« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月30日 (木)

年末のご挨拶

 いよいよ年の瀬も押し迫り、あと僅かで2010年も終わろうとしていますsweat01 本当に1年が経つのは早いものですねsweat02 特に12月は師走と言うだけあって、僕自身も慌しく気忙しく過ごし、ふと気がつけば年末のこの時を迎えた印象ですcoldsweats01 来年は2011年。ウサギ年を迎えます。

 

 このブログも書き始めてから3年が経過し、いよいよ4年目を迎えましたhappy01 今年もまた1年、無事にブログを続けてくることが出来たな・・・という思いですねhappy01 これも偏に、日頃からこのようなつたないブログをご覧になって下さって応援していただいている皆様、そして頑張って熱い柔道を見せてくれている子供たち・先生方、ともに子供たちの柔道している姿に熱くなれた保護者の皆様のお陰と深く感謝しております。今年も1年、本当にありがとうございましたsign03 

 

 皆さんにとってこの1年は、どんな1年だったでしょうかsign02

 

 丸岡スポ少の今年1年を振り返ってみますと、プレイバックでもご紹介中ですが本当にたくさんの行事に参加させていただくことができ、子供たちにとってはもちろんのことですが、僕自身にとっても本当に楽しめた1年だったように思いますhappy01 特に今年は、8名いる6年生がそれぞれに期待以上の成長と活躍を見せてくれましたし、また、新団員も大幅に加入し力をつけてきてくれましたし、特に低学年ではどんな大会でも互角に戦える力を見せてくれたように感じ、来年への大きな手ごたえを感じさせてくれる1年になったと感じておりますhappy01 しかしながら来年は、6年生の8名退団でcrying 高学年の数がグンと減り、厳しい戦いも予想されるところですが、しかしsign03 きっと子供たちは更なる成長と、丸岡らしい熱い柔道は引き続き見せて行ってくれるものと大きく期待したいと思いますhappy01 

 

 さて、来年はいよいよ当ブログも、訪問者数カウンターの桁数を1桁増やさなければならなくなりそうなくらいカウントが進んでいますしcoldsweats02 本当に驚きですが物凄い数字になってきたと、我ながら感心したりもしていますcoldsweats01 来年も引き続き、

 

 「丸岡スポ少の発展のため」

 「子供たちや保護者のみなさま、他の道場さんとのコミュニケーションの場」

 「自分自身の楽しみのため」

 

 ブログ開設当初の思いを持ち続けながらパソコンの前に座っていたいと思っていますhappy01 今後とも応援、よろしくお願いしますsign03 そして改めまして今年1年、応援本当にありがとうございましたsign03

 

 

 さて、果たして来年はどんな1年が待ち受けているのでしょうかsign02 この記事をご覧の皆様が、家族揃って良い新年を迎えられ、そしてまた来年が皆様にとって素晴らしい1年になりますようにhappy01

 

 良いお年をsign03

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2010年12月28日 (火)

プレイバック2010(3)

 ちょっと年末のゴタゴタで、更新が遅くなってしまいましたがcoldsweats01 前回からの続き、いよいよプレイバック2010も後半戦sign03 8月からを振り返りますhappy01

 

 

【2010.08】

 ① 真夏の祭典sign01 全日本少年武道練成大会sign03

Dsc04357 今年で4回目の出場となった全日本少年武道練成大会sign01 今年も車中泊にて東京の日本武道館へ遠征に行くことができましたhappy01 このように、武道の聖地とも呼ばれる大きな会場で試合が出来る子供たちは本当に幸せ者ですねwink これも偏に関係者の皆様のご理解とご協力、そして温かい応援があったからこその事と、改めてお礼申し上げますhappy01

 

Dsc04346Dsc04349 今年は低学年と高学年の2チームが出場させていただき、開会式では3兄妹の父手作りの「丸岡柔道」の昇り旗が武道館を行進してくれましたcatface また、試合では低学年がS沼兄弟の通う高知県の強豪・和田道場さんと対戦させていただいたり、高学年は初戦敗退ながら丸岡らしい戦いぶりで大将戦までもつれ込む接戦を見せてくれたりと、思い出深い遠征となりましたhappy01 

 

Dsc04364

 そして旅の帰りには、頑張って良い試合を見せてくれた選手達へのご褒美として、建設中のスカイツリー見学をしてきましたhappy01 子供たちもあまりにも高い電波塔に興味津々の様子でしたhappy01 このツリーの完成予定はちょうど1年後の12月だそうです。高さ634mという想像もつかない高さになるとのことですが、来年は勝ち上がりすぎて見学しに行く時間がないぐらいの活躍を期待しましょうnote

 

 

 

 ② 悔しい悔しい琵琶湖杯crying 

Dsc04367 東京遠征の次週、次は滋賀県近江八幡市で開催された琵琶湖杯に出場しましたhappy01 今大会では、高学年団体戦で悔しい初戦敗退crying 低学年3人制団体戦では嬉しさと悔しさの残る2回戦敗退crying 一方、個人戦ではR一が大活躍してくれた大会となりましたthink 特に低学年の3人制団体戦では、全員3年生という学年落ちの中、初戦で大会のホストチームに3-0で勝利する活躍を見せてくれたのが印象深いですhappy01

 

 

 ③ 熾烈impact 醍醐杯予選

 お盆休みを控えた8月中旬、丸岡スポ少では11月に行われる醍醐敏郎杯出場選手を決める予選が行われ、団内での厳しい競争が見れましたimpact 今大会は、唯一の宿泊遠征ということで、子供たちにとっても楽しみにしている大会だと思います。そういう意味もあっていつも以上に気合いの入った子供たちの激闘が、見ている側には楽しかったですsmile

 

 ④ 敦賀・春江・丸岡合同練習

 8月の下旬、今度は敦賀市柔道スポ少さんにお世話になり、3チーム合同の練習会が敦賀気比高校武道館で行われましたsign01 敦賀市スポ少の先生方は、いずれも少年柔道に愛情を持っていらっしゃり、そして選手としても素晴らしい活躍をされてきた先生ばかりでwink この合同練習では恒例となりつつある「技の講習会」を開いていただきましたhappy01 子供以上に僕が楽しみにしていたこの講習会sign01 足技や背負投げ、大外刈りといった子供たちがよく使う技について、目から鱗の話と実演を見せていただき、大満足の1日でしたhappy01

 

 

【2010.09】

 ① 3兄妹の父も初体験のWヘッダーsign01 

 9月第1週の日曜日は、實心館仲保道場さんが主催されているキッズ柔道交流大会と、県のスポ少大会の日程が重なってしまいsweat01 丸岡スポ少はダブルヘッダーで出場させていただきましたcoldsweats01 キッズ大会は、初回から連続で出場させていただいておりますが、県外からも強豪チームが多数集まる非常にレベルの高い大会sign01 また、県のスポ少大会も、団体戦2試合のみで勝敗等は特に影響しない交流大会ですが、高学年の7人制団体戦ということで、こちらも見所の多い大会ですhappy01 僕は仕事で見学できなかった残念な大会でしたがcrying 後日のビデオ鑑賞では、素晴らしい試合の連続に興奮しまくりの大会でしたsign03

 

 ② 鬼門sign02 小矢部市合同練習

 9月中旬、富山県の小矢部市武道館へ、練習試合会に参加させていただきました。この合同練習会は毎年定期的に参加させていただいていますが、毎回、ボコボコにやられいる鬼門の練習会coldsweats01 ま、それだけ集まられているチームの皆さんが強豪チームばかりなんですけどね・・・wink 今回も、富山県の強豪・T沢道場さんをはじめ、石川県からもM任さんやK松さんといった名だたるチームばかりcoldsweats02 福井県もN保道場さんにJ整会さんといった強いチームのみなさんに混じり、実に良い経験となる1日だったように思いますhappy01 このように強豪チームの多数集まる練習会に参加させていただけるというのは、本当に有難いことですよねgood

 

 ③ ほろ苦いデビュー戦crying 

 9月の下旬、第2回目となる柔道フェスティバルが行われ、3兄妹の父がデビュー戦に臨みましたsweat02 結果は・・・さておきcoldsweats01 とても楽しかったように思いますhappy01 また、この大会では、僕は泉弥の試合に夢中になりましたhappy01 結果は2位という悔しい結果で、本人も大泣きだったのですが、僕は満足できる良い試合だったと思いました。また、今大会は各学年男女別で1人ずつしか出場できない大会ということで、各学年の各部門ともにレベルの高い試合ばかりだったように思いましたsign01

 

 

【2010.10】

 ① スポ少レクレーション

 毎年8月の夏休み時期に行われているスポ少レクレーションsign01 今年は行事の都合で10月にずれ込みました。市のスポレク祭とコラボして、親子ふれあいウォーキングとバーベキューで楽しみましたhappy01 みんな食べるよりも遊ぶのに夢中でcoldsweats01、柔道部らしくないsign02 バーベキューとなりましたが、大人は海の幸・山の幸、そして美味しいビールで大満足の1日でしたsmile

 

 ② 坂井市柔道大会

 坂井市民のスポーツ祭の一環行事として行われている今大会sign01 今年で3回目を迎える柔道大会ですが、坂井市は柔道大国ですからwink 小・中学生が多数集まり非常に面白い大会となりましたhappy02 また、次々と丸岡ちびっ子軍団が鮮烈なデビューを飾った素晴らしい大会となりましたgood

 幼年の部・・・優勝:S之介  3位:Y紀

 1年の部・・・優勝:R晴  3位:M衣

 3年の部・・・優勝:Aゆむ  2位:泉弥

 6年の部・・・3位:R一

 

 ③ 福井県少年柔道教室

 県柔連が主催したこの柔道教室では、オリンピックのメダリストsign01 楢崎教子先生をお招きしての講習会が開催されましたshine 県内から多数の柔道少年が集まり、オリンピック選手の話に真剣に耳を傾けていましたgood また、小道場ではレディース柔道と題して第2回目の練習会が行われていました。日ごろ、子供たちの柔道に熱く盛り上がっているお母さん方を対象としたこの練習会、大変素晴らしいこの企画ですよねwink 丸岡スポ少からもたくさんのお母さん方が参加されていたようですhappy01 

 

 

 さて、こうして改めて振り返りますと、またまた行事が山盛りの8・9・10月でしたhappy01 なのでいったんここで休憩しますcoldsweats01 プレイバックシリーズ、無計画な企画で来年までずれ込みそうですがsweat01 次回はラストの11~12月を振り返りたいと思いますhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年12月21日 (火)

プレイバック2010 パート2

 第2回目のプレイバック2010sign01 今回は新年度スタートとなった4月からですhappy01 では早速sign03

 

【2010.04】

 ① 新年度最初の行事sign01 県武での合同練習note

 4月4日(日)、県立武道館において合同練習会が開催され、丸岡スポ少の子供たちも参加させていただきましたhappy01 この合同練習では、県外からもたくさんのチームが参加されており、とても良い経験をさせていただきましたhappy01 

 

 

【2010.05】

 ① 6年生の大一番、全国学年別大会県予選

 5月9日(日)、県立武道館で学年別県予選が開催され、今年は女子重量級にM紀、軽量級にR菜とR佳、男子重量級にR一とSょう、軽量級にY輝と美希弥が出場しました。しかし結果は美希弥の3回戦進出が最高で、少し残念な大会になりましたcrying その中では僕個人的には美希弥の3回戦の試合が印象に残っていますねhappy01 優勢負けでしたが今年の美希弥の試合の中ではベスト3に入るでしょうconfident

 

 ② 激闘sign01 団内予選impact

 5月中旬から下旬に掛けて、6月~8月までの大会の団内予選が行われましたhappy01 みんな、レギュラー獲得に向けて熾烈な戦いが続きましたが、中でも3年・6年のレギュラー争いは白熱しましたimpact 特にこの予選では、K一・K晴のライバル対決が目を引き楽しませてくれましたhappy01

 

 

【2010.06】

 ① 歓喜に湧いたsign01 マルちゃん杯初勝利sign03

12 6月は、この年最初の遠征となった「マルちゃん杯中部少年柔道大会」が岐阜県で開催されましたhappy01 毎年恒例coldsweats01 車中泊にて岐阜県へ向かいましたが、子供たちは元気な姿で大会に臨んでくれましたhappy02

 

 

43 そしてsign03 丸岡スポ少はこのマルちゃん杯、実に4回目の挑戦で初の初戦突破を飾ってくれましたshine しかも初戦は4-1と大健闘でした。続く2回戦では優勝候補のH道場さんに完敗でしたが、この勝利を胸に焼き付け、来年は2回戦突破を目指しましょうsign03

 

 

 ② 敗者復活から3位入賞sign01 鯖江三六祭記念柔道大会

S1 6月13日(日)、鯖江市の中央中学校武道館で行われた、たいへん歴史のある「鯖江三六祭記念柔道大会」sign01 丸岡スポ少は団体戦で、初戦は鯖江市スポ少さんに敗れたもののcrying 敗者復活戦で次々と勝ちあがり、3決ではよくお世話になっている越前市スポ少さんとの対決を制し、見事に3位入賞を果たしましたhappy02 今大会の団体戦は、2年生から6年生までの5人制団体戦ということで、各学年の代表選手が良く頑張ってくれた大会だったのではないでしょうかsign03

 

S2S3S4 また、個人戦でもM衣ちゃんの必殺背負投げやR晴のライバル対決など、特に低学年で見応えのある試合が続きましたhappy01 

 

 

【2010.07】

 ① 激熱impact 日整全国大会予選sign03

 7月の第1週、夏の一大イベントのひとつsign03 日整全国大会予選が県立武道館で行われました。今大会は4・4・5・5・6・6・6の7人制団体戦と、高学年の個人戦が行われます。先鋒と五将が学年落ちとなるチームで予選リーグに臨みましたが結果は・・・

 予選リーグ第1試合目でいきなりつるが煌輝柔道塾さんとの対戦で3-4の惜敗crying どちらに軍配が上がってもおかしくない好勝負でしたが、中でもR一がO選手に見せた足払いは夢見させてもらいましたlovely あれが決まっていれば・・・crying

 続く予選リーグ2戦目では、こちらは同じ坂井地区で切磋琢磨しあう坂井町柔道教室さんに4-3で勝利sign03 1勝1敗で惜しくも決勝トーナメント進出は逃しましたが、しびれる試合の連続で燃えた大会となりましたwink

 

 ② 思わぬサプライズ企画に父、裕の目に涙crying

 7月のあるスポ少練習日の練習終了後、Y章の昇段祝いとして先生方から黒帯の授与式が行われましたhappy01 同級生のスポ少出身者の中でいち早く昇段したY章catface 彼の昇段を微笑ましく眺めていると・・・・・sign02 突然先生から名前を呼ばれ、父、裕にも黒帯の贈呈が行われたのですcoldsweats02 全く予想だにしていなかったサプライズ、そして帯に書かれた「絆」の文字に思わず涙bleahsign02 の出来事でした。先生方、本当にありがとうございましたsign03 一生大切にいたしますhappy01

 

 

 さて、今回は4月から7月までを駆け足でご紹介しましたがhappy01 懐かしいようなつい昨日のことのような・・・catface 次回は行事の多かった8月からをお伝えします。もうしばらくお付き合いください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年12月20日 (月)

復活!プレイバックシリーズ

 今年も残すところあと10日あまりsign01 また今年も1年があっという間に過ぎてしまいましたねcoldsweats01 しかし、今年も子供たちにはたくさんの思い出と熱い感動をもらうことが出来ましたwink

 

 そこで今回から前回の予告どおり、数回に分けて今年1年の丸岡スポ少の激闘の様子を振り返ってご紹介するプレイバックシリーズを復刻させてみることにしましたhappy01 今年1年、子供たちがどんな活躍をしてくれたのか、僕が見学させていただいた行事を中心に振り返ってみたいと思いますscissors

 

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 

 

【2010.01】

① 毎年恒例の柔道鏡開き

 1月9日(土)に開催された恒例行事の初稽古sign03 寒い中でしたが、丸岡柔道スポ少、川口道場さん、丸岡中学校、丸岡南中学校の子供たち、それに丸岡OB・OG達も多数集まり、今年最初の稽古に汗を流しましたwink 保護者会の皆様が中心となっての豚汁の炊き出しもありlovely さすがは柔道家らしく、たくさんの豚汁があっという間に売り切れましたcoldsweats02 

 もちろん僕も練習に参加させていただき、中学生の力強い柔道にノックアウトされていたのは言うまでもありませんcoldsweats01

 

【2010.02】

① 悔しさの残った羽咋大会

 2月7日(日)に石川県羽咋市で開催された羽咋少年柔道大会。。。4・5・5・6・6の5人制団体戦で争われたこの大会。副将と大将が学年落ちで臨んだ大会でしたが、悔しさの残った大会となりましたcrying

 《竹野道場さん3-1丸岡スポ少》

 《つるが煌輝さん4-0丸岡スポ少》

 《坂井町柔道教室さん4-1丸岡スポ少》

 

② 見応え満点の学年別少年柔道大会

PhotoPhoto_2 2月14日(日)に行われた第3回目の県大会。県外からも強豪チームが参加されており、見所の多い大会でしたねhappy01 この大会では、幼年の部決勝戦での「S・T・R」VS「S・T・K」が最大の見ものでしたsign03 K会長の命名したR晴とK志君の大外刈りの打ち合いを制したのは、残念ながらK志君の方でしたcrying しかしなかなかの好勝負に手に汗握られた保護者の方も多かったのではsign02 また、泉弥も2回戦で石川県の強豪選手と対戦させていただき、敗れはしましたがみなさんから褒めていただけるような良い試合を見せてくれましたcatface そして何といってもR佳が3回戦まで進む活躍を見せてくれたのも印象に残った大会でしたhappy01

 

③ 「S・T・R」の逆襲sign03 丸岡町少年柔道交流大会

1 2週前の県大会決勝で敗れたR晴が、今回は見事にK志君からリベンジ達成sign03 結果は旗の判定でしたが、試合中盤に見せた、膝付きでノーカウントになってしまった「S・T・R」は惜しかったsweat01 この両者は、本当に毎回勝ったり負けたりを繰り返す良きライバル同士で面白いですcatface

 

2 また、2年生の部では丸岡スポ少の2年生が1位~3位までを独占する大健闘を見せてくれましたwink  表彰式で、このように我がチームの選手が4人並ぶと気持ち良いですよねgood

 

 

 

【2010.03】

① ほろ苦い新チーム初戦 全小予選

 3月は新チームの初戦となる、全国少年柔道大会の県予選が小浜市で行われました。この大会は、6年生が抜けて最初の試合で、4・4・5・5・5の5人制で行われます。今大会、僕は見にいけなかった大会でしたが、結果を聞くと三国町柔道教室さんと川口道場さんと予選リーグを行い、いずれも完敗crying 厳しい新年度のスタートとなったようですshock

 

② 見所満載sign01 団内柔道王決定戦sign03

 保護者会主催で、今回が2回目となる団内大会。今年は昨年とは違い、各部門の個人戦と保護者対中学生のエキシビションマッチを企画しましたhappy01 子供たちも普段とは一味違った団内大会で、意地をぶつけ合う好試合がたくさん見れましたnote

12345678  

 

 

 

 

③ 6年生を送る会note

 今回、卒団した6年生はY衣とY日の2人でした。二人とも、中学生になった今でも柔道を続けていてくれて、本当に良かったですhappy01 この送る会では、あいにくの雨模様の中でしたがrain 石川県にある東映元気村へ出掛け、みんなでアトラクションなどを楽しんでいましたhappy01 そしてその後はスタミナ○郎で夕食会smile 楽しいひと時を過ごしながら、お世話になった6年生との別れを惜しんでいましたwink

1_22_23_24_2  

 

 

 

 

  1月~3月までの主な行事、いかかでしたでしょうかhappy01 次回は新年度、4月~を書きたいと思いますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年12月18日 (土)

2010の締めくくり

 昨日金曜日の練習で、丸岡柔道スポーツ少年団の2010は締めくくりを迎えましたhappy01 まずは今年1年、一生懸命頑張っていた子供達に、お疲れさまを言いたいと思いますhappy01 また、先生方、保護者会役員さん、保護者の皆様も1年間本当にお疲れさまでしたhappy01

 

 今年もまた、子供達は丸岡柔道スポーツ少年団らしい熱い柔道をたくさん見せてくれて、思い出に残る1年になりましたsign01 次回からのプレイバックでも書いて行きたいと思いますが、今年もたくさんの行事で頑張っていた子供達の姿が、はっきりと思い浮かんで来ますねhappy01 これも偏に、子供達自身の頑張りはもちろんですが、その子供達に愛情と情熱を持って指導されてきた先生方、縁の下の力持ちで頑張って下さっていた役員さん、そして温かく見守り応援下さっていた保護者の皆様、みんなの力があってこその結果だと思いますhappy01 本当にありがとうございました。

 

 僕個人としては、子供達よりも一足早く、先週の水曜日に今年の練習を打ち上げたのですが、今年は本当に楽しく柔道をさせていただくことが出来ましたnote 立派な帯も頂き、試合にも出させて頂き、子供達には叩きのめされcoldsweats01 もう今年は楽しみ尽くしてお腹一杯ですhappy02 特に12月最後の2週くらいは、元気一杯の子供達に僕がパワーをもらい、たくさん練習することが出来ましたlovely もちろんゲロゲロで・・・coldsweats01

 

 今年の丸岡柔道スポーツ少年団の子供達の柔道を振り替えると、まずは寝技に素晴らしい成長が感じられる子が何人もいて、それが柔道全体に良い影響を与えてくれていた1年だったように感じました。僕が12月に入り寝技の練習をした中では・・・

 

 R菜、R一、Sょう(3年生)、泉弥あたりに大きな成長を感じましたねwink 特にR菜に関しては、寝技が素晴らしく伸びてきている印象を受けましたshine 技術的な上達ももちろんですが、寝技への意識と準備が芽生えたのが一番大きな成長なのかも知れませんねconfident また、1年生以下の小さい子たちとの練習では、寝技がキライにならないよう考え、一緒にジャレながら練習できて楽しかったですhappy01

 

 また、乱取り稽古でも力強さや上手さを増した6年生たちに本当に驚かされっぱなしでしたhappy02 このチームの誕生当時、一体どうなることかと心配していたのが嘘みたいcoldsweats01 素晴らしい柔道に成績もある程度ついてきてくれていた印象です。本当に良く成長してくれた1年だったと思いますgood

 

 来年はいよいよその6年生8名が卒団を迎えますが、それまでの3ヶ月、きっと今年以上に熱い柔道を見せてくれることでしょうsign03 そして最高の形で後輩にバトンタッチしてくれることを期待したいですwink

 

 それでは次回からしばらく、今年1年の丸岡スポ少を振り返る「プレイバック2010」を書いていきたいと思いますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年12月16日 (木)

さかいケーブルテレビに!

 先月、SCTVの方がテレビ放送のため丸岡柔道スポ少の取材に来られたのですが、その放映がいよいよ12月15日から始まりましたhappy01 ちょうど撮影の日は練習に行けなかったため、父、裕としては非常にこの放映を楽しみにしていましたsign03 番組名は

 

 「ふれんずTV」

 

 

 

 番組の放映時間は10分間ですが、その10分間びっちりと練習風景やインタビューなどが映っており、とても面白い番組でしたhappy01 番組の冒頭、丸岡スポ少の創立についてナレーターの方が説明してくださったのですが、昭和44年創立ということをお話してくださり、これは僕も知らなかったことでcoldsweats01 本当に歴史と伝統のある凄い団なんだということを、今回改めて感じることができましたhappy01 また、丸岡スポ少の団の特徴や指導方針を明確にお話くださっており、団のPRとしてはとてもありがたい番組だと思いましたhappy02

 

 インタビューでは、監督のお言葉に深く感動いたしましたcrying 

 

 「豪快な1本が柔道の一番の魅力。それを子供たちに伝えたい。」

 

 と。これまでもずっと、勝敗だけには決してこだわらず、どんな場面・状況でも最後まで1本を取りに行く柔道を指導されてきた監督ですから、言葉に重みがありますよねgood

 

 また、M紀、Y輝、Sょうのスリーショットインタビュー、面白かったですsmile M紀は堂々としてしっかりしゃべれていて、場数踏んでる女優さんみたいでしたよbleah R一も堂々と

 

 「将来の夢はオリンピック選手sign03

 

 と、カッコよかったですwink ローカル番組ですが、少なくとも坂井市全体の電波には乗ったですから、坂井市民全員が証人です。是非その言葉通りオリンピック選手になって欲しいと思いますhappy01

 

 そして最後、主将のインタビューはがっかりしましたcoldsweats01 今回インタビューを受けた中で一番キツイ福井弁丸出しで、しかもあの内容のインタビューはないでしょshock 公共の電波で、自分の主将としての能力不足を小さい子らのせいにしている様を堂々と語るのですからsweat02 

 

 

 さて、放映期間は12月15日から毎日(おそらく12月27日頃までだったかな・・・coldsweats01)、1日4回放映されます。番組の時間は

 

  7:50~ 8:00

 10:50~11:00

 13:50~14:00

 16:50~17:00

 

 の4回です。坂井市にお住まいの方しか見れないとは思いますが、是非ご覧くださいhappy01 また、録画したDVDが欲しい方がおりましたら、是非ご一報くださいhappy01

 

 この番組で、更なる新団員の大量入団が楽しみでなりませんhappy01 ・・・っていうか、来年には道場が狭くてどうしようもないくらい団員が増えている様子が目に浮かぶようですbleah 

 

 最後になりましたが、今回取材に来てくださったSCTVの方々、本当にありがとうございましたhappy01  

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2010年12月13日 (月)

活気

 5日(日)の高浜大会を確かな成長の場とすることができ、今年の大会締めくくりとしては最高の形となった丸岡柔道スポーツ少年団sign01 こうして迎えた先週水・金の練習を、僕は本当に楽しみにしていましたnote そしてその期待通り、僕は子供達の確かな変化を感じることができた練習となった気がしましたwink その変化とは・・・

 

 活気sign03

 

 大会でのあの活気と一体感が、今週の練習でもそのまま出ていた感じがしました。これは丸岡柔道スポーツ少年団としてはかなり重要な変化だと思いますhappy01 中でも特に高学年が気合いを見せてくれたように感じましたwink M紀、Sょう、R菜、大きな声が自然と出ていましたshine Y輝、R佳、いつも以上に熱心な乱取りでしたshine M徳、まだ風邪が治り切っていないのに、それでも頑張ってましたshine

 

 これら6年の頑張りにつられて、5年生以下の子の声も良く聞こえましたwink Y成、Sょう、ビッグウェーブ到来の予感ですhappy02 K太郎、柔道に力強さが増してきました。T海に刺激を受けたのかもcatface M衣ちゃんも相変わらず大きな声で元気一杯です。

 

 もちろん新団員の加入も、団全体が活気付いてきた大きな要因の一つだと思いますし、これらいろんな要素も相乗効果を生んでいるのかも知れませんねhappy02 なにしろ11月までの練習とは明らかに違う雰囲気があったと感じるのは僕だけsign02 僕は水・金はそんな子供達に引っ張られて、とても楽しく練習ができましたし、声も自然とでましたhappy01 つい練習しすぎてcoldsweats01 居残り練習が終わるともうゲロゲロですshockshockshock いくら弱っちい美希弥との乱取りでも、30分続けると吐きそうになりますcrying

 

 そんな活気ある練習に、金曜日は金井学園ジュニアの子供たちが練習に来て下さり、更なる活気を生んでくれましたhappy02 丸岡の子供たちは、金井学園ジュニアの選手をライバルとしている子も多く、金曜日も熱のある練習で頑張っていたと思いますwink

 

 

 子供たちにとってみると、そんな良い練習の雰囲気ですから、練習自体も今までの何倍も身になる練習になるばずだと思いますよgood 寝技も立技も、一人ひとりが良い感じに見えてきましたcatface さあ今年の練習も残り数回sign01 来年に向けて、この活気をず~~~と持続してもらいたいですねhappy01

 

 ※ 水曜日の体力測定、腕立て伏せ・・・・その筋肉痛が2日後の金曜日に出ていたことはくれぐれも内緒でお願いしますねcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年12月 8日 (水)

う~ん 美味!

 先日の高浜大会終了後、かねてから行きたくて行きたくてウズウズしていた、あのカニーマン先生が経営されている敦賀市の「松月」さんへ、会長・監督・Aゆむ達に夕食を食べに連れて行って頂きましたnotehappy01sign01

 

 福井の情報誌「URALA」でも紹介されていた有名店で、僕は本当に楽しみにしていましたよwinkgood 中に入るなりいきなり、冬の味覚の王者sign03 大きな越前ガニがたくさん目の前に飛び込んできて、早くもテンションupup

 

Dsc04634 続いて店の中央には大きな生簀note ブリ(フクラギかなぁcoldsweats01)や真鯛などが泳いでいましたnote 子供たちも生簀で泳ぐ魚に夢中でしたhappy01

 

 

 

Dsc04637 まずは監督イチオシのブリのアラ煮note 分けて頂き食べさせてもらっちゃいましたぁdelicious 一口頂くと・・・・・

 「なんじゃ、こりゃぁsign02happy02(もちろん褒め言葉ですlovely) 

 今まで食べたことなかったです、この味はheart 絶妙の甘さのダシとブリの旨みnote 衝撃を受けましたねhappy02

 

 そして僕が注文した品は・・・当然、店に入りいきなりあのカニを見せられちゃぁ堪りませんからねwink もちろんカニ丼を注文させていただきましたnote 泉弥もカニ丼、そして美希弥はサザエ丼を注文happy01 まったく、贅沢な奴らですcoldsweats01

 

Dsc04636_2 もう、我慢できずに写真撮るのも忘れて食べちゃった後の写真ですcoldsweats01 食べ進めてようやく「あっsweat01 しまったsign01 写真撮るの忘れてたcryingと、慌てて撮ったんですcoldsweats01 僕はカニ身の卵とじを食べたのは初めてだと思いますhappy02 こちらも衝撃的な出会いでしたcatface 美味いのは当然ですよねcatface このカニ丼、ダシの味がしっかりしていてとても美味しいのですが、それでいてカニ足の味や甘みもしっかり味わえる絶品ですsign01 カニの味が負けてないんですよね、あの旨みたっぷりのダシにもsign03 

 

 あぁぁぁsign04dash 実際味わった美味しさはこんなんじゃないのに、上手く文章に表せないのがもどかしいbearing テレビで上手に味を表現しているグルメレポーターがうらやましいcoldsweats01 

 

 という訳で、泉弥も美希弥もあまりの美味しさだったのか、無言のままあっさりドンブリ1杯ずつを早々に完食coldsweats01 いつもは食べるのが超スローなあの美希弥でさえ、珍しく早かったですねぇcoldsweats02 

 

 途中、カニーマン先生と息子さんが顔を出してくれまして・・・息子さんが柔道が強いのは何度か見ていたので知っておりましたが、+礼儀の正しいのに驚きました。きっとご自慢の息子さんなんでしょうねwink さすがで見習わせたいですね、うちの3兄妹にもsign03 

 

 先生、その節は美味しい料理を食べさせていただき、また、子供たちにジュースまでご馳走していただき、本当にありがとうございましたsign03 家に帰って嫁さんに話をしていると、かなりけなるがっていましたのでbleah、次回は嫁さんも連れて行きたいと思いますhappy01 またの機会にもよろしくお願いします。・・・・・あっsign01 もちろん柔道の方もsign03

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2010年12月 7日 (火)

高浜大会 個人戦編

 今回は12月5日に行われた高浜大会の、個人戦の様子を書きたいと思いますhappy01 午前中に団体戦と個人戦女子の部、午後からは個人戦男子の部が行われましたが、この個人戦でも、あの団体戦でのチーム一丸となって戦った勢い、そして集中力がそのまま出たとても良い個人戦を見せてもらいましたshine 結果が出なかった選手もいましたが、細かい内容をじっくり見ると全ての選手に大きな成長を感じることができ、丸岡スポ少も個々の力がかなりレベルアップしてきた印象を持ちましたgood

 

 まず女子の部ですが、1年生と6年生の部にエントリーしていましたが、そのエントリーしていた2部門ともに入賞者を出すことが出来ましたnote 1年生の部でM衣ちゃんが優勝sign03 そして6年生の部でR菜が3位入賞という結果でしたhappy02 みんな良く頑張ったと思いますgood

 

 M衣ちゃんの試合・・・団体戦の興奮冷めやらぬまま、タバコ休憩を終えてちょうど会場に入り、試合場に目を移した時にはM衣ちゃんが決勝戦の勝ち名乗りを受けた直後でshock 試合を見逃しちゃいましたぁぁぁcrying ごめんなさいsweat01 でも、M衣ちゃん優勝おめでとうsign03 M衣ちゃんは、普段から同じ団内に強いR晴がいますので、僕らも麻痺しちゃってあまり感じませんがcoldsweats01普通に1年生の中に混じってみると、やっぱり強いですよねぇcatface 

 

 それにしても・・・・・優勝なんてうらやましいなぁcatface そういえば優勝と言えば・・・6年生の部に出場した3人のうち、M紀R菜も高浜大会のタイトルホルダーなんですよねgood みんな、やっぱりスゴイ選手なんですよねgood 3兄妹なんて・・・何度高浜大会に挑戦しても優勝なんて1回も出来ないのにcrying 我が家の初挑戦が第12回大会からですから・・・苦節7年crying もう残されたのは泉弥のみ・・・sweat02 早く「優勝」のタイトル、取ってきてくれぇ~bearing

 

 ははは・・・coldsweats01 あまりのけなるさについ話がそれちゃいましたが、6年生の部は、そのタイトルホルダー2人とR佳が登場しました。

 

 まず最初に登場したのがR佳でした。対戦相手はお互い良く似た体格で、しかもお互い背負投げを得意とするよく似たタイプの選手との対戦でしたが、この日のR佳は技出しがちょっと遅く感じsweat01相手に主導権を握られたままの苦しい試合展開が続きましたshock中盤には指導ももらってしまい、ポイントは奪われませんでしたが苦しい戦況だったと思いますthink なので、この苦しい状況を打破するためにも、R佳にはラストは開き直って勝負に行く場面を作って欲しかったですね。どう考えても判定では苦しい状況でしたし、ましてや丸岡スポ少の柔道に引き分けはご法度coldsweats01 しかし結局、このまま試合は終わってしまい、判定負けという結果でしたcrying 

  

 続いてはR菜、流れを引き戻すカッコいい試合を見せてくれましたshine 初戦、強敵との対戦でしたが、お互いが攻め合う中、R菜らしい攻めの気持ちで戦う柔道が僅かに上回り、結果は判定での勝利でしたshine らしさが出ていた試合で良かったと思います。あとは決め切る強さですねgood 続く2回戦が準決勝でしたが、優勝候補筆頭の選手の背負投げに、場外際まで粘りましたが投げきられてしまい1本負けcrying あの、何が何でも最後まで投げに行く執念は是非見習って欲しいと思いましたhappy01

 

 最後はM紀、いきなり楽しみにしていた選手との対戦でした。M紀はこういう大会で、一番戦いが見たい選手を1回戦から引き当てる、運と言いますか宿命と言いますか・・・coldsweats01 何か持っている子ですよねsmile そして寝技で自爆impact 自爆大歓迎ですgood勝負に行ったのですから100点ですsign01 でも、最初の立技の攻防が面白かったので、対戦を楽しみにしていた僕としては、欲を言うと立技の勝負がもう少し見たかったかな・・・coldsweats01 

 

 

 さて、続いては男子の部ですが、男子の部では1年生でR晴が堂々の優勝sign01 3年生の部でAゆむが2位sign01 6年生の部でR一が3位と、3部門での入賞となりましたhappy01 団体戦でも1勝を計算してしまっている3人が、ともに個人戦でも入賞で存在感を示してくれましたhappy02 3人とも丸岡らしい強さを十分に見せてくれたと思いましたhappy01

 

4 しかし、今大会は負けた子も成長の跡をしっかり見せてくれましたねgood 特に、1年生の部のY希、2年生の部のH夢、3年生の部のSょうとY成、カッコいい攻めでしたgood また、4年生の部のK太郎の負け方も良かったですねgood みんな、今大会は力を出し切る子が多くて、惜しいところで勝ちきれない試合ばかり・・・crying 特に試合の大半を優位に進めといて、最後の最後に集中力を切らす子が何人かいて、もったいなかった試合も多々ありました。でも、おかげで全試合が面白く見れましたhappy01 

 

 

 そんな中、最後は我が子・美希弥の試合ですが、初戦が大外刈りで1本勝ちnote ま、生意気にも生意気な勝ち方でしたcatface しかし、次の2回戦が問題でしたthink 有効一つ取られて優勢負けでしたが、特に内容が悪すぎでしたangry 低い背負投げが得意な選手相手に、生意気にも様子見の柔道しやがってannoy あれほど背負いについて行くなと言っていたのに、潰れたからといって自分で勝手に受けきったと思い込み、もう大丈夫と気を抜くから持っていかれるんですthink これも普段の練習から隅っこで練習している悪い弊害でしょうthink 隅っこで練習していては、そこから先は壁ですからもう追い込まれませんが、試合では相手も必死ですから、潰れようが何だろうが最後まで投げに来るのは当然ですthink

 

 そして2分のランニングでは取られてからでは遅いんですsign01 有効を取られてからは、ポイントを守りに来ていた相手選手でしたので、それを取り返す力は美希弥にはまだありませんthink 逆に相手の守りにイライラを募らせ動きがバラバラになる始末で・・・coldsweats01 この辺の集中力と精神力はまだまだ子供ですcoldsweats01 

 

 残り時間1分以上、守る相手に攻め続けた美希弥は、指導も奪いその意味では頑張ったと思いますが、なかなか2回目の指導まで奪うのは難しいのかもしれませんねcoldsweats01 

 

 そしていよいよ残り時間は3秒sweat02 勝負を賭けた起死回生の一発が遅すぎましたcoldsweats01 まさに残り0秒sign01 まっすぐ後ろに下がった相手を大外刈りで倒しますが、惜しくもノーポイントcrying この微妙な判定が勝敗を分けましたthink タイムオーバーなのか技がノーポイントなのかは分かりませんでしたがcoldsweats01 とにかく時間内に1本取れなかった美希弥が悪いですthink 

 

 こうして、美希弥の高浜大会も終わりましたが、最後、勝てた試合を自分のせいで落としたのは悔いが残ったはずです。6年生にもなってsweat02 久しぶりに試合後に泣いていた美希弥crying 悔しかったのでしょうし、悔いが残ったのでしょう。この気持ちは忘れないで欲しいと思いましたconfident

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年12月 6日 (月)

高浜大会 団体戦編

1 先日日曜日に行われた高浜町少年少女柔道大会sign03 まずは団体戦の様子のご紹介ですhappy01 今大会の団体戦は、1年生~6年生までの6人制団体戦ということで、チームとしての総合力が鍵を握る重要な団体戦ですthink 丸岡スポ少は以下のメンバーで大会に臨みましたwink

 

 

 先鋒  R晴(1年)

 次鋒  H夢(2年)

 三将  Aゆむ(3年)

 四将  T海(4年)

 副将  K輔(5年)

 大将  R一(6年)

 

 まさに現チームのベストメンバーsign01 かなり期待が持てるメンバーですhappy02 そしてその期待どおり、すべての試合が手に汗握る大接戦でimpact 見ている少年柔道ファン、丸岡スポ少応援団としてはたまらない団体戦になったと思いますhappy02 

 

 まずは1回戦、福知山柔道教室さんとの対戦でしたsign01 この戦いは、初戦にもかかわらず代表戦まで持ち込まれる大接戦で、まさに両チームとも実力伯仲の好勝負sign01 この緊迫した試合で、丸岡の大将がその期待通りの戦いぶりを見せてチームを救ってくれましたwink(*^ー゚)bグッジョブ!!

 

 先鋒戦、ここは絶対に取っておきたいR晴の試合ですが、少し動きが硬いながらもcoldsweats01 期待通りの1本勝ちでまずは先勝しましたhappy01 続く次鋒戦は1本負けで落としましたが、三将Aゆむがこれまた期待通りの1本勝ちで再びリード。しかし四将戦で再び1本取り返され、これで2-2sign01 まさに取って・取られてのシーソーゲームでしたが、次の副将戦を1本負けで落とし、逆に2-3とリードを奪われshock 勝負は大将戦へと移りましたsweat01 しかしここでR一が気合いの1本勝ちshine 意地で3-3の内容も同じに持ち込み、いよいよ勝負は代表戦へと持ち越されました。

 

 もちろん丸岡は大将・R一を送り出しましたが、福知山さんは副将の5年生女子の選手を送り出し勝負に来ましたcoldsweats02 聞くところによると、どうやら彼女は全国3位の強敵とのことでcoldsweats01 代表戦も5年生ながら素晴らしい勝負で大接戦となりましたimpact しかし、試合終盤あたりで、R一が6年生の意地で有効を奪い優勢勝ちhappy02 きわどい接戦を何とかモノにできましたcatface これまで、ことごとくこの接戦を勝ちきれずにいた丸岡チームだけに、この勝利はみんなの自信になり、更にチームに勢いをつけた勝利だったと思いますhappy01

 

 

 続く2回戦は、ホームの高浜町柔道スポーツ少年団(A)さんとの対戦となりましたhappy01 僕はこの高浜町柔道スポ少さんの団体戦を見ていて、今大会で一番素晴らしい団体戦の戦い方をされているチームだと強く思いましたwink そしてとても素晴らしい柔道で力強く戦われている姿に、ウチが目標としている柔道と重なるものを感じましたshine その理由は後ほど・・・wink

 

 さて、試合の内容は、先鋒戦でR晴が押さえ込んで1本勝ちshine 次鋒戦は落としたものの、続く三将戦から大将戦までは勝利を奪い、5-1で2回戦突破を決めましたhappy01 しかし、一試合・一試合はスコア以上に好勝負が続き、僕も本当に楽しめた試合だったと思いますnote がっちり組み合い、取るか・取られるかの真っ向勝負が持ち味の両チームの対戦だったと思うので、丸岡の持ち味が目一杯出せた結果だったのかな、と思いますgood

 

 

 こうしていよいよ迎えた、勝負どころの準決勝戦sign03 福井県立武道学園さんとの試合となりましたthink 言わずと知れた福井県の強豪チームで、丸岡スポ少がどこまで食い下がれるかが楽しみな一戦となりましたwink 

 

 しかし、さすがは先鋒・R晴ですgood どんな対戦相手にも堂々とした試合で、しっかり丸岡のポイントゲッターの一人らしく1本勝ちで帰ってきましたhappy02 続く次鋒戦は、これが強敵でsweat01 1本負けですぐに1-1のタイに戻されますshock まだ仕方のないところですねcoldsweats01 しかし続く三将戦で、もう一人、1勝を計算されているAゆむがこれまた期待通りに強敵から1本勝ちを収めてきて、これで再び2-1とリードして四将戦を迎えましたhappy02 ここまでは計算どおりのしびれる展開ですが、丸岡としてはここからが勝負どころですthink この勝負どころで、四将戦・副将戦を1本負けで落としてしまいshock 2-3で大将勝負となりましたthink 県立武道学園さんの大将は、超強豪女子選手shock しかも1本勝ちで代表戦に持ち込むしか許されない厳しい状況でsweat01 勝負は大将・R一に託されましたthink 

 

 R一、一発目で夢を見させてもらいましたcatface 開始いきなり、R一の支えで相手選手が大きく崩れたんで、次の大外刈りで一発勝負sign01 ・・・のはずがsweat01 何故か一瞬フリーズしちゃってcoldsweats01 慌てて次の大外に繋ぎましたが遅かったですthink その次には押さえ込まれて1本負けcrying 結局2-4で準決勝戦敗退となってしまいましたcrying しかし、予想以上の熱戦に持ち込んでくれて、僕としては見応え満点の試合だったと思いますhappy01

  

 そして最後は運命の3位決定戦sign03 対戦相手はこちらも県を代表される強豪チームsign01 つるが煌輝柔道教室さんとの対戦となりましたthink 過去の対戦成績ではまったく歯が立たない強敵でsweat01 この勝負も大接戦(大苦戦)が予想されましたthink しかし結果は・・・sign02 先鋒・次鋒・三将と、立て続けに3連勝で後半戦へ持ち込む理想的な展開で、四将戦は敗れたものの副将戦を引き分け勝利が確定note 大将戦を落としたものの、結果はなんとsign01 3-2で勝利を収めることができましたぁぁぁ(v^ー゜)ヤッタネ!! これで見事に3位入賞を果たすことができましたhappy02 この試合での殊勲は、何といっても次鋒戦を取ってこれたのが大きかったですから、H夢の気合いの勝利でしょうねgood カッコ良かったですwink

 

23 

 

 

 

 

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:

 

 こうして丸岡スポ少としましては、団体戦で見事に3位入賞という好成績を収めることが出来ましたが、本文の途中で書いたとおり、僕は高浜町柔道スポ少さんの団体戦の戦い方がとても素晴らしかったという印象を強く受けました。その理由は、試合に出ている選手も、応援に回っている選手も、チーム全員が一丸となって勝利という目標に向かって精一杯戦い、そして応援している姿に強く感動を覚えた・・・ということですhappy01 高浜町スポ少さんの、その柔道スタイルや試合の内容ももちろん素晴らしかったのですが、僕はそれと比例して、チームとしての結束力が素晴らしく良いチームだという印象を強く持ちましたhappy01 本当に素晴らしいチームだと思いましたhappy02

 

 そして僕は、このブログをご覧になってくださっている丸岡スポ少の保護者の皆さんに、是非、今大会を終えての僕の思いを聞いてほしいと思いますhappy01 今回、僕は団体戦3位という結果よりも、丸岡スポ少の選手達が高浜町スポ少さんに負けないぐらいのチーム力を発揮してくれたことの方が100倍嬉しいのですhappy02 そして、6人の選手達と15人の試合を応援していた選手達、先生方、保護者の皆さん、今回来れなかった他の選手達、みんなの思いが一つになって戦えた団体戦だったからこそ、今回このような好結果に繋がったのだと思います。まさに、チーム一丸となって掴んだ入賞だと思いますhappy01

 

 思えば数年前・・・僕は今大会のように、選手みんなと先生方、保護者の皆さんが一丸となって大会に臨む、柔道に携わる、戦っている選手達の姿に一喜一憂する、そんな光景を夢見て保護者会会長の仕事を楽しんでいたような気がしますhappy01 このブログを書き始めた最大の理由もここにありましたhappy01 今大会では、そんな光景を実際に目の当たりにすることができて本当に幸せでしたhappy01 

 

 僕は今大会、みんなで必死になって、自分の試合よりも真剣に大きな声を出して、仲間を応援していた子供たち、そしてそれに応えて精一杯戦ってくれた子供たちを、心から誇りに思いますsign03 どんな大会に出しても恥ずかしくない、素晴らしいチーム力を見せてくれたと思いましたgood 決して勝敗だけではない、柔道本来の姿を子供たちから教わった気がしますhappy01 そして保護者の皆さんの温かい声援・祝福に、本当に心温まるものを感じました。

 

 

5 丸岡スポーツ少年団の選手のみなさん、今大会の入賞、本当におめでとうございましたsign03 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年12月 5日 (日)

第18回 高浜町少年少女柔道大会 結果

 平成22年12月5日(日)、高浜中学校において「第18回 高浜町少年少女柔道大会」が開催され、丸岡スポ少も今年最後の大会として出場させていただきましたhappy01 今大会は、地元の高浜町柔道スポーツ少年団さんが主催となり、毎年この時期に開催される大会で、1年生~6年生までの6人制団体戦及び各学年男女別個人戦で争われますhappy01 

 

 丸岡スポ少の参加する大会としては、数少ない男女別の個人戦がある大会で、僕としても毎年楽しみにしている大会でありますwink 今年も県内外から14の団体が参加されており、大変盛り上がった大会となりました。このような貴重な大会に出場させていただき、主催された高浜町柔道スポーツ少年団の関係者の皆様、大会関係者の皆様に心よりお礼申し上げます。

 それでは早速大会の結果からお知らせしたいと思います(団体名、個人名ともに敬称略にてご紹介させていただきます。お許しください。)

 

【団体戦の部】

 優勝  金井学園ジュニア柔道クラブ

 2 位  福井県立武道学園

 3 位  丸岡柔道スポーツ少年団shinehappy02shine

 

【個人戦の部】

 《1年女子》

  優勝  廣瀬 芽衣(丸岡スポ少)

  2位  尾島 夏光(金井学園)

  3位  猿渡 芽生(松ヶ崎)

 

 《1年男子》

  優勝  田中 陸晴(丸岡スポ少)

  2位  塚田 瑛斗(県立武道学園)

  3位  崎山 尊斗(高浜スポ少)

  3位  安藤 奨真(福知山)

 

 《2年女子》

  優勝  山下 詩織(金井学園)

  2位  酒井 美空(福知山)

  3位  小河 桜子(つるが煌輝)

 

 《2年男子》

  優勝  村上 航貴(県立武道学園)

  2位  田中 亮(高浜スポ少)

  3位  龍崎 直勝(県立武道学園)

  3位  金浦 奎斗(松ヶ崎)

 

 《3年女子》

  優勝  前川 夏海(金井学園)

  2位  大村 朱里(県立武道学園)

  3位  崎山 依織里(高浜スポ少)

  3位  一瀬 麻由(高浜スポ少)

 

 《3年男子》

  優勝  冨田 赳司(金井学園)

  2位  高島 歩(丸岡スポ少)

  3位  田中 瑞樹(金井学園)

  3位  酒井 晃輝(金井学園)

 

 《4年女子》

  優勝  北出 はるの(金井学園)

  2位  安田 のどか(舞鶴)

  3位  松下 夏七(福知山)

  3位  森陰 末樹子(鯖江スポ少)

  

 《4年男子》

  優勝  小野 辰太(舞鶴)

  2位  黒澤 渉(県立武道学園)

  3位  延時 輝(つるが煌輝)

  3位  道端 悠希(金井学園)

 

 《5年女子》

  優勝  前川 千夏(金井学園)

  2位  都留 麻瑞(福知山)

  3位  佐々木 里萌(鯖江スポ少)

  3位  藤田 麻緩(金井学園)

 

 《5年男子》

  優勝  林 公平(県立武道学園)

  2位  宗石 忠士(県立武道学園)

  3位  小林 正弥(鯖江スポ少)

  3位  松田 賢太郎(松ヶ崎)

 

 《6年女子》

  優勝  出村 花恋(県立武道学園)

  2位  冨田 杏樹(金井学園)

  3位  高橋 玲菜(丸岡スポ少)

  3位  黒澤 結(県立武道学園)

 

 《6年男子》

  優勝  大西 希明(つるが煌輝)

  2位  増井 裕治(つるが煌輝)

  3位  梅原 和輝(舞鶴)

  3位  畔田 龍一(丸岡スポ少)

 

 以上の結果でしたhappy01 入賞されました皆さん、本当におめでとうございましたshine また、丸岡スポ少としましては、団体戦で見事に3位入賞shine(v^ー゜)ヤッタネ!! 個人戦も優勝2名を含め5名の入賞者を出すことが出来ましたhappy02 それでは次回からは高浜大会の子供たちの激闘ぶりを振り返っていきたいと思いますsign03 はっきりいって、素晴らしい大会となったことだけは間違いないと思いますgood

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年12月 4日 (土)

美希弥の成長

 久しぶりとなる3兄妹の柔道成長日記sign01 久しぶりに・・・ということは、近頃は大して成長も感じられない・・・イヤイヤそんなことはありませんcoldsweats01 今回は次男・美希弥の柔道成長日記を少々・・・happy01

 

 美希弥と言えば・・・何事もスローでのんびり屋さんcoldsweats01 成長も超スローで有名sign02 ですがsweat02 彼の柔道は6年生になり少しずつではありますが変化を見せるようになってきました。また、主将としても2年目でありますし、この主将としての態度も少しずつですが変化が見られるような気がします。もちろん、なんといってもあの美希弥ですから、そちらの成長は超スローには変わりありませんcoldsweats01 普通なら気付かない程度の成長です。あしからず・・・coldsweats01

 

 しかしsign01 ここ1・2ヶ月の美希弥の柔道での成長は、生意気に強くなってると素で思いますconfident 何か・・・美希弥らしからぬ、彼の柔道生活でも最大のビッグウエーブではないのかなぁcoldsweats01 と、父も少々驚いていますcoldsweats02 ゆっくりなのが美希弥の個性だと思っていたのに・・・coldsweats01 ま、それでも他の選手に比べれば、美希弥らしい超スローな成長なのかもしれませんが・・・ねwink

 

 具体的には・・・まず一つ目に足払いが少し効いてきたことが、柔道全体に良い影響を与えているように感じますconfident これまでも足払いの大切さはよく話しをして聞かせていましたが、実際に試合で1本が取れるようになってきたことにより、本人が足払いに味をしめてきたことが良い方に向いているのだと思いますconfident 意識して足を払うことにより、タイミングも少しずつ分かってきた感じがしますし、今までのようにただ足を出すのではなく、1本を取るつもりで払えているのが良くなりましたhappy01 

 

 次は、その足払いが効いてきた成果なのか、背負投げが効き目を増してきたような気がしますconfident もちろん技自体は、力も崩しもなく、更には手を離したり潰れたり、途中で止めたりキメが悪かったりするダメダメな技には変わりないのですがcoldsweats01 技に入るタイミングが物凄く良くなってきたように感じ、思わず 「おっsign01 これはsign03 という入りが、所々で見られるようになりましたgood しかし、せっかく効いてきた背負投げに、本人が全く気付いていないsign03 なのであとは自信を持って、最後まで担いで投げ切る気持ちですねthink ま、これが一番難しいんですけど・・・ねcoldsweats01 

 

 最後は気持ちの部分での成長ですねgood 気持ちの部分ですから、上手く言葉に出来ませんがsweat02 とにかく簡単に諦めなくなりました。最初から諦めることもなくなってきたと思います。なので、試合なんかでは結構接戦が多くなりましたし、諦めずに向かって行くおかげで、受けも多少強くなってきたのだと思います。 ただ、ここ何回かの練習で見た乱取りでは、重量級選手相手に、上手く行かないとついつい軽量級のくせに力勝負に行ってcoldsweats01 なんの崩しもタイミングもなく、意味のない技を返されるようなシーンがたくさん見られたように感じ、何故返されているのか?を伝え、返されるべくして返されてるんだから、自信だけはなくさないよう話しをしましたconfident なにしろ気を遣いますcoldsweats01 美希弥のウエーブは短いですからねぇcoldsweats01

 

 でも、その意味もなく返されているのでさえ、実は美希弥には大きな成長なのです。以前は、返されないこと、投げられないことしか考えていないショボい柔道ばかりでしたからangry あの、怒ることすら見つからない柔道を思えば、重量級選手相手に大外刈りを掛け合えるだけでも、見ている側としては楽しい柔道になるというものですcoldsweats01 ただ、さすがにそれじゃあマズイんでcoldsweats01、やっぱり足と釣手・引手の動きの中でチャンスを作り出して勝負出来るようには、なってもらいたいですhappy01

 

12 思えば美希弥は5歳の時に柔道を始め、6歳で一旦挫折・・・shock 小学1年生から再度、自らの意志で返り咲き、ここまで多くのライバル達に囲まれてきました。周りにどんどん追い抜かれて、それでもマイペースでコツコツ続けるのが得意な子でしたから、そんな周りのライバルとの試合でも、勝てなくてもだんだん好勝負を見せてくれるようになってきましたhappy01 1回目より2回目、2回目より3回目・・・と、同じ勝てない相手にも確実に接戦になってきているのは、彼の特徴かもしれませんconfident

 

 

3

4 美希弥は確かに3兄妹の中では一番賞状とかも少ないんですが、でも印象に残る試合は3兄妹とも同じくらいありますねhappy02 好勝負も多く、あの美希弥の好勝負ですから特に印象も強いんでしょうねcoldsweats01 それにしても目標とする強敵(トモ)が存在していたというのは、本当に幸せ者で運が良かったですし、美希弥には何物にも変えがたい宝物だったと思います。

 

 ちなみにこの写真の左側は、最初で最後、1年生の時に兄より上の順位の賞状をもらいご満悦の美希弥、右がその1年後、強敵(トモ)が移籍し初の直接対決の様子です。思えば、ここから美希弥の柔道の目標への道が始まったのかもしれませんねhappy01

 

 

 スポ少での柔道は、本当に残り僅かとなってきましたcrying 主将としての責任を果たす機会もだんだん少なくなってきましたshock 最後の最後、ようやく巡って来たビッグウェーブを決して逃さず、スポ少での柔道生活が悔いの残らないものにして欲しいと、心から願う父happy01 今回は、ようやく、7年もの柔道生活の中でようやく父の目にも見えるスピードでの成長を見せている・・・ようなcoldsweats01・・・そんな気がする美希弥の成長日記でしたhappy01

 

 ちなみに今日の団内試合は・・・・・coldsweats01 早くもビッグウェーブは引き潮かなshock いやいや、そんなことはございませんsign01 その後、父との居残り乱取りでも、成長してるなぁと感じましたよgood

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2010年12月 2日 (木)

ムフフフフ

 ムフフフフcatfacecatfacecatface

 

 エヘヘヘヘsmilesmilesmile

 

 ウヒャヒャヒャヒャlovelylovelylovely

 

 気持ち悪いとか何とか言われましても、これはもう笑いが止まりませんhappy02 丸岡柔道スポ少応援日記のライターといたしましては、これはもう笑うしかありませんよねhappy02 世の中には上手い話しも転がっているものですwink まだまだ捨てたものじゃありませんsmile  

 

 なんとsign03 10月・11月に入り、喉から手が出る程欲しくて欲しくてたまらなかった、しかも欲しくて欲しくてたまらなかった学年、2年生の新入団員が一挙に4名も入団してくれたんですnoteshinenotes これには良い意味で驚きました。素晴らしすぎますwink これで1名しかいなかった2年生が一気に5名に増え、この学年もかなり層が厚くなりましたsign03 特に、一挙に8名もの6年生の大量卒団を控えている当団にとって、この時期の大量入団はかなりの嬉しさですよねhappy02

 

 これで団員数としては、現時点で幼年が4名、1年生が3名、2年生が5名、3年生が6名、4年生が2名、5年生が1名、6年生が8名(あくまで僕が把握している人数ですから、正確かは分かりませんsweat01)と、4・5年生の淋しさは相変わらずですがcoldsweats01 この先の丸岡スポ少を背負って立つ低学年が、かなり充実してきた印象ですhappy01

 

 今回入団してくれた4人の顔ぶれは、体格の素晴らしそうな大きい子もいてcatface はたまた軽量級かな、という感じの子もいてsmile かなりバランス良く楽しみな子たちばかりですhappy01 しかもこの4人の中には、前に練習に来ていたのですが一度リタイヤしたE蔵の姿もあり、彼と同じ在所の僕としましては、これも涙が出るほど嬉しいsign03 何でもご両親から話しをお聞きすると、E蔵自らが「また柔道に通いたい」と言ったとのことで、これまた素晴らしいsign03 小さかったあの頃より、ひと回りもふた回りも体が大きくたくましくなっており、楽しみですねぇcatface

 

 みんな、まずは楽しく柔道を続けて、是非とも柔道を好きになってもらいたいですねgood 柔道を続けていく中では、楽しいことばかりではなく、辛いことも苦しいことも、そして悔しいことも時には・・・いやsweat02、しょっちゅうあるかも知れませんがcoldsweats01 その何倍もの嬉しさや楽しさも味わえるのが柔道だと思いますし、何より、きっと何物にも変え難い素晴らしい経験ができるばずだと思いますsign03 今いる仲間や先輩、先生たち、そして僕ら大人たちと一緒に、これから頑張って「丸岡柔道」旋風を巻き起こしましょうsign03

 

 僕は、11月に一度だけ、新しく入った2年生のうち3名が来ていた時に、基本練習の様子をずっと見る機会があったのですが、はっきり言って・・・

 

 3名ともかなりやりますよhappy02 脈ありsign03 しかも、重量級候補のH君の見た目では想像できない身のこなしと運動神経には、かなり驚かされましたcoldsweats02 とにかく3名とも活発で、単調で飽きやすい練習を自ら進んで、しかも楽しそうに練習している姿に心惹かれましたwink

 

 「先生、次は何ですか?」

 

 あまりの運動神経の良さに、早く終わってしまった子らがM屋先生に聞いていたのですcoldsweats02 ねsign01 これはかなり期待できるでしょhappy01

 

 

 さてさて、こうして今だに笑いが止まらない3兄妹の父ですが、果たしてこれからどんな選手に育って行ってくれるのか(≧∇≦) そして僕達にどんな感動を与えてくれるのかsign02 丸岡柔道らしい1本取るか・取られるかのガンガン柔道を見せてくれる日が、今から楽しみですhappy01

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »