにかく今回相手をしてもらった新キャプテン、団内最強の男、旧キャプテン、この3連チャン乱取りでガンガン攻めたてられ、ヘロヘロにならせていただきましたcoldsweats01

 

 守ることなど一切考えず、休まずガンガン攻めてくる『丸岡柔道』・・・まさに恐るべしsign03 ですhappy02

 

 それにしても先生方は、何と恐ろしい柔道を子供たちに教えているものでしょうbleah 1本を取りにガンガン来られると、受けるこちらとしてはかなり怖ろしいですからねwink 子供たちはその教えどおり、『丸岡柔道らしさ』を存分に発揮して練習してくれているようで、僕としてはかなり安心しましたhappy01

 

 さて、この日の練習では、面白いこと、嬉しかったこと、驚かされたこと、たくさんのことがあった楽しい練習となりましたgood 

 

 まずは新キャプテンのK輔の、その素晴らしい新キャプテンぶりに惚れ惚れさせてもらいましたlovely あのK輔が、元気良く一生懸命に周りを引っ張って練習している姿、まとめている姿に本当に驚かされましたcoldsweats02 なんと素晴らしいキャプテンが誕生してくれたことかsign03 素晴らしいshine これから1年かけて、ますます素晴らしいキャプテンに成長して行ってくれることでしょうhappy01 期待したいです。

 

 そしてそのK輔は、この日は真っ先に僕のところに乱取りを申し込みに来てくれて、これもかなり驚きましたし嬉しかったですnote なにしろ今までのK輔では、一度もそんなことがありませんでしたからcoldsweats01 これも新キャプテンとしての自覚と成長の証だと思いましたhappy01 ならばお望みどおり、ボコボコにしてやろうと思いましたが、逆にヘロヘロにさせられてしまいcoldsweats01 かなり強くなっている印象を受けました。次から次へと止まることなく足ばかり狙ってきやがってshock これだから軽量級の選手は大キライです(最大級の褒め言葉ですwink) 

 

 そういう面では、次のR一との乱取りの方がまだ楽でしたconfident(悪い意味じゃありませんよwink) R一の方が、K輔よりは楽して休める時間が多いので、体力不足の父、裕からするとこっちのほうがまだ楽ですからねbleah しかし、さすがはR一で、団内でも最も頼れる最強のポイントゲッターらしく、一つ一つの技はかなりパワフルで力強いものになってきていると思うので、これからますます楽しみな選手ではありますhappy01 

 

 ただsign01 受けていて一つもったいないと思う技が・・・sweat01 せっかくあの体格とパワーで、しかもガンガン攻める丸岡柔道を貫いているというのに・・・得意技の一つである支え釣り込み足がもったいないsign03 技を出したら最後まで投げきって欲しいです。大外刈りへの繋ぎ・・・というだけではもったいないですから。せっかく1本取れる支え釣り込み足を身に付けてきているのですからsign03

 

 http://www.nagewaza.com/judo/sasae_turikomi_asi/sasaeturikomiasi_muneta.html

 棟田選手は、日本代表選手として世界大会などでも活躍された選手です。彼の得意技の一つである支え釣り込み足の動画を発見しました。是非一度ご覧ください。

 

 最後は旧キャプテンとの乱取り。彼も彼なりに強くはなっているし、攻めようとする気持ちが格段に強くなっている。卒団間際になり、ようやく『丸岡柔道』らしさが出てきた・・・ということでしょうかcoldsweats01 遅すぎます。。。それにしても、居残りでも感じたし、実際に乱取りしても感じたのですが、美希弥の足払い、本当にタイミングが良く、決まる技になってきましたgood ここは褒めてあげたいです。なので、足払いの次sign03 次の技がしっかり出せるようになると、もっと勝てるようになると感じました。

 

 

 さて、この日は練習終了後にもう一つのサプライズhappy01 昨年末に見事に昇段を果たした、丸岡中学校トリオがそろって、みんなの前で先生から黒帯の贈呈を受けましたnote K馬、Y輝、Y弥、おめでとうsign01 そして、先生、ありがとうございましたsign03 それぞれの帯には、それぞれ先生が考えてくださった文字が刻まれており、優弥の帯には「一刀両断」の4文字がsign01 その言葉に意味に恥じぬよう、切れ味の良い1本柔道を貫き通して欲しいものです。

 

 

 間近で先輩達の黒帯姿を、目を輝かせながら見ていたスポ少の子供たち。彼らもいつの日か、必ず眩しい黒帯姿を僕達の前で、そして新しい後輩達の前で披露してくれることでしょうwink

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年1月13日 (木)

感謝

 柔道を習う子にとって、そして習わせる親にとって大切に思っていることの一つとして、「礼儀」「感謝」の心を育てたい、という思いがあると思います。これは多くのお父さん・お母さん方が大切に思っていらっしゃることだと思いますし、僕もそう思っていますconfident

 

 しかし我が家の場合、僕が最初に子供に柔道を習わせたいと思った理由には、体を丈夫にして強い子に育って欲しいという思いが強かったです。小さい頃から喘息を持っていて、風邪をひく度に「ぜいぜい、こんこん」と喘息の症状が出ていた優弥・・・sad 母がいつも病院へ連れて行き、喘息薬の吸入をしていましたねshock そんな優弥が可哀想で心配で、何とか体の強い子に育って欲しいという思いがことさら強かったように思います。

 

 おかげさまで柔道を習いだしてすぐに、喘息の症状が嘘のようになくなり、風邪すらひかなくなった優弥wink 柔道、恐るべしsign03 ですwink 元々、「バカは風邪をひかない」という格言がぴったりの男でしたから、柔道のおかげで元の優弥に戻った・・・といった感じでしょうかcoldsweats01 なので僕からすると、今、3兄妹ともに柔道を続けていますが、3人とも元気に丈夫な体でいてくれて、実はそれだけでもう感謝の気持ちで一杯なのですhappy01

 

 

 話は礼儀と感謝の話に戻りますが、このことは何も柔道家だけのことではなく、社会人として世に出ていく以上、「礼儀」「感謝」というものは欠かせないものです。柔道を通して学ぶ、先生方や仲間・対戦相手・同じ柔道という困難な道を歩む柔道家に対する「礼儀」「感謝」は本当に大切で、この気持ちが当たり前に持てるようになることで、社会に出ても多くの方々に感謝しながら礼儀正しく接することが出来るようになるのだと思います。

 

 「感謝」という面で・・・我が家では、もう十年以上も前から、ご飯を食べる時はこんな挨拶をしてから食べるようになりました。

 

 「大切な命をありがとう。みんな揃って頂きます。」

 

 ただ単に「頂きます。」だけではなく、このように言って頂く事が習慣になっています。10年以上、毎食、たとえ外食しても、たとえ一人でご飯を食べる時も、どんな時でも「みんな揃って」ですcoldsweats01

 

 このように言うようになったきっかけは単純で、優弥が通う保育園で昼の給食の際、

 

 「手を合わせましょう。大切な命をありがとう。頂きます。」

 

 と言って食べていることを聞きつけ、父は

 

 「これは良いsign01

 

 と、早速採用note でも、全く同じではただのパクリになっちゃうのでbleah これに父の思いを一言加えて現在のような

 

 「大切な命をありがとう。みんな揃って頂きます。」

 

 という完成形に至りましたhappy01 僕が小さい頃は両親共働きで、しかも不規則な仕事をしていた母でしたので、一人ぼっちや妹と二人で食べることが多かったのです。お腹がすいて、母が帰ってくるのが待てなくて、ポテチで晩御飯を済ませていた頃もありましたねwobbly それが何の因果か僕も大きくなって同じように不規則な仕事についてしまいshock せめて家族揃ってご飯が食べられる時ぐらいはみんな揃って食べたい・・・という思いでこのような言葉になったということですhappy01

 

 最近は3兄妹も生意気に大きくなり、物心もついたせいか、外食の場などでは少々恥ずかしがり、小さいな声でぼそぼそ言うようになってきたのが気になりますがcoldsweats01 それでも家では当たり前のようにこうした言葉を添えてから頂くことは変わりませんhappy01 最初は気持ちがこもっていなくても、毎食同じことを繰り返していれば、自然と食べ物やそれを作ってくれる母、働いてきてくれる家族に対する感謝の気持ちは育っているように思いますhappy01 飽食の現代、食べ物に対する感謝の心は薄くなって仕方のないことだと思いますthink しかし、生きることの原点でもある食べ物に対して、感謝の気持ちが持てなければ、他のどんなことにも感謝の心は芽生えないと思いますthink 来たる我が家の食糧難の時代に備えcoldsweats01 家内も日ごろから食べ物に関しては結構うるさく教育しているようです。

 

 こんなことはほんの小さなことですが、何事も習慣にすることで、少しかもしれませんが子供たちにプラスになることもたくさんあると思いますconfident これからも3兄妹には、元気にたくましく、そして礼儀・感謝を忘れない子に育って欲しいと思う父confident 新しいこの1年、子供たちはどのように成長してくれるのでしょうか・・・coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年1月12日 (水)

スポ少写真展の更新

 新年も10日以上が過ぎ、今回は思い切って、さぼりで手付かずのままだったcoldsweats01 スポ少写真展の更新をしてみましたscissors ・・・といいましても、昨年は写真撮影を随分サボってしまったのでsweat02 今回の更新は、過去の秘蔵画像を一挙に並べて見ましたhappy01 平成17年後半から19年にかけての画像の中から、懐かしい写真をいくつかピックアップしましたので、一度ご覧くださいhappy01 次回暇を見つけたら、残りの20年以降もアップしたいと思いますgood

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年1月10日 (月)

3兄妹の初稽古

 先日行われた丸岡柔道鏡開き、3兄妹の練習の様子の感想を書きたいと思いますhappy01 

 

 まずは何といっても泉弥ですthink 昨年の11月、醍醐杯での負傷以来、長らく動くことすらままならない状態でsweat02 今回の鏡開きからようやく練習再開となった訳ですが、僕は本当に嬉しく思いましたhappy01 

 

 まずは、痛がったり足を気にする様子も見せることなく、ちゃんと最後まで練習できていたのが何よりホッとしましたし嬉しかったですhappy02 怪我した最初の頃は、靭帯の怪我だったせいもあり、心配性の僕としては泉弥はもう柔道が思いっきり出来ないかもしれないという不安を、どこかにずっと持っていましたからcrying ようやく痛みが完全に取れた年末も、今度はギプス(シーネ)で固定していた足がカチカチに固まってしまいsweat01 膝の曲げ伸ばしが上手く行かなかったりで本当に心配でしたcoldsweats02 なので、初稽古で実際に柔道をしている姿を見るまでは、ちゃんと動けるかが半信半疑でドキドキの状態でしたcoldsweats01 子供の回復力というのは本当に素晴らしいですねcoldsweats01 まだしばらくは無理は禁物かもしれませんが、少しずつでも怪我する前に戻って行ってくれれば良いかな・・・と思いますhappy01 本当に周りの方々や診てくださった先生方に支えられた結果だと、感謝の言葉しかありませんconfident

 

 また、もう一つは、練習の取り組み方が非常に良かったのが嬉しかったですhappy01 立技の打込みの時、汗だくで打込みを行っている泉弥を見て、僕は少し驚きましたcoldsweats02 だって、打込みでこんなに汗をかいて打込みをしている泉弥なんて、僕は初めて見ましたからcoldsweats01 泉弥の表情や練習態度から、本当に体を動かしたくて仕方がなかったオーラ、柔道がしたくて仕方がなかったオーラが物凄く出ていましたhappy02 変な言い方ですが、怪我して長いこと休んで良かったと思いましたcoldsweats01 

 

 内容的にも、立ち技の乱取りでは、元々下手なのですがcoldsweats01 やっぱりいつもの怪我前の動きとは遠く及ばない柔道でしたがsweat02 でも寝技では全くそんなところが見られず、逆に成長すら感じられた寝技だったと思いましたhappy01 寝技のカンと言いますかスムーズな動きと言いますか・・・それと決めるポイントがまだ少し戻らない感じはしましたが、今後、少しずつ取り戻していってくれることでしょうgood

 

 

 次は次男・美希弥ですが、こちらはチラッと見たところでは、怒りたくなる部分と成長を感じた部分と・・・半々といったところだったと思いますhappy01 冬休みの間、中学校の練習に参加させてもらっていたせいか、全体的には良く動けていたのかな・・・とは思いました。怒りたくなった部分はもちろん寝技の練習sign01 そして力と気を抜いた手抜き練習angry。また、成長を感じた部分は、特に立技乱取りでの川口道場さんの主将との乱取り稽古でしたconfident 

 

 寝技・・・なんであんなに成長がないんでしょsweat02 守っていたら100%やられる。そんな経験をもう何百回も繰り返してきて、それでも懲りずに守りに行くdash 押さえに行く気が全く感じられませんでしたねdespair あれでは練習しても無駄です。また、所々で手を抜いたような、そして気を抜いたような練習をしている部分があり、これは僕が結構嫌いなものを見せられた気がして腹が立ちましたねimpact

 

 逆に立技乱取りでの、自分が意識している選手との乱取りでは、取るか・取られるかの面白い勝負を見せてくれるシーンも少しだけですが見え、そこだけは面白かったし成長を感じましたhappy01 特に川口道場さんの主将との「主将対決」は、負けまくっていましたがcoldsweats01 僕の好きな部分を見せてくれて良かったと思いましたhappy01 投げられても技を出されても、簡単に下がったり芋を引いたりしなくなったのがまずは良かったです。投げられる時に頭を下げるのは0点でしたが、投げられる怖さを感じる以上に、投げられたら投げ返しに行く姿勢が上回っていたのが成長だと思いますconfident 昨年末の成長のビッグウェーブの成果だと思いますが、技出しのタイミングも少しずつ良くなっている印象です。いよいよ次の通常練習から主将は引退ですが、後輩を引っ張り、残りのスポ少での柔道で最後のビッグウェーブを見せてもらいたいものです。

 

 

 最後は優弥。特に言うこともありませんが、ただ、一つだけ気になった点が・・・sweat02 何故だか理由は全く分からないし理解も出来ないし、理解するつもりも全くないのですが、ただでさえ組み手が下手なくせに、せっかく持てた釣り手を簡単に離してしまう場面があまりにも多すぎて残念でしたangry 組み勝って、先に自由に釣り手が動かせる、背負い使いには最高の組み手になった場面でも・・・ですsweat02 簡単に釣り手を離してそして相手に持たれて搾られてジ・エンドannoy なんじゃそりゃsign02 

 

 ま、最後の方は川口道場のK先生・N先生らにこっぴどく搾られていたようでbleah フラフラになっていたようで良かったですhappy01 いい気味です。先生方、相手をしてくださり本当にありがとうございましたsign03 

 

 

 こうして3兄妹の柔道を一緒に見るのは久しぶりで、3人揃って楽しく柔道をしている姿を見ていると、練習中は怒りたいこともグチりたくなることも多々あるのですがcoldsweats01 それ以上に嬉しい気持ちの方が大きくなりますね。弱いなりにも、元気に楽しく柔道してくれるのが一番ですsign01 今年は3兄妹はどんな成長をみせてくれるのか・・・? たくさん成長日記が書けるぐらいになって欲しいものですwink

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2011年1月 8日 (土)

鏡開き(初稽古)

 いよいよ平成23年の丸岡柔道の幕開けsign01 1月8日(土)、丸岡武道館において鏡開き(初稽古)が行われましたhappy01 丸岡スポ少、川口道場さん、丸岡中学校、丸岡南中学校、その他大勢のOB・OGが参加して行われた恒例の初稽古sign03 普段は広い丸岡武道館が、子供たち・選手達で埋め尽くされていましたcoldsweats02 それにしても物凄い数の柔道家達が集まって行われた初稽古note 改めて丸岡地区の柔道人口の多さに驚かされますcoldsweats02

 

 今年も例年通りお昼から練習開始sign01 少し遅れての練習参加となった父、裕ですが、到着した頃にはすでにたくさんの子供たちが武道館に集まっており、武道場所狭しと大きな声と白い息を弾ませながら準備運動を行っていましたhappy01 中でも印象的だったのが、練習を指揮されていた先生の声の大きさと子供たちの楽しそうな笑顔でしたhappy01 準備運動とはいえ、大人から見ると思わずぞっとするような補強運動coldsweats01 それを楽しそうに行う子供たちhappy02 丸岡スポ少の子供たちも、普段とは少し変わった練習に本当に楽しそうに取り組んでいる様子でしたhappy01 これだけ人数が多いと、道着を着てきた父も出る幕無しcoldsweats01 でした。

 

 準備運動が終わると、次は寝技の打込みと乱取り稽古。昨年12月の練習終了以来、久しぶりの練習となる丸岡スポ少の子達でしたが、みんな結構よく動けていた方だと思いましたhappy01 そして、昨年1年の成長でしょうか、寝技も結構上手くなってきている子が多かった印象ですconfident 一緒に練習していた川口道場さんの子供たちは、さすがに寝技が鍛えこまれている道場らしく、まだまだ丸岡の子達は全然及びませんでしたがcoldsweats01 それでも、まったく歯が立たなかった昨年当初とは違い、多少は勝負できている子もちらほら見えてきたのは大きな成長の跡でしょうscissors また逆に、学年下の相手にもなかなか押さえ込めない場面を見ると、さすがは川口道場さんの選手だと感心しますconfident

 

 続いて立ち技の打込みが終わり、最後は元立ち稽古で締めくくりました。ここでも子供たちは元気一杯sign03 大きな声で一生懸命乱取りを行っていましたscissors 相手チームのことばかり褒めてしまいますがcoldsweats01 川口道場さんの子等は、自分がやらなければならない相手を見つけると、二度・三度・四度と、同じ相手を何度も捕まえに行って、投げられても投げ返すまで練習しに行く姿が印象的で、高い意識を持って練習しているんだな・・・ということが一目で分かりましたthink 素晴らしいsign03 

 

 

 僕の個人的な印象としては、そんな中でも丸岡の子らも初稽古にしては良い動きをしている子が何人も見れて、本当に良い練習が出来ていたと思いましたし、長い冬休み&正月休みで、体を動かしたくてウズウズしている子達ばかりなんだな・・・と思いましたwink 平成23年のスタートとしては最高のスタートとなったように思いますhappy01

 

 そしてお待ちかねsign03 練習終了後は、こちらも毎年恒例の炊き出しnote 保護者会の皆様や保護者の方々が腕によりをかけて作ってくださった豚汁&ぜんざいsign03 子供たちの数も多かったせいか・・・coldsweats02 あんなにあり得ないほどの量があった豚汁・ぜんざいがあっという間に完売coldsweats02 子供たちはみな物凄い食欲でしたねwink おいしそうにバクバク食べている子供たちの顔を見るだけで幸せな気持ちになりますlovely それにしてもあれほどの量を作ってくださった保護者の皆様、本当にありがとうございました。そしてお疲れ様でしたhappy01 

 

 そして、最後になりましたが、本日、寒い中でしたが熱心にご指導くださった先生方、本当にお疲れ様でしたsign03 今年1年も、今日のような元気一杯な子供たちの活躍を期待して、また丸岡らしい柔道で頑張っていきましょうsign03

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2011年1月 6日 (木)

プレイバック2010(4)

 ようやく最終回までこぎつけたプレイバックシリーズcoldsweats01 年を跨いでしまい、新年からいきなり昨年のことを振り返るのも何だか気が進みませんがcoldsweats01 とりあえずラストですので、まだ記憶に新しい11月と12月の活動の様子をhappy01

 

【2010.11】

 ① 金井学園理事長杯

 行事の続いた昨年11月、その最初の大会は金井学園理事長杯でしたhappy01 団体戦では予選リーグで激闘を演じ、最後まで決勝トーナメントへの期待が持てた、大いに楽しませてくれた団体戦でしたgood 

 

 ② 坂井町団体大会

 毎年、坂井地区のチームが集い、しかも参加制限がない3人制団体戦で争われる今大会。毎年丸岡スポ少からも多数の団員がデビュー戦を迎える大会でもあります。今回は残念ながら川口道場さんに全部門で優勝をさらわれる結果となりましたが、今年は是非リベンジですsign03

 

 ③ 3兄妹にとって、毎年鬼門の醍醐杯crying

Dsc04600Dsc05071 今回も参加させていただきましたsign03 しかも今回はほぼ全団員が参加しての大型遠征note 

 

 

Dsc04613Dsc04614 中学生チームも出場し、何と総勢5チームも出場させていただき、本当に思い出に残る遠征でしたhappy02 アルプスの雪化粧した美しい景色や国宝・松本城など、良いものもたくさん見れたのですが、でも・・・sweat02

 なぜか我が家には毎年鬼門になっているんですよねぇshock 今回も泉弥が前日練習で怪我してしまい、辛い遠征となりましたcrying しかもこんなに長引く怪我になろうとは・・・down 今年こそはこの悪いジンクスを打ち払う楽しい大会に出来るよう、今から気合い入れていこうっとwink

 

 ④ 初取材sign02 SCTVが丸岡スポ少へsign01

 11月のもう一つの大きな行事としては、さかいケーブルテレビの方が取材に来て下さり、なんと12月からは、フレンズTVでその取材の様子がテレビ放送されましたねscissors 子供たちはどの子もしっかり練習風景やインタビューをこなしており、どうやら無事に俳優デビューを飾ったようですwink 

 

【2010.12】

 ① 暮れの大一番sign01 高浜大会sign03

312642 昨年一番、僕の印象に残っている大会がこの高浜町柔道大会でしたhappy01 団体戦では初戦から接戦を勝ち上がり、堂々の3位入賞を果たしましたshine 特に、団員全員の気持ちが一つになった団体戦の戦いぶりに心打たれるものがありましたhappy01 また、個人戦でも多くの入賞者を出し、団体戦の勢いをそのまま個人戦でも発揮できた大会だったように思いますhappy01

 

 

 ふぅsweat01 これでようやく4回に渡って書いてきた2010年のプレイバックも終わりましたcoldsweats01 本当に数多くの激闘を見せてくれた子供たちでしたねlovely きっと今年も年末には、このパソコンの前に同じように座り、そして同じようにたくさんの激闘の様子をプレイバックとして書き綴っていることでしょう・・・ね、多分coldsweats01 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年1月 5日 (水)

新年のご挨拶

 新年、明けましておめでとうございますsign03 いよいよ2011年、そして平成23年の幕開けですhappy01 皆様におかれましては、家族お揃いで輝かしい新年をお迎えのことと、心よりお慶び申し上げます。改めまして旧年中はたくさんの方々にお世話になり、本当にありがとうございましたsign01 本年もどうぞよろしくお願いいたしますhappy01 

  

 さて、今年は卯年です。卯は兎で12支の4番目。意味は

 

 「草木が地面を蔽うようになった状態」

 

 とのことで、昨年が

 

 春が来て草木が生ずる状態

 

 ですから、今年はその生じた草木が伸びてくる兆しの年となりますgood 種をまいて育て続けた「丸岡柔道」という草木が、ここでようやく茎を伸ばす時期に来た・・・ということでしょうかsign01 それを象徴するように、今、丸岡では低学年以下の小さい子がどんどん増えてきて、そして活躍してくれそうな期待が持てる状態だと思いますhappy01 も、もちろん高学年にも更に大きく幹を太く長くしていってもらわないといけませんがwink

 

 

   ♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

 

 

 今年もきっと、子供たちは数多くの思い出を作り、また私達に思い出をくれることでしょう。僕もこのブログを通して、そして柔道を通して、そんな頑張っている子供たちの、少しでも役に立てるよう1年を過ごしていけたらな・・・と思っておりますhappy01 皆さんも今年1年どうかよろしくお願いいたします。そしてこのブログの応援もどうぞよろしくお願いしますsign01

 

 皆様にとってこの1年が、素晴らしい1年でありますようにsign03

 

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »