« 丸岡の団体戦 | トップページ | 實心館さんとの合同練習 »

2010年11月 5日 (金)

我が子らの金井学園理事長杯は・・・

 さて、先日行われた大会の最終回、我が子らの試合の様子などを・・・

 

 まずは美希弥ですが、美希弥は今大会は出場選手には選ばれておらずsweat02 本来は大会に出場できませんでしたsweat01 実は僕は大会当日まで出場メンバーなどを知らずcoldsweats01 うちの子らが試合に出るのか出ないのかさえ知らない状態で・・・shock 最近、言い訳ですが仕事で一杯一杯でcoldsweats01 あんまり子供らの柔道に構ってなかったですからねぇcrying (保護者会役員さんに申し訳ないので一応付け加えておきますが、おたよりでメンバーの発表はしっかりされており、僕がそれを読んでいなかっただけという、丸っきり我が家が悪いだけですのでcoldsweats01

 

 ところが美希弥は団体戦の補欠登録をされていたようで、先生のお計らいで予選リーグで2試合出させていただけることになった次第ですhappy01 さて、その試合ですが1試合目は春江町柔道スポ少さんとの対戦で副将として出場しました。結果は前に出て相手の足が下がって両足揃ったところを送り足払いで1本勝ちsign01 素晴らしい試合だったと感心しましたgood 6年になり、所々のポイントで1本勝ちを取ってきた足払いsign01 美希弥自身、ピンチの時に何度も助けてもらっている技ですhappy01 この技は地味ですが結構難しいsign01 しかも1本取る技となると、タイミングと思い切りの良さが不可欠ですwink そういう意味でも、足払いで勝てるようになってきたのは美希弥の成長の証かもしれませんgood 毎回の練習時にしっかり足払いの練習をしていた成果が、6年生になり出てきたってことでしょうかconfident 美希弥いわく、

 

 「決まった時は相手の重さを全く感じなかった。」

 

 とのことで、1本取る時ってそういう感じなのでしょうねhappy02 特に足払いってそんなイメージがあります。そういう感覚を覚えられたのも大きな収穫ですgood

  

 

 また、2試合目は決勝トーナメント進出を賭けた鶴来道場さんとの大事な一戦に、同じく副将として出場させていただきました。この試合は惜しくも優勢負けでしたがcrying 内容は良い所と悪い所、そして次への手応えを感じさせてくれた試合だったように思いましたhappy01 相手選手は予選リーグでも相手を寄せ付けず勝って来ていた強そうな選手でcoldsweats02 腕にはピカピカと輝く北信越強化選手のワッペンが縫い付けられているではありませんかcoldsweats02 見た目で相手を判断するのは大人の悪い所ですがcoldsweats01 これはどう考えても秒殺間違いなしsign01 の試合だと思ってましたcoldsweats01 

 

 み、美希弥、すまんsweat02 我が子を信じていない父を許してくれshock

 

 

 さてまず序盤、美希弥が出した大外刈りにドキッとしましたcoldsweats02 だって強敵さんを倒しそうになるんですもんcoldsweats01 足がしっかり相手の足に掛かっており、あとは後ろに下がり逃げようとする相手を追い込んで刈り倒すのみsign01 でもここが悪いところなんですよねぇwobbly 自信が無いのか勝ちへの執着がないのか・・・簡単に逃がしちゃうんですよねぇannoy ここをしっかり決めきれるようになるともっと強い選手になるんですがねthink 

 

 次に中盤に押さえ込まれたところを、24秒というまさにギリギリのところで返したのも驚きましたcoldsweats02 最後まで諦めず、完全に決まっていなかった押さえ込みを、少しずつ崩していった成果ですねgood これがあるから柔道は面白いし、最後まで諦めちゃダメってことですねhappy01 とりあえず逆転勝利の可能性を1%くらいと、父の観戦の楽しみを50%くらい残した美希弥は偉かったですcatface 

 

 しかし押さえ込みを解いたところで、残り時間も残りあと僅かsign03 ここからの逆転を狙った攻めは・・・まぁ良かったのですが、

 

 「ここでお前が行かないとsign01

 

 という場面(組み手)で、相手に先に技出されて逃げられちゃぁいけませんthink せっかく組み手の厳しい相手から良い組み手を取ってきた時に、場外に出しちゃぁいけませんthink これは練習の時にいつも隅っこで練習していて、試合場を見ないで練習していた悪い弊害でしょうthink もったいないです。実は先週の練習でも隅っこでこそこそと練習していた美希弥に練習終了後に言ったのですが、

 

 「隅っこでこそこそ練習しているような奴は、絶対に強くならんぞsign01 せっかく投げに行っても壁に当たって追い込めない。相手に投げられる時も、壁に当たって相手は技を止めてくれる。場内と場外も全く気にしない。そんな練習で技も受けも強くなったりせんやろ。」

 

 そのとおりの試合になったのがこの試合だったと思いますthink 最後の反撃で美希弥の出した大外刈りも夢見させてもらいましたがcoldsweats01 やっぱり追い込んで倒しに行くことが出来ないんですよねぇwobbly 練習どおりですimpact こういうところはよく反省して、次からの練習で同じ失敗をしないように意識して欲しいです。隅っこでの練習は怪我が一番心配ですが、こういう悪いこともあるということが結果に出た試合でした。

 

 余談ですが・・・大会が終わり、ちょっと気になったことがあり、美希弥にこんなことを聞いてみました。

 

 父「美希弥、予選リーグで先生から「次、美希弥出るぞ。」って言われた時、どう思った?」

 

 美「・・・嬉しかった。」

 

 父「そうかhappy01 その嬉しかったって気持ち、忘れたらあかんぞ。」

 

 試合に出れるのが嬉しかったのかもしれません。自分を呼んでくれて、期待され使ってくれたことが嬉しかったのかもしれません。子供は誰だって、期待され使ってくれる場所を与えてくれるのは、本当に嬉しいことだと思います。この気持ちを忘れずに、今度は堂々とレギュラーとして使ってもらえるよう、練習からアピールして精一杯練習して欲しいものです。美希弥も極度の「もじもじ君」でcoldsweats01 主将ながら頼りなさはピカイチですからねぇsweat01 

 

 そしてもう一つ、努力しても試合に出れない選手の悔しさ、これも今回経験して忘れずにいてほしいと思います。そして出れない選手の気持ちも背負って頑張るという気持ちも、チームみんなで戦うという気持ちも忘れないで欲しいと思いました。今大会、美希弥は本当に多くのことを学んだ大会だったように思いますhappy01

 

 

 次は泉弥ですが、泉弥は個人戦3年生の部に出場させていただきましたhappy01 たくさんのチームから強豪がエントリーしていた個人戦sign01 初戦から楽な戦いなんて一つもありませんthink 結果は3回戦での敗退でしたが、僕は内容にはある程度は満足ですhappy01 今の泉弥の力は出し切ってくれたと思いますので。泉弥は、ある先生がこのブログのコメントでおっしゃってくれていた言葉をそのままお借りすると、

 

 「まだ荒削りですが・・・」

 

 というそのままの選手だと思いますhappy01 柔道に関しては周りの選手と比べてもかなりのへたくそですcoldsweats01 僕も、泉弥には柔道が上手くなってくれる前に、まずは気持ちの強い選手になってほしくて、そういうことしか今まで言ってきていませんし。強いてあげれば、寝技のことはへたくそじゃまずいのでcoldsweats01 意識させようと努力していましたが・・・。

 

 泉弥は今回の3試合とも、前に出て攻めるという泉弥らしいいつもどおりの柔道は見せてくれました。そして3回戦では、その泉弥の気持ちの柔道よりも、更に柔道の強い選手に負けた・・・という結果だったと思いますconfident なのでまたこれから、今度はその選手に勝てるよう練習するだけですねgood しかし負けた3回戦は、試合開始直後の集中していないところを狙われ有効を取られましたshock ここは大きな反省ですが、その後は攻める柔道で良かったですhappy01

 

 ただ、泉弥は前にも書きましたが、まだしっかり1本取れる技が一つもありません。1本どころかポイントを取れる技も無い状態だと思います。気持ちだけで前に出て、技自体はムチャクチャcoldsweats01 雑なんですよねsweat02 なので先にポイントを取られると苦しいです。どんどん前に出て攻め込むことは重要ですが、その技のひとつひとつはしっかり基本どおり掛けきってほしいです。センスが無く、覚えも遅い子なのでcoldsweats01 これからはそういう技の正確さや投げきる意識もじっくりと時間を掛けて練習させないといけないという思いは持ちました。そして、先生のおっしゃることをしっかり聞ける素直さも身に付けないといけないと思いました。

 

 長くなりましたがcoldsweats01 今大会は本当に2人とも良い経験をさせていただいた大会で、父もとても嬉しく思っています。2人とも課題がはっきりと出た大会で良かったですhappy01 

 

 最後になりましたが、今大会を運営してくださった主催の金井学園関係者の皆様、保護者の皆様、中学生・高校生の皆様、本当にありがとうございましたsign01

|
|

« 丸岡の団体戦 | トップページ | 實心館さんとの合同練習 »

3兄妹の柔道成長日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/37527175

この記事へのトラックバック一覧です: 我が子らの金井学園理事長杯は・・・:

« 丸岡の団体戦 | トップページ | 實心館さんとの合同練習 »